イチゴ ジャム 電子 レンジ。 電子レンジを使ったイチゴジャムの作り方

イチゴジャムの作り方(電子レンジで作る簡単レシピ)−ダイエット料理レシピ

イチゴ ジャム 電子 レンジ

お好きなところからどうぞ• イチゴジャムの作り方の簡単レシピ(圧力鍋や電子レンジ) 鍋で煮込むよりも簡単で時間短縮ができる、圧力鍋と電子レンジを使ったイチゴジャムのレシピです。 材料のレモン汁は、さっぱりさせるのと同時に、ジャムをゲル化させる効果のあるペクチン代わりになりますので、必ず入れてください。 また、なめらかなジャムがお好みの場合は、出来上がり直前に良く潰すか、ブレンダーやフードプロセッサーで粒がなくなるまで撹拌すると良いでしょう。 その場合は、潰した後に鍋に戻し、煮詰める作業を行い、ジャムの温度を上げてください。 お手持ち道具に合わせて作ってみてくださいね。 圧力鍋を使う方法 圧力鍋のセッティングを間違えてしまうと焦げてしまいますので、注意してください。 いちご:300グラム• 砂糖:100~150グラム• レモン汁:大さじ1杯 作り方• いちごはきれいに洗って、へたを取り水分を取り除いておいてください。 圧力鍋に材料を入れ、30分~1時間程度おいて、イチゴと砂糖を馴染ませます。 レモン汁を加え、混ぜます。 圧力鍋の蓋を閉め、加圧強にして強火にかけ、ピンがあがったら、すぐに弱火にして2分加圧します。 (ピンが上がる前に焦げないように火加減に気をつけてください。 2分経ったら火を止め、ピンが自然に下がったら蓋を開けて、アクがあれば掬い取ります。 5火をつけ15分程度、時々かきまぜながら煮詰めます。 イチゴの形を残したい場合は、そっとかき混ぜてください。 6冷めると少し硬くなるので、とろみを加減をみて火を止めて瓶詰し、密閉作業を行います。 電子レンジを使う方法 電子レンジを使用する場合は、必ず耐熱製のボウルを用意しましょう。 いちご:300グラム• 砂糖:100~150グラム• レモン汁:大さじ1杯 作り方• いちごはきれいに洗って、へたを取り水分を取り除いておいてください。 大きめの耐熱製のボウルに材料を入れ、30分~1時間程度おいて、イチゴと砂糖を馴染ませます。 レモン汁を加え、混ぜます。 しっかりラップをして電子レンジで8分加熱します。 (しっかりとラップをしないと吹きこぼれる時があるので注意してください)ラップを外して、さらに様子を見ながら10分加熱します。 冷めると少し硬くなるので、とろみを加減してください。 (熱くなっているので、火傷に注意してください)• アクを掬い取って瓶詰し、密閉作業を行います。 砂糖の量で甘さの調節もできますし、防腐剤等不使用の安心で美味しいイチゴジャムが作れますよ。 ただし、ここで注意したいのが砂糖の分量。 ジャムの糖度が高くなるほど長期保存がきくようになるのです。 ですから、極端に砂糖の量を減らしてしまうと、糖度が低くなり長く保存ができなくなってしまいます。 もし、甘さ控えめがお好みな場合は、砂糖を減らすことは可能ですが、保存できる期間が変わってくることにご注意くださいね。 また、すぐに食べてしまう場合と、長期保存したい場合の保存方法も変わってきます。 長期保存したい場合は、冷凍するか、保存瓶の熱湯消毒や密閉(脱気殺菌)作業が必要になります。 すぐに食べたい時は、冷蔵庫で保存します。 下記の保存期間を参考にしてくださいね。 イチゴと砂糖の割合と保存期間 一般的なジャムの糖度の割合と保存期間は以下の通りです。 糖度が高い方が長期保存可能です。 