あしゅら男爵。 あしゅら男爵の最期〜束の間の輝き、栄光の綺羅星〜

ブロッケン伯爵 (ぶろっけんはくしゃく)とは【ピクシブ百科事典】

あしゅら男爵

51C「あしゅら男爵、散る」 No. 51C あしゅら男爵、散る 【シナリオデモ開始】 ゴーゴン「暗黒大将軍様!」 暗黒大将軍「何ごとだ?」 ゴーゴン「ティターンズがシャアのダカール演説により、地球連邦政府内においてその立場を失ったようであります」 暗黒大将軍「ほう…ティターンズがか。 これで地上の勢力が一つ減ったことになる」 ゴーゴン「異星人共も地球へ軍勢を送り込んで来てはおりますが、キャンベル並びにボアザン軍に動きは見られませぬ」「さらに、バイストン・ウェル軍も先日のロンド=ベル隊との戦闘で敗北を喫し、現在は態勢を整えている最中です」 暗黒大将軍「ふむ…この情勢は我らにとって好都合だな。 Dr.ヘルの第2次極東地区制圧作戦はどうなっておる?」 ゴーゴン「龍王機と虎王機を失ったとは 言え、ドラゴノザウルス、ギルギルガン、ピクドロンは最終調整段階に入っております」「もちろん、例の機体も1号機が完成し、量産も予定通り進んでおりまする」 暗黒大将軍「ふふふふ…そうか。 Dr.ヘルめ、あれの量産に成功したか!」「ロンド=ベル隊の連中の驚く顔が目に浮かぶわ! ふはははは!! 」 現在位置 Dr.ヘルのアジト ヘル「ブロッケン伯爵。 ドラゴノザウルス、ギルギルガン、ピクドロンの調整は終わったか?」 ブロッケン「はい」 あしゅら(………) ヘル「例の量産型の方は?」 ブロッケン「まもなく、ロールアウトする予定であります」 ヘル「そうか。 さすがはブロッケン伯爵」 あしゅら(………) ヘル「第2次極東地区制圧作戦を実行する時が来たようだな…では、ブロッケン伯爵…」 あしゅら「お待ち下さい、Dr.ヘル!」 ヘル「…何じゃ、あしゅら男爵?」 あしゅら「第2次極東地区制圧作戦の指揮は是非、このあしゅらのお任せ下さい!」 ヘル(………) あしゅら「Dr.ヘル!」 ヘル「貴様は今までの作戦のほとんど失敗しておるではないか。 重要な次の作戦をお前に任せるわけにはいかぬ」 あしゅら「し、しかし…!」 ヘル「第2次極東地区制圧作戦の指揮はブロッケンに任せる。 ドラゴノザウルス、ピクドロンを出撃させい!」 ブロッケン「ははっ」 あしゅら(………) あしゅら(………)(過去、現在、未来に続く永遠の星よ。 私に束の間の輝きを与えたまえ…)(私を見つめるDr.のあの冷たい目…)(ブロッケン伯爵のあのさげすみの目を炎と打ち砕く栄光の輝きを…)(………)(…私はもう疲れ果ててしまった…)(だが…ロンド=ベル隊を倒さずに死ねるものか!)(かくなる上は…!) 〔基地の警報〕 ヘル「何ごとじゃ!? 」 ブロッケン「Dr.ヘル! あしゅら男爵がブードで秘密基地から脱出しました!」 ヘル「何、あしゅら男爵が!? 」 ブロッケン「しかも、ドラゴノザウルスとピクドロンを奪って…!」 ヘル「血迷いおって、あしゅら男爵め! のたれ死にするつもりか!」 ブロッケン「おそらく、自分の立場が危うくなったのを知って脱走したのでは?」 ヘル「フン…」 ブロッケン「Dr.ヘル、裏切り者は抹殺するのが我らのおきて。 直ちに追撃隊を」 ヘル「待て、殺すことはいつでも出来る。 それより飼い犬に手をかまれたとあってはゴーゴン大公の笑い者になるだけじゃ」「あしゅら男爵が何をするのか見定めてからでも遅くはない」 ブロッケン(………) 〔ゼーレの座〕 キール「エゥーゴのシャア=アズナブルによるダカール演説によって、ティターンズはその立場を失った…」 声「それに対するロームフェラ財団の動きは?」 声「彼らはティターンズを切り捨てるつもりだ」 声「あの部隊はまだ使い道がある。 我々の手で頭をすげ替え、組織を密かに再編させよう…」 現在位置 連邦軍極東支部 エレ「では、サンクキングダムのリリーナ王女はOZのトレーズ准将によって連れ去られてしまったと…?」 