関数 重複 削除。 エクセルで重複データを削除する2つの方法(削除機能と関数使用)|Office Hack

Excelで計算式を使って重複データを削除する

関数 重複 削除

重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 :Excelの基本操作• 重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則 スポンサードリンク• Microsoft365ではUNIQUE関数を使って、重複しない一意のデータを取り出すことができるようになりました。 次項のような複雑な数式を考える必要がなくなりました、ただし、重複しない値を取り出すリストを作成する必要はあります。 UNIQUE関数で重複しないリストを作成します。 なお、元の商品リストはデータの増減に対応するために、テーブルにしておきます。 入力規則の設定を行います。 D3セルを選択して、[データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則で入力値の種類で「リスト」を選択します。 F3 と指定すると、UNIQUE関数で取り出した配列のデータ全体を指定することができます。 重複しないドロップダウンリストが作成できました。 新たな商品「サクランボ」を追加します。 重複しないリストに「サクランボ」が追加され、ドロップダウンリストにも追加されます。 元のリストがテーブルになっているおかげです。 このページでは重複のあるデータから、重複のないデータを入力規則のドロップダウンリストに表示する方法について書いています。 下図のB列に入力されたデータをD3セルの設定した入力規則のリスト ドロップダウンリスト に、重複していないデータだけを表示します。 作業列を利用して、重複しないデータの行番号を調べて、重複しないデータのリストを作成します。 ROW -2 はF列のデータの始まりが3行目からなので、3行目が1になるように -2 で調整しています。 重複しないデータは INDEX関数を使って B列から取り出しています。 IF関数使わず NUM! その場合、 NUM! " ,1 とします。 これは入力規則で設定する数式です• 入力規則の設定を行います。 [データ]タブのデータツール グループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則 のダイアログボックスが開きます。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 行数、列数はともに 0 とします。 高さは 重複しないデータのセル数を指定します。 幅は 1 としました。 入力規則のリストで重複しないデータをリスト表示することができました。 重複しないデータが入力されると、入力規則のリストに追加されます。 下図のように、 梨、桃 を追加したら、入力規則のリストにも 梨、桃 が追加されました。 スポンサードリンク |||重複しないリストをドロップダウンリストに表示する 入力規則.

次の

統合機能を使って重複データを集計する:Excelの基本操作

関数 重複 削除

UNIQUE関数で重複しない値を取り出す:Excel関数• UNIQUE関数はExcel for Office365 Excel2016:サブスクリプション型 で使える関数です。 なお、Office Insiderに参加すると、最新の機能が使用できる環境が得られます。 をご覧ください。 このページの画像は Microsoft 365 の画像を使用しています。 UNIQUE関数の構文• 引数の表現 日本語 がわかりにくいのでよく見てください。 配列 一意の値を表示する範囲または配列 列の比較 比較の方法を論理値で指定します。 FALSE または省略した場合 は、行を比較し、一意の行を返します。 TRUEは、列を比較し、一意の列を返します。 回数指定 範囲または配列で1回だけ出現する行または列を論理値で指定します。 FALSE または省略した場合 は、範囲または配列の重複しないすべての行または列を返します。 TRUEは、範囲または配列から1回だけ出現するすべての個別の行または列を返します。 商品名で重複のない値を抽出します。 重複なしの商品名が表示できました。 データリストがテーブルに変換されている場合、テーブルの名前は テーブル1 としています。 抽出された各商品名の数量を合計してみます。 はスピル範囲演算子と呼ばれます。 商品名と産地のセットで重複しないデータを抽出します。 データを見やすくするために、SORT関数を使って抽出データを並べ替えています。 SORT関数については をご覧ください。 商品名と産地のセットで重複しないデータを抽出することができました。 データリストがテーブルに変換されている場合、テーブルの名前は テーブル1 としています。 ついでですので、各商品と産地での数量を計算してみます。 商品名と産地の組み合わせが 1回だけの組み合わせを抽出します。• F列が1となるデータの組み合わせが UNIQUE関数で抽出できたのがわかります。 [回数指定]で TRUE と指定しました。 1回だけ出現するデータが抽出できました。 商品名と産地のクロス集計表を作成してみます。 ピボットテーブルを使うと下図のようになります。 データの増減に対応するために、テータはテーブルに変換しています。 重複しない「商品名」を取り出します。 列方向へ重複しない産地を並べるために、TRANSPOSE関数を使っています。 F3 の はスピル範囲演算子と呼ばれるものです:スピル範囲全体を参照することができます。 テーブルに新しいデータを追加すると、集計表にも自動で新しいデータが反映されます。 SUMPURODUCT関数でも集計ができるのでは? ・・・と思ったのですが、 スピルには対応していないようです。

次の

重複しないリストをドロップダウンリストに表示する(入力規則):Excelの基本操作

関数 重複 削除

関数で重複を削除し並び替える方法です。 先ほどCOUNTIFで重複チェックをした以下の表(を参照)から、重複データを削除し並び替えます。 A B C D E 1 エクセル 1 エクセル 2 EXCEL 1 EXCEL 3 えくせる 1 えくせる 4 エクセル 2 COUNTIF 5 COUNTIF 1 まずはC列に、重複していないものだけに連番を付けていきます。 A B C D E 1 エクセル 1 1 2 EXCEL 1 2 3 えくせる 1 3 4 エクセル 2 3 5 COUNTIF 1 4 方法はいくつもあります。 (隣が1なら上に1を足す。 ただし、C1は関数を変える必要あり) 次に、D列に上から1の連番を付けます。 直接入力でももちろん構いません。 A B C D E 1 エクセル 1 1 1 2 EXCEL 1 2 2 3 えくせる 1 3 3 4 エクセル 2 3 4 5 COUNTIF 1 4 5 そして最後に、E列に計算式を入れます。 INDEXとMATCHの組み合わせについてはを参照下さい。 MATCHで求めた1番目、2番目、3番目、5番目、を使い、A1を起点に下にその分ずらした所の値は何? というものです。

次の