糖度50%(果物と砂糖の割合=2:1)の場合• 冷蔵保存:2週間程度• 保存瓶(注を参照):1年• 冷凍:約半年 糖度34%(果物と砂糖の割合=3:1)の場合• 冷蔵保存:7~10日程度• 保存瓶(注を参照):1年• 冷凍:約3~4か月 (注)正しい手順で、きっちりと煮沸消毒した保存瓶を密閉(脱気殺菌)処理して詰めた場合に限ります。 (方法については、下記を参考にしてください) *冷凍保存する場合、ガラス瓶などは割れてしまうことがありますので避けてください。 保存瓶の煮沸消毒方法 手作りのイチゴジャムを長期間保存できるように、保存瓶の煮沸消毒方法と脱気方法をご紹介します。 ジャムが出来上がったらすぐに瓶詰できるように、ジャム作りと同時並行して保存瓶の消毒を行いましょう。 尚、瓶の使いまわしは、蓋のパッキン部分が劣化し、きちんと蓋が閉まらない場合がありますので、 長期保存したい時は新しい瓶を使うことをおすすめします。 また、あまり大きな瓶よりは、 150~200グラム 程度のジャムを入れられる瓶の方が扱いやすいと思いますが、お好みに合わせて選んでください。 保存瓶と蓋:ジャムの分量に合わせた数(蓋がきっちりと閉められるタイプの物)• トング:1つ(お湯の中から、瓶などを取り出す時に使用)• きれいな布巾:数枚 手順• 保存瓶と蓋、取り出し用のトングを洗剤できれいに洗います。 大きめの鍋に保存瓶と蓋を入れ、全て浸かる量の水を入れて強火にかけます。 沸騰したら、蓋は3分、10分程度煮沸消毒します。 トングで蓋、瓶を取り出したら、綺麗な布巾の上に伏せて置き、余熱で水分を乾かします。 瓶が冷え切ってしまう前に出来上がったジャムを詰めます。 (ジャムが大変熱くなっていますから、火傷をしないよう気をつけてください)。 このまま、下記の『保存瓶の密閉(脱気殺菌)』に移ります。 長期保存しない場合は、このまま瓶の蓋を閉め、冷めたら冷蔵庫で保管しましょう。 その場合は、開封前でも、なるべく早く食べきるようにしてください。 保存瓶の密閉(脱気殺菌)方法 この作業をしておかないと、長期保存中にジャムにカビが出てしまう場合があります。 煮沸消毒した瓶にジャムを詰めた後に、再度、瓶を煮沸して完全密閉する方法が脱気殺菌です。 上記のように、保存瓶と蓋を煮沸消毒しておく。 手順の3.で使うお湯をヤカンや鍋で沸かしておく。 ジャムが出来上がり火を止めたら、煮沸消毒した保存瓶に、瓶の口から1㎝ほどあけてジャムを詰めます。 空気が入って気泡ができてしまったら、消毒済の箸などで気泡を潰します。 瓶の口をきれいな布巾やキッチンペーパーでふき取り、蓋を軽く閉めます。 鍋底に網やすのこを敷き、ジャムを詰めた瓶を入れます。 (瓶の蓋部分にお湯がかからないようにして下さい)• 火を止め、布巾などを使って取り出し、蓋をきつく閉めます。 熱いので、火傷をしないようの軍手の上にビニール手袋をするなどして、充分気をつけて下さい。 蓋を閉めたら、そのまま冷めるまで立てておきましょう。 さいごに 圧力鍋やレンジを使った、手作りイチゴジャムのレシピと作り方をご紹介しました。 旬の時期に新鮮で安いイチゴを見つけたら、イチゴジャムを作るチャンスですよ! また、容器の煮沸消毒や保存方法についてもまとめてみましたので、ご参考にしていただけたらと思います。 手作りのイチゴジャムの良いところは、何を使ったのかがしっかりわかる安心と、出来立ての美味しさが味わるところです。 ぜひ、手作りのイチゴジャムをお試しくださいね。