イゴール「そうです」 エレ(………) イゴール「にも関わらず、その後サンクキングダムはジュピトリアンの猛攻を受け、現在は連絡が取れません…」 エレ(………)「シーラ様の部隊にはショウ達がおります。 おそらく、大丈夫でしょう」 イゴール「…私もそう思います」 エレ「…ブライト中佐の部隊は?」 イゴール「…彼らはダカールの連邦議会の制圧に成功し、クワトロ大尉によってティターンズは糾弾されました」 エレ「そうですか…それが成功しただけでも幸いですね」 〔扉の開閉音〕 エイブ「エレ様、EVAチームが帰還致しました」 エレ「わかりました。 ワシかて納得してEVAに乗っとんのや」 シンジ(………) トウジ「正直ゆうて、ワシかてEVAに乗るのは怖い」「そやけどな、ワシらがEVAに乗らんかったら、妹やケンスケ、委員長達がもっと怖い思いすることになるんや…」 シンジ(………) トウジ「だから、ワシはワシに出来ることをする。 それだけや」 シンジ(………) トウジ「それに、お前や綾波、惣流もおるからワシも何とか戦えると思うわ」 シンジ(………) 豹馬「よお、シンジ! もう大丈夫なのかよ?」 シンジ「え…? は、はい」 健一「そうか…話を聞いた時はどうなることかと思ったよ」 ちずる「でも元気そうで良かった」 シンジ「みんなに心配かけてすみませんでした…」 豹馬「別に謝るこたあねえよ」 ちずる「そうよ。 私達、仲間なんだから」 シンジ「は、はい…ありがとうございます」 ちずる「ところで、その子は?」 トウジ「す、鈴原トウジと 言います。 EVA3号機のパイロットです。 どうかよろしゅう!」 健一「ああ、こちらこそ」 甲児「う~ん…」 ノリコ「甲児君、どうしたの?」 甲児「ああ、マジンガーZもそろそろオーバーホールが必要なんじゃないかと思ってな」 一平「機体の調子でも悪いのかよ?」 甲児「そういうワケじゃねえけど、これから戦いがどんどん激しくなっていくだろ?」 ノリコ「そうね…宇宙怪獣とか、ゼントラーディ軍は人間の常識を超えた敵だから…」 甲児「ああ。 そいつらとの戦いに備えてマジンガーの整備をしときたいんだよ」 ノリコ「ふ~ん、甲児君は何にも気にせず戦ってると思ってたけど、ちゃんと考えることは考えてるのね」 甲児「…お前なあ」 アスカ「あら、みんな揃って…使えなくなってきたマジンガーZをどうにかしようっていう相談?」 甲児「!」「てめえ…ケンカ売ってんのか?」 アスカ「だって、そうじゃない。 マジンガーZなんて旧式、いつまで使うつもりなのよ?」「これからの戦いじゃ、はっきり言って邪魔だわ」 一平「そういうお前もこないだの使徒にあっさりやられてたじゃねえか」 アスカ「!! な、何ですって!? 」 ノリコ「み、みんな、ケンカはよくないよ…」 甲児(………) アスカ「フン!」 甲児「アスカ…これだけは言っておくぜ」 アスカ「な、何よ?」 甲児「俺はな、おじいちゃんが遺してくれたマジンガーZを誇りに思っているんだ」 アスカ「!」 甲児「お前だって誇りを持ってEVAに乗ってんだろ?」「それをバカにされたら、お前だって腹が立つだろうが…?」 アスカ「な、何よ…ちょっとからかっただけなのに…真剣に怒って…バッカじゃないの!? 」 〔走る足音〕 ノリコ「アスカ…」 甲児(………) 一平「どうした? アスカの言ったことなんざ気にする必要ねえぜ」 甲児「いや…やっぱり、マジンガーZのオーバーホールは必要だ。 一度、光子力研究所に戻った方がいいな…」 マヤ「これがアスカのシンクロ率のレポートです」「シンクログラフ、マイナス12.8。 起動指数ギリギリです」 リツコ「弐号機の改修は終了したというのに、ひどいものね…」 ミサト「アスカ、今日調子悪いの。 二日目だし…」 リツコ「シンクロ率は表層的な身体の不調に左右されないわ。 