トイ プードル カット 動画。 厳選!トイプードルのおすすめカットスタイル7つ

厳選!トイプードルのおすすめカットスタイル7つ

トイ プードル カット 動画

トイプードルのカットのスタイルの種類はどれくらい? ここでは、トイプードルの カットスタイルを10選紹介 したいと思いますが、 スタイルの種類自体は もっとたくさんあります。 例えば、 人気のテディベアカット だけでもいくつか種類が あるようですし、ショー用の カットでも何種類もあります。 カットスタイルは、流行なども ありますので、何種類とは 言えないのですが、 調べますと 20種類以上はあるようでした。 トイプードルのカットカタログにも掲載!かわいいスタイル10選とは? では、さっそくトイプードルの カットスタイルで カットカタログにも掲載されている 可愛らしいスタイルを10選 どどどっと紹介していきますね! 見ているだけでも、トイプードルが 可愛くて癒されますよ。 1.テディベア さん jjmieko0226 がシェアした投稿 — 2018年 5月月2日午前3時20分PDT ムスタッシュとは、髭という 意味だそうですが、その名の通り マズル周りを丸く残して 仕上げるカットです。 テディベアカットやピーナツカットと 似ている感じがしますよね。 トイプードルのカットで無難なスタイルはどれ? トイプードルのカットで、無難なものは テディベアカットのように マズル周りを残す方法か、写真のように 顔を剃ってしまう顔バリかです。 この2種類のカットでは、同じ ワンちゃんがそれぞれこのカットを したとしたら、 別犬かと思うほど 印象が変わります。 可愛らしい、愛らしい雰囲気が良いなら マズル周りを残すカットで、精悍な イメージをお好みなら顔バリが おすすめです。 ここで、トイプードルの人気の スタイルを紹介した動画を 見つけたので紹介します。

