いすゞ コロナ。 IHIといすゞ、村田製作所の工場従業員が新型コロナに感染、操業停止が相次ぐ

ISUZU:当社拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について

いすゞ コロナ

うっるさいわ!!! どっかい行っとれ!!!あと魚はコロナ関係ないわwww!!! そんな中、期間工の現場にもコロナウイルスの影響がかなり出てきているので、最新の現状をお伝えできればと思います! コロナウィルスがヤバすぎて期間工の工場がどんどん停止して現場作業もストップ ニュースでもご覧になった方がいると思いますが、コロナウイルスの影響により期間工の工場がどんどんストップするという事態が発生しています。 (2020年3月7日時点では工場が全面ストップしているとの情報はなし) なぜ期間工の工場がコロナウイルスの影響でストップするかと言うと、理由は以下のとおりです。 車の生産が止まる事態が発生 以上の流れとなっています。 これは一部のメーカーの事態ですが、中国に部品の製造を委託しているメーカーはかなり多いので、生産は遅れていないものの、影響を受けたメーカーはかなり多いと思います。 (5月31日現在も稼働一部停止中) また6月以降も下記工場にて一部の生産ラインをストップあるいは減産すると発表しています。 (5月31日発表) これは 工場の全てが止まるというわけではありません。 工場内の一部の生産ラインを止めるということです。 従業員は停止している期間は出勤しています。 (工場や部署によって異なる。 またその都度の状況によって対応が変わっています) 具体的に稼働を停止する工場は以下の工場です。 高岡工場 第2ライン・豊田自動織機 301・302ラインをのぞく:国内の全完成車工場において、 6月5日、12日、19日、26日、各週金曜日4日間を非稼働日にすると決定。 またさらに、トヨタ自動車(グループも含む)全15工場28ライン中7工場の10ラインはさらに追加で2日間から7日間の稼働停止日を設定。 3工場5ラインで最長8月までの1直化を設定すると発表しています。 天津、広州、長春、成都そして当然今回コロナウィルスの発症場所と言われている武漢にも工場を持っています。 上記5工場の内、 武漢以外の工場は2020年2月24日時点で再開をしています! また広州工場では3月16日より全生産ラインを通常通りに戻しております。 天津の工場では生産体制は通常の半分程度のようです。 他の国では、タイで非常事態宣言が出ており、4月中旬までタイの工場をストップするとしています。 また北米にあるトヨタの工場も操業停止をしています。 (アメリカ、カナダ、メキシコにある合計14工場) しかし、コロナウィルスの影響で車の需要が下がっています。 確かに車買ってる場合じゃないよね。 なので、車をそこまで多く生産する必要もなくなっているので、残業も今は少なくなっているようです。 当然トヨタ期間工に影響が及ぶということはデンソー期間工や豊田自動織機、アイシンなどにも影響はあります。 しかし5月10日時点で、 フランスとポーランドの工場で操業を再開したとのニュースもあります! また北米トヨタが5月11日の週から、それぞれの工場を段階的に再開するとのニュースも入ってきております。 トヨタ期間工の求人自体は非常に魅力的なので、早くコロナが収束することを願うばかりです。 鈴鹿製作所 No. 3月27時点での最新情報では、北米工場の生産を停止するようです。 ) 今の所、日本のホンダ期間工が働く工場に甚大な影響があるとは言われていないようですが、コロナウィルスの影響で景気が更に悪くなっているので、残業も少なくなっているようです。 また元々予定されていた2020年3月の土日の生産も停止されているようで、3月は期間工の土日出勤もなくなるようです。 期間は5月11日から8月末までの予定 一時帰休とはかんたんに言うと、「雇用は維持し、給与の支払いは減額するも継続する」というものです。 つまり雇用は切られない。 