当たり前 なんて もの は なく て いつか 失う こと も ある わけ で。 「失ってからわかる大切さ」なぜ人は失う前に気づくことが出来ないので

歌詞 「恋をしたから」あいみょん (無料)

当たり前 なんて もの は なく て いつか 失う こと も ある わけ で

人の悩みや欲望といったものは尽きることがありません。 よほどの聖人でない限りはまず無理なことでしょう。 そんな中でも、今の置かれた環境が「当たり前のこと」と思うか、「当たり前のことではない」と思えるかで、人の幸福度に天地ほどの差が開くことだと思います。 人は今ある環境がすぐに「当たり前」になってしまう。 まぁ私のような凡人の話です。 人は今自分が置かれている環境に対して、自然とそれが「当たり前」になってきてしまい、また新たに何かを欲しがるという欲望にかられたりします。 それが常に前向きな向上心からくるものであればきっと良いことなのでしょう。 しかし、それが誰かと比較したことであったり、何かと比較したことであったり、そんな自分自身の向上心というよりは、欲望 煩悩 からくるものであればこれは際限がありません。 そしてその欲望を手に入れたとしても、すぐにそれが「当たり前」になってしまい、また新たな欲望が生まれたりします。 恋人が欲しいと悩んでいた人が、いざ恋人が出来ると今度はお互いの束縛や自由に干渉され悩み、または浮気だ別れ話だといったことで悩んだりし、新たな恋人をすぐに求めたりなんてこともあります。 好きな相手と理想の結婚を夢見た人も、いざ結婚をして同居すれば、相手の嫌な所や我慢出来ないことが目についたりして離婚を考えたりする人もいます。 子供がなかなか出来なくて苦しんでいた人でも、いざ子供が出来てみると、子供のことで夫婦喧嘩ばかりしていたり、子供のことで悩んだり、子供なんて生まなければと後悔したりする人もいます。 幸せなマイホームを購入して、理想な家庭を夢見ていたのに、いざ生活して年数が経つと、せっかく買ったマイホームが苦痛の場に変わることもあります。 小さい頃から親にアレコレと面倒を見てもらい、愛情を持って育ててもらっていても、そんなことは当たり前で、親が嫌いになったり鬱陶しく感じたりして、自分一人で生きている錯覚に陥る子供も居ます。 親があくせく一生懸命働いて子供を大学まで行かせようとしても、それは子共にとってはごく当たり前の感覚でしかなく、やれ仕送りだ浪人だ就職しないなどという子供も多いです。 仕事がなくて悩んでいた人が、何でも良いから仕事を持ちたいと願っていても、いざ仕事に就けばその会社や給料の不平不満が出てくるものです。 こういったことは当然誰にでもありますし、それが良い悪いということを言いたいわけではありません。 結局何が言いたいかというと、人は「今ある当たり前のこと」が「当たり前ではない」ということに気づけないと、簡単に現状の不平不満を募らせたり、目の前の悩みに苦しんだりするということです。 そしてさらに、周りの人への感謝であったり、思いやりであったり、陰で支えてくれている人へのありがたみなど、そんな思いすらも失くしてしまうものです。 本当に今ある環境というのは当たり前のことなのでしょうか? たとえ自分の努力で手にしたものであっても、本当に自分だけの力だけで手に入れたものでしょうか? ということです。 人は大切なことを失ってみてからそれが「当たり前ではない」ことに気づく 多くの人がきっとそうだと思いますし、少なくともこのような側面は誰もが持っているかと思います。 よく「人は失ってからその大切さに気付く」と言われますよね。 恋人同士であれば、いつも一緒にいるのが当たり前になって、ぞんざい いい加減にしたり、丁重さがないこと に扱ったりすれば、別れたときに、その人の存在の大切さに気づいたりします。 夫婦であっても同じですし、目先の欲望で浮気や不倫などをすれば大いに後悔することも多々あります。 子供のことで悩んだり、親の思う通りにいかなくていつも不平不満やイライラを募らせていても、もし子供の身に何かあれば、本当は元気に居てくれてさえいれば良かったことに気づきます。 