コロナ に かかる 確率。 街中で新型コロナ感染者に偶然出会う確率をフェルミ推定で推論してみた

新型コロナウイルス、1万人規模のイベントに感染者がいる確率

コロナ に かかる 確率

それはふとした出来事から始まりました。 私の知人から相談を受けたのですが、その知人は「花粉症」で咳やくしゃみが頻繁に出てしまうそうで、 「もしかしてコロナ?」 と、仲の良い友人疑われてしまったそうです・・・。 もちろん、その方は毎年季節柄このような症状が出るそうで、 「新型コロナウイルスに感染はしていないと思います。 」 とのことです。 熱はないし、ふしぶしもいたくないし、症状も花粉症そのもの・・・と考えると、100%ではないにしろ、 「99%以上、感染はしていないと思います・・・。 」としか答えることのできない状況ではあります。 (PCR検査自体をしたとしても陽性判断の精度が100%ではないのです。 ) 今のマスメディアを通してコロナウイルスのニュースを見てみると、非常に危険で周りにあふれてきている印象しか感じません。 「コロナ?」と疑いたくなる気持ちもわかります。 直接本人に聞かなくても心の中では、「あの人、コロナなのかな・・・」と疑ってしまうののがむしろ普通になってしまっているのかも。 この記事の主な内容• この3つが原因だけ、とはありえないことなんですが 笑 ありえないとしても、仮定するとわかりやすくなるので一旦そのように考えてみましょう。 先日、記事でも、公開したんですが、 「インフルエンザ」にかかる人と言うのは大体日本国内で年間1000万人いるといわれています。 そして、今流行時期でもある「花粉症(アレルギー性鼻炎)」。 東京都安全研究センターの報告によると、東京都民の花粉症有病率は平成28年のデータで48. なんと5割近い人が花粉症に悩まされています。 花粉症になると、くしゃみ、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ、頭痛も起こります。 (人によって症状が違います。 )場合によっては「咳」も出たり、熱はほとんど出ないそうですが、出ても微熱程度です。 では、確率を求めてみましょう。 体調が悪くなったときに、それがコロナウイルスである条件付き確率は、下記の通り簡単な数式で算出できます。 13万分の1は、非常に小さな確率で、ほぼ起こらないと言っても過言ではないくらい小さな確率です。 (上記の通り、この計算は大胆な計算であり、感染時期がずれていたり、同時期の感染者の計測など行っていないこと、花粉症であれば全員体調が悪いと仮定してしまっていることなど、大きく数字がずれている可能性があります。 あくまで確率の少なさを感じてもらうのに行っていますのでご了承ください。 もちろん、ネックなのは「ゼロではない」と言うことです。 ゼロではないので、100万人も体調が悪い人がいれば、7、8人くらいはコロナウイルスに感染していますが、 「体調の悪くなった身近な人」が新型コロナウイルスが原因であるのは非常に小さい確率であると言ってよいと思います。 大切なことは、パニックを起こさないことです。 確率的に妥当な判断をすることです。 非常に低い確率だということを念頭に捉えておくと、冷静な判断ができるのではないでしょうか。 もちろん、小さな確率と言っているだけで、ゼロではありません。 