ニュースまるごと山梨 不倫。 不倫&浮気で落ちた品格!なぜ女子アナには不倫が多いのか

NHKアナ斉藤孝信と早川美奈が不倫でまるごと山梨驚き!

ニュースまるごと山梨 不倫

Contents• フライデーが報じた不倫スクープとは 6月の下旬、フライデーが早川美奈アナと斉藤孝信アナの不倫現場を押さえました。 国道を上ってきた黒いワンボックッスカーは路肩に止まると、エンジンを切りました。 周囲は真っ暗でしたが、時々通る対向車のヘッドライトで照らされたのは周囲を伺う斉藤アナの姿と、助手席から見える早川アナの生足。 1時間ほどで車は再び走り出し、斉藤孝信アナの自宅付近と思われるコンビニで車は止まりました。 中からは斉藤アナが降り、早川アナは車を運転して帰っていく姿が目撃されています。 これらの行為は 週に複数回行われており、多い時には3日も連続であったことが明らかになっています。 相当不倫行為がお盛んであったようです。 二人の行為(不倫)は周囲には明らかであった様で、局内にすでに悪影響を及ぼしておりました。 今回のスクープの出所も、地元マスコミ関係者とのことですので、社内の人間がリークしたという可能性が高いです。 現に数か月前には斉藤孝信アナは上司から不倫関係を問いただされ注意を受けたばかり。 それにも関わらず行われてきた二人の行為についに本格的に周囲が動き出したとみてよいでしょう。 [ad co-1] 早川美奈プロフィール 名前:早川美奈(はやかわみな) 年齢:20代半ば (2012年に入局していることから25、6歳くらいかと思われる) 出身地:山梨県甲府市 高校:甲府南高校 大学:山梨大学 工学部機械工学科 所属:NHK甲府(2012年~) 『おはよう山梨』や生活情報番組『かいなび』、ニュース情報番組『まるごと山梨』を担当していた早川美奈アナウンサー。 まるごと山梨では斉藤アナと共演していました。 この番組が二人が近づくきっかけにもなったのでしょうか? 早川アナは生まれも育ちも山梨県の生粋の山梨っ子。 高校は 甲府南高等学校を卒業されています。 甲府南高校は県内屈指の進学校であり、早川アナは恐らくそこの理数科を出ているのではないかと思われます。 県下トップの高校を卒業の後、国立大学である山梨大学へ進学。 後にNHKのアナウンサーと、地元ではかなりエリート街道を進まれたと言っても過言ではない早川アナだけに今回のことが残念でなりません。 また大学時代には 「湖衣姫コンテスト」と呼ばれる「信玄公祭り」で信玄公の側室・湖衣姫役を演じる人を選出するコンテストにも出場しています。 地元愛にも溢れていた面が窺えます。 名古屋・東京に居る頃から報道番組やお笑い番組の司会を務め、爽やかな笑顔が人気であった斉藤アナ。 しかし既婚者でありながら不倫、また女子アナのえこひいきなど局内においての立場を利用して好き勝手にふるまっている姿も見られたようです。 現在、NHKのホームページから早川美奈アナの名前も斉藤孝信アナの名前も削除されました。 また「まるごと山梨」のアナウンサーも既に交代となり、急きょ岩野アナと濱本キャスターなりました。 このことよりお二人は解雇された可能性が高いです。 残念なことではありますが、ことがことだけに仕方がないことだと思います。 不倫だけならまだしも(いいわけではありませんが)車内という公然の場と言っても過言ではない場所がよくありませんでしたね。 やはりNHK、対応も厳しく俊敏であると感心せざるをえません。

次の

早川美奈の斉藤孝信との不倫フライデー写真!NHKアナウンサーの今現在は?

