八幡 ss バンドリ。 紗夜「空耳アワー」[バンドリSS]|エレファント速報:SSまとめブログ

アニメSSブックス : 【俺ガイルSS】「!?な、何してんだお前」 沙希「ん?今ぶつかっちゃった?」ギュ(アニメSSブックス)

八幡 ss バンドリ

以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月05日 10:06• センスが皆無なのに、センスが必要な空耳アワーをSSにぶっ混む度胸だけは評価できる• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月05日 10:26• ロゼリア空耳多いよね そして魂のマーガリンで草を抑えきれなかった• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月05日 13:58• 下手くそなんだよなぁ。 他のグループよりも ……実力派()• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月05日 21:58• 単純に1番うまいのってどのグループ?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月06日 02:25• リリース初期からやってるのにずっと未来未来未来未来だと思ってた• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月06日 19:02• ポピパが一番• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月08日 15:00• 実際にライブで中の人が演奏してるのはポピパとロゼリアだけど実力派を謳っているのに下手だとロゼリアは言われている まあそこはご愛嬌で・・・• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年03月09日 10:56• 飴色描くコントライブのとこすき• オメガ スーパーコピー• 2019年11月02日 14:57• 画像通りの状態のお品でした。 商品の説明も細やかで正直になされていると思います。 梱包もしっかりされており、とても信頼できるショップだと感じました。 b2kopi. htm.