次の

ド定番!トイプードルの人気カットスタイル10選【画像大量】 | 犬の部

トイ プードル カット 動画

かっしーのトリミング室 やんちゃな恐竜くんスタイル 大変遠くからお越しいただいているこちらのトイプードルくん。 三角のお山形の背中は、どこから見ても三角に見えるように立体的にしています。 体はスッキリと短いカットなので毛玉になりにくいですが、お洋服を着ると背中が潰れてしまうので、普段からお洋服を着る子にはおすすめしません。 腰と脚にポンポンをつけて、頭はすっきりさせて耳はボリューミーに。 ただしこのスタイルは毛の量が豊富な子でないとその良さを発揮するのは難しいでしょう。 耳を伸ばすスタイルも楽しめますが食事のときに汚れてしまったり散歩中にも異物が入ってしまうことがよくあります。 エレガントなスタイルの場合、飼い主様の普段からのケアがさらに重要になるといえるでしょう。 原産国 フランス 起源 16世紀 初期のタイプ 愛玩犬 現在のタイプ 愛玩犬 寿命 12~15年 体重 トイ6. 5~7. 5kg ミニチュア12~14kg ミディアム15~19kg 体高 トイ25~28cm ミニチュア28~38cm ミディアム34~38cm トイプードルの歴史 ぬいぐるみのようなトイプードルは、今から約500年前にドイツからフランスに入りましたが、その頃にはすでに、今日の小型化されたトイ・プードルが誕生していたようです。 スタンダード・プードルのミニチュアバージョンであるミニチュア プードルはトイ プードルよりも少し大きめで、1950年代から60年代にかけてたいへんな人気者でした。 動作が機敏なので一時はサーカスの呼び物になっていました。 50年前、プードルは世界一人気のある犬であるがゆえに、性能よりも頭数を尊重した無計画な繁殖が頻繁に行われていました。 その結果人々はプードルから心が離れ行きましたが、見識あるブリーダーの手で繁殖され、今日の人気が復活しました。 もともとは自立心旺盛な犬格を備え、感度、訓練欲、思考力のいずれをとっても抜群の性能があります。 プードルの正確な起源は定かではありませんが、フランスではなくドイツかロシアが発症ではないかとの説もあります。 ただ、フランスで人気があったのでフランスの犬ということにはなっています。 プードルにはスタンダード・ミニチュア・トイの種類がありますが、スタンダードが原型で、それが縮小していったものがミニチュアとトイプードルです。 フランスではプードルとは呼ばずに「カニシュ」または「シャン・カナール(鴨犬)」と呼ばれているように、古くは鳥猟犬として活躍しました。 いちばん大きなスタンダード プードルは泳ぎが得意で、水鳥用の猟犬として大活躍をしていました。 泳ぎのためにに被毛の一部を刈り取ったのが、現在のトリミングとして採用されるようになりました。 中型のミニチュア・プードルは嗅覚が優れていたので、トリュフ狩りの名手でした。 いちばん小さなトイ・プードルは多芸多才で、旅芸人の一座に加わってサーカスの人気者になっていました。 プードルという名の由来は英語でカモ犬またはアヒル犬を意味しますが、ドイツ語の「ブッデンルン」からきたという説もあります。 ブッデンルンとは、泳ぐという意味で、スタンダード・プードルが泳ぎがうまかったからだという意味でしょう。 ロシアではスタンダード プードルが重宝されていたので熱心に繁殖されていった一方、フランスやイギリスでは、ミニチュアやトイが熱心に繁殖されていきました。 とくにトイ・プードルは18世紀のヨーロッパ王族の愛玩犬でした。 毛色 毛はザラザラして密生しています。 毛色は単色のみで、ブラック、レッド、ブラウン、ベージュ、ホワイト、カフェオーレ、シルバー、グレー、ブルー、アプリコットなどさまざまです。 出産と子犬 トイプードルであれば4頭前後の子犬を産みます。 ブラッシングなどは生後4週くらいから始めることができます。 2ヶ月くらいからしつけをし始めると効果的でしょう。 子犬の毛色は成長で変わっていきます。 ちゃんとしたフルコートになるには2年前後は必要です。 性格・特徴・育て方 可愛いだけじゃない!! 実は責任感も強い相棒 古代ローマ・ギリシャ時代から貴婦人たちのお供をつとめてきたプードルは、多くの狩犬やキャトルドッグの原型となった犬です。 逆立ちや玉乗りを仕込まれてサーカスの花形ともなっていた過去もあり、トリュフ狩りの名犬として活躍もしていました。 しつけかた 頭が良く、忠実で人によく従いますが、独断的なところもあります。 活発で陽気な性格ですが、スタンダードは勇敢でこせこせしないタイプ、ミニチュアやトイは少し興奮しやすいのが特徴です。 