けど、とりあえずコロナ収まるまで、給与あげるから待っててね。 ということです。 めっちゃよいじゃん!!! 国内での一時帰休の実施はホンダ熊本が初だそうです。 また追加で5月11日から15日、18日から20日、28日、29日の車両生産を停止をしております。 さらなる追加で5月21日、6月1日~5日、8日~12日、15日~19日の車両生産を停止 追浜工場は4月3日、13日、24日と5月1日の4日間車両生産停止。 そしてさらに5月25日、6月1日の生産も停止 上記2つの工場がそれぞれの日程で稼働を停止するようです。 追浜工場は指定された3日間のみ現状停止予定ですが、栃木工場は約2週間分程度稼働を停止します。 現在再開はされているが、4月以降は通常稼働ではなく、 4月2日~同月末までは昼のみのシフトで稼働されるようです。 具体的には以下の日程で昼のみ稼働しているようです。 また追加で5月11日から13日の車両生産を停止。 第2工場は5月14日、15日、18日から22日、25日から29日の夜勤での車両生産を停止を発表しています。 (昼勤のみ稼働) そしてさらなる追加で、 6月1日~5日の車両生産も停止。 第2工場は、6月8日~12日、15日~19日、22日~26日の夜勤での車両生産も停止する(昼勤のみ稼働)。 3月に工場がストップしてしまった影響はかなり大きく日産の国内の自動車生産にかなり深刻な影響があるようです。 なぜ3月に工場がストップしたかというと、中国の工場に部品の製造を任せているようで、部品の供給がされず車が作れないようです。 しかし全日停まっている停まっているわけではなく、3月の土日と3月6日の稼働が止まりました。 日産車体九州も日産自動車九州と同じく、国内の工場が止まってしまいました。 理由は同じく中国からの部品が届かなくて車が作れず2月は 一部の日程で工場が停止しているようです。 具体的には以下の日程で一部のラインを停止するようです。 羽村工場は第1ラインのみですが、5, 6月の間は稼働1直化 2直目は休業。 具体的にはトヨタSUV向けの生産ライン(第1ライン)は5月12~15日にかけて稼働を停止し、5~6月は1直体制で稼働させる予定を見込んでいるようです。 更に6月中には第1・2・4ラインを非稼働日に加え2日間(計6日間)停止。 完全再開の見込みは不明です。 日野期間工も生産ライン全てがストップしているわけではありませんが、一部のラインが停まっているため、担当の期間工は有給などを消化しているようです。 (再開済みだが、一部ラインの生産を調整している) 最新の情報ではスバルは 5月11日から 6月19日まで、完成車を製造している本工場と矢島工場で通常、早番・遅番の2直操業のところ早番のみの1直で操業を見込んでいるようです。 夜間の操業は6月19日まで停止 なので、完全な生産停止というより、「減産」をしているようです。 国外ではインディアナ州の工場が停止します。 停止期間は4月17日まで操業を休止する。 再開予定は4月20日を予定しているようです。 スバルは国内工場は3月の間は生産は落としていたもの、停止とまでは言っていなかったので、大丈夫かと思っていたらやはりコロナの影響をかなり受けているようです。 特にスバルの場合、海外売上の中でも北米がほとんどのシェアを占めており、アメリカのコロナの感染拡大の影響が大きいようです。 いつ収まるか一行に目処が立ちませんが、もしスバル期間工に応募する予定だった方はこちらの記事をご覧になり、再開の目処が立つまでお待ちいただければと思います。 水島製作所(岡山)では6月3日から12日まで生産を一時停止すると発表しています。 パジェロ製造も同様に5月12~15日は稼働を停止する予定です。 三菱自動車は水島製作所(岡山)、岡崎製作所(愛知)、子会社のパジェロ製造(岐阜)の完成車3工場で働く社員の最大6,500人を対象に一時帰休を始めております。 6月2日から12日まで停止 待機中は給与の一部は発生するようです。 コロナウィルスの影響により、部品調達が難航しているのも一つの原因のようです。 