問題はもっと深層意識にあるのよ」「アスカのプライド、ガタガタね」 ミサト「無理ないわよ、あんな負け方しちゃ。 というより、シンジ君に負けたと思い込んでいる方が大きいわね」 リツコ「このままだと、代わりが必要になるわよ」 ミサト(………) カズミ「アスカ、戻ってきたのね。 シンジ君は大丈夫なの?」 アスカ「知らないわよ、バカシンジなんか」 カズミ「…どうしたの、一体?」 ユング「大方、こないだの敗北でプライドが傷ついてるってところかしら」 アスカ「! 何ですって!? 」 ユング「図星だったようね」 アスカ「……!」 ユング「あんたも天才と呼ばれてるのなら、それぐらいのスランプは自分で立ち直って見せることね」 アスカ「!」 カズミ「ユング…」 ユング「この手のタイプはね…立ち直るのに時間がかかるのよ」「だから、いつまでもイジけられてちゃ、こっちが迷惑だわ」 アスカ「言ってくれるじゃない…!」 ユング「腹が立ったのなら、実力であたしを見返してみなさいよ」 アスカ「くっ…!」 〔走る足音〕 カズミ「アスカ…」 ユング「どうやらプライドまで捨て去ったわけじゃないようね…」 隼人「ライディーンの調査?」 洸「ええ。 LTR機構の安西エリ博士とムトロポリスの猿丸大先生からの依頼で…」 竜馬「一体、ライディーンの何を調査するって 言うんだ?」 洸「『虚空からの破壊神』というライディーンの声…宇宙怪獣や使徒を目の前にした時の反応…」「それが一体何を意味しているのか、ライディーンの記憶装置に直接コネクトして調べるそうなんです」「もしかしたら、ライディーンの記憶装置には宇宙怪獣の情報が入っているかも知れませんから…」 竜馬「直接コネクトするって…一体どうやって? 洸君でもライディーンの声を聞くことは滅多にないんだろう?」 隼人「もしかして…T-LINKシステムを使うのか?」 洸「ええ、T-LINKシステムによっていつもと逆のパターンで俺の念をライディーンに送り込むそうです」 竜馬「なるほど…念動力を持つ洸君ならT-LINKシステムを使えるかもな」 隼人「で、その調査はいつやるんだ?」 洸「神面岩にライディーンを収容し、素体の状態でT-LINKを行うそうです」 竜馬「そうか…その調査で宇宙怪獣の情報が得られるといいな」 〔基地の警報〕 隼人「敵襲か!? 」 竜馬「ハヤト、洸君、出撃するぞ!」 【シナリオデモ終了】 サブタイトル 「あしゅら男爵、散る」 【戦闘マップ開始】 〔味方戦艦出現〕 〔味方ユニット出現〕 〔敵ユニット出現〕 あしゅら「戦いのときは来た…私にはもはや帰るべき場所はない!」「ロンド=ベル隊並びに連邦軍極東支部の者共よ!! 私は貴様らに死をかけて戦いを挑む!!」 甲児「ヘッ、何を気張ってやがる! 今回も返り討ちにしてやらあ!!」 エレ「いえ…油断はなりません。 あの者の気迫にはただならぬものが感じられます…」 鉄也「それに決死の戦いを挑んでおいて機械獣の数があれだけというのはおかしい。 あしゅらは最期まで勇敢に戦ったと…!」 〔敵ユニット出現〕 ゴーゴン「あしゅら男爵め…ついに最後の戦いを挑んだか!」「死を覚悟した者を放ってはおけん。 だが、前みたいな敵意じゃない…」 甲児「もしかして、あの2体は…ライディーンと同じように悪と戦うために造られたロボット…?」 大作「ええ、あれは龍虎王です」 洸「龍虎王!?」 << ブリット>> ブリット「ああ。 それに、宇宙怪獣は人間に操れる代物ではなくてよ!」 あしゅら「ふふふ…それこそ私の最後の切り札!」「これで貴様らも終わりだ!」 甲児「させるかよ!!」 <甲児vsあしゅら> あしゅら「ふふふ…思えば、貴様とも長い付き合いだった」「だが、今日こそは私の命に代えて貴様を倒す!!」 甲児「悪いが、俺はこんな所で死ぬわけにはいかねえんだ!!」 <竜馬vsあしゅら> 竜馬「あしゅら男爵! 覚悟!!」 あしゅら「真・ゲッターロボ! 私の最期を飾るに相応しい相手だ!!」 <弁慶vsあしゅら> あしゅら「地獄へ一人でも多く道連れにしてやる!」 弁慶「地獄へはお前一人で行けってんだ!」 <あしゅら撃破> ゴーゴン「おお、ブードが! あしゅら男爵!!」 あしゅら「ふ、ふふふ…さすがは我が宿敵ロンド=ベル隊…そして、マジンガーZと兜甲児…!」 ゴーゴン「あしゅら男爵!!」 あしゅら「…Dr.ヘルに伝えて下さい。 あしゅらは最期まで勇敢に戦ったと…!」 〔敵ユニット撃破〕 ゴーゴン「あしゅら男爵!!」「………」「…あしゅら男爵よ、お前の名誉のためにも仇は必ずとってやる!」 <あしゅら撃破> ゴーゴン「おお、ブードが! あしゅら男爵!!」 あしゅら「ふ、ふふふ…さすがは我が宿敵ロンド=ベル隊…そして、マジンガーZと兜甲児…!」 ゴーゴン「あしゅら男爵!!」 あしゅら「…Dr.ヘルに伝えて下さい。 あしゅらは最期まで勇敢に戦ったと…!」 〔敵ユニット出現〕 ゴーゴン「あしゅら男爵め…ついに最後の戦いを挑んだか!」「死を覚悟した者を放ってはおけん。 ワシからの手向けを受け取るがいい!」「…成功を祈るぞ、あしゅら男爵!」 〔敵ユニット撃破〕 ゴーゴン「あしゅら男爵!!」「………」「…あしゅら男爵よ、お前の名誉のためにも仇は必ずとってやる!」 <敵全滅・勝利条件達成> 甲児「あしゅら男爵…敵ながら見事だったぜ…」 イゴール「だが、先程の戦闘で基地の施設に大きな損害が出てしまった」 竜馬「結局、あしゅら男爵は目的を達成したということですか…」 イゴール「ああ、そうだ」 甲児「………」 【戦闘マップ終了】 【シナリオエンドデモ開始】 現在位置 Dr.ヘルのアジト ヘル「何、あしゅら男爵が死んだじゃと!? 」 ゴーゴン「そうだ。 極東支部基地を機能不能にし、見事散っていった」 ヘル「あしゅら男爵…そこまで思い詰めておったのか…ワシはお前を誤解しておったようじゃの…」 ブロッケン「フン、格好ばかりつけおって…死んだら何の意味もないではないか!」 ヘル(………) ブロッケン(………) ヘル「あしゅら男爵よ…あしゅらよ…」(………)「ブロッケン伯爵、あしゅら男爵の弔い合戦だ! 第2次極東制圧作戦の第2段階を開始する!! 」 ブロッケン「ははっ!」 ゴーゴン「ワシも手伝おう。 あしゅらの無念を晴らしてやりたい」 ヘル「うむ。 まず手始めに光子力研究所を叩き潰し、あしゅらの墓標とするのだ!! 」 現在位置 連邦軍極東支部 エレ「では、極東支部基地の復興には時間がかかるのですね?」 イゴール「…少なくとも1週間以上は」 銀鈴「そんな…」 カズミ「その間の敵の迎撃は不可能ね…」 イゴール「現在、極東地区の戦力は君達ゴラオン隊だけになってしまったと言っても間違いではない」 カズミDr.ヘルがこのチャンスを逃すはずはありません。 彼らは必ず機械獣を送り込んで来ますわ」 イゴール「うむ。 すまんが、ゴラオン隊には24時間態勢で警戒に当たってもらいたい」「整備が必要な機体は今の内に作業を開始してくれ」 エレ「了解しました」 銀鈴「ロンド=ベル隊の戦力を分散させたのがあだになったわね」 カズミ「仕方がないわ。 状況が悪化しているのはこの極東地区だけではなくてよ」 アスカ(………)(………) レイ「心を開かなければ、EVAは動かないわ」 アスカ「!? 」「…心を閉ざしているってぇの? この私が?」 レイ「そう。 EVAには心がある」 アスカ「この人形に?」 レイ「わかっているはずよ」 アスカ「はん! あんたから話しかけてくるなんて、明日は雪かしらね」 レイ(………) アスカ「何よ! 私の調子が悪いのがそんなに嬉しい!? 」 レイ(………) アスカ「心配しなくっても、敵が攻めて来たら無敵のシンジ様と初号機やスーパーロボット軍団がやっつけてくれるわよ!」「私達は何もしなくていいのよ!」 レイ(………) アスカ「あ~あ、シンジや甲児だけじゃなく、機械人形みたいなあんたにまで同情されるとは」「この私もヤキが回ったわね」 レイ「私は人形じゃない」 アスカ「うるさいっ! 