次の

ジャムの作り方・いちご(原型を残したプレザーブスタイル)−ダイエット料理レシピ

イチゴ ジャム 電子 レンジ

お好きなところからどうぞ• イチゴジャムの作り方の簡単レシピ(圧力鍋や電子レンジ) 鍋で煮込むよりも簡単で時間短縮ができる、圧力鍋と電子レンジを使ったイチゴジャムのレシピです。 材料のレモン汁は、さっぱりさせるのと同時に、ジャムをゲル化させる効果のあるペクチン代わりになりますので、必ず入れてください。 また、なめらかなジャムがお好みの場合は、出来上がり直前に良く潰すか、ブレンダーやフードプロセッサーで粒がなくなるまで撹拌すると良いでしょう。 その場合は、潰した後に鍋に戻し、煮詰める作業を行い、ジャムの温度を上げてください。 お手持ち道具に合わせて作ってみてくださいね。 圧力鍋を使う方法 圧力鍋のセッティングを間違えてしまうと焦げてしまいますので、注意してください。 いちご:300グラム• 砂糖:100~150グラム• レモン汁:大さじ1杯 作り方• いちごはきれいに洗って、へたを取り水分を取り除いておいてください。 圧力鍋に材料を入れ、30分~1時間程度おいて、イチゴと砂糖を馴染ませます。 レモン汁を加え、混ぜます。 圧力鍋の蓋を閉め、加圧強にして強火にかけ、ピンがあがったら、すぐに弱火にして2分加圧します。 (ピンが上がる前に焦げないように火加減に気をつけてください。 2分経ったら火を止め、ピンが自然に下がったら蓋を開けて、アクがあれば掬い取ります。 5火をつけ15分程度、時々かきまぜながら煮詰めます。 イチゴの形を残したい場合は、そっとかき混ぜてください。 6冷めると少し硬くなるので、とろみを加減をみて火を止めて瓶詰し、密閉作業を行います。 電子レンジを使う方法 電子レンジを使用する場合は、必ず耐熱製のボウルを用意しましょう。 いちご:300グラム• 砂糖:100~150グラム• レモン汁:大さじ1杯 作り方• いちごはきれいに洗って、へたを取り水分を取り除いておいてください。 大きめの耐熱製のボウルに材料を入れ、30分~1時間程度おいて、イチゴと砂糖を馴染ませます。 レモン汁を加え、混ぜます。 しっかりラップをして電子レンジで8分加熱します。 (しっかりとラップをしないと吹きこぼれる時があるので注意してください)ラップを外して、さらに様子を見ながら10分加熱します。 冷めると少し硬くなるので、とろみを加減してください。 (熱くなっているので、火傷に注意してください)• アクを掬い取って瓶詰し、密閉作業を行います。 砂糖の量で甘さの調節もできますし、防腐剤等不使用の安心で美味しいイチゴジャムが作れますよ。 ただし、ここで注意したいのが砂糖の分量。 ジャムの糖度が高くなるほど長期保存がきくようになるのです。 ですから、極端に砂糖の量を減らしてしまうと、糖度が低くなり長く保存ができなくなってしまいます。 もし、甘さ控えめがお好みな場合は、砂糖を減らすことは可能ですが、保存できる期間が変わってくることにご注意くださいね。 また、すぐに食べてしまう場合と、長期保存したい場合の保存方法も変わってきます。 長期保存したい場合は、冷凍するか、保存瓶の熱湯消毒や密閉(脱気殺菌)作業が必要になります。 すぐに食べたい時は、冷蔵庫で保存します。 下記の保存期間を参考にしてくださいね。 イチゴと砂糖の割合と保存期間 一般的なジャムの糖度の割合と保存期間は以下の通りです。 糖度が高い方が長期保存可能です。 