次の

比企谷八幡バイト始めました

八幡 ss バンドリ

小町「あ、おはよお兄ちゃん。 もうご飯出来てるよ」 八幡「おお、おはよう。 いつも悪いねぇ小町さんや」 小町「もう、それは言わない約束でしょー」 八幡「いや、なんとなくだよ。 なんとなくお約束ってやつだ」 八幡(本日のメニューは、ベーコンエッグ、わかめの味噌汁、さんまの塩焼きに、そしてキャベツ。 これがごきげんな朝飯というやつか。 どこの範馬家だよ。 うまそうだけど) TV リポーター 小町「お、今日は秋田県かー。 お兄ちゃん地鶏だって地鶏」 八幡「はっ。 朝から食レポとか。 もっと他に伝えることあんだろ。 大体あいつら『美味い』とか『甘い』しか言わないじゃねーか」 八幡(食材でエビが出てきたらプリプリな食感!ハンバーグとかの肉料理だと溢れる肉汁!とか。 決まりきった文句は聞いててまったく面白くない) 小町「素直においしそうだなーって見ればいいのに……。 何でそんな穿った見方になっちゃうかな?」 八幡「俺に素直さを期待するのはまちがってるぞ小町。 あと穿った見方って本来は『物事の本質を突いた』って意味だからな」 小町「まぁまぁ細かいことは気にしない気にしない」 八幡「いや気にしろよ。 もう高校生になるんだから」 小町「お兄ちゃん朝から説教臭いよ。 ほら、早く食べて学校行こう?」 八幡「へいへい、すんませんでした。 今日も乗ってくか?」 小町「え? いいの? いやー悪いですなぁ」 八幡「その顔でホントに悪いと思ってんのかよ……」 小町「もちろんであります!」 八幡「うぜぇ……はぁ、まあいいや」 八幡(小町は総武高に見事合格した。 残り少ない登校期間で、 2 人乗りで送っていくのも数える程しかない。 同じ高校に通う時はさすがに送りたくないよ?だって恥ずかしいじゃない?) TV リポーター 八幡「美味そうなんだけど、なんかイラッとするな」 小町「うん。 悔しいけど少し気持ちがわかるよ」 八幡「……さっさと片付けるか」 小町「だねー」 八幡(そうして朝食を黙々と食べ終え、小町を送り、学校に向かった。 ここまでは何の問題もない。 」 八幡「あれ? お前だけか珍しい。 雪ノ下は?」 結衣「なんかね、平塚先生にお呼ばれしてさっき行っちゃった。 来年度の活動予定とか何とか」 八幡「ほーん、なるほどね。 ていうか 4 月以降活動すんの?」 結衣「え、しないの?」 八幡「受験勉強だってあるだろ。 その辺大丈夫なわけ?」 結衣「えっと、まあ何とかなるでしょ。 ゆきのんがいるし、それにヒッキーもいるし」 八幡「万能型の雪ノ下はともかく、俺はあんま力になれないと思うぞ」 結衣「そんなことないよ。 いてくれるだけで嬉しいっていうか……やっぱりまだ 3 人でいたいっていうか」 八幡「お、おう。 よくそんな恥ずかしいこと平気で言えるな」 結衣「あっそうやってまたあたしのことバカにして! ヒッキーのバカ! アホ! キモい!」 八幡「理不尽すぎるだろそれ……。 で、今は何してたんだ?」 結衣「茶化すヒッキーがいけないんじゃん。 今は携帯見てただけかな」 八幡(勉強しとけよ。 受験勉強の前に期末テストもあんだろうに) 結衣「ヒッキー? なにその顔?」 八幡「いや何でもない。 何か面白いものでもあったか?」 結衣「そうそう! そうなんだよ。 最近さ、自撮りが流行ってるらしいよ」 八幡「地鶏? そんなもんが流行ってるのか?」 結衣「うん。 専用アイテム(自撮り棒)もあるって記事に書いてあったし」 八幡(そういえば、朝っぱらから情報番組でも取り上げられてるわけだし、もしかしてそういう流行りは本当にあるのかもしれない。 アイテムってのはキーホルダーとかのご当地もの?もしくは調理器具のことだろうな) 結衣「世界的にも流行ってるらしいんだよね。 それを、なんだっけ? エイチアイエス?