自動車 免許 の 種類。 運転免許の種類と受験資格

運転免許|警察庁Webサイト

自動車 免許 の 種類

運転免許の区分は3種類。 ひとつ目は「第一種運転免許」で、自動車や自動二輪車を運転する場合の免許(第二種運転免許が必要な自動車を除く)です。 ふたつ目は「第二種運転免許」で乗合バス、タクシーなどの旅客自動車を旅客運送のために運転する場合や、代行運転自動車(自動車運転代行業に従事する運転者が客に代わり運転する自動車)である普通自動車を運転する場合の免許です。 3つ目の「仮運転免許」は、第一種免許を受けようとする者が、練習などのために運転する場合の免許をいいます。 運転免許の種類は、運転できる自動車や自動二輪車の種類に応じて下の表のようになっています。 なお平成29年3月12日より免許制度が変わり、自動車の種類として新たに「準中型自動車」が創設され、これに対応する免許として「準中型免許」、及び「準中型仮免許」が新設されました。 この準中型自動車の新設に伴い、普通自動車・中型自動車の基準も変更されましたのでご注意ください。 また大型自動車、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車のいずれかでほかのクルマを牽引するときは、牽引する自動車に応じた免許のほか、牽引免許も必要になります。 ただしクルマの総重量が750kg以下のクルマを牽引する時や、故障車をロープ等で牽引する場合には牽引免許は必要ありません。 5トン未満 7. 5トン未満 11. 0トン未満 11. 0トン以上 自動車の種類 普通自動車 準中型自動車 中型自動車 大型自動車 免許の種類 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許 最大積載量 2. 0トン未満 4. 5トン未満 6. 5トン未満 6. 5トン以上 乗車定員 10人以下 10人以下 29人以下 30人以上 受験資格 18歳以上 18歳以上 20歳以上 免許期間2年以上 21歳以上 免許期間3年以上 2017年03月現在.

次の

普通自動車免許で運転できる種類と車両とは?