人に言われたまま動くくせに!」「あんた、碇指令が死ねと言ったら死ぬんでしょ!? 」 レイ「そうよ」 アスカ「!? 」 〔頬を叩く音〕 レイ(………) ノリコ「す、すっご~い! こんなタイプのスーパーロボット、初めて見たわ!」 甲児「まさか、あの龍王機と虎王機が合体して味方になるとは思わなかったぜ…」 ノリコ「ねえ、このロボットって中国の遺跡から発掘されたってホントなの?」 十三「らしいで。 2000年近く土ン中で眠っとったそうや」 ノリコ「まさに発掘兵器…ライディーンと同じなのね」「ねえ、何か他には出てこなかったの? 例えば可変翼を持った宇宙戦艦とか…」 << ブリット>> ブリット「いや、そんなのはなかったそうだけど…」 ノリコ「…そう。 龍虎王に乗ってたもう一人のパイロットって…」 〔扉の開閉音〕 << ブリット>> クスハ「ブリット君、龍虎王に組み込んだ参式の制御装置のことなんだけど…」 甲児「!? お前は…やっぱり!? 」 << ブリット>> クスハ「!」「…兜君…」 甲児「ど、どういうことだよ!? 何でお前が龍虎王に乗ってんだ!? 」 << ブリット>> クスハ(………) 十三「何や…お前、知り合いかいな?」 甲児「知り合いも何も…同じ高校に通ってるんだよ!」「あの時、行方不明になったと思ってたのに…」 << ブリット>> ブリット「甲児、実はクスハはSRX計画のテストパイロットだったんだ…」 甲児「何だって!? じゃ、じゃあ…ひょっとしてあの事故は…」 << ブリット>> クスハ「…ごめんなさい…私はその事故を覚えていないの…」 甲児「ど、どういうことだ!? 」 << ブリット>> ブリット「もういいんだ、甲児。 今のクスハには高校へ通っていた頃の記憶はない…」「クスハも俺と同じく、イングラム少佐の手の上で踊らされていただけだ…」 甲児(………) << ブリット>> ブリット「けど、本当にいいんだ。 クスハはこうやって無事だし、これからは一緒にいられる」 甲児「で、でも…高校にいた頃の記憶がないってことは…」 << ブリット>> ブリット「それ以上は言わないでやってくれ」「大切なのは過去じゃなく、これからなんだ…」 クスハ(………) 村雨「あんたが作戦参謀の葛城ミサト三佐か?」 ミサト「ええ、そうだけど…」 村雨「国際警察機構北京支部の村雨健二だ」 ミサト「ひょっとして…不死身の村雨健二!? 」 村雨「さすがはNervだ。 俺達の情報もきっちり入手しているとみえる」 ミサト「ところで、何か?」 村雨「少し気になる情報を手に入れた。 そこで、作戦参謀のあんたの耳に入れておこうと思ってね…」「新住日重工という特機製造会社を知っているか?」 雅人「何年か前にGMFA1というスーパーロボットを開発した所ですよね?」 村雨「ああ…詳しいな」 雅人「親父が同じ業界にいるんですよ」 ミサト「それに、新住日重工と言えば連邦軍のマジンガー量産計画に関わっている所ね」 村雨「そうだ。 そこが最近不穏な動きをしているらしくてな…」 ミサト「もしかして…ロームフェラ財団の買収?」 村雨「いや…出所不明の膨大な金と引き替えにある物を横流ししているらしい」 雅人「ある物って…GMFA1?」 村雨「違う。 超合金ニューZだ」 ミサト「!? 」 雅人「それって…グレートマジンガーの装甲に使われている超合金…?」 村雨「ああ。 日本でしか採取されないジャパニウム鉱石を精製した超合金Z…それにさらなる改良を加えたものだ」 ミサト「まさか…! それで、横流し先は?」 村雨「それは現在調査中だ」 ミサト(………) 村雨「さらに…BF団によって科学要塞研究所から量産型グレートマジンガーの設計図が盗まれている」「この二つを組み合わせて導き出される答えは…」 ミサト(………) 鉄也「甲児君、やはり光子力研究所に戻るのか?」 甲児「鉄也さん、Dr.