にアップする人が多いんだって」 八幡「どこの旅行会社だよ。 SNS のことか?」 結衣「それそれ SNS 」 八幡(なるほど。 自分が食べた地鶏を写真撮ってアップするってわけか) 八幡「ホントこの世の女子ってそういうの好きなやつ多いよな。 お前もそういうのやんの?」 結衣「あたし? あたしはあんまやらないかなー」 八幡「あんまやらない方がいいと思うぞ。 (店員とか他の客とか)快く思わない人もいるだろうし」 結衣「うーんそういうもんかー。 ねぇヒッキーは、自撮りとかどう思う?」 八幡「そうだな……」 (まあ、美味そうは美味そうなんだよな。 食レポが好きじゃないだけで) 八幡「悪くはないんじゃないの?」 結衣「なんか、ヒッキーがそう言うのって意外だね。 (自撮り)めっちゃバカにしてきそうなのに」 八幡「俺だってなんでもかんでも否定したりしないぞ? 実際(地鶏)美味そうだし」 結衣「上手そう?」 八幡「何かあるのか?」 結衣「え、えっとううん何でもない」 (それってあたしが自撮り上手そうってこと?……よし!) 結衣「ねぇヒッキーはさ、その、急に自撮りとか送られてきたらどう思う、かな?」 八幡「……そんな言い淀むことか?」 結衣「いいから答える!」 八幡「怒るなっての。 まぁ別に(地鶏)贈られて悪い気はしないんじゃねーの普通は」 結衣「ホントに!? 」 八幡「こんなことで俺は嘘つかないぞ」 結衣(ヒッキー、そうなんだ。 悪い気はしないんだ……うん!! ) 結衣「じゃああたしから(自撮り)送られたら、どうする?」 八幡「へ? お前から? どうしたんだ急に?」 結衣「お願いだから……教えて?ヒッキー」 八幡(なんで無駄に艶っぽいんだこいつ?家で地鶏飼ってるの?買うにしても結構高いイメージだけど。 それでもまあ贈ってもらえるなら) 八幡「素直に嬉しいと思う」 結衣「ホントに? ホントのホントに嬉しい?」 八幡「ああ、嬉しいな」 結衣「そっかぁ。 いやいや絶対おかしいでしょ。 ダンボール開いたら鶏の生首が入ってましたとかシャレになんねーだろ) 八幡「ゴホン。 とにかく、顔はやめてくれ」 結衣「そこまで言うなら……わかった。 でも顔が普通だと思うんだけどなー」 八幡(いや、もっとこう鶏!的な部分が他にあるでしょ。 手羽先とか。 あとは……) 八幡「普通はモモとかその辺だろ?」 結衣「腿!? 」 八幡「そんないちいち驚くなよ。 あとはムネとか」 結衣「む、胸ぇ!? ひ、ヒッキーのド変態! マジありえない!」 八幡「えー何その反応? 俺そんな間違ったこと言ってるか?」 結衣「だって、そんなの……恥ずかしいし」 八幡(そんな真っ赤になって俯くなよ……。 こうクルものがある。 主に下半身に。 いかんいかん邪念を振り払え。 しかしえっちって何のこっちゃ。 ムネ肉とかモモ肉ってエロいワードだったの?そこはかとないエロスは感じるけども。 とにかくこの場をなんとか切り抜けなければ) 八幡「由比ヶ浜、聞いてくれ」 結衣「……なに?」 八幡「俺は、期待したんだ。 お前に、お前の贈ってくれる地鶏に」 結衣「あたしの、自撮りに?」 (ヒッキー、すごい真剣な表情) 八幡「ああ。 繰り返しになるが、やっぱり嬉しいと思う。 人からそういうの贈られることってあんまないからさ」 結衣「経験豊富だったらちょっとアレだと思うけど、そう、なんだ」 八幡「それで、その中でも、お前に贈って貰えたら。 俺は特に嬉しいと思ってる」 結衣「えっ、それって……」 八幡「恥ずかしいからあんま言わないけどな。 ……俺はお前のことある程度、なんだ、近しい人だとは考えてる」 結衣「……うん」 八幡「だから、ほら、その近しい人からのプレゼント(地鶏)とかって、どんな気持ちになるんだろうって思うんだよ。 想像でしかないけど、嬉しいんじゃないの?