この「ゼロではない」というのが非常に厄介で、何事もゼロではないんですよね。 例えば、今日地球にものすごい大きさの隕石が落ちてくる確率と言うのもゼロでは無いわけです。 ただ限りなくゼロに近いと言う形です。 私やあなたが今日道を歩いていたら突然人に殴られる 笑 確率もゼロではありませんし、今日の帰り道たまたま拾った宝くじで10億円当たる!!確率もゼロではないわけです。 こういう事例を出していくと、 非常に小さな確率に翻弄されるのが「意味がありそうか」or「意味がなさそうか」を判断できる目安になるのではないでしょうか。 マスメディアを通してあれだけ危険性を放送されてしまうと、誰しも、危険であると思ってしまうわけです。 体調が悪くなればすぐにコロナウイルスかも、と思ってしまうという。 そもそも、 義務教育の過程の中で確率的に物事を捉えると言うことを我々はちゃんと学んできていません。 いや、正確には、「確率論」は中学、高校のときに少しは学んできています。 順列・組み合わせ・樹形図の書き方、コインの表裏の確率、宝くじの当たる確率などなど、多少勉強したのではないでしょうか。 しかし、弊社のような 「大人向け数学塾」をさせていただいて感じることは、現実の数字というのが社会の数字とどのぐらいかみ合っているのかという視点で考える方の少なさです。 そのため 「国内感染者が500人!!」と言われたときにものすごく多いと勘違いしまう方も多いのではないでしょうか。 他、先程からお伝えの通り 「感染確率がゼロではない」ところも1つ恐怖の原因になっていると思われます。 様々な事故の確率だとか言うのもゼロでは無いですし、それこそ今日、もしかしたら心臓の病、あるいは、脳卒中で倒れてしまうことや交通事故にあう確率もゼロではありません。 そんな中1日1日を皆がしっかり生きてるわけです。 「この確率的に物事を捉える」というのちゃんと学べるような社会人向け数字のセミナーを我々でやってるんですが、現実の問題に対する確率で考えることの「難しさ」を感じます。 具体的には、こんな問題。 即答できる方ってどのくらいいるでしょうか。 例えば「100人中1人」という表現です。 100人いたら1人起こることではあるのですが、これは元々の人数が「100万人いたら1万人」が対象になってしまう。 このように、「割合」と「量」を両方とらえていくことが大切なのです。 これは「新型コロナウイルス」は安全だ・・・、ということでは全くなくて、繰り返している通りウイルスと言うのは指数関数的に増加しパンデミックを起こす・・・というのは特徴ですので、「初動」が非常に大事なのです。 1日経つと患者が10%の増加する、というのをどれだけ下げられるか。 1%とか、2%とか。 できるだけ下げるというのが大切です。 そのための自粛活動が行われています。 例え、 感染者数が10倍の5000人になったとしても確率が非常に低いことであるには変わりありません。 計算してみてください。 日々やることは変わることはないでしょう。 「手洗い、うがいの徹底など」しっかりと気をつける点を実施しながら、パニックにならずに日々を過ごしていくのが良いのではないかと思います。 今回は、確率的に物事を考えるという確率的思考を行うことを、コロナウイルスという社会的・世界的課題を通して学びました。

