転生したら悠々自適の皇妃ライフ小説。 転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!4話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 最新刊(次は1巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

転生したら悠々自適の皇妃ライフ小説

少女の登場の仕方はプリティナ帝国建国当初から伝わる伝説どおりのもの。 しかし、神殿の動きなどからも警戒MAXのみんな…。 皇帝たちの会話を寝たふりをして聞いていたのだ。 焦る少女。 記憶をたどる少女。 (確か私は… 数年付き合った彼氏が浮気をして 少女はやけ酒を煽っていた。 ) (フラフラしていると 車が突っ込んできて 咄嗟に橋から身を投げ 川に落ちて…) (目が覚めたらこんなところにいた) 拷問されるかもしれない。 襲撃事件、爆発事故・・・ その二つの事件に共通していたのは 神殿でしか使われない紙。 信じられないというポール。 (おかしい… 原作にはないことが起こり始めてる!) 焦るレアナだった。 そこに湖に落ちた少女が失踪したという配下。 しかしルマンは引き続きポールと話しを続ける。 すると急にポールは 椅子に座っているレアナをドンっと押す それと同時に鳴り響く悲鳴。 なんと上から 少女が落ちてきたのだ。 ポールは少女に剣を向け威圧するが 少女はあわてふためくだけ。 そこへレアナが鎮め 「その女性は私が預かります」 そういうのだった。 意味深に笑うルマン。 11話ネタバレ! 少女はその後またもや脱出をしようとするがあっさりとポールに捕まってしまう。 ルマンやポールの威圧を受ける少女。 そこでレアナは、 ルマンにお願いをして少女を預かることに。 優しい笑顔を見せるレアナ。 少女の名前はミア。 日本から来たという。 ミアがヒロインであることを再確認し (さっさと2人をくっつけなきゃ) そう思うレアナ。 するとそこへ皇帝が現れ…!? 12話ネタバレ! 「いつからここは尋問室になった?」 怯えるミア。 皇帝はミアのことを 「スパイの容疑者だ」 と言い、兵を呼ぶように言う皇帝。 小説通りのセリフを話し出すミア。 その一部始終を見たレアナは 手で口をおさながらも 心の中では踊っていた…! (やっと出会ったー!!) 原作どおりならこの後 皇帝がミアを自室に連れていくはず…! しかし… 「うるさい女だ」 と言いだしてしまう。 原作とは違う展開にポケッとするレアナ。 (何この展開…) 原作どおりに進んでほしいレアナは このままじゃダメだと思い 皇帝に「ミアを連れてきたのは自分だ」と伝える。 すると 「心配は無用だ」 とレアナの肩に手を添えながら言うのだった。 (あれ・・・?) (原作ではミアに言うはずの言葉のはず) そしてミアは尋問室へ連れられたのだった。 13話ネタバレ! ミアの話を聞くテリア財務官。 ミアは自分の潔白を主張するが… テリア財務官は信じられない様子。 「あなたの話には証拠がありません」 その言葉を聞いて泣きわめくミア。 そこへ皇帝がやってくると テリア財務官は神殿に送ることを提案する。 ジロ… 皇帝は、ミアを睨みつけながら しばらく考えるが、結局皇室で引き受ける事を決める。 さらに釈放の許可も出す。 頭を抱えるテリア財務官 そしてミアは 「思ってたより怖い人じゃないかも…」 とボソリと言うのだった。 しかし、脳裏にレアナの顔が浮かび レアナの方に行くことに。 すると、 ルマンとレアナがまた親しげに話していたのだった。 ズキン 「なんだこのイライラは…?」 遠くから2人を見る皇帝だった。 14話ネタバレ! レアナは庭で本を読んでいた。 その本は、1年前にルマンがレアナに渡した本。 その本の内容は、子供目線で皇帝を批判したもの。 ルマンはその本を読んでいるレアナに声を掛け談笑をしているところだったのだ。 そこで、ふとレアナが立ち上がろうとすると足を挫いてしまう。 咄嗟に腕を掴むルマン。 レアナに指摘され腕を話すルマンだったが… ちょうどそのときに皇帝が現れる。 その一部始終を見られていたのだ。 謝罪をして許しを請うルマン。 しかし 「罪を犯した」 と言い出す皇帝。 (実の弟に…!!) それに対し、釈明するレアナ。 しかし内心は… (突然現れてなんのつもり?) (今頃ミアとラブラブしていると思ったのに) そう思っていた。 レアナの言葉を聞き ルマンを許す皇帝。 ルマンは下がり 皇帝とレアナは二人きりに。 すると、ミアについて報告しだす皇帝。 顔と顔の距離もかなり近い。 戸惑うレアナだった。 皇帝も去り 少し考え込むレアナだったが 読んでいた本がないことに気付く…。 天真爛漫・自由な少女って感じで、 とても皇帝が好きになりそうな人柄ではありません。 でもそんなミアと皇帝が早く結ばれてほしいと思うレアナ。 しかしその思いは叶いそうもありませんね; どうやら皇帝はレアナに恋愛感情を抱いている様子。 しかも無自覚で。 レアナはどうするんでしょうか。。。 そして、もう1人 ルマンの存在。 この人、 もしかして転生してきた人物なのでは?と思う私。 しかも、このルマンとやら… もしかしたらレアナのことを好きなのかも??という表情を何度か見せてきます。 一体この人物の正体は!? かなり気になります! ということで、15話からはにて!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!9話から最新話・結末までの感想も!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ小説