本来は、すばらしく賢い犬なので、従順で忠実で家族によくなつきます。 しつけや訓練も得意で、教えたことをスラスラと吸収してくれます。 また、 警戒心はありますが攻撃性はありません。 とても利口な犬種なので、人間と共に生活をしていれば言葉が理解できるようになる子が多いようです。 甘やかしすぎると偉くなった気になることもあるので、叱るべきところはきちんと叱りましょう。 遺伝性の病気 比較的病気には強い犬種といわれていますが、病気にならないとは限らないので油断はしないようにしましょう。 トイプードルにみられる主な病気は、目の病気では白内障・内眼角のう症候群・進行性網膜萎縮。 その他では拡張型心筋症・甲状腺機能低下症などがあります。 病気予防とお手入れ 毛が伸びるのが速いので1~2ヶ月に1度位はトリミングが必要です。 とくに顔の毛を伸ばしたままにしていると、眼の中に毛が入って病気になることがあるので気をつけましょう。 抜け毛は少ないので日頃のお手入れは3日に1回ほどで大丈夫です。 お手入れをす際には全身の毛をブラシなどですいてあげるのが良いでしょう。 トイプードルといえばお手入れです。 コートの伸びが早く、カットしなければ伸び続けてしまいます。 まずコートのお手入れは、かなりこまめにブラッシングをし、1ヶ月おき程度にはプロのトリミングで手入れをします。 また、耳も頻繁に拭いてあげましょう。 とても運動が好きなので、家では出来るだけ動ける環境をつくってあげましょう。 散歩以外にも近くにドッグランがあれば頻繁に連れて行ってあげましょう。 基本的に巻き毛なので、お手入れを行わないと後で大変なことになってしまいます。 ブラッシングはできれば毎日行ってあげましょう。 毎日のように頻繁に行う方もいらっしゃいますが、犬にとってカットやシャワーのやりすぎはストレスになるばかりか皮膚の疾患の原因にもなりかねません。 犬に必要な皮脂を取ってしまうので、こまめにやりすぎるとこの皮脂が不足してしまいます。 自宅でのシャワーは、ドッグランや散歩などでとても汚れてしまったり体臭が気になるとき程度にしておきましょう。 ただし体臭の場合は病気が元気で起こることもあります。 体臭の原因がわからない場合はまず動物病院で診てもらいましょう。 ブラッシング トリミングサロンでもカットの際にいろいろやってくれますが、普段も毛のお手入れをしましょう。 タオル(できれば蒸したもの)を使用して汚れを落とし、ブラッシングをしてあげることを日課にすれば基本的には大丈夫です。 散歩で草むらを歩いたり、ドッグランで走り回ったりした後には、ダニなどの有害な生物や小さなゴミなどが毛についている場合があるので、散歩の後のブラッシングは日課にしましょう。 爪切り 爪切りは、自分で行っている飼い主もいらっしゃいますが、犬の爪は境目がわかりづらくて難しいので、初心者の方にはおすすめできません。 最近のトリミングサロンは爪切りがセットメニューに入っていたり、オプションメニューになっていたりするので、トリマーさんに任せるのが安心です。 歯磨き 歯磨きも、初心者の方にはとても敷居の高いお手入れになります。 ほとんどのワンちゃんは歯磨きを嫌がって口を閉じて開けてくれなかったりするので難しいですが、トリミングサロンにカットしてもらう際に磨くだけでは不十分なので、是非自宅で歯磨きをできるようになりましょう。 歯磨きの仕方については行きつけのトリミングサロンのトリマーさんに教えてもらうのが一番ですが、基本的なやり方としては、指にガーゼを巻きつけて、トイプードルの唇をめくり、巻きつけたガーゼで歯をゆっくりていねいに磨きます。 磨くというよりも汚れを拭き取る感じでこすってあげるといいでしょう。 歯ブラシ ワンちゃん用の歯ブラシもいろいろな種類が販売されています。 基本的に毛先が小さいのが特徴なので、人間の子供用の歯ブラシでも代用が可能です。 市販の歯ブラシの場合は磨き残しが多くなる可能性が高いので、きちんと磨き残しがないかをチェックして行いましょう。 とくに歯の内側は磨きにくく、ワンちゃんも嫌がるので残りやすい部分です。 歯石が明らかについてしまっている場合は厄介です。 自分で取る方法としては市販のスケーラーを使用して取り除いてあげることができますが、トリミングサロンか動物病院に任せるのが無難です。 歯石がついてしまった後も対処方法はありますが、やはり歯石が付かないようにこまめに歯磨きをしてあげることが重要になってきます。 最初は大変ですが、頑張ってトイプードルちゃんとの絆を深め、立派な飼い主さんになりましょう。