糖度50%(果物と砂糖の割合=2:1)の場合• 冷蔵保存:2週間程度• 保存瓶(注を参照):1年• 冷凍:約半年 糖度34%(果物と砂糖の割合=3:1)の場合• 冷蔵保存:7~10日程度• 保存瓶(注を参照):1年• 冷凍:約3~4か月 (注)正しい手順で、きっちりと煮沸消毒した保存瓶を密閉(脱気殺菌)処理して詰めた場合に限ります。 (方法については、下記を参考にしてください) *冷凍保存する場合、ガラス瓶などは割れてしまうことがありますので避けてください。 保存瓶の煮沸消毒方法 手作りのイチゴジャムを長期間保存できるように、保存瓶の煮沸消毒方法と脱気方法をご紹介します。 ジャムが出来上がったらすぐに瓶詰できるように、ジャム作りと同時並行して保存瓶の消毒を行いましょう。 尚、瓶の使いまわしは、蓋のパッキン部分が劣化し、きちんと蓋が閉まらない場合がありますので、 長期保存したい時は新しい瓶を使うことをおすすめします。 また、あまり大きな瓶よりは、 150~200グラム 程度のジャムを入れられる瓶の方が扱いやすいと思いますが、お好みに合わせて選んでください。 保存瓶と蓋:ジャムの分量に合わせた数(蓋がきっちりと閉められるタイプの物)• トング:1つ(お湯の中から、瓶などを取り出す時に使用)• きれいな布巾:数枚 手順• 保存瓶と蓋、取り出し用のトングを洗剤できれいに洗います。 大きめの鍋に保存瓶と蓋を入れ、全て浸かる量の水を入れて強火にかけます。 沸騰したら、蓋は3分、10分程度煮沸消毒します。 トングで蓋、瓶を取り出したら、綺麗な布巾の上に伏せて置き、余熱で水分を乾かします。 瓶が冷え切ってしまう前に出来上がったジャムを詰めます。 (ジャムが大変熱くなっていますから、火傷をしないよう気をつけてください)。 このまま、下記の『保存瓶の密閉(脱気殺菌)』に移ります。 長期保存しない場合は、このまま瓶の蓋を閉め、冷めたら冷蔵庫で保管しましょう。 その場合は、開封前でも、なるべく早く食べきるようにしてください。 保存瓶の密閉(脱気殺菌)方法 この作業をしておかないと、長期保存中にジャムにカビが出てしまう場合があります。 煮沸消毒した瓶にジャムを詰めた後に、再度、瓶を煮沸して完全密閉する方法が脱気殺菌です。 上記のように、保存瓶と蓋を煮沸消毒しておく。 手順の3.で使うお湯をヤカンや鍋で沸かしておく。 ジャムが出来上がり火を止めたら、煮沸消毒した保存瓶に、瓶の口から1㎝ほどあけてジャムを詰めます。 空気が入って気泡ができてしまったら、消毒済の箸などで気泡を潰します。 瓶の口をきれいな布巾やキッチンペーパーでふき取り、蓋を軽く閉めます。 鍋底に網やすのこを敷き、ジャムを詰めた瓶を入れます。 (瓶の蓋部分にお湯がかからないようにして下さい)• 火を止め、布巾などを使って取り出し、蓋をきつく閉めます。 熱いので、火傷をしないようの軍手の上にビニール手袋をするなどして、充分気をつけて下さい。 蓋を閉めたら、そのまま冷めるまで立てておきましょう。 さいごに 圧力鍋やレンジを使った、手作りイチゴジャムのレシピと作り方をご紹介しました。 旬の時期に新鮮で安いイチゴを見つけたら、イチゴジャムを作るチャンスですよ! また、容器の煮沸消毒や保存方法についてもまとめてみましたので、ご参考にしていただけたらと思います。 手作りのイチゴジャムの良いところは、何を使ったのかがしっかりわかる安心と、出来立ての美味しさが味わるところです。 ぜひ、手作りのイチゴジャムをお試しくださいね。