次の

新型コロナウイルス感染症の症状・知っておくべき注意点 [コロナでも諦めなくていい7つのこと

コロナ に かかる 確率

新型コロナウイルス、1万人規模のイベントに感染者が含まれる確率 「K-1みたいな大規模なイベントを開催しちゃって大丈夫なの?」 と思ったので、大規模イベントの会場に新型コロナウィルスの感染者が紛れ込む確率を計算してみました。 3月24日現在、新型コロナウイルスの陽性が確認されているのが1,128人。 日本の人口が1億2千万人。 10万人に1人くらいの割合ですね。 まだ発見されていない感染者も潜伏しているだろうから、多めに見積もって1万人に1人位は感染していると仮定しましょう。 1万人に1人の確率で感染者がいる状態で、1万人の人間が集まると、感染者が紛れ込む確率は… 100%? そんなわけないな。 どうやって計算するんだっけ? 中学校の数学を復習 「1億人の中に新型コロナウイルス感染者が1万人いた場合」という話をしたいのですが、桁が大きいと計算がややこしくなります。 たぶん、中学生のときに習う内容です。 前提条件 ここに10人の人間がいます。 女性が8人、男性が2人です。 10人はそれぞれ、1~10番までの番号札を持っています。 10人から2人選んだ時、そこに1人以上の男性が混ざっている確率 こういうとき、まずはくじで選ばれたメンバー全員が女性である確率を計算します。 10人(女8、男2)から1人を選んだ時、それが女性である確率。 ここはポイントなので覚えておきましょう。 3人連続で女性を選ぶ確率は46. それ以外の確率(男性が1人以上混ざっている確率)は53. この10倍程度の1万人が新型コロナウイルスに感染しているが、発見されずに日本に潜伏していると仮定します。 また、計算しやすくするために日本の人口を1億人に設定します。 人口: 1億人• 感染者: 1万人• 非感染者: 9999万人• 有病率: 0. 01%(1万人に1人) 1億人から1万人取り出す、その中に1人も感染者がいない確率 1万人が集まって、それら全員が非感染者である確率を計算します。 9999の1万乗 = 36. 9999• 9998999899989999 最初と最後の項がほぼほぼ同じ数値なので、0. 9999を1万回掛け算したものとして近似しています。 1万人が集合した時に、その中に新型コロナの感染者がいない確率は36. 1億人から1万人取り出す、その中に1人以上の感染者が混入している確率 1万人が集まったときに、新型コロナウイルスの感染者が1人も含まれていない確率は36. 新型コロナウイルスの感染者が1人以上含まれている確率は63. しかし、それでも1万人もの人が集まると、その中に1人以上の感染者が混入する確率は、63. 「1人以上」なので、紛れ込んだ感染者は、1人かもしれないし、2人かもしれないし、3人かもしれないし、それよりもさらに多いかもしれない。 新型コロナウイルス、30人の教室に感染者がいる確率 30人が集まったときに感染者が1人もいない確率 0. 9999 の 30乗 = 99. 大したことないですね。 しかし、小中学生だけで全国に900万人くらいの児童がいます。 1万人に1人の割合で感染者が潜伏していると仮定すると、900人くらいの小中学生が新型コロナに感染している可能性もあります。 子どもは新型コロナに感染しにくいという噂もありますが、まだ安心できません。 我が子が通う、我が子のクラス(30人)でたまたま新型コロナの感染者がいる確率は0. (局所的に見た場合) しかし、日本全国たくさんある学校の中でどこかのクラスでは必ず感染者が見つかるはずです。 学校再開とは、900万人規模のイベント(30人規模の集会が全国30万か所で発生)とみなすことができるからです。 (大局的に見た場合) まとめ 1万人が1か所に集まった場合、その中に新型コロナウイルスの感染者が隠れている確率を計算してみました。 1万人が集まると、感染者が混入している確率は63. そこそこ高いですね。 もしも感染者が1人いたとき、周りに必ず感染するとは限りませんが、結構危ないんじゃないでしょうか。 6,500人が集まると、感染者が混入している確率は47. 五分五分といったところでしょうか。 5万人が集まると、感染者が混入している確率は99. 絶対何か起こると考えたほうがいいでしょう。 30人が集まると、感染者が混入している確率は0. 局所的に見た場合は、たぶん大丈夫、何も起こらない。 30人規模の集まりが全国30万か所で行われる(累計900万人イベント)みたいな考え方をした場合は、絶対どこかでは何かが起こるでしょう。 国民が皆善良で、発熱がある場合は外出しないという原則をきちんと守っている場合は、シミュレーションよりも数値は落ちると思います。