本社工場は5月1日、11~12日、京都工場(京都府大山崎町)は5月1日、11日に稼働を停止すると発表しております。 ダイハツは3工場で以下の日程で稼働を停止予定です。 それに伴い、4月13日から4月17日までの5日間、藤沢工場の稼働を停止し範囲を拡大して消毒作業を実施。 現在は一部のラインを止めて、減産体制をとっているようです。 派遣は契約終了して突然仕事を失う?直接雇用の安定が凄い また今回のコロナウィルスのような緊急事態になった時、雇用形態というのが かなり人生に影響を及ぼします。 つまり今回のコロナウィルス影響で工場がストップした場合に何が起こるかと言うと「派遣社員の契約終了」という事態です。 派遣社員というのは元々今回のように急遽「減産」や「人が足りている」状況で真っ先に契約が切られる対象となる社員です。 詳しくは後述しますが、 期間工のミカタは常に直接雇用をオススメしています!!! 非正規雇用者には保障が出るらしいが期間工は保障を受けられるの? そして今回のコロナウィルスの影響で生産が止まり、「急遽仕事がなくなった」「出勤停止になった」等の場合、金銭的な保障はあるのでしょうか? 結論から言うと、 メーカーからはなく、政府から支給される可能性はあります。 メーカーからは仕事が休みになってしまった場合(自分が担当している生産ラインが止まるなどして)、有給消化を促しているようです。 メーカーから何か保障を受けられるといったことはないですが、仮に 会社都合で契約を切られた場合、「失業保険」が受けられる場合があります。 失業保険についてはこちらの記事を御覧ください こちらの記事には失業保険の受け取り方や手続きの仕方が書いてあります。 記事内では「期間工で辞めて失業保険をもらっての繰り返し」はやめろと言っていますが、コロナウィルスの影響で失業保険をもらうことは悪くはないので、ぜひ活用してください! また今回のコロナウィルスの影響は政府が何か保障をしてくれる可能性があるので、ニュースを細かくチェックしたほうが良さそうです。 派遣と直接雇用の定義と特徴 簡単に「派遣」と「直接雇用」の定義と特徴を解説します。 派遣は派遣会社に雇われていることで、直接雇用はその働く会社に雇われていることになります。 なので、 派遣と直接雇用は「雇い主」が大きな違いとなります 派遣と直接雇用の決定的な違い 先程も簡単に書いたとおり、今回のコロナウィルス影響などで突発的な自動車の減産などが起きた場合、派遣よりも直接雇用の方が絶対的に安定です。 残業や休日出勤がなくなることはあっても、「来週から来なくていいよ」と告げられることはまずありません。 しかし派遣雇用の場合は別です。 派遣社員はベースの給与は少し高い場合が多いです。 なぜかというと突然「契約満了」のリスクを背負っているからです。 今回のコロナウィルスの影響ももろに受けるのは直接雇用の期間工ではなく、派遣社員です。 自動車の生産が減産になれば期間工はいらなくなるので、派遣社員の人員調整を行うからです。 そして世界がコロナウィルスの影響で景気が悪くなっているので、他に仕事を探そうにもなかなか見つかりません。 なので、 突然仕事を失うということは非常にリスクが高いです! こちらの記事に細かく直接雇用と派遣の違いを並べてあるので、ぜひ参考にしてください! コロナウィルスが収まった後、期間工の需要は爆発的に増えるので、もう準備をした方が良い コロナウィルスの影響はたしかに今は大きいですが、ワクチンやウィルスの蔓延が収まれば、景気も戻ってきます。 そしたら、車の生産需要も元通りになるし、期間工の募集再開も一気に加速します!!! つまり応募は殺到する可能性があるということです!!! 今回のコロナウィルスの影響で働いていた現場を辞めざるを得ない状況に追い込まれた方もいると聞きます。 そのような方々が期間工の応募をする可能性が十分にあります! とはいえ、車自体があまり売れなくなってきているので、募集枠には限りがあります。 その会社は「スバル期間工」と「日産自動車の追浜工場」になります。 