タイプ愛称。 【ポケモン剣盾】タイプ相性表と弱点一覧【ソードシールド】|ゲームエイト

相性

タイプ愛称

注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の

ポケモンのタイプと相性 (タイプ相性表)

タイプ愛称

『』におけるタイプ相性のわかりやすい覚え方、【ゴースト】タイプ編をお届けします! お化けが怖がるのは悪人!? 霊感ゼロにはお互いさわれない ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれに有利不利といった 相性があり、この関係を知っておくことはバトルでも大切なポイント。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第5回です。 今回はを2種類も持っている【ゴースト】タイプについて、わかりやすい覚え方をお送りしますよ! ゴーストタイプ相性の覚え方 【ゴースト】タイプは 実体がないので、幽霊にさわれない相手 ノーマル・かくとう にはめっぽう強いです。 霊感が強いもの エスパー への軽いちょっかいも大ダメージに。 しかし いたずら程度では済まされない悪人 あく からは、一方的にやられてしまいます。 ご注意ください。 【ゴースト】タイプとは 【ゴースト】タイプは攻撃有利と防御有利がまったく異なるので、相性が覚えにくいタイプのひとつです。 初代『ポケットモンスター赤・緑』では、バグが原因で本来有利なはずのエスパータイプに完全不利となるなど、不遇な時期もあったタイプ。 現在は攻撃技も充実し、強固な耐性を生かした活躍の場も増えています。 霊感がなければ、幽霊には触れられないですよね。 【ノーマル】については【ゴースト】からの攻撃も通りにくいですが、お化けが何かをしたところで 霊感ゼロには一切気づかれないと覚えましょう。 【かくとう】タイプは気の流れなどでお化けの存在を知覚できるので、等倍で攻撃を受けてしまうと考えると覚えやすいです。 なお【ノーマル・かくとう】タイプから攻撃を受けたときの【ゴースト】タイプ耐性は通常よりも強く、となっています。 これは上述の通り、原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 ・対【むし】タイプ 幽霊にも色々いるでしょうが、幽霊が出るような場所には虫もたくさんいると思いませんか? 樹海の奥とか、草木がしげる廃墟だとか。 だから【むし】わざのダメージが「いまひとつ」になるわけです。 幽霊は虫を気にかけないと考えましょう。 ・対【どく】タイプ そもそも実体がない幽霊が、果たして毒でやられるでしょうか? 毒で幽霊退治ができるなら、世の中の霊能力者はすべて毒物劇物取扱者になっていることでしょう。 実体がないお化けには毒は通りにくいと覚えましょう。 実際は【ゴースト】タイプもどく状態にはなりますが、あくまでも「覚え方」ということで! ・対【エスパー】タイプ 超能力者は感受性が強いので、幽霊などの超常現象に敏感です。 しかしエクソシストや霊媒師ではないので、お化けを祓うことはできません。 つまり 存在を強く認知できるのに、ほとんど手を打てないのが【エスパー】にとっての【ゴースト】というわけです。 超能力者はお化けに対して、 見えるけど対策できないと覚えましょう。 火事場泥棒や廃墟への不法侵入……どちらもお化けが出やすい場所ですよね。 でも悪い人は入るんです。 平気なのか、そもそも信じていないのか。 また【あく】タイプには「イカサマ」というわざがあるくらいで、お化けのいたずら程度なら 看破して説き伏せてしまうかもしれません。 【あく】は お化けにビビらないし、お化けより悪質さで上回ると考えましょう。 普通に触れないならどうするか? バケモンにはバケモンをぶつけるんだよっ! お化けにはお化けで対抗。 「 目には目を」理論ですね。

次の

タイプ相性

タイプ愛称

<解説> <ベスト相性> 自分の急所機能が相手のメイン機能に来ていて、 それでいてなおかつ、相手の急所機能が自分のメイン機能に来ている場合。 ~解説~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 似てないが、一番相性が良く、仲良くなれるし、尊敬し合える。 急所機能は自分には全くない部分なので、興味深く、不思議な感じに思う。 自分には全く想像もつかないことができるので、相手の強みを素直に受け止められる。 弱みや弱点は片方がカバーできるので、コンビを組むとバランスがいい。 基本的な性格は全く違うので常につるんだりすることはあまりしないが、 常にお互い気になっていて、できるだけ一緒にいたいと思っている。 一緒にいることで刺激的で、自分の世界が広がるワクワク感を感じられる。 その人、その人の人生のターニングポイントでの重要人物であることが多い。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「カンタンな判断法」:最後のPかJを合わせて、他は逆。 ~解説~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ とにかく居心地が良い。 ケンカが極端に少なくなる。 第3機能は憧れていて、上手く使いこなしたいと願っている部分なので、 それが上手にできる相手に無条件でリスペクトできる。 結果、 お互いがお互いを尊敬し合っていてとてもいい関係が生まれる。 ベスト相性は興味深くて刺激的な感じだが、こちらは癒やされる感じになる。 コミュニケーションを取る機会が減っても相手の考えていることが理解できる相性と 言われていているので結婚相手ではベスト相性よりいいのではとする理論も多い。 ただ注意点として第3機能が刺激されるのでサブ進化が抑制されてしまう欠点がある。 鬱になったり、疲れている時に接するとパワーをもらえ回復できる相性である。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「カンタンな判断法」:最初のIかEを合わせてそれ以外逆方向。 あるいは、自分の第三機能が相手のメイン機能に来ていて だが、相手の第三機能が自分のメイン機能に来ていない場合。 名称通り、自分は好感を感じる。 が、相手はそれほどでもない。 基本的には自分が前のめりになりすぎなければ非常に仲良くやれる。 基本的にはイヤな感じはなく、まあうまくやれる相性である。 8パターンはどう分かれるかは後述する。 表面的にはともかく、 本質的に似た部分が多く、よって話も合うし息も統合する。 自分がメインと逆方向、つまり、メインが外向なら内向的、 もしくはメインが内向なら外向的になった場合、こんな感じになると理解できる。 「カンタンな判断法」:最初と最後の記号を逆にする。 表面的には似てる部分が多く見える。 ので、この相性の人とは、 他人からはそっくりな2人と思われやすいかもしれない。 似てる部分とそうでない部分がハッキリしているので、 似ていない部分でケンカにならないよう気をつければ上手くやれる相性。 「カンタンな判断法」:認識タイプ(感覚、直感)の人はSとNを入れ替える。 判断タイプ(思考、感情)の人はTとFを入れ替える。 メイン機能と劣性機能は真逆の世界観をもっているので全く正反対の 人生観をもっている相手なのでどうしてもイラつくし、理解ができない。 一番注意しなくてはいけない相手。 自分もやりにくいが、 相手も嫌がっていることを理解する。 普通に接していると ストレスになるし、ケンカになる。 上手くやるためには、サブ機能を使う。 「カンタンな判断法」:全てを逆にする。

次の