仕事ばかりの夫が、いつもご飯の用意や家事全般のことや、子供の面倒に苦労している妻の存在を軽く見て、それが当たり前の環境だと思っていれば、それがぞんざいな態度に表れて、家庭を失ってから家族のありがたみに気づいたりします。 いつも家族の生活のために仕事のストレスに耐えて頑張っている夫に対して、夫は給料を稼いでくることが当たり前と思っている妻や子供は、夫の存在のありがたみよりも不平不満しか口にしなければ、いずれその当たり前のことに気づかされることになるかもしれません。 仕事があり、お金を稼ぐことが出来ることを当たり前と感じていて、会社や上司の文句ばかり言っていれば、リストラされたり職に付けなくなったときに、働けることの大切さに気付いたりします。 今までは健康で丈夫な体であっても、その丈夫な身体が当たり前と思っていても、病気やケガで今までの当たり前のことが出来なくなれば、単純に歩ける、動ける、しゃべれるといった当たり前ことが、実は当たり前ではなく幸運であったことに気づいたりします。 更に言うと、今ある環境が当たり前と感じる人は、何かがあれば幸せになれると感じる側面もあります。 お金があれば、素敵な恋人がいれば、子供がいれば、マイホームがあれば、出世できれば、あれがあれば、これがあれば、もっと幸せになれるのに・・と。 そして仮にそれが手に入ったとしても、またすぐにそれが「当たり前」となってしまい、今ある大切なものよりも次への欲望を優先してばかりいたりします。 こういったことはある意味止むを得ないことかもしれません。 欲望なくして向上はありえないという言い方も言えなくもありません しかし、それでもできることなら失ってから気づくのではなく、また、今ある当たり前よりも次の欲望を欲してばかりいるのではなく、失う前に今ある当たり前の大切さに気付くことが出来れば、自然と今ある環境や今ある周りの人を大切に出来ることでしょう。 「当たり前のこと」を「当たり前でない」と気づくと悩みや苦しみよりも感謝が生まれる こんなことはただの理想であり、きれいごとなことかもしれません。 しかし、人の幸せはこういったことに尽きるのだと思います。 さらに理想を言えば、今ある当たり前のことに感謝しながらも、更なる向上心を持って前に進むといった心境があれば最高でしょう。 ではこの今ある「当たり前のこと」とどのように向き合えばいいのか? 私も凡人なので上手くは言い表せないかと思いますが、やはり今あるモノや環境、そして人に対して、「冷静」に「淡々」として、きっちりと向き合うことだと思います。 むやみに欲望にばかり気を向けないということです。 そして「今出来ることを大切に頑張る」といったことでしょうか。 そうすれば単純に欲望に埋もれることも少なくなってくるはずです。 欲が悪いとか、向上心が欲を生むといったことを言いたいのではなく、それに埋もれないようにするといったところです。 欲に埋もれることなく、淡々と目の前のことを大切にしていれば、今あるものは簡単に「当たり前のこと」にはなったりしないはずです。 そして「当たり前のこと」にならないようにしていれば、そこには自然とものごとや周りの人に対して「感謝」が出来ていることです。 目の前のことを大切にしていれば、目の前のことに「感謝」をしていると言えますし、目の前のことに「感謝」をしていれば、自然と目の前のことを大切にしていると言えます。 目の前のことに「感謝」なんてことは、自分で書いていても何ともこっぱずかしい感じですし、そう思いたくても簡単に目の前のことに「感謝」なんて出来ない自分が居ます。 でも、やっぱりこういったことが大切であり大事であることは理解できるかと思います。 最後に いろいろと書いてきましたが、自分でもよくわからない記事になってしまったかもしれません。 しかし、たとえ感謝まではいかなくても、たまにでも良いから、今ある「当たり前のこと」を疑ってみるのも良いかもしれません。 もし、今ある当たり前の環境の一つがなくなったら自分はどう感じるか? 今ある当たり前のものが今後なくなると思ったら、今自分はどういう思いを持ったり、どういう行動を取るのか? そういったことを想像してみるのも良いかもしれません。 そうすることで「今ある当たり前のこと」の大切さに気付くことが出来るかもしれません。 himuka14.