自動車 免許 の 種類

普通自動車 一般家庭で見られる最もポピュラーな車で、ミニバンや軽自動車も含まれます。 乗車定員は最大で10人以下、車両の総重量は3. 5トン未満、荷物などの最大積載量は2. 0トン未満です。 法改正前は車両の総重量が5. 0トン未満で、最大積載量は3. 0トン未満でした。 準中型自動車 法改正により新たに分類に加わったのが、準中型自動車です。 乗車定員は10人以下で普通自動車と同じですが、車両の総重量が3. 5トン以上7. 5トン未満、最大積載量は2. 0トン以上4. 5トン未満となります。 準中型自動車は、普通自動車と中型自動車の間に位置する分類です。 中型免許とは条件が異なり、年齢は18歳から取得できる上、中型免許の取得に必要な「普通免許取得後、2年以上経過していること」という条件が不要です。 そのため、新しく準中型自動車が登場したことによって、運送業界が抱えているドライバー不足などの問題の改善が期待されています。 中型自動車 4トントラックやマイクロバスのことです。 乗車定員は11人以上29人以下で、車両の総重量は7. 5トン以上11トン未満、最大積載量は4. 5トン以上6. 5トン未満です。 大型自動車 乗車定員が30人以上の大型バスやダンプカー、タンクローリーのような車両のことで、総重量は11トン以上、最大積載量は6. 5トン以上です。 小型特殊自動車 トラクターやコンバインのように農業用に使われたり、卸売市場などで荷役用に利用されたりしているターレットトラックのような特殊な構造を持つ車です。 大型特殊自動車 フォークリフトやショベルローダー、ロータリー除雪車など建設作業や除雪作業に使われる特殊な形状の車両で、小型特殊自動車以外のものを指します。 原動機付自転車 「原付」「スクーター」「ミニバイク」などと呼ばれ、総排気量が50cc以下の二輪車です。 普通自動二輪車(小型) 総排気量が50ccを超え、125cc以下の二輪車です。 免許取得から1年以上が経過すると、一般道で2人乗りが可能になります。 普通自動二輪車 総排気量が125ccを超え、400cc以下の二輪車です。 こちらも免許取得から1年以上が経過すると、一般道で2人乗りが可能になります。 大型自動二輪車 総排気量が400ccを超える二輪車です。 かつては「ナナハン」と呼ばれた750ccのバイクが大型自動二輪車の代名詞でしたが、1,000ccを超える「リッターマシーン」が登場し、総排気量の制限がなくなっています。 ただし、AT限定は650cc以下までです。 原付免許 ・運転できる車 原付免許はエンジンの総排気量が50cc以下の二輪車を運転する場合に必要です。 原付には二輪のスクーターだけでなく、三輪や四輪のスクーターも含まれます。 ・受験資格 原付免許を取れるのは16歳以上です。 手軽さから、若い世代をはじめ中高年層や主婦にも人気があります。 視力の条件は両眼で0. 5以上です。 一眼が見えない人は、他眼の視野が左右150度以上、視力が0. 5以上は必要です。 ・取得までの流れ 試験は視力検査などの適性試験と学科試験のみで、技能試験はありません。 ただし、取得前に実車での「原付講習」を受ける必要があります。 なお、小型特殊免許を除き、ほかの運転免許がある場合は原付を運転できます。 ・履歴書での書き方 履歴書には、「原動機付自転車免許」と書きます。 小型特殊免許 ・運転できる車 農耕トラクターやコンバイン、ターレットトラックなど、特殊な構造をした小型の特殊自動車を運転できます。 ・受験資格 16歳以上なら受験できます。 視力の条件は原付免許と同じ、両眼で0. 5以上です。 一眼が見えない人は、他眼の視野が左右150度以上、視力が0. 5以上は必要です。 ・取得までの流れ 試験は学科試験のみです。 小型特殊免許だけを取得することも可能ですが、普通自動車などの免許を持っていれば運転できます。 ・履歴書での書き方 履歴書には「小型特殊自動車免許」と書きます。 普通二輪免許 ・運転できる車 総排気量が50cc超、400cc未満の二輪車を運転する際に必要な免許で、AT限定免許もあり、高速道路も走ることができます。 高速道路で2人乗りする場合は20歳以上で、免許を取得してから3年以上の期間が必要です。 この免許でほかに小型特殊自動車、原付も運転できます。 ・受験資格 16歳以上で受験できます。 視力の条件は両眼で0. 7以上が必要で、一眼でそれぞれ0. 3以上あるか、一眼の視力が0. 3未満であればOKです。 一眼が見えない人は他眼の視野が左右150度以上、視力が0. 7以上必要となります。 ・取得までの流れ まず教習所へ通い、卒業検定である技能試験に合格する必要があります。 その後、運転免許センターや運転免許試験場で、視力などの適性試験と学科試験の両方に合格すれば、免許を取得できます。 ・履歴書での書き方 履歴書には「普通自動二輪車免許」、もしくは「普通自動二輪車免許(AT限定)」と書きます。 