まずはスバル期間工から解説していきます。 こちらの募集状況を見ていただければ分かる通り、スバル期間工はかなり多くの日程で面接が実施されています。 そしてこちらは日産自動車の追浜工場の募集再開に関するニュースです。 (2020年5月29日に総務省が発表したデータによると2020年4月の完全失業者は189万人で、前の月と比べて2. ) さらに、募集をしている求人も少ない状況でスバルと日産だけが期間工募集をしているので、「多くの求職者が駆けつけてます」 なので、 面接合格倍率がとても高い状況と推測できます。 また面接はするが 「就業するのはまだまだ先」というパターンも考えられます。 なぜならスバルも国内3工場で一部のラインをストップして減産をしているからです。 日産の追浜工場も同様 にも関わらず、期間工を募集するのは人員過剰になるのは自明です。 なので、募集を再開しているからと言って 「面接合格の倍率は高い」「就業できるのは先になる可能性がある」ということは念頭においておいたほうが良いと思います。 (希望を持って、面接に行って結局就業できないときのメンタルの落差を考えて記述させていただいております) スバルと日産の面接対策記事に関しては以下がオススメなので、ぜひご覧になってください! 日産の面接対策はこちらの記事をご参考にしてください。 まとめと期間工のミカタより 以上がコロナウィルスの影響による現状の各メーカーの状況と今後の見通しについてでした! まとめ• コロナウィルスの影響を各メーカーは受けている• メーカーによっては中国に部品工場があり、特定の日程で生産が停まっている• 土日出勤や残業は3月は少なくなっている• 派遣より直接雇用の方がオススメ• スバル期間工が唯一募集を期間工の募集を再開• すぐに就業できるとは限らないので注意 5月に入り、全体的に感染者数も減少傾向にあります。 まだまだ油断はなりませんが、本当に経済を回さないと本当にお金の面で危機的な状況になっています。 世界各地では徐々に経済活動が再開されているところもあるので、日本でも早急に経済活動が再開されることを願っています! 本当に早く収まってくれることを願っております!.

次の

いすゞプラザ

いすゞ コロナ

トヨタ自動車高岡工場で新型コロナの感染者が出て操業を一時停止したのを皮切りに 国内5工場を一時操業停止する発表を行いました。 それまで海外の自動車工場で操業停止の発表がされていましたが ついに国内でも操業停止が始まりました。 今後、新型コロナショックの影響で自動車の新車販売が急激に落ち込んでいくことは目に見えているだけに 早めに対応をとっている様子です。 自動車メーカーの操業停止ニュースが錯綜しているのでまとめてみました。 日産自動車の操業停止ニュースまとめ 5月20日発表 日産自動車は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、国内工場における5月、6月の車両生産停止を追加すると発表した。 4月20日発表 日産自動車は4月20日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で減産を続けている国内3工場について、ゴールデンウィーク明けも生産調整を行うと発表した。 4月9日発表 日産は、栃木工場の従業員数千人のほか、日産自動車九州の約4千人を一時帰休とする方向で労働組合と調整している。 3月27日発表 トヨタ、マツダに続いて日産自動車が、4月から国内の3つの工場を断続的に停止すると発表がありました!! 日産自動車の持つ国内にある5つの完成車工場のうち、九州工場、栃木工場、追浜工場の3工場の稼働を断続的に停止するという。 栃木工場は5月11日から15日、18日から20日、28日、29日の車両生産を停止。 日産自動車九州は5月11日から13日の車両生産を停止。 日産自動車九州第2工場は5月14日、15日、18日から22日、25日から29日の夜勤での車両生産を停止する(昼勤のみ稼働)。 