次の

あいみょんのおすすめ曲3選!!|おしかねよん|note

当たり前 なんて もの は なく て いつか 失う こと も ある わけ で

ひいらぎの解釈 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなくて いつか一緒にいられなくなることもわかっている。 でも、それでも、あなたに出会えて一緒に過ごせたこと運命だと思っていたよ。 ここまでくればこの曲は破局間際に「私」が「あなた」に訴える歌と言えそうですね。 ここでは、「あなたと居られることが当たり前だとは思っていない。 その上であなたと一緒に居られたことを運命だと思っていた」と、いうことで、当たり前なんて思っていないと認めた上で、あなたと一緒に居られたことがとっても嬉しかったという謙虚な想いをあなたに伝えていますね。 「いつか失うこともあるわけで」と歌っていることから「私」はいつか別れが来ることを覚悟して居たのでしょうか。 さらに言えば私は貴方を 貴方が思う以上に大好きで 好きで 好きで 好きで 今 とても 辛いのです ひいらぎの解釈 もっともっと私の想いを言えば、 私はあなたのことがあなたが思っている以上に大好きで大好きで大好きで。。。 あなたと破局してもう会えなくなることがとてもとても辛いのです。 この部分では、あなたを引き止めたい一心であなたに訴えていた「私」が少し暴走してしまっている様子を描いています。 少しメンヘラが混じっているようなきがしますね。 ただ、この気持ちがわかる方もいるのではないでしょうか。 そして、最後の部分で「とても辛いのです」という歌詞があります。 ここから、主人公の心の中がマイナスの方向に向かっていきます。 恋をしたから 空が寂しく思えた 恋をしたから 明日が少し怖かった 恋をしたから 恋をしたから ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから、覚めないでほしい愛おしい夢も見れたわ。 一人で歩いてきた人生だったけれど、そこにあなたを求めた。 寂しさも苦しさも恋しさも愛しさも全てあなたがいたから感じられたんだよ。 先ほどとは一転、あなたの大切さに気づいたと歌っていますね。 「1人歩く影」という部分。 この部分は一人で歩いてきた人生の比喩表現だと思います。 そしてその人生にあなたを求めたからこそ、一人寂しい人生に寂しさや苦しさや恋しさ、愛しさという感情を感じることができたのでしょうね。 恋をしたから 恋をしたから 忘れられないものなどなくて 譲りきれない思い出ばかりで 当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから(私の人生が色づいた)。 あなたに恋をしたから。。。 どうしても忘れられないような苦い思い出なんてなくて、ただただ、どうしても忘れたくない愛おしい思い出があるんだ。 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなかったんだ。 ラストの歌詞になります。 この曲のラストが、「当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで」という一節で終わることで、「私」と「あなた」は破局してしまったと想像できますね。 私たちが当たり前だと思っていることは、実は当たり前ではありません。 例えば、学生の方だったら当たり前のように学校に通えていること。 社会人のかただったら当たり前のようにいきていられること。 他にもいっぱいありますが、その当たり前だと思っていることは当たり前であるうちに感謝し、愛することが大切なのかもしれませんね。 La fin...

次の

当たり前だったことが、当たり前で無くなった経験をしている。

当たり前 なんて もの は なく て いつか 失う こと も ある わけ で

ひいらぎの解釈 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなくて いつか一緒にいられなくなることもわかっている。 でも、それでも、あなたに出会えて一緒に過ごせたこと運命だと思っていたよ。 ここまでくればこの曲は破局間際に「私」が「あなた」に訴える歌と言えそうですね。 ここでは、「あなたと居られることが当たり前だとは思っていない。 その上であなたと一緒に居られたことを運命だと思っていた」と、いうことで、当たり前なんて思っていないと認めた上で、あなたと一緒に居られたことがとっても嬉しかったという謙虚な想いをあなたに伝えていますね。 「いつか失うこともあるわけで」と歌っていることから「私」はいつか別れが来ることを覚悟して居たのでしょうか。 さらに言えば私は貴方を 貴方が思う以上に大好きで 好きで 好きで 好きで 今 とても 辛いのです ひいらぎの解釈 もっともっと私の想いを言えば、 私はあなたのことがあなたが思っている以上に大好きで大好きで大好きで。。。 あなたと破局してもう会えなくなることがとてもとても辛いのです。 この部分では、あなたを引き止めたい一心であなたに訴えていた「私」が少し暴走してしまっている様子を描いています。 少しメンヘラが混じっているようなきがしますね。 ただ、この気持ちがわかる方もいるのではないでしょうか。 そして、最後の部分で「とても辛いのです」という歌詞があります。 ここから、主人公の心の中がマイナスの方向に向かっていきます。 恋をしたから 空が寂しく思えた 恋をしたから 明日が少し怖かった 恋をしたから 恋をしたから ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから、覚めないでほしい愛おしい夢も見れたわ。 一人で歩いてきた人生だったけれど、そこにあなたを求めた。 寂しさも苦しさも恋しさも愛しさも全てあなたがいたから感じられたんだよ。 先ほどとは一転、あなたの大切さに気づいたと歌っていますね。 「1人歩く影」という部分。 この部分は一人で歩いてきた人生の比喩表現だと思います。 そしてその人生にあなたを求めたからこそ、一人寂しい人生に寂しさや苦しさや恋しさ、愛しさという感情を感じることができたのでしょうね。 恋をしたから 恋をしたから 忘れられないものなどなくて 譲りきれない思い出ばかりで 当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで ひいらぎの解釈 あなたに恋をしたから(私の人生が色づいた)。 あなたに恋をしたから。。。 どうしても忘れられないような苦い思い出なんてなくて、ただただ、どうしても忘れたくない愛おしい思い出があるんだ。 いつまでもあなたと居られるなんてことは当たり前なんかじゃなかったんだ。 ラストの歌詞になります。 この曲のラストが、「当たり前なんてものはなくて いつか失うこともあるわけで」という一節で終わることで、「私」と「あなた」は破局してしまったと想像できますね。 私たちが当たり前だと思っていることは、実は当たり前ではありません。 例えば、学生の方だったら当たり前のように学校に通えていること。 社会人のかただったら当たり前のようにいきていられること。 他にもいっぱいありますが、その当たり前だと思っていることは当たり前であるうちに感謝し、愛することが大切なのかもしれませんね。 La fin...

次の