それは、 前世の記憶があること。 そして、今住んでいる世界は 前世で読んだことのある小説の世界だということ。 その小説の内容を知っているレアナは自分がどういった立ち位置かを理解していた。 その立ち位置とは… 悪女。 レアナの夫となる皇帝は仕事人間。 そんな仕事人間は仕方なく愛もない状態でレアナを妻にする。 しかし、その後現れるヒロインに出会い、 皇帝はその女性を愛したのだ。 嫉妬に狂うレアナはヒロインの暗殺を謀るが、それがバレてしまい皇帝によって監獄に幽閉されてしまう… 原作どおりならレアナは幽閉されてしまうのだ。 しかし転生したレアナは違う。 ルマン・E・プリティナ 兄弟がいるなんて知らなかった… と戸惑うレアナだった。 簡単に挨拶を済ますと ポールにルマンのことを聞くレアナ。 原作に無い人だから気になって仕方ないのだ。 するとそこへ レアナは皇帝から呼ばれる。。 ざわつくレアナ。 さらに、そのレアナを大切にしない 皇帝の悪口を言っていた。 それを聞いた皇帝とルマン、そしてテリア財務官。 皇帝は自分の悪口を聞いて怒るが… ルマンは、 「レアナに労いの言葉があれば…」 と言う。 そんなとき、皇帝がレアナとポールが親しげに話している様子を目の当たりにする。 気遣いのあるレアナの行動に驚く皇帝。 (一応礼だけは言っておくか…) なんて思っていたはずが 言葉に出たのは… 「余は条件の通り一切の愛情を与えぬ」 という言葉。 自分でそんなことを言ってしまいハッとする皇帝。 言い直そうとすると… 笑顔のレアナ。 皇帝の愛情を望んでいないと言い 「ご用がお済みならが失礼してもよろしいでしょうか?」 とスマートな対応をするのだった。 レアナが出ていったあとケーキを食べる皇帝… ケーキの美味しさに表情が明るくなる。 「皇妃が持ってきたケーキはもうないのか?」 とテリア財務官に聞く皇帝。 その様子を見てテリア財務官 「もしや…」 「妃殿下が直接お持ちになったケーキをお望みですか?」 と聞くのだった。 5話ネタバレ! 「誰が持ってこようと味は変わるまい」 テリア財務官を子バカにする皇帝。 「味覚というより心理的なものです」 とテリア財務官が言うと 自分の胸が温かくなっていることに気付く皇帝。 しかしそれが何なのかは理解していない様子だった。 その様子を見て テリア財務官の表情が明るくなる。 さらにポールとレアナが親しくしていたことについても、モヤモヤしている様子。 「釘を刺しておかねば…」 独り言のように話す皇帝だった。 それだけで全てを察するレアナ。 冷たい表情で 「陛下と言えど口を挟む権利はない」 と言うと、不思議に思うポール。 そこへ皇帝がやってきて 皇帝と二人きりになってしまう。 