新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の停滞などを受け、アメリカやヨーロッパ向けの車の需要が減少していることによる生産調整。 現役日産自動車九州の期間工ですが4月は追加で休業が入り出勤日数が更に減りました。 エンジン製作の横浜工場も生産計画縮小で同様に休業が入ったそうです(詳細は分からないけど) ですので、ブログ記事「4月の出勤は7日になってしまいました」 を更新しました。 — 期間工あずまっち azumach2 三菱自動車の操業停止ニュースまとめ 5月18日発表 三菱自動車は国内生産拠点の5月での生産停止を延長すると発表。 水島製作所・第1組立ライン、水島製作所・第2組立ライン、岡崎製作所、パジェロ製造が影響する。 4月24日発表 三菱自動車は24日、国内3工場で追加の生産調整を実施すると発表した。 4月9日発表 水島製作所の軽自動車の生産ラインでは、先月27日から今月10日まで生産を一時的に停止する予定でしたが、これを今月14日まで延長するということです。 4月8日発表 三菱自は、水島(岡山)、岡崎(愛知)両製作所と子会社のパジェロ製造(岐阜)の完成車3工場で働く 最大6500人を対象に一時帰休を始めたと明らかにした。 待機中は給料の一部を保証する。 4月2日発表 水島製作所は、新たに普通車生産の組み立てラインを6日から23日まで停止すると発表した。 26日発表 三菱自動車の水島製作所(岡山県倉敷市)で、軽自動車の生産が27日以降、停止することが26日分かった。 三菱自が系列ディーラーに伝えた。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で海外からの部品調達が滞り、軽自動車の生産を4月10日まで停止する見通し。 トヨタ自動車の操業停止ニュースまとめ 5月15日発表 トヨタ自動車は6月の生産停止日を発表。 全工場で6月中の金曜日(5日、12日,19日,26日)(計4日間)を非稼働日、さらにそれぞれの工場で個別に対応。 日野は6月も国内工場の一部で生産調整を実施すると発表した。 4月21日発表 トヨタは21日、高岡工場第2ラインと豊田自動織機の長草工場で、稼働停止期間を延長すると明らかにした。 4月15日発表 トヨタ自動車グループは15日、国内の完成車全18工場で生産調整を実施すると発表した。 2日間の非稼働日を設けるほか、5工場9ラインでは 5月12日から、最長で18日まで稼働を一時停止する。 3月19日発表 トヨタ自動車高岡工場で20代の男性がウイルス検査で陽性反応が出たと発表。 19日の内にラインを停止して消毒をした後、ラインを再開した。 3月22日発表 トヨタ自動車高岡工場で陽性反応がでた人と濃厚接触をした他の従業員も新型コロナのウイルス検査の結果、陽性反応が出たと発表。 今度は、この従業員が勤めていた建屋全体を3日間封鎖して消毒をした。 3月23日発表 トヨタ自動車は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による海外市場の需要急減を受けて国内工場の生産調整を行う方針を発表した。 期間は2020年4月3日から、グループ傘下の日野自動車を含む5工場の7ラインで2~9稼働日分操業を停止する。 トヨタ自動車6月の生産停止 国内の全完成車工場にて6月中の金曜日(5日、12日,19日,26日)(計4日間)を非稼働日とする。 上記非稼働日に加えてそれぞれの工場の生産停止は以下になります。 ・トヨタ車体の富士松工場第2ラインを非稼働日に加え2日間(計6日間)停止。 ・日野自動車の羽村工場第1・2・4ラインを非稼働日に加え2日間(計6日間)停止。 ・堤工場第1ラインを非稼働日に加え4日間(計8日間)停止。 ・田原工場第1ラインを非稼働日に加え3日間(計7日間)停止。 ・トヨタ自動車東日本の岩手工場第2ラインを非稼働日に加え2日間(計6日間)停止。 ・トヨタ自動車東日本の大衡工場を非稼働日に加え2日間(計6日間)停止。 ・トヨタ自動車東日本の岩手工場第1ラインを非稼働日に加え7日間(計11日間)停止。 ・岐阜車体第2ラインを非稼働日に加え7日間(計11日間)停止。 ・5月1日と11日の2日間、国内に15あるすべての工場の稼働を停止するほか、愛知県や静岡県などにある5つの工場の合わせて9つの生産ラインの稼働を来月12日から最大で5日間、停止。 ・国内全完成車工場を11日まで一時停止。 (2日ー10日は大型連休とする) トヨタ自動車東日本の東富士工場を12日まで停止。 日野自動車の羽村工場第2・第4ラインを12日まで停止。 追加で6月11日、18日に稼働を停止する。 ダイハツ工業の本社(池田)工場を12日まで停止。 トヨタ自動車東日本の岩手工場第1ラインを13日まで停止。 堤工場を15日まで停止。 日野自動車の羽村工場第1ラインは15日まで停止。 追加で6月11日、18日に稼働を停止する。 5月から7月までは1直のみで操業 田原工場第1ラインを18日まで停止。 田原工場第1・第3ライン、羽村工場第1ライン、岐阜車体第2ラインの夜勤を6月末まで停止。 横レス失礼します。 当りです・・・ 友人がメッキやってますが既に切られました。 特例措置として会社都合で辞めさせてくれるそうです。 すぐに実家に帰ったのでまだマシですが、実家とかに帰れない人はどうするのでしょうか? — ゴマそば vokLWYsV8poPtT9 豊田織機長草工場が20日~22日活動中止になります この際補償は出るのか? 聞いてみた 返ってきた内容は 有給がある場合は有給取得でない方は60%の補償だそうです。 2ヶ月前は残業山盛りで忙しかったはずなのに、たった2ヶ月でこんなにも状況が変わるのかと…。 ちなみに碧南工場は今の所大丈夫らしいです。 4月6日発表 国内生産拠点の停止を、当初予定していた4月11日から2日前倒しして4月9日から操業を停止すると発表した。 操業再開予定の5月11日は変更しない。 4月1日発表 自動車大手「SUBARU」は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、国内外すべての生産を一時停止すると発表しました。 約7万1000台の生産が遅れるとみられます。 掃除する場所がなくなってきて、工場の中を掃除場所を探して放浪する人たちがちらほら。 湖西は磐田と同じ日程で稼働を大幅に減らす。 また、相良は5月11~22日まで1直体制の稼働にとどめる。 4月15日発表 スズキは今月17日までの期間、国内にある工場の一部で生産を停止することを決めていたが、海外からの部品の調達が難しい状況が続いているとして、停止期間を延長すると発表しました。 生産停止を延長するのは静岡県磐田市にある自動車工場と牧之原市にあるエンジンの工場で、期間は今月28日までです。 4月1日発表 『アルト』『スペーシア』『ワゴンR』『ハスラー』『ジムニー』などを生産する主力の湖西工場(四輪)は、4月9日、10日、17日の操業を停止。 『エブリイワゴン』『エブリイ』『キャリイ』などを生産する磐田工場は4月9日、10日、17日、18日の操業を停止する。 『イグニス』『スイフト』『ソリオ』『クロスビー』の生産およびエンジン組立などを行う相良工場は、4月6日から17日まで、交代勤務から1勤へ変更する。 『GSX-R1000R』『Vストローム1000XT』『SV650X』など二輪車を生産する浜松工場および湖西工場(船外機)は、4月10日の操業を停止、それ以外も交代勤務から1勤へ変更。 鋳造部品の製造などを行う大須賀工場も4月10日の操業を停止、4月9日および17日は一部操業となる。 3月27日発表 スズキは27日、4月1日から3日間、国内全5工場(いずれも静岡県内)の操業を停止すると発表した。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、インドなど海外から一部部品の調達ができなくなるため。 同社は既に、複数の海外生産拠点で操業停止を余儀なくされている。 