ニュースまるごと山梨 不倫

テレビ朝日の朝の看板番組「グッド!モーニング」に出演中の人気若手女子アナ田中萌さん(25)と加藤泰平アナウンサー(33)が不倫関係にあるとして、8日発売の週刊文春が報じました。 これを受けて8日朝放送の番組を二人は欠席。 事実関係についてテレビ朝日側は「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」と回答したようですが、二人が番組を欠席したことで視聴者からは「否定せずとも認めたってことか」と今年最大クラスのスクープに盛り上がりを見せています。 振り返れば2016年は流行語候補にもなった「ゲス不倫」の1年だったわけですが、同時にアナウンサーの品格が落ちるようなニュースが多かったのが印象的です。 出演者アナ同士の不倫はNHK甲府放送局の「Newsまるごと山梨」内でも発生。 両者アナウンサーはすでにHPからプロフィールが削除されています。 しかし改めて考えると、清楚で品行方正の代名詞といわれていた女子アナなのに、なぜこんなにも関係者同士の不倫や浮気が多くなってしまうのか。 今日は女子アナという美しいイメージを冷静に分析し、不倫が増える要因について考えます。 しかしそもそも女子アナウンサーになる女性の経歴をみていくと、本当に品行方正でお上品で知的で清楚な存在なのでしょうか。 たとえばアイドルと噂になったTBSの宇垣美里アナウンサー(25)は、学生時代にモデル活動とミスコンでのグランプリ獲得の経歴の持ち主です。 アナウンサーのタレント化はたびたび問題にあがりますが、それを局側が望むということは同時に俗世的な女性がアナウンサーになる確率も上がっているといえるのです。 よく考えてみると不倫やドロドロした恋愛が増えるのも当然と思える要因が、テレビという場所にはあります。 1つは男女比の偏り。 2つめは不規則な勤務形態。 3つめはチームプレイです。 テレビに限らず一般企業でも社内恋愛&不倫が起きやすい条件には、共通点があります。 それが先ほどご紹介した3つの条件をなるべく満たしていること。 これをテレビ業界に当てはめて説明していきましょう。 つまり女性としては誘惑の多い職場環境とも捉えられるのです。 また2つめの不規則や長時間にわたる勤務形態は、社外の交友関係を希薄にさせ、業界内の親交を深める要素につながります。 3つめのチームプレイについても、一般社会でたとえれば簡単な話。 どんなに社内の人と時間を共にしても、共同ワークがないと親交は深まりません。 このように考えると、業界の体質的に不倫だけでなく社内恋愛が生まれやすいのがテレビという世界なのです。 アナウンサーというのは、人前でいい顔・いい自分を演じ続けなくてはいけない仕事。 常に自分を押さえ込み、プレッシャーに耐えなくてはいけない職種というのは、反動もすごいといわれています。 それが不倫につながるのか……真相は定かではありませんが、せっかく掴んだキー局アナのスター街道。 不倫一撃で手放すなんて割が悪すぎます。 でも可愛さと努力と完璧な経歴を持っていた田中さんに、筆者はつい嫉妬心から「ざまあみろ」とつぶやいてしまうのでした。

次の

【画像】フライデーのNHKキャスターと女子アナ不倫は斉藤孝信と早川美奈か「まるごと山梨の2人がNHK山梨からまるごと削除される」

ニュースまるごと山梨 不倫

テレビ朝日の朝の看板番組「グッド!モーニング」に出演中の人気若手女子アナ田中萌さん(25)と加藤泰平アナウンサー(33)が不倫関係にあるとして、8日発売の週刊文春が報じました。 これを受けて8日朝放送の番組を二人は欠席。 事実関係についてテレビ朝日側は「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」と回答したようですが、二人が番組を欠席したことで視聴者からは「否定せずとも認めたってことか」と今年最大クラスのスクープに盛り上がりを見せています。 振り返れば2016年は流行語候補にもなった「ゲス不倫」の1年だったわけですが、同時にアナウンサーの品格が落ちるようなニュースが多かったのが印象的です。 出演者アナ同士の不倫はNHK甲府放送局の「Newsまるごと山梨」内でも発生。 両者アナウンサーはすでにHPからプロフィールが削除されています。 しかし改めて考えると、清楚で品行方正の代名詞といわれていた女子アナなのに、なぜこんなにも関係者同士の不倫や浮気が多くなってしまうのか。 今日は女子アナという美しいイメージを冷静に分析し、不倫が増える要因について考えます。 しかしそもそも女子アナウンサーになる女性の経歴をみていくと、本当に品行方正でお上品で知的で清楚な存在なのでしょうか。 たとえばアイドルと噂になったTBSの宇垣美里アナウンサー(25)は、学生時代にモデル活動とミスコンでのグランプリ獲得の経歴の持ち主です。 アナウンサーのタレント化はたびたび問題にあがりますが、それを局側が望むということは同時に俗世的な女性がアナウンサーになる確率も上がっているといえるのです。 よく考えてみると不倫やドロドロした恋愛が増えるのも当然と思える要因が、テレビという場所にはあります。 1つは男女比の偏り。 2つめは不規則な勤務形態。 3つめはチームプレイです。 テレビに限らず一般企業でも社内恋愛&不倫が起きやすい条件には、共通点があります。 それが先ほどご紹介した3つの条件をなるべく満たしていること。 これをテレビ業界に当てはめて説明していきましょう。 つまり女性としては誘惑の多い職場環境とも捉えられるのです。 また2つめの不規則や長時間にわたる勤務形態は、社外の交友関係を希薄にさせ、業界内の親交を深める要素につながります。 3つめのチームプレイについても、一般社会でたとえれば簡単な話。 どんなに社内の人と時間を共にしても、共同ワークがないと親交は深まりません。 このように考えると、業界の体質的に不倫だけでなく社内恋愛が生まれやすいのがテレビという世界なのです。 アナウンサーというのは、人前でいい顔・いい自分を演じ続けなくてはいけない仕事。 常に自分を押さえ込み、プレッシャーに耐えなくてはいけない職種というのは、反動もすごいといわれています。 それが不倫につながるのか……真相は定かではありませんが、せっかく掴んだキー局アナのスター街道。 不倫一撃で手放すなんて割が悪すぎます。 でも可愛さと努力と完璧な経歴を持っていた田中さんに、筆者はつい嫉妬心から「ざまあみろ」とつぶやいてしまうのでした。

次の