表情はいつも通りのレアナだったが かなり戸惑っていた。 (なんて声を掛けてイイかわからない!) その間ツーンとしている皇帝。 しかもレアナを凝視…!! すると 「頼みがある」 そういう皇帝 そして…!? 6話ネタバレ! 手を見せてほしいという皇帝。 戸惑いながらも手を差し出すレアナ。 すると… すりすり さすさす 手の甲をさすったり 指先をつまんだり… 何が何だか分からないがされるがままのレアナだった。 その間ずっと さすさすしていた皇帝。 するとそこへ ポールがやってきて執務室へ。 (手を握っている姿を見られても特に動じていない皇帝。 ) しかしポールはおどおど。。 レアナも少し ポォーとしていたのだった。 国境付近で侵入者の痕跡が見つかった件についてルマンが話していた。 早々に話は終わり いそいそと仕事をする皇帝。 1人になると… レアナとのティータイムを思い出し (特に何をしたわけではないが… この手をずっと握っていたい… それしか考えられなかった) そう振り返る皇帝。 これがどういう感情なのかやはり分かっていない皇帝。 そのタイミングで、窓から外を見ると レアナとルマンが外で親しげに話しているところを目撃する。 ズキン 胸が痛む皇帝。 (どう考えても… 皇帝のあの行動は…) (監獄送りにしようとしている…?) 「…そんなわけないでしょ」 と自分で突っ込むレアナだった。 その夜、よく眠れないレアナは 散歩をするため外を歩いていると… ルマンに声を掛けられる。 ルマンはこれから国境に戻るところだったのだ。 レアナの考えた政策について誉めるルマン。 さらに今後の方針について話すレアナ。 そして レアナの手を取り 手にキスをするルマン。 (とりあえず悪い人じゃなさそう) そう思うレアナだったが やはり原作にいないキャラのため 少し警戒をするレアナ。 その現場に神殿でのみ使われる紙が落ちていた。 しかし… すごく落ち込んでいた。 気を遣うポールに対し 「関係ないでしょ」 と言い出すレアナ。 レアナはヒロインについて考えていたのだ。 (もう現れているはずなのに…) (どうして出てこないのよ!!!) (もしかして皇帝が誰かを愛さなくても私は監獄に…) 心配するポール。 そんなポールの心配をよそに 「退屈」 と言い出すレアナだった。 その会議中に突然 ズゥンゴゴゴゴゴ と地震が起こる。 空を見る皇帝。 もう少し距離が縮まってもいいのでは…?と思ったら、1年後となってしまいました…。 ルマンも謎だし。。 そして、 8話にしてやっとヒロインのような人物が登場しましたね…!さてさて、9話からの展開は!? ということで、9話からのネタバレはにて!.