新型コロナウイルスの影響が県内にも本格波及した。 工場はいずれも県内。 — 静岡新聞社浜松総局 xYn1DdBpiv9cZbD ホンダ(二輪車)の操業停止ニュースまとめ 5月2日発表 二輪車を生産する熊本製作所(熊本県大津町)で働く期間従業員約130人を対象に一時帰休を実施する。 期間は5月11日~8月の予定で、休業手当を支払う。 終息後の販売回復を見据えて雇用は維持する。 4月10日発表 ホンダは、欧州の販売減に伴う生産調整のために、熊本製作所(熊本県大津町)の二輪完成車ラインの操業停止を発表した。 熊本製作所:4月13日から4月14日、 (一部の期間工130人)5月11日から8月末 ホンダの操業停止ニュースまとめ 4月20日発表 ホンダは4月20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う部品調達状況を考慮して 埼玉製作所の狭山工場完成車ラインを4月27日から5月1日までの5稼働日、 寄居工場の完成車ラインを4月27日から4月29日までの3稼働日、それぞれ追加で生産を停止する。 4月14日発表 ホンダは14日、新型コロナウイルスの影響で鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)の第1ラインの稼働を停止すると発表した。 同ラインで生産する車両に使用する部品の一部の調達が困難になったため。 17~24日までの稼働を停止する。 3月27日発表 新型コロナウイルスの影響で、ホンダは世界的に工場を停止しているが、初めて国内の完成車工場を止める。 狭山工場では部品調達の遅れから、熊本製作所はヨーロッパでの需要減少の影響としている。 ・狭山工場:4月16、17日 追加で4月27から5月1日 ・熊本製作所:4月13、14日 ・鈴鹿製作所(第1ライン):4月17から24日 追加で4月27日から29日 ホンダは日本の工場の生産停止と同時に北米工場の休止期間の延長も発表するほど需要減少している。 ホンダの生産ライン止まるみたい。 これはうちの職場もかなり影響出そう。 — バッタさん 元ホンダ期間工 battasanhonda いすゞ自動車の操業停止ニュースまとめ トラックのいすゞ自動車は13日、藤沢工場(神奈川県藤沢市)の製造部門で働く30代男性と40代男性の2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 藤沢工場では6日に別の30代男性の感染が判明しており、感染者は計3人となった。 工場の広範囲を消毒するため、13~17日の稼働を停止する。 いすゞの担当者は「感染した3人につながりはなく、クラスター(感染者集団)は発生していない」としている。 3人とそれぞれ濃厚接触が疑われる計56人を自宅待機とした。 藤沢工場:4月13日から17日 明日13日 月 から17日 金 までの一週間 【自宅待機】になりました。 皆さんのTwitterでの問いかけが効いたのかもしれません。 私も勿論、外出は控え自粛に専念致します。 また進展がありましたら報告致します。 — いすゞサラリーマン d0BSGXQ4L07HR7D 川崎重工業(二輪車)の操業停止ニュースまとめ 川崎重工業(神戸市中央区)は10日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、国内での二輪車の生産を13日から5月6日まで一時停止すると発表した。 kawasakiのバイクは明石工場(明石市)のみで生産しており、出荷先である欧州、米国、日本市場での需要が急減したため。 生産を担う約600人の従業員は17日までは設備メンテナンス等で通常通り出勤するが、それからゴールデンウイークまでは未定。 ・川崎工場:4月20日から5月1日 ・富山工場:4月と5月で数日間 期間工、派遣工のみなさんお疲れさまです。 三菱ふそうは4月18日~5月11日まで連休が確定しました。 