ヘルは本気で極東地区を攻撃するつもりです」「奴らが現れる前にマジンガーZのオーバーホールを終わらせておきたいんです」 鉄也「君一人じゃ危険だ。 俺も行こう」 さやか「じゃあ、私も」 ボス「俺様も行くぜ」 甲児「いや、戦力を分散させるのはよくねえ。 俺一人で行ってくるよ」 鉄也(………) ジュン「甲児君…気を付けてね」 甲児「ああ。 じゃあ、また後でな」 〔走る足音〕 さやか(………) ボス「どうしたい、さやか?」 さやか「ううん、何でもない…」(どうしたのかしら…胸騒ぎがする…) 隼人「二人とも、来たか…」 弁慶「何があったんだ、ハヤト?」 〔轟音〕 隼人「!」 弁慶「真・ゲッターが…」 隼人「俺達が乗っていないのに…ゲッター炉に火が入っている…?」「ああ。 さっきからアイドリング状態になっている…」 弁慶「ど、どういうことなんだよ!? 」 隼人「…何か危険を察知しているのかも知れん」 弁慶「察知しているって…ゲッターが!? 」 隼人「こいつの力は未知数なんだ。 何が起きても不思議じゃない…」 弁慶(………) 隼人「もしかして…真・ゲッターが俺達に乗れと言っているのか…?」(………) 弁慶「だとしたら、一体何のために…?」 〔危険シグナル〕 弁慶「な、何だ!? 敵かよ!? 」 隼人「Dr.ヘルが新手を送り込んで来たというのか!? 当館の内容は、各社からの正式許可を受けてはおりません。

次の

Dr.ヘル一派(地下帝国) 人物図鑑

あしゅら男爵

あしゅら男爵の最期〜束の間の輝き、栄光の綺羅星〜 Now you are in the Website >>あしゅら男爵の最期〜束の間の輝き、栄光の綺羅星〜 あしゅら男爵の最期 〜束の間の輝き、栄光の綺羅星〜 第78話「あしゅら男爵 太平洋に散る!!」 愚かで、間抜けで、しかし愛すべき敵であったあしゅら男爵のために 「過去、現在、未来に続く、永遠の星よ。 私に束の間の輝きを与えたまえ…」 「私を見つめるDr. ヘルのあの冷たい目、ブロッケン伯爵のあの蔑みの目を、炎と打ち砕く栄光の輝きを…」 「…」 「…私は、もう疲れ果ててしまった…」 薄暗闇。 広がる雲を裂ききらめく星々…視線をその闇の中に彷徨わせながら、あしゅら男爵はこころの内でこう呟いた。 そして、これが彼の最期の戦いの始まりだった… 話は、その前話にさかのぼる。 ブロッケン伯爵が自らの指揮官機・飛行要塞グールに搭乗しての作戦行動中のことだった。 マジンガーZと交戦中、彼はジェットスクランダーに胴体を真っ二つにされてしまったのだ。 重傷を負った彼の替わりに、グールの指揮を担当したのは…他でもない、あしゅら男爵だった。 しかし、彼の無茶な命令により、グールは大破。 そしてその巻き添えをくった形となり、Dr. ヘルの基地である地獄城も損害を出してしまった。 当然のことながら、これはDr. ヘルを激怒させた。 ヘルですら、もはやあしゅら男爵に何の信頼もおくことは出来なくなってしまった。 これは、彼自身の愚かさが招いた苦境。 そして、彼の運命を大きく分けた転機となったのだ。 しかし、鉄十字軍団ごときにみすみす殺されるあしゅら男爵ではない。 彼らをバードスの杖から出る破壊光線で返り討ちにした… そこにあらわれたブロッケン伯爵に、当然のことながら敵意を剥き出しにするあしゅら男爵。 先の失策により地獄城での立場も居場所も失っていたあしゅら男爵には、 もはやそのような言葉をまともに受け取れるだけの余裕もなかった。 あしゅら男爵「Dr. 脱走の罪を負う身となったあしゅらを追撃すべきだと主張するブロッケン。 だが、Dr. ヘルはただ嘲笑うのみだった… 「血迷ったか」と。 そして、あしゅらを罰するのは奴が何をするのか見届けてからでも遅くはない、と言うのだった。 甲児と研究所間の通信を傍受するブード。 鉄仮面「あしゅら男爵、やらせてください!」 そう猛る鉄仮面をあしゅら男爵はいさめる。 チャンスはまだある、と。 