大型二輪免許 ・運転できる車 総排気量が400ccを超える二輪車を運転する際に必要な免許で、AT限定免許もあります。 もちろん、高速道路も走行可能です。 高速道路で2人乗りをするには、20歳以上かつ免許期間が3年以上という条件を満たす必要がありますが、普通二輪免許の期間も合算できます。 大型二輪免許で、ほかに普通自動二輪車、小型特殊自動車、原付の運転も可能です。 ・受験資格 受験資格は18歳以上です。 視力の条件は普通二輪免許と同じです。 ・取得までの流れ 免許取得までの流れは普通二輪免許と同じです。 ・履歴書での書き方 履歴書には、「大型自動二輪車免許」、または「大型自動二輪車免許(AT限定)」と書きます。 大型特殊免許 ・運転できる車 大型のフォークリフトやロータリー除雪車など、特殊な構造をした大型自動車を公道で運転する際に必要な免許です。 大型特殊免許で、ほかに小型特殊自動車や原付も運転できます。 ・受験資格 受験資格は18歳以上で、視力の条件は上記の大型二輪免許や普通二輪免許と同じです。 ・取得までの流れ 一般的には教習所に通って取得します。 普通免許以上の免許を持っている場合は技能教習のみで、どの免許も持っていない場合は学科教習と技能教習の両方を受けます。 どちらの場合も仮免試験がありません。 教習所内のコースで卒業検定を受け、合格した後、免許センターや運転免許試験場で、視力などの適性検査と学科試験の両方に合格すれば免許を取得できます。 なお、二輪免許や普通免許、準中型免許を持っていると、学科試験が免除となります。 ・履歴書での書き方 履歴書には「大型特殊自動車免許」と書きます。 普通免許 ・運転できる車 軽自動車を含む普通自動車の運転をするのに必要な免許です。 普通自動車とは、一般家庭でよく利用される乗用車のことです。 マニュアル車用(MT)とオートマチック車限定(AT限定)があり、MT免許保有者はAT車も運転可能です。 近年販売されている新車の大半がAT車で、AT限定免許を取得する人の数もMT車用免許取得者を上回っています。 AT限定であれば教習所で受ける授業の時限が少しだけ短くなる分、費用も若干安いのが魅力です。 普通免許があれば、小型特殊自動車と原付も運転できます。 ・受験資格 受験資格は18歳以上です。 視力の条件は、大型特殊免許や大型二輪免許、普通二輪免許と変わりません。 ・取得までの流れ まず教習所へ通い、卒業検定である技能試験に合格する必要があります。 その後、免許センターや運転免許試験場で視力などの適性検査と学科試験の両方に合格すれば免許を取得できます。 AT限定免許からMT車用免許に切り替えたい場合は、再び教習所に通うなどして「AT限定解除」という手続きを受ける必要があります。 ・履歴書での書き方 履歴書には「普通自動車第一種運転免許」、または「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」と書きます。 準中型免許 ・運転できる車 道路交通法改正で新たに誕生した運転免許です。 中型免許との違いは、初めて免許を取る人でも取得できるという点です。 中型免許を取得するには、2年以上の普通免許歴が必要ですが、準中型免許の登場によって運転初心者でもトラックの運転が可能になりました。 この免許でほかに普通自動車、小型貨物自動車、小型特殊自動車、原付を運転できます。 ・受験資格 受験資格は18歳以上です。 視力は両眼で0. 8以上、一眼がそれぞれ0. 5以上必要です。 ・取得までの流れ 普通免許などと同じように教習所へ通います。 卒業検定である技能試験に合格し、その後免許センターや運転免許試験場で視力などの適性検査と学科試験の両方に合格すれば免許を取得できます。 ・履歴書での書き方 履歴書には「準中型自動車免許」と書きます。 中型免許 ・運転できる車 4トントラックやマイクロバスを運転するのに必要な免許です。 この免許でほかに、準中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原付が運転できます。 ・受験資格 受験資格は20歳以上です。 普通自動車免許や大型特殊免許を持ち、取得してから通算で2年以上経過している必要があります。 視力の条件は両眼で0. 8以上、一眼が各0. 5以上です。 また、三桿(さんかん)法の奥行き知覚検査機による深視力検査を3回行い、平均誤差が2センチメートル以下であることも条件です。 ・取得までの流れ 普通免許などと同じように教習所へ通い、卒業検定である技能試験に合格します。 中型免許の取得時には、運転免許センターや運転免許試験場の学科試験と技能試験が免除されます。 そのため、適性検査のみを受けます。 ・履歴書での書き方 履歴書には「中型自動車第一種運転免許」と書きます。 大型免許 ・運転できる車 大型バスやダンプカー、タンクローリーなどを運転できる免許です。 