次の

コロナウイルスは正しく知れば「防御」できる

コロナ に かかる 確率

「最近一番怖いものといえば?」 と質問すると、ほぼ必ず 「コロナウイルス!!」という声が返ってきています。 コロナウイルスといっても実は種類があり、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などもその一つです。 今回の中国武漢の原因不明の高熱・肺炎から始まった「新型コロナウイルス(Novel Coronavirus:nCoV)」の世界的混乱は大いなる恐怖を我々にもたらしています。 しかし、本当は「コロナウイルス」の何が怖いのか。 どのくらい怖いのか。 数字で今わかっていることを観察していきたいと思います。 特に参考リンクは非常に有用で参考になるものばかりです。 最下部に掲載していますのでぜひご覧ください。 この記事の主な内容• 【問題】毎年インフルエンザに感染している人は国内何人いるでしょう。 1.10万人? 2.100万人? 3.1000万人? 弊社では定期的にセミナーを開催しておりますが、参加者にアンケートをとってみると、10万人?とか100万人?という人が大半です。 繰り返しますが、 インフルエンザの感染者数はなんと毎年1000万人です。 日本人の約12人に1人くらい感染しています。 ちなみに100万人だと、120人に一人となり、身の回りの人でもインフルエンザにかかる人は1人か2人かそのくらいの規模になりますので比較的珍しい印象かもしれません。 (ちなみに私の担当の個別指導のお客様で毎年インフルエンザにかかるという方もいますが・・・。 ) これ、セミナーでお話すると、びっくりしない人はいません。 真実なのに、知らない数字です。 そして、同じくらい知られていないのが、 インフルエンザで毎年1万人ほど亡くなっているということ。 インフルエンザに感染した人の0. 1%に相当します。 しかし、そこまで大問題だと思っていない人も多いはず。 理由は3つ。 「 統計教室和 なごみ 」では情報を読み解くために必要な「計算力」から簡単に学べる無料のを行っています。 お気軽にお越しください。 1%の死亡率となり、高いように見えますが、本当に高いのか。 感染者数は正確な数値なのか。 妥当性のある判定はなかなか難しそうです。 (クルーズ船の乗車客は含めておりません。 クルーズ船客だけで2月26日現在で705名の陽性反応があります。 つまり、死亡率は1. 少し下がる結果です。 実は、死亡者のほとんどが湖北省での患者で、2761名。 全体の死亡者が2977名ですから、約93%にもなり、湖北省単体での死亡率は約4. 23人に一人が亡くなるという大きな死亡率といえます・・・。 湖北省以外での中国国内のデータで見てみると、13061名が感染し、112名が死亡しています。 死亡率が0. 9%まで下がります。 確定的なことは言えませんしわかりませんが、「80%が軽い症状」という報道もあり、今発表されている死亡率は正確ではないのかもしれません。 軽い症状の方は感染とカウントされていない可能性もあるようです。 地方別コロナウイルスによる死亡率、 上記についてまとめます。 ・湖北省のみ 4. 9% (約110人に1人) ・中国以外世界 1. 5% (約70人に1人) ・日本のみ 2. 1% となっています。 6%(約27人に1人) ・70代 8. 0%(約12人に1人) ・80代以上 14. 8%(約7人に一人) となっており非常に高い確率となっていますが、 ・20代 0. 2% ・30代 0. 2% ・40代 0. 4% 0. 2%は、500人に1人ですし、0. 4%は250人に1人です。 コロナウイルスによる死亡率のグラフは以下です。 このような傾向は季節性のインフルエンザでも同じ傾向で、突出して高齢の方の死亡率が異常に高くなり、若い方の死亡率は低くなります。 (もちろんリスクは0ではありません。 しかも、上記のようにこれは湖北省のデータが含まれており、死亡率を高く見積もりすぎているかもしれないという可能性も加味してみると、もっと死亡率が低くなる可能性も十分あります。 そう考えると、 特にコロナウイルス感染から注意したいのは、若い方でも体力のない方・基礎疾患のある方、50~60代以上の方と考えられるのではないでしょうか。 日々仕事したり、日常生活を歩んでいると様々なリスクがありますが、それらに一つまたリスクが増えた、という形と見れます。 もちろん、指数関数的に増加するのがこれらのウイルス蔓延の特徴であるため今後の動向に注意が必要ですが、咳やくしゃみなどによる飛沫感染・エアロゾル感染と主な感染経路も確認されているようですので、 落ち着いて日々のマスク・手洗いうがいの徹底など、過剰にならず対応していくのが重要だと考えられます。 日を追うごとに加熱するマスコミ報道、危険性を訴え続けるニュースを見ていると「怖いからトイレットペーパーをたくさん買おう。 」「引きこもって食料品をたくさん買おう」と不安になってしまいがちですが、 誰かから始まった恐怖の連鎖は、買い占めによる「日用品や食料品が買えないこと」などのまた違った恐怖を生み出してしまいます。 それらを冷静に受け止めつつ、インフルエンザや交通事故等の様々なリスクにも備えられれば良いかと思います。 改めて、新型コロナウイルス(Novel Coronavirus:nCoV)がなぜこれほどまでに怖そうに見えるのか3つの理由をまとめます。 ・治療法や特効薬が特にない ・人類初めての新型ウイルスで世界中に指数関数的に広まった ・死亡率が高そうというイメージがある さらに今回はメディアの連日の報道が我々のネガティブな感情を揺さぶるように拍車をかけていますよね。 以上、今回は数を比較して「何が」「どのくらい」かをお伝えしました。 【3月2日追加記事】約3週間前の2月7日の記事では、湖北省以外のところでの世界の死亡率は、 0. これが未知なるウイルスの怖いところです。 死亡率は一見高いように見えますが、そもそもの正確な感染者数が出ていないということなので、 よくわからない数字があるときには、半分信用して半分は疑うことは大切です。 死亡者の「量」はほぼ正しい事実です。 冷静に数字を見ることが大切です。 【第二弾の記事はこちら】.

次の