次の

テディベアカットが似合う顔立ちのトイプードルの3つ特徴

トイ プードル カット 動画

【目次】トイプードルのカットの種類をご紹介!お好みのカットでおしゃれを楽しもう! トイプードルのカット紹介:はじめに トイプードルは の中でも様々なカットがあり、愛犬に似合うスタイルを探すことは、飼い主にとって楽しみの一つです。 定期的に に通い手入れをしてあげないと、トイプードルの被毛は伸び放題になってしまい皮膚病の原因にもなります。 の被毛は、シングルコートのため抜け毛が少ないですが、他の犬種よりも被毛が細いということもあり、毛玉ができやすいです。 放置してしまうとせっかくの美しい毛を短く刈らないといけなくなったり、治療費がかかったりと弊害も出てきます。 したがって、愛犬をおしゃれにするだけではなく、衛生面からもトイプードルのカットは必要不可欠な手入れと言えるでしょう。 また、パピーの幼少期やシニア期に適切なカットをしてあげることにより、より快適にその時期を過ごすことができます。 本記事では、トイプードルのカットの役割や現在人気のカットの種類などをご紹介させていただきます。 トイプードルのカット紹介:歴史 もともとプードルは、現在の と呼ばれる大型のサイズのみ存在していました。 その歴史は古く、原型となった祖先犬は紀元前のローマ帝国の頃より存在していたという説もあります。 大型の猟犬として活躍していたプードルのカットが主流になったのは、16世紀頃のフランスが始まりとされています。 当初のカットの目的は、水猟犬として水場で活動するのに余計な被毛を刈ってしまおうという機能的な目的で始まりました。 そして、大事な心臓や関節部分の被毛のみを残して、それ以外の部分を刈り込んだスタイルが主流でした。 同時期に小型の が誕生し、愛玩犬としての需要が高まると同時に、カットもおしゃれ目的で行われるようになりました。 美しくカットされたトイプードルは貴族の間でたちまちブームとなり、現在のようなファッション要素の高い愛玩犬として重用されるようになりました。 さらには、おしゃれなカットが主流になったトイ・プードルの飼育は急速に普及しました。 日本にトイプードルが伝わったのは戦後のことであり、現在のようなブームは90年代に入ってから爆発的に増加しました。 いまや日本でのトイプードル飼育数は常に上位となっており、不動の人気を誇る犬種になっています。 トイプードルのカット紹介:カットの役割 冒頭にも紹介した通り、カットの役割は様々なものがあり、トイプードルを飼育する上では欠かせないケアです。 カットの役割を理解した上で、愛犬に似合う機能的なカットを見つけるための参考にしていただければ幸いです。 愛犬を美しくカットして飾り立てることは、トイプードルを飼育する醍醐味の一つであり、充実したドッグライフにもつながります。 愛犬に似合うカットを見つけた時の喜びは嬉しいものであり、写真などの記録にもたくさん残したくなるものです。 おしゃれな愛犬を連れて出かけることで、他の愛犬家との交流にもつながり、楽しみが増えますよね。 また、独特のカットをすることで個性の主張が可能であり、他の との差をつけることができます。 しかし、他の犬種よりも独特の巻き毛で細い毛質をしており、定期的にブラッシングをしないとたちまち毛玉ができてしまいます。 毛玉ができた被毛をそのまま放置しておくと、皮膚病の原因にもなり愛犬の健康を害することにもなります。 さらに毛玉ができてからの手入れは、トリミングサロンでも追加料金が発生することがほとんどで、経済的な負担にもなります。 皮膚病になってしまった場合には治療費がかかり、また長期での薬浴など完治までに時間がかかることもあります。 そのような状態にならないためには、日ごろからのケアが必要であり、定期的にカットすることは重要です。 もしも愛犬に腫瘍等のしこりがあった場合にも、被毛を手入れすることで早期発見につながります。 早くから身体のいろんな場所を他人に触ってもらうことで人慣れし、噛み癖などの問題行動を予防することにもなります。 また、トリミングサロンは他の犬たちも利用しますので、犬見知りを防ぐこともできますよ。 ご自宅でもブラッシングを通して愛犬とコミュニケーションをとることで、人好きな子に育ち絆を深めることができます。 トイプードルのカット紹介:人気のカット5選 トリミングサロンで人気主なカットをご紹介いたします。 各カットのメリット・デメリットも一緒にご紹介させていただきます。 実は日本発祥のカットであり、ふわふわの被毛を有するトイプードルにピッタリのカットです。 <メリット> 最大のメリットはなんといっても見た目の可愛らしさです。 その愛くるしい表情と小さな身体とマッチして、より愛玩犬らしいぬいぐるみのようなキュートな仕上がりになります。 機能面からも、顔周りの被毛をある程度残すことで、目の周りなどを保護することができるため、涙やけ等の防止になります。 の際の粉じんなどからも顔周りを保護する効果もあるので、トイプードルにあったカットともいえます。 <デメリット> 他のカットより長めに被毛を残すものになりますので、愛犬の伸び具合によってはこまめな手入れが必要になります。 また、顔周りの被毛を残すことから、ある程度伸びてくると食事や給水の際に口周りを汚しやすくなり、ふき取ることが必要です。 毎日のブラッシングで毛玉を作らないようにケアが必要ですので、維持に手間と費用が掛かってきます。 顔、脚周り、尻尾の付け根ににバリカンをかけ被毛を手入れしやすくする目的でも重宝するカットです。 トイプードルの 部分のシュッとした特徴を最大限に生かすカットであり、凛々しい印象を与えるカットです。 昔からフランスの貴婦人などに愛された正統派のカットです。 <メリット> 本来のトイプードルらしさを表現することができるカットです。 