大型免許を持っていると、中型自動車、準中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原付の運転もできます。 ・受験資格 受験資格は21歳以上です。 条件は普通自動車免許、中型自動車免許、大型特殊自動車免許のいずれかを持ち、通算で3年以上の運転経歴が必要です。 中型免許と同じ視力を求められます。 ・取得までの流れ 中型免許を取得する流れと同じです。 ・履歴書での書き方 履歴書には「大型自動車免許」と書きます。 牽引免許 ・運転できる車 車両後部に総重量が750キログラム超の車を連結して、それを引きながら運転できます。 ・受験資格 受験資格は18歳以上で、視力の条件は中型免許と同じです。 また、大型免許、大型特殊免許、中型免許、普通免許のいずれかを取得している必要があります。 ・取得までの流れ 教習所に入校し、技能教習を受けて卒業検定に合格します。 その後、運転免許センターや運転免許試験場で適性検査を受けます。 ・履歴書での書き方 履歴書には「牽引自動車第一種運転免許」もしくは「牽引免許」と書きます。 第二種運転免許の種類 ・普通第二種免許 タクシーやハイヤー、運転代行などに必要な免許です。 AT限定免許もあります。 ・中型第二種免許 貸し切りバスなど、乗車定員が11人以上29人以下の旅客用自動車を運転できます。 ・大型第二種免許 乗車定員30人以上の路線バスや貸し切りバス、観光バスなどを運転するときに必要な免許です。 ・牽引第二種免許 運転席と荷台(客車)が離れている自動車を運転するのに必要です。 実用性には乏しいものの、免許マニアに人気です。 ・大型特殊第二種免許 キャタピラがある旅客雪上車などを運転できる免許です。 取得が必要になるのは非常に特殊なケースといえるでしょう。 第二種運転免許の取得方法 「普通第二種免許」「中型第二種免許」「大型第二種免許」を取得する方法は基本的には同じで、3つあります。 1つ目は直接運転免許センターや運転免許試験場に行って技能試験を受ける、いわゆる「一発試験」と呼ばれる方法です。 一度の試験で合格できれば、費用を抑えられるメリットがありますが、合格しなかった場合、時間も費用もどんどんかかります。 技能試験に合格するための練習を、一人で独自に行わないといけないというデメリットもあります。 2つ目は教習所に通う方法です。 学科教習と技能教習はもちろん、検定もしっかりとした準備と計画性をもって受けることができます。 3つ目は合宿免許で取得する方法です。 通うのは教習所ですが、最も短期間で効率よく免許を取得したいのであれば合宿免許が良いでしょう。 事前にスケジュールを組むことができるので、無駄がありません。 一発試験での合格は非常に難しいため、ほとんどの人は教習所で免許を取得します。 教習所で免許を取得する場合の流れは、第一種運転免許などと同じく、学科教習と技能教習に分かれています。 第二種運転免許はお客さんを乗せてタクシーやバスなどの旅客車両を運転することになるので、そのために必要な知識を習得していきます。 また、高齢者や子供、身体障害者といった交通弱者に対する正しい認識の習得も必要です。 技能教習でも一種免許以上の高い技術を習得することが求められるため、お客さんを乗せていることを意識した運転技術を練習します。 また、ほかの交通への気配りも必要です。 教習所の卒業検定に合格したら、後は運転免許センターや運転免許試験場で学科試験を受けます。 合格すると、無事に免許取得となります。 すでに別の第二種運転免許を取得している場合は、運転免許センターや運転免許試験場での学科試験が免除となります。 教習所での技能試験に合格した後、適性検査で問題がなければ無事に免許取得です。 一方、第一種免許を所持していても学科試験の免除はありません。 一種と二種では内容が異なるためです。 ・牽引第二種免許 運転免許試験場での技能試験に合格することで免許を取得できます。 自動車教習所での教習や技能検定については行われていません。 ・大型特殊第二種免許 牽引第二種免許と同じく、運転免許試験場での技能試験に合格することで免許を取得できます。 自動車教習所での教習や技能検定については行われていません。 当社は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会「プライバシーマーク」制度の認定事業者です。 お客様のプライバシー(個人情報)を大切に管理しております。 当協議会は「価格の不当表示や虚偽の広告等のない、安心で信頼できる教習所」を選んでいただくために、公正取引委員会の認定を受けた全国組織です。 株式会社ティー・アイ・エスは全国自動車教習所エージェント協会の正会員です。 当協会の正会員企業は、消費者の皆様と自動車教習所の中間に立ち、高品質かつ充分な情報の公開によって公平公正な選択機会の普及に努めると共に、両者間で行われる円滑な契約・交渉を仲介し、もって相互の権利の尊重と利益の擁護に貢献しています。