次の

電子レンジで簡単!「イチゴジャム」を色鮮やかに仕上げるレシピ♪

イチゴ ジャム 電子 レンジ

【下準備】 いちご200gを準備する。 いちご1パックは300gくらいです。 いちごは、水洗いして水気をふく。 ヘタを取る。 レモン汁をしぼる。 種があるので茶濾しでこしておきましょう。 深くて大きめの耐熱ボウルにいちごを入れる。 砂糖をいちごの上にふりかける。 レモン汁をふりかける。 ラップをかけずに電子レンジ(600W)で6分加熱する。 500Wの場合は、加熱時間を20%(1分10秒)増やして下さい。 いったん取り出し、アクを取り除く。 容器が熱くなっているので注意して下さい。 全体をかき混ぜる。 アクを取り、混ぜ合わせる様子を動画で見る。 ジャムが冷めたら、ビンについた汚れを洗い流し、水気をふきとる。 計量したところ、約180gのジャムができました。 冷蔵庫に入れて、一週間以内に食べ切りましょう。 右の写真は、赤の色が濃い苺で作りました。 色が鮮やかです。 【ビンを煮沸殺菌する方法】 鍋にビンとフタを入れ、たっぷりかぶる位の水を入れて火にかける。 沸騰したら10分煮る。 必ず水から入れて煮沸しましょう。 急激な温度変化でビンが割れることがあります。 ふたにゴム素材が使われているなら、劣化を防ぐため、3分位煮沸しましょう。 トングなどで湯から引き上げる。 清潔な布巾やキッチンタオルの上に、ビンの口を下に伏せて乾かす。 小さいビンなら、上にむけておいても余熱ですぐに乾きます。 すぐに食べきるジャムの場合は、少々お湯が残っていても大丈夫です。 量が多い分、ジャムとしては加熱がまだ十分ではありません。 実はこれはいちごソースです。 まだジューシーさの残るフレッシュな果実が味わえます。 これはこれでおいしいので、この段階で止めてもいいです。 ジャムにしたい場合は、もう数分加熱時間を増やしましょう。 ムラになって十分加熱されていないイチゴもあるので、電子レンジから取り出し、もう一度かき混ぜます。 もう一度かき混ぜる様子を動画で見る。 【電子レンジで作るいちごジャムのよくある質問】 いちごジャムのカロリーは? 一般的な高糖度ないちごジャムの場合、小さじ1杯7gで18kcal。 低糖度のいちごジャムで1杯7gで14kcalあります。 このレシピでは、180gで303kcal。 ゆるい分、小さじ1杯にすると12kcalになりました。 どうしてアクを取るの? 見栄えの良いジャムになりますし、アクには苦み、エグ味などの雑味があります。 どうして一度に加熱しないの? 一度に加熱しないのは、加熱むらや、砂糖の溶け残りのむらを防ぐためです。 途中で取り出したら、全体をかき混ぜておきましょう。 ふきこぼれを防ぐには? レンジ内が吹きこぼれると掃除が大変です。 下記のポイントを試してみて下さい。 1、底が深くて大きめの器に入れる。 2、いちごを粗くつぶして、加熱時間を短くする。 3、 サラダ油を少量加える。 4、加熱しすぎに注意。 最後の方は、様子を見ながら1分ずつ加熱を増やしてみる。 できあがりがゆるい気がする? 完成直後はジャムはさらさらでゆるく感じますが、冷めるととろみが出てきます。 でもに比べると、いちごソースのようにゆるい感はたしかにあります。 その分、果実のフレッシュ感が味わえるのが魅力でもあります。 とろみを増すには? 電子レンジにかける時間を長くすると、とろみが増します。 もう少し固めがいいと思ったら、次回から加熱時間を少し多くしてみて下さい。 おすすめの食べ方は? にかけたり、、、にも合います。 電子レンジが500Wの場合は? 500Wの加熱時間に0. 8かけた時間が600Wの加熱時間になります。 つまり、600Wの1. 2倍、言いかえれば20%増した時間が500Wの加熱時間です。 マロンさんこんにちは!久しぶりの投稿です。 最期の酸っぱいいちごで(1. レシピが細かく説明されているのでスムーズに作業できました。 コロナ感染症の影響が続く中、ご家族のためにご自宅でできることに励んでおられるんですね!本当に励まされます!マロンも見倣わないと...

次の