ドッグショーでは正式に採用されているカットであり、現在も多くのトイプードル愛好家に親しまれています。 さらに顔周りにバリカンをかけることで、口周りなどのケアしやすく、カット頻度も多くないので経済的です。 汚れやすい脚周りや尻尾周りを短くカットすることにより、衛生的に飼育することができます。 <デメリット> 顔周りにバリカンをかけて短く刈ってしまうことにより、ホワイトのトイプードルなどは涙やけなどが目立つことがあります。 さらに被毛が少ない分、直接目にゴミが入りやすいので、老犬などは目や口周りのトラブルが起きる可能性があります。 また、マズルの長いトイプードルにはよくにあうカットですが、マズルが短い個体は不格好に見えてしまうことがあります。 愛犬のお顔のパーツを把握したうえで選択したいカットです。 同じくカット犬種である によくみられるカットで、ボリュームのある頭部がインパクトがあります。 ただのテディーベアカットに飽きてしまった飼い主さんに人気であり、アプリコットやブラックなどの毛色の濃い目のプードル種に似合うカットです。 <メリット> 他のトイプードル達と一線をかくしたい場合におすすめです。 丸い頭部はそれだけで愛らしく、プードルのキュートな感じがより引き立ちます。 頭部にボリュームを持ってくることで、小顔な印象を与え、よりぬいぐるみ感が増すカットになります。 <デメリット> 頭部の被毛は長く残すことになるので1か月に数回のカットが必要になり、伸びてくるとすぐに毛が崩れて垂れてきてしまいます。 また、カットの回数が多くなるために経済的に負担も増えます。 伸びて型崩れした被毛は目にかかるので、放置すると眼のトラブルにもつながり、こまめなサロン通いが必要です。 の予算と相談しながら挑戦したいカットになります。 頭部の立てられた毛はかっこ良さの象徴として、雄のトイプードルに人気のカットです。 ちょっとやんちゃな感じが可愛らしさを引き立ててくれる、遊び心のあるカットとなります。 <メリット> 取り入れている方がすくないカットになりますので、個性の主張の面ではばっちりなカットです。 また、テディーベアカットやラムクリップを部分的に取り入れることも可能ですので、オリジナリティがあるカットになります。 モヒカンがレトロさを演出してくれるため、ついつい人に自慢したくなっちゃうそんな個性的なカットです。 <デメリット> アフロカット同様に一部分の被毛のみを長く残すことになりますので、維持費がかかります。 また、一部分だけ伸ばした被毛は絡まりやすく、毛玉の原因になりやすいので注意が必要です。 さらに、いざモヒカンカットにしてみたらイメージと違ったなど、トリマーさんの表現方法によって個人差が出やすいカットです。 信頼できるトリマーさんに、自分のイメージを伝えてカットしてもらうことが望ましいでしょう。 一般的なカットよりは難易度がたかくなりますので、サロンによっては受け付けてもらえないこともあります。 特別料金がかかることもあるため、事前に確認してからお願いするのが良いでしょう。 トイプードルの魅力を最大限に生かした華やかなカットは、まさにコンテスト向きと言えるでしょう。 お尻の左右を一部分残し、頭頂部を貴婦人のように盛り上げた姿が特徴的です。 <メリット> 由緒正しいカットであり、これぞプードル!というカットになります。 コンテストへの出場を目指している方には身近なカットですね。 その豪華さから歴史を感じるカットでもあり、比較的お手入れがしやすいのも魅力的です。 心臓部分や関節などの大切な部位を守るためにしっかりと被毛が残されるカットですので、機能性の面でも優秀です。 <デメリット> コンテスト向きのカットになるため維持費がかかります。 少しでも被毛が伸びてしまうと型崩れしてしまい、一般の家庭犬には向かないカット方法です。 さらには、身体が小さい細身のプードルですと貧弱に見えてしまうため、かわいそうな印象を与えることもあります。 骨格の太いしっかりとした身体つきのトイプードルが似合うカットです。 キープするためには自宅でのケアも必須であり、維持するためには覚悟がひつようなカットでしょう。 トイプードルのカット紹介:年代に合わせたカット 人気のトイプードルのカットについてご紹介させていただきました。 素敵なカットがたくさんありますが、年代にあわせて機能的にカットしてあげることも大切です。 適切なカットをすることにより得られる効果をご紹介いたします。 ・パピーカット のうちは毛質がしっかり整っておらず、やわらかい綿毛のような被毛をしています。 パピー期にあったカットをしてあげることにより、被毛の成長を邪魔することなく、清潔に保つことが可能です。 また、子犬の時期にしか味わえない表情や可愛さを表現できるので、パピーカットは有効的です。 幼少期から適切に整えることで成長しても美しい被毛を楽しむことができます。 また、若い時ほど被毛にはりがなくなってくるので、思うようにカットできないこともあります。 寝たきり状態などになってしまった場合、被毛が汚れやすくなってしまうので短く刈り込んでしまうのも一つの方法です。 プードル種は寒さに弱いため冬場の丸刈りは飼育環境を考慮して行う必要がありますが、被毛を短くすることで負担をけいげんすることができます。 そして、お尻周りなどの汚れやすい部分のみを短く刈ることも、シニア期の愛犬の負担を減らせます。 愛犬の状態に合わせて機能的にカットしてあげることで、長生きにつながりますよ。 トイプードルのカット紹介:まとめ トイプードルのカットについて紹介させていただきました。 機能面などもあわせて有効なカットをみつける参考にしていただければ幸いです。 さらには自宅でカットに挑戦してみたり、コンテストなどに出場してみるのもトイプードル飼育ならではの楽しみ方です。 カット犬種であるトイプードルの魅力を最大限にいかして、愛犬との生活を是非エンジョイしましょう。

次の