次の

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?|ネタバレ!33話から34話までの感想!|漫画Plus!

転生したら悠々自適の皇妃ライフ小説

少女の登場の仕方はプリティナ帝国建国当初から伝わる伝説どおりのもの。 しかし、神殿の動きなどからも警戒MAXのみんな…。 皇帝たちの会話を寝たふりをして聞いていたのだ。 焦る少女。 記憶をたどる少女。 (確か私は… 数年付き合った彼氏が浮気をして 少女はやけ酒を煽っていた。 ) (フラフラしていると 車が突っ込んできて 咄嗟に橋から身を投げ 川に落ちて…) (目が覚めたらこんなところにいた) 拷問されるかもしれない。 襲撃事件、爆発事故・・・ その二つの事件に共通していたのは 神殿でしか使われない紙。 信じられないというポール。 (おかしい… 原作にはないことが起こり始めてる!) 焦るレアナだった。 そこに湖に落ちた少女が失踪したという配下。 しかしルマンは引き続きポールと話しを続ける。 すると急にポールは 椅子に座っているレアナをドンっと押す それと同時に鳴り響く悲鳴。 なんと上から 少女が落ちてきたのだ。 ポールは少女に剣を向け威圧するが 少女はあわてふためくだけ。 そこへレアナが鎮め 「その女性は私が預かります」 そういうのだった。 意味深に笑うルマン。 11話ネタバレ! 少女はその後またもや脱出をしようとするがあっさりとポールに捕まってしまう。 ルマンやポールの威圧を受ける少女。 そこでレアナは、 ルマンにお願いをして少女を預かることに。 優しい笑顔を見せるレアナ。 少女の名前はミア。 日本から来たという。 ミアがヒロインであることを再確認し (さっさと2人をくっつけなきゃ) そう思うレアナ。 するとそこへ皇帝が現れ…!? 12話ネタバレ! 「いつからここは尋問室になった?」 怯えるミア。 皇帝はミアのことを 「スパイの容疑者だ」 と言い、兵を呼ぶように言う皇帝。 小説通りのセリフを話し出すミア。 その一部始終を見たレアナは 手で口をおさながらも 心の中では踊っていた…! (やっと出会ったー!!) 原作どおりならこの後 皇帝がミアを自室に連れていくはず…! しかし… 「うるさい女だ」 と言いだしてしまう。 原作とは違う展開にポケッとするレアナ。 (何この展開…) 原作どおりに進んでほしいレアナは このままじゃダメだと思い 皇帝に「ミアを連れてきたのは自分だ」と伝える。 すると 「心配は無用だ」 とレアナの肩に手を添えながら言うのだった。 (あれ・・・?) (原作ではミアに言うはずの言葉のはず) そしてミアは尋問室へ連れられたのだった。 13話ネタバレ! ミアの話を聞くテリア財務官。 ミアは自分の潔白を主張するが… テリア財務官は信じられない様子。 「あなたの話には証拠がありません」 その言葉を聞いて泣きわめくミア。 そこへ皇帝がやってくると テリア財務官は神殿に送ることを提案する。 ジロ… 皇帝は、ミアを睨みつけながら しばらく考えるが、結局皇室で引き受ける事を決める。 さらに釈放の許可も出す。 頭を抱えるテリア財務官 そしてミアは 「思ってたより怖い人じゃないかも…」 とボソリと言うのだった。 しかし、脳裏にレアナの顔が浮かび レアナの方に行くことに。 すると、 ルマンとレアナがまた親しげに話していたのだった。 ズキン 「なんだこのイライラは…?」 遠くから2人を見る皇帝だった。 14話ネタバレ! レアナは庭で本を読んでいた。 その本は、1年前にルマンがレアナに渡した本。 その本の内容は、子供目線で皇帝を批判したもの。 ルマンはその本を読んでいるレアナに声を掛け談笑をしているところだったのだ。 そこで、ふとレアナが立ち上がろうとすると足を挫いてしまう。 咄嗟に腕を掴むルマン。 レアナに指摘され腕を話すルマンだったが… ちょうどそのときに皇帝が現れる。 その一部始終を見られていたのだ。 謝罪をして許しを請うルマン。 しかし 「罪を犯した」 と言い出す皇帝。 (実の弟に…!!) それに対し、釈明するレアナ。 しかし内心は… (突然現れてなんのつもり?) (今頃ミアとラブラブしていると思ったのに) そう思っていた。 レアナの言葉を聞き ルマンを許す皇帝。 ルマンは下がり 皇帝とレアナは二人きりに。 すると、ミアについて報告しだす皇帝。 顔と顔の距離もかなり近い。 戸惑うレアナだった。 皇帝も去り 少し考え込むレアナだったが 読んでいた本がないことに気付く…。 天真爛漫・自由な少女って感じで、 とても皇帝が好きになりそうな人柄ではありません。 でもそんなミアと皇帝が早く結ばれてほしいと思うレアナ。 しかしその思いは叶いそうもありませんね; どうやら皇帝はレアナに恋愛感情を抱いている様子。 しかも無自覚で。 レアナはどうするんでしょうか。。。 そして、もう1人 ルマンの存在。 この人、 もしかして転生してきた人物なのでは?と思う私。 しかも、このルマンとやら… もしかしたらレアナのことを好きなのかも??という表情を何度か見せてきます。 一体この人物の正体は!? かなり気になります! ということで、15話からはにて!.

次の