みなさんの企業はいかがでしょうか? — エイチャン 元期間工FXトレーダー&期間工ブログ頑張るマン 借金639. 2万 eichan4649douzo ダイハツの操業停止ニュースまとめ 4月15日発表 本社工場と京都工場の生産停止と、滋賀工場の追加停止が発表された。 3月31日発表 ダイハツ工業は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、東南アジアからの調達が難しくなっていることから、 31日に滋賀県の工場の稼働を4月13日から21日まで一時停止することを明らかにしました。 この工場では、主力の軽自動車などを製造していて、去年1年間の実績では、 会社の国内生産全体のおよそ4分の1に当たる26万台の車を生産しました。 ほかのメーカーもマツダの発表に追随してくれると期待します!!! マツダはすげー🥺🥺 スバルはどうなんのよ😅 — 猫助 スバル期間工 yuruneko9216 初めまして。 マツダ期間工です。 深夜割増と賃金9割保証を聞いたときにびっくりしました。 来年9月でフル満了なので最後まで働かせてもらいたいです。 辞めたら、トラック運転手で稼ぎます 笑 — しんじん 2H83URItrF62vum まとめ 3月23日にトヨタ自動車、3月24日にはマツダが操業停止の発表を行いました。 ホンダ、日産もこれに続いて発表があるのか? 他の部品メーカーなども操業停止されるのか? この混乱で派遣社員や期間工は解雇されてしまうのか? まだまだ疑問が尽きないですが、わかり次第、この記事に追記でアップしていきます。

次の

いすゞ藤沢工場でコロナウイルス感染者がでた件について

いすゞ コロナ

タイ・ゲートウェイ工場でのピックアップ製造風景。 タイ・サムロン工場に続く製造拠点で、2工場で生産された車両は100カ国以上に輸出もされている(記者撮影) そのD-MAXの最大販売地域がタイであり、いすゞにとっては、1国で全ピックアップ販売台数の5割近くを占める最重要マーケットだ。 消費者への販売は、約300もの販売店を有する三菱商事傘下の現地法人(トリペッチいすゞセールス)が担っている。 ピックアップは開発・生産拠点はもタイにある。 1974年から現地でピックアップ生産を始め、その累計生産台数はすでに400万台を超えた。 現在、タイ東部の2工場(サムロン、ゲートウェイ)で生産しており、豪州や中近東、アフリカ、欧州など100以上の国々にもタイから輸出している。 足元ではタイの市場冷え込む ただし、タイでの販売には逆風も吹いている。 タイ国内の自動車全需は昨年、5年ぶりに100万台を突破したが、今年半ば以降は前年割れが続く。 輸出産業を中心とするタイ経済の減速に加え、家計の債務増大を問題視した金融引き締め政策で自動車購入ローンが組みにくくなっているためだ。 ピックアップもその影響を受け、8~9月は販売が大幅に落ち込んだ。 加えて、乗用車との競合も激しくなっている。 トヨタの「ヤリス」、マツダの「デミオ」など、燃費のいい小型乗用車の人気が高まっており、とくにバンコク中心部などの都市部ではその傾向が顕著だ。 10年前に比べて昨年のタイ自動車全需は約5割増えているが、大きく伸びたのは一般乗用車で、ピックアップ自体はほぼ頭打ちになっている。 そうした中で8年ぶりにフルモデルチェンジされたD-MAX。 泰国いすゞの谷重社長は、「足元の市場環境はよくないが、新型D-MAXの出来には自信を持っている。 今回の新型車で市場にインパクトを与え、販売を大きく伸ばしたい」と意気込む。 いすゞは昨年度スタートした中期経営計画の中で、ピックアップ事業の強靱化を謳い、2020年度に過去2番目の高水準となる39万台(2017年度比22%増)の販売目標を掲げる。 かつて好調だったサウジアラビア、エジプトへの輸出が経済情勢悪化でピーク時より大幅に落ち込んでいるだけに、目標達成には主力のタイでさらなるシェア拡大が欠かせない。 はたして、新型D-MAXがその強力な起爆剤となるか。 は「四季報オンライン」で.

次の