本当に 歌 が うまい 歌手。 歌が上手い歌手TOP10【東京藝大生138人が選んだ】

歌が上手い歌手ランキング!【プロ200人が選んだ】1位はあの人!|ボタログ

本当に 歌 が うまい 歌手

女性なら誰もが歌の上手な男性に憧れますよね。 きれいな声と整った音程でメロメロにされてしまう人も多いのではないでしょうか。 それでは、今回は日本の男性歌手で歌が上手な歌手ランキングを徹底的に調査のもと、順位付けしてみましたのでCheck it out! 【判定基準】 ・音程(音源と生歌の音がズレてないか) ・高音・低音(音域がどれだけ広いか) ・独自性(他の歌手または昔の歌手の二番煎じになっていないか) ・ジャンルの多様性(シーンに合わせた心に響く歌い方ができるかどうか。 ) 上記の評判をもとに、さらに、まとめサイトや知恵袋、掲示板などの30以上のサイトから評価をまとめました。 個人の主観はほとんど取っ払っていますが、アーティスト個人の人気によるであろう評価された部分においては、ランキングの比較材料にはしませんでした。 男性歌手歌うまランキング15位 西川貴教(T. Revolution) ツートン青木というものまねタレントの息子さん。 もうテレビでもおなじみですが、イケメンで7色の声色を持つと言われています。 実際に歌唱力は格別で、これまで尾崎豊やラルクのhydeのみならず、マイケルジャクソンや徳永英明などの実力派のアーティストの声色までコピーする能力が。 美空ひばりの「愛燦燦」の物まねは機械的に解析してもほぼ同じレベルに達していることが番組で分かりました。 ここまで声をコピーできるなんて、もともと上手くないと成し得ません。 ビブラートの波長などもコピーしちゃうから天性の才能もあるんでしょうね。 また、ものまねじゃなく、本人の音源を聞いたことがありますが、堂本剛に似ていました。 もちろん、堂本剛も上手いですが、もっと上手です。 高音もファルセットを使わずに女性と同レベルの高音を出せます。 男性歌手歌うまランキング13位 石井竜也(米米CLUB) ランク上位と言えるほどの音程の安定感はありませんが、日本人でもトップクラスの歌唱力を持ったソロシンガー。 表現力も圧倒的で、ビブラート、しゃくり、抑揚もプロ中のプロ。 どのサイトや掲示板のランキングでも上位に入る実力を持っていて、聞きやすさナンバーワンという評価は統一されています。 デビューからは声質が結構変わってきていて、楽園やeven ifあたりをリリースしたころあたりからジャズやソウルなどの要素が加わったような感じがします。 いつも気持ちを込めて歌っていて、聞く人を涙にしてしまう、心で聞きたくなる、そんな歌声を持っています。 コラボをさせても圧倒的な上手さを見せつけてしまうので、超一流としかテレビでは出演しませんね。 ただ、ライブでは気持ちが入りすぎて音を外すことがたまーーにあります。 音程の安定感とあと少し高音が出せれば最強。 それら以外の表現力やビブラートの美しさや、抑揚などは日本一かもしれません。 男性歌手歌うまランキング11位 岩沢厚治(ゆず) chemistryが解散されて急速に株を上げてきたのがこの川畑要。 かつてASAYANという番組で堂珍とデビューしたのですが、その時はATSUSHIを退いて合格しデビューした経緯があります。 その頃からするとかなり歌唱力を上げていて、本人も「デビューして本格的に練習してから、音域が2オクターブ上がった」と言っています。 何よりもシーンに合わせた歌い方、表現力がプロの中でも圧倒的。 抑揚もビブラートも他のプロアーティストに比べると段違いに上手くて、歌番組に出演するたびに評価を上げている男性歌手です。 今後はまだまだ実力を上げていくので、数年後の歌うまランキングではもっと上位にいることでしょう。 男性歌手歌うまランキング9位 小野正利 年々成長し続ける歌唱力。 ATSUSHIはどのサイトの男性歌うまい歌手ランキングでも名前が出る天才シンガー。 音域もEXILEでデビューしてからかなり広くなって、どのアーティストでも綺麗にハーモニーを奏でることができる実力を持っています。 波長の短いビブラートが心地よくて、ライブも音源のように正確。 ATSUSHIは努力家で知られていて、好きなアーティスト順位でも上位になっているなど、歌唱力だけでなく様々な面でも評価されています。 以前は若年層に圧倒的に高い支持を受けていましたが、現在では年齢関係なく評価されているアーティストです。 欠点を上げるとするならば、発音が特徴的で、低音のパートは偶に聞きづらいという意見がありました。 1のアーティスト。 もちろん、音程やビブラート、抑揚もしっかりしていて、実力もかなりある歌手です。 何を言っているかわからなくても何を伝えたいのかが分かってしまうのが稲葉さんの凄いところ。 歌が上手いランキングで語るのは場違いな気がしますが、あるサイトの投票では日本で2番目に歌が上手いと評価されていました。 気持ちいいくらいにシャウトする高音はまさにロックで、誰もがたまに聞きたくなる、それが稲葉さんの歌ですよね。 男性歌手歌うまランキング6位 鈴木雅之 好き嫌いが分かれることのない正統派シンガー。 ラブソングの王様と言われていて、渋い見た目で落とされた女性はたくさんいそう。。。 ラブソングランキングではTOP3に常連。 鈴木雅之の魅力と言えば、見た目と正反対の甘い声。 あまりに偉大な歌手で、今ではシンガーが憧れるシンガーと言われています。 鈴木雅之の圧倒的表現力と歌唱力は、ベースにソウルミュージックがあるそうですが、ソウルの力強さはなくて飽くまで甘い歌声が特徴的ですね。 小田和正、槇原敬之、山下達郎、斉藤和義など超大物とコラボをしていて、名実ともに日本を代表する男性歌手であることは間違いありません。 圧倒的評価の1位は!? 5位以降と人気男性アーティストのランク付け一覧は次のページ.