多分」 結衣「ヒッキー……」 (あたしのこと、そんな風に思ってくれてたんだ) 八幡「だから、俺は」 結衣「?」 八幡「俺は……」 八幡「それでも俺は……」 八幡「俺は、地鶏が、欲しい」 結衣(ヒッキーそんなにもあたしの自撮りが、欲しいんだ) 八幡「…………」 結衣「…………」 八幡「なぁ」 結衣「ねぇ」 八幡「……先言っていいぞ」 結衣「……うん。 ん?本文なしで添付ファイルのみ?なんだこれ?) 八幡「開けてみるか」 八幡「…………」ポチ 八幡「…………ぶはっ!! 」 八幡(何だこれ、何だこれ?何であいつの、ふ、太もも画像? 血迷ったのかついに?マジでビッチじゃねえか) 八幡「はっ。 ていうか、まだ寒いのにホットパンツかよ」 八幡(いや、突っ込むところはそこじゃないとわかっている。 だが人間、理解の範疇を超えると変な笑いしか出てこないのだ) 八幡「…………エロいな」 八幡(座った状態で上から撮ったのだろうか?短いホットパンツからすらりと伸びるほっそりとしながらも健康的な白い太ももから目が離せない) 八幡「…………」スッ 八幡「保存、と」 八幡「ん、またメールか?」 八幡(先ほどと同じ様に添付ファイルが 1 件。 俺は迷った。 だって、これはパンドラの箱。 開けば災厄が振りかかるのは必至。 だけど、それでも、俺は!! ) 八幡「…………」ポチ 八幡(そこにあったのは、谷間でした。 とても柔らかそうな、双丘でした) 八幡「保存、と」 八幡「…………」 八幡「…………」 八幡「…………」 八幡「…………」 八幡「…………うっ! ふぅ……」 八幡「なぜ人は争うのだろうか?憎しみは憎しみしか生まない。 正しくそれは、負の連鎖。 俺は、それを断ち切る人になりたい」 八幡「……削除、と」 八幡「何が理性の化け物(笑)だよ。 笑っちまうよ」 八幡(だが俺だって高校生。 そういうことに興味深々な年齢だ。 許せ由比ヶ浜。 そして……ありがとう) 小町『おにいちゃーん、大丈夫? うめき声聞こえたけど』 八幡「小町か。 ちょっと待て」スタスタガチャ 八幡「なんか用か?」 小町「いやご飯できたから呼びに来たんだけど……どしたのお兄ちゃん? そんな清々しい顔して」 八幡「なぁ、小町。 今お茶淹れるわね」 八幡「ああサンキュ。 ……由比ヶ浜はまだか?」 八幡(結局教室では話せず終いだったな) 雪乃「後ろを見なさい」 八幡「後ろ?」 結衣「や、やっはろー」 雪乃「こんにちは由比ヶ浜さん」 八幡「……おう」 結衣「…………」 雪乃「昨日、何かあったの?」 結衣「な、何でもないよゆきのん! ヒッキーちょっとだけいい?」 八幡「ああ。 ここでいいのか?」 結衣「廊下で話そっか。 ごめんね、ゆきのん? ちょっとだけ待ってて」 雪乃「気にしないでいいわ。 話が終わったら戻って来てちょうだい」 結衣「うんわかった。 え、俺?そんなこと頼んだっけ?) 結衣「なんで無言だし」 八幡「痛いって。 叩くなよ」 結衣「むー」 八幡「睨むなよ。 それに、俺が聞きたいくらいだぞ。 なんで急にあんなもん送ってきたんだよ? ビッチなの?」 結衣「ビッチじゃないし!! ヒッキーが腿とか、む、胸とか送って欲しいって昨日言ったんじゃん!! 』 『うわっ! 声でけえよアホ!』 『うっさい!! もう信じらんない!! エッチ!! スケベ!! 』 『そういうこと言うのやめろって! 俺が死んじゃうだろ社会的に!』 『消して! すぐ消して!』 『昨日の時点で消したからその点は安心しろ』 『それはそれでなんかムカつくし!! うわーーーん』 『俺にどうしろっていうんだよ……』 『うっさい変態ヒッキー!』 『お願いだからそれはやめろって。 いや、やめてください』 『うえーーーーーーん』 『泣きたいのはこっちだっつーの……』 部室 雪乃「楽しそうで何よりだわ」ズズ 奉仕部は今日も平和です。 vip2ch.