そして、両の瞳…女の青い瞳、男の黒い瞳から流れ落ちるのは滂沱の涙。 もはやDr. ヘルには頼れぬ身となったあしゅら男爵… 彼が助けを求めたのは、地獄の用心棒・ ゴーゴン大公だった。 あしゅら男爵は機械獣を貸してほしいと彼に頼む。 ゴーゴン大公はにべもなく言った、 脱走者に機械獣を貸す事はできない、と。 追い詰められたあしゅら男爵。 機械獣を借りられぬなら、と、その場を立ち去ろうときびすを返す… ゴーゴン大公「待て!…あしゅら男爵、早まるな!」 だが、その時。 ゴーゴン大公の大声が、あしゅらの足を止めさせた。 あしゅら男爵「ゴーゴン大公…」 ゴーゴン大公「死を覚悟してきたものを放ってはおけん!」 何が彼の心を動かしめたのだろう、 今まで無能のあまりに機械獣を散々無駄に壊しまくってきたあしゅら… だが。 ゴーゴン大公は、その彼に己が力を分け与える事を選んだのだ。 これを盗んでゆけ! わしは何も知らぬ事にしておいてやる!」 あしゅら男爵「ゴーゴン大公!」 ゴーゴン大公「成功を祈るぞ、あしゅら男爵…!」 ゴーゴン大公から妖機械獣を借り受け、戦いの準備は全て整った。 その戦場には、ゴーゴン大公の姿もあった… あしゅら男爵の戦いを見届けるために。 そして、マジンガーが光子力研究所から十分はなれたころ。 一方、光子力研究所。 唯一対抗できうるマジンガーZは…必死のあしゅら軍団の奮闘によって、遠く離れた海上に釘付けになっている! (しかし甲児といいこの場面でのボスといい、どうもマジンガー側のパイロットにはたるんだ雰囲気が漂っています。 それは、決死の覚悟で戦いを挑むあしゅら男爵側と並べられているゆえ、なおさらに際立って見えます) マジンガーと戦うブード、その様子をDr. ヘル「あしゅら男爵…わしはお前を誤解しておったようじゃの」 ブロッケン伯爵「ふん…格好ばかりつけおって…!」 Dr. ヘル「あいつは、死を覚悟でマジンガーZの攻撃を耐えておるのじゃ。 そこまで思いつめておったのか、あしゅら男爵…」 マジンガーの猛攻に傷つくブード! 外壁がやられ、被弾箇所からは水が流れ出してくる… だが、鉄仮面たちは必死に耐える、彼らが指揮官・あしゅら男爵とともに戦う! と、弓教授から「研究所が妖機械獣に襲われている。 これは(マジンガーを引き離す)罠だ」と甲児に通信が。 それを受けた甲児は、すぐに研究所に戻ると返す。 いったん海上に浮上したブード、それを追ってマジンガーも海中から飛び出す。 どよめく鉄仮面たち… あしゅら男爵「落ち着け鉄仮面!」 あしゅら男爵は鉄仮面を制する。 そして彼は何の惑いもなく、よどみすらなく言い切った…! あしゅら男爵「今度は急速潜行すると見せかけて、突っ込んでくるマジンガーZと体当たりだ!」 鉄仮面「あしゅら男爵、それでは…!」 あしゅら男爵「そうだ!…マジンガーZとともに、自爆するッ!」 潜行するブードを追い、海中に沈むマジンガーZ。 やがて海面に浮かんでくるのは、粉々になったブード。 だが、あしゅらはもはや全ての力を使い果たしていた… 彼のいのちの炎は、風に吹き消されるかのように静かに消えた、 丘の上から滅びゆく光子力研究所の様を見ながら。 しかし、あしゅら男爵は幸福であったのだろう。 彼は…マジンガーが海底から舞い戻り、妖機械獣を破壊するその様を見る事がなかったのだから。 その前に、ゴーゴン大公の腕の中、最期にこう一言言い残し…あしゅら男爵は、その二度目の死を遂げた。 「…Dr. ヘルに伝えて下さい…あしゅらは、最期まで勇敢に戦ったと…!」 彼の死はDr. ヘルに衝撃を与え、ゴーゴン大公にその弔いを誓わせる。 そして、マジンガー打倒のために戦い、それを果たす事の出来ないまま散華した指揮官、あしゅら男爵は… Dr. ヘルの居城、地獄城の海岸沿いで…石像となって、彼らを見守っている。 ヘル「鉄仮面軍団!鉄十字軍団! 我が勇敢なるあしゅら男爵の名誉に対して…敬礼!!」.