次の

自動車免許の種類と運転できる車/自動車免許の種類と運転できる車について

自動車 免許 の 種類

【履歴書】運転免許の書き方|普通自動車から中型・大型・AT限定まで 転職をはじめアルバイトやパートに応募する際に必要な履歴書。 自動車の運転免許を持っている人は、履歴書の免許・資格欄に運転免許の種類を記載する人が多いでしょう。 特にタクシー会社や運送会社のドライバーに応募する際は、運転免許の正式名称を書き込むことが大切です。 では、どのように書くのが正しいのでしょうか。 今回は運転免許の種類と履歴書への書き方についてご紹介します。 【目次】 1. 運転免許の取得年月と種類を確認 履歴書の資格欄に記載する前に、運転免許証の取得年月と種類を確認しておきましょう。 上から二・小・原(二輪・小型特殊自動車・原付)、他(一種二輪以外)、二種となります。 普通自動車免許のみを取得している場合は「他」を確認しましょう。 ただし、同じ種類で複数の免許がある場合は免許証だけでは判別できないため、運転免許試験場、運転免許センターで発行される「運転免許経歴証明書」を取得して確認してください。 運転免許は車種が複数あることや、自分だけで運転するなら第一種、お客様を乗せるなら第二種など細かく分かれています。 また、普通免許があれば、小型特殊自動車と原付自転車の運転が可能です。 このように、上位免許は下位免許の範囲を含む点が特徴です。 免許証には略称しか記載されていませんが、履歴書の記入する場合は正式名称を書かなくてはいけません。 そこで、運転免許の正式名称を紹介します。 履歴書の資格欄に記載する運転免許の正式名称 15種類ある免許について、履歴書の資格欄に記載する正式名称と、それぞれの免許で運転できる自動車の種類を説明します。 最も一般的な免許で、軽自動車やミニバンも含まれます。 2017年3月12日以前に普通免許を取得した方は変更前の条件で自動車を運転できますが、2017年3月12日以降に普通免許を取得した方は車両の総重量が3. 5トン未満、最大積載量は2トン未満の自動車しか運転できなくなりました。 乗車定員は10人以下のまま法改定後も変更ありません。 ・AT限定免許の場合 応募先の会社からマニュアル免許所持の有無を求められていない場合は、AT限定であることを省略できます。 AT限定免許であることを記載する場合は、「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」、または「普通自動車運転免許(AT限定)」と表記します。 5トン以上、乗車定員が30人以上の自動車を運転できます。 例えば、大型バスやダンプカーが該当します。 2017年3月12日以降から車両の総重量が7. 5トン以上11トン未満、最大積載量は4. 5トン以上6. 5トン未満が新たな条件となりました。 乗車定員数に変更はなく、11人以上29人以下の自動車を運転できます。 マイクロバスや4tトラックが該当します。 また、ビッグスクーターを運転できるAT限定免許も人気です。 ほかにAT限定免許、小型二輪限定免許、AT小型限定免許があります。 7m以下、幅 1. 7m以下、高さ2m以下、最高時速15kmの車両を運転するための免許です。 5トン以上7. 5トン未満、最大積載量は2トン以上4. 5トン未満の車両を運転するための免許です。 21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。 21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。 21歳以上で、普通、中型、大型、大型特殊の各第一種免許を取ってから通算3年以上で取得できます。 ただし、旅客雪上車は現在ほとんど走っていません。 ただし、牽引自動車第二種は現在ほとんど走っていません。 その場合は、取得した時期が古いものから順次、なるべくすべて書きましょう。 平成25年3月 普通自動車第一種運転免許 取得 平成27年5月 普通自動車第二種運転免許 取得 ただし、運転免許以外にも多数の免許や資格を所持していて、履歴書に書ききれない場合は、仕事内容に関連しそうなもの以外、省略しても構いません。 例えば、普通免許と普通第二種免許を持っている場合は、普通第二種免許だけで大丈夫です。 免許区分の新設は約10年ぶりでした。 準中型自動車免許について解説します。 準中型自動車免許とは? 準中型自動車免許が登場した背景には、これまでトラック協会が抱えてきたドライバー不足などの問題があります。 これまでは普通免許でも5トン未満の小型トラック(貨物自動車)は運転可能でしたが、コンビニ配送や宅配便の集配などで使われる小型トラックは保冷設備などを加えると総重量が5トンを超えるケースが多く、運転には中型免許が必要でした。 しかし、中型免許の受験資格は普通自動車の運転経験2年以上、つまり20歳以上にならないと得られず、ドライバー不足にあえぐトラック業界にとっては痛手でした。 これに対し、準中型免許の受験資格は18歳以上です。 準中型免許の登場で2年の待機期間がなくなり、18歳の運転初心者でも小型トラックの運転が可能となりましたが、一方で、準中型免許の登場で、普通自動車の免許の範囲が狭まりました。 具体的には、これまでの最大積載量が3トン未満から2トン未満、車両総重量は5トン未満から3. 5トン未満に変更となりました。 乗車定員は10人以下のままです。 中型自動車と大型自動車の車両総重量と最大積載量の上限は変わりません。 正式名称は「準中型自動車第一種運転免許」なので、履歴書には「平成29年8月 準中型自動車第一種運転免許 取得」と記載しましょう。 履歴書には正式名称で記載する 運転免許を持っていると、宅配など、できるバイトの幅が広がり、営業サポートや不動産業界など、外回りをするバイトでは有利になることも。 取得した免許の種類を履歴書に書く場合は、正式名称にすることがポイントです。 今回の記事を参考に、正しく記載してください。

次の