次の

比企谷八幡バイト始めました

八幡 ss バンドリ

緋弾のアリアを被弾のアリアだと勘違いしていたことのある凡夫です。 とある主人公のようにやたらと不幸なのかな?と思っていたら違いました。 ・・・・・・でもあの世界観ってとあるとクロスさせやすいよね。 レーベル違うけど! 異能力者を確保するとかまじアンチスキルだと思う。 しかし、アンチスキルって非能力者が能力者を取り押さえるだよな。 それムリゲじゃね? アンチスキルは全員武偵とかじゃないか? ・・・・・・全員武偵だと考えるとなんとかなりそうな気がするから不思議。 あの作品はどんどん異能力バトル要素が加わるからレベル4までなら完全に制圧できる気がします。 いや、だって原作だと敵が孫悟空とか閻魔なんだもん。 鬼灯の冷徹かよ。 この記事では原作から結構はっちゃけている緋弾のアリアのおすすめSS・二次小説を紹介していきます。 ・・・・・・こうやって見ると、ルイズ・シャナ・アリアって全部くぎゅなんだよな。 何だろうねこの異能力バトルヒロインのくぎゅ率は。 本編のアニメ化は1クール放送ブラドを倒すまでしか放送していないので、少々物足りないと言いますか、原作は20巻を越えているのでせめて2クール放送で視たかったです。 王道のハーレムラブコメアクションもので、シャナとかと同じ扱いで放送してもらいたかった。 偽物の名武偵 未完 オリ主 勘違い 世界に新たに設立された新資格、『武偵制度』。 その資格を有した民間の武力集団『武偵』を育成する東京武偵高校に、一人の少年・有明錬が在籍していた。 ひょんなことから武偵に『なってしまった』彼が持つ特質は2つ。 ありえないほどの幸運と、周囲と自らが巻き起こす勘違いの数々。 勘違いラッキーマンが巻き起こす騒動を描いた二次小説作品。 勘違いものも凡夫はかなり好きです。 中身はダメなのに勘違いで英雄や天才に見られてしまうとかギャップで笑えてしまいます。 この手の作品に最近はまっていて、同系統だとがおすすめです。 惜しいのは14年12月から更新が止まっています。 ブログの方も確認したのですが同じ時期に更新が停止しています。 ・・・・・・つ、続きはでますか? 過去編の もおもしろいですよ。 ・オリ主勘違いものの名作 ・過去編もあるよ! ・でも更新停止中! 1年以上! 待とう! 緋弾に迫りしは緋色のメス 女オリ主 ダークヒーロー 一人の少女がいた。 その少女の事はジル。 または、ジャックと呼ばれていた。 だが、当の本人は名字も本当の名前すら知らない。 ただ、家族はいた。 そして、父親から一つの頼みごとを受ける。 一方、神奈川武偵付属中学の3年に在籍していた遠山キンジはヒステリアモードを利用され続ける日々を過ごしていた。 鬱になりながらも、ある日キンジはその少女と出会う。 キンジの相棒がジャックと呼ばれる殺人鬼だったらというダークヒーローなオリ主を描いている作品。 オリ主がだいぶハイスペックです。 娯楽作品に登場する殺人鬼って魅力的なキャラクターが多いですよね。 西尾維新の 零崎とか型月のシキとか。 法的にも倫理的にも悪ではあるが、能力でその生き方を押し通してしまうキャラクターが大好きです。 実際は面倒極まりないですが、そんなこと気にしたらアリアとかだいぶ不味いからね。 暴力系の上位存在、発砲系女子だから。 ・・・・・・流れ弾でなんで死人がでないのだろうか。 ・オリジナル女主人公は殺人鬼。 そしてチート気味なスペック ・イ・ウーが好きな人はおすすめ ・妹ポジションな理子が愛おしい 比弾のアリア クロスオーバー:俺ガイル、緋弾のアリア 中学生活で数々の黒歴史を作り出してしまった比企谷八幡は、同じ学校の生徒と同じ学校にならないよう武偵高の探偵科に入ろうとした。 しかし、八幡の親父の勘違いのせいで強襲科で過ごすことになってしまった。 比企谷が高2年まで何が何でも生き残って探偵科に行くと心に決めて必死に生きていく話。 俺ガイル成分が2でアリア成分が8のクロスオーバー作品です。 俺ガイルヒロインズが好きな凡夫としてはもう少し登場して欲しいけど、レキがなんか知らんが八幡になついているので満足です。 最近になって雪ノ下さんが護衛対象として登場したのもGood! ところでアリアの出番はまだ? そして5ヶ月ほど更新されていないけど大丈夫か!? 八幡が活躍するSSが読みたい方はこちらの記事もどうぞ。。 緋弾のアリア・AAのおすすめSS・二次小説ランキング• 緋弾のアリア・AAの楽しみ方 緋弾のアリア・AAの楽しみ方について書いていきます。 先に結論を3行で書いておくと、• 頑張って20巻以上あるけどラノベ、緋弾のアリアを読め• どんな世界観なのか知りたいならアニメ緋弾のアリアAAを視聴しなさい• 緋弾のアリアはハーレムもの。 AAは百合ものな高火力アクション.

次の