次の

あしゅら男爵の超どうでもいい事実|the tsukimi|note

あしゅら男爵

下半身は永遠の謎(2009年に自身が描いた『真マジンガー 衝撃!! H編』ではリ・デザインされ、長髪になり、かつローブの下は女性半身はほぼ剥き出し、男性半身はピッチリしたをまとっている。 確認できる限り、らしきシルエットはない。 たぶん、 描いてて楽しくないからだろう)。 作品によって立ち位置は異なるが、Dr. ヘルが古代ミケーネ人のの体を半分ずつ融合して蘇らせた、というのが原作を初めとする多くの作品での基本設定である。 転じて、身体の左右で違った姿や色を持つキャラの画像にこのタグがつけられることが多い。 またに対する忠誠心は異常なほど強く、彼の為ならも惜しまない。 その為元祖や漫画で彼がした際、冷酷なですら涙を流した。 漫画版ではマジンガーZに指令系統を破壊されたの飛行要塞グールのに巻き込まれて水中要塞もろともした。 完結編である『』では服の配色が逆になっている。 専用機を拝領し、と共にマジンガーZを襲うも、を受けて機体ごと消滅した。 しかし、度重なる失敗により謹慎を言い渡されるがDr. ヘルに直談判して第二の合体機械獣のと一体化しに攻めてきたマジンカイザーと直接対決。 ファイナルカイザーブレードで叩き斬られ、地獄王ゴードン諸共死亡した。 『』では 生身でマジンガーを攻撃するなど、主役を食うような活躍っぷり。 の記憶の中に潜り込んだ際、完全に記憶を取り戻しミケーネの神の復活のため暗躍し、Dr. ヘルを出し抜いて、自決することでらミケーネの神を復活させた。 また元祖のマジンガーZやovaマジンカイザーではに敗北する度に弁解しながらに土下座をするシーンがよく見られる。 『』ではなを纏っている。 RGZ版 CV: 『』でもやっぱり雌雄半々の…と思いきや、こちらは普通の女性が 左半分だけ特殊をしている。 ローブの下も左半分だけ角刈り。 中間管理職として()とスパルタなに振り回されている。 ファンからの通称は。 余談 にも、男性人格と女性人格を共有する「ハイネスデューク・ラセツ」が登場しているが、男性人格の声優がで、あしゅら男爵のオマージュだと思われる。 自伝漫画「」によるとデザイン協力をしていたが没を受けまくった事から半分づつ顔の違うデザインの悪役を描き、決定したらちゃんと描こうとしていた下書きから永井豪が思いついたらしい。 後年、石川賢は自ら作画する「」の終盤において、ハチュウ人類であるラセツ男爵を、「顔右半分がハチュウ類、左半分が人間の人造皮膚を残す」というあしゅら男爵のセルフオマージュ的なデザインとしている。 では銭湯の番台にパロディとしてあしゅら男爵のコスプレをした 「オヤジ」が登場したりする。 劇団「R:MIX」の舞台劇「魔王転生 MAOUTENSYOU」の登場人物にあしゅら男爵をモチーフ(と、いうかまんま)の「アシュレイ・ダンケルク」というのがいる。 ちなみに演ずるのは男性であるが場面に応じて左の男性側と右の女性側を巧みに声を使い分けて演じている。 ある意味あしゅら男爵の実写版というべきか・・・。 最近はみたいなものも。 外部作品 なお、スパロボシリーズでは、「」に参戦した際になんとロボットガールズZとの共演が実現した。 寄りにも寄ってオリジナルのあしゅら男爵が、Zちゃんによって「 あしゅら男爵のパチモン」とディスられてしまう…。 また同作ではにゴリラ男爵呼ばわりされたり、からたしなめられたり、のポーズをやらされたりと完全に振り回され役が板に付いてしまっている。 関連タグ 、 、:白黒半分関連 :に登場するとその妻の半身が結合して似た様な見た目になった神格。 なお偶然ながらシヴァ(正確にはその前身の)は古代においてはとされていた。 関連記事 親記事.

次の