次の

声楽家が選ぶ本当に上手いJ

本当に 歌 が うまい 歌手

クラシック声楽家77人選ぶ歌がうまいアーティストベスト10 第1位:MISIA どの歌のジャンルでもレベルが高く、日本人離れした歌唱力があるというところで 声楽家からもっとも多くの評価がされどうどうの1位に。 音域の広さ声の太さ、メリハリなど完璧なんだとか。 一般的に低い声が上手い人は高音が苦手な傾向にあるそうですが、MISIAさんは 太い低音も出せるのに超高音まで出せる技術を持っています。 第2位:玉置浩二 玉置さんの素晴らしい部分として、ファルテやピアノと言われる弱く歌ったり、強く歌ったりと 歌声の強弱が特出しているんだそうです。 第3位:吉田美和 音域が広く、低音もしっかり聞こえるや高音でも全く苦しそうな感じがしない安定感。 乱れることがない歌声。 そして彼女しか持っていないという「音の跳躍」という 低音から高音をなめらかに移動する技術は声楽家でも難しいんだそうです。 第4位:小田和正 常に高音域をきれいにキープして高音職人といわれるぐらいで、 「言葉にできない」のラララのフレーズは世界最高峰と言っても過言ではないそうです。 第5位:宇多田ヒカル ビブラートには種類があるなかで彼女はそのビブラートの引き出しが多く それをコントロールしながら歌えるという技術が評価されました。 高音はほほ、中音は喉、低音はお腹とそれぞれビブラートがあるんだそうです。 第6位:久保田利伸 久保田利伸さんはリズムの達人でアフロアメリカンの音楽のノリをそのまま持っている人。 日本人離れしたリズム感があるということで6位にランクイン 第7位:Superfly Superflyさんのすごいところはあれだけの高音を地声で出していける。 これだけの高音を出せる人はこの声楽家でもいないぐらいんだそうです。 特に、彼女の素晴らしいテクニックが聞けるのが「愛をこめて花束を」のサビの部分です。 第8位:椎名林檎 しゃくり、がなり、エッジ(かすれ声)、巻き舌、フォールといった歌で使える技術 をフレーズ毎に使い分けられる素晴らしいテクニックの持ち主なんだそうです。 そのテクニック満載の曲が「罪と罰」です。 第9位:平井堅 高音を安定してずーっと出し続けられる才能、乱れない歌声がすばらしいという 評価で第9位になりました。 その代表曲として挙げられるのが「瞳をとじて」です。 男性でこれだけ甘い歌声で高音を出せるのって本当にすごいですよね。 第10位:中島みゆき 力強い低音で勝負できる女性歌手で選ばれました。 女性は低い声を出すのが難しい中で低音が響くのは中島さんの練習の賜物なんだそうです。 ランキング番外編 北島三郎 テノール歌手の方も世界レベルの歌声だと 大絶賛するぐらい上手いんだそうです。 島津亜矢 本職は演歌歌手なんですが、ホイットニー・ヒューストンを圧巻の声の張りで 歌えるということでソプラニスタから大絶賛。 出演者一覧 【MC】坂上忍 森泉 【ゲスト】 出川哲朗、北村匠海、芳根京子 【パネラー】北村晴男、黒沢かずこ 森三中 、吉村崇 平成ノブシコブシ)、ヨンア、堀田茜 【進行】伊東楓.

次の

音楽のプロが選ぶ本当に歌が上手い歌手ランキングTOP10!圧倒的なセンスで天才との呼び声が高いのは…

本当に 歌 が うまい 歌手

この人に憧れてどれだけ多くの人がその歌い方の真似をしたことでしょう。 10〜20代のボーカリスト、シンガーに一番影響を与えている人と言っても過言ではありません。 第8位(同率) 井上陽水 日本ポピュラーミュージック界の重鎮 1973年 自身3枚目となるアルバム「氷の世界」を発売 これが日本市場で初めてのミリオンセラーを記録 その後の1984年にはアルバム『9. 5カラット』が売り上げ100万枚 さらに1999年のベスト・アルバム『GOLDEN BEST』は売り上げ200万枚を達成しました。 名曲 「少年時代」は知らない人などいない日本の名曲ですね。 音楽通で、日本を代表する音楽番組「ミュージックステーション」の司会を務めるタモリさんは井上陽水の歌に関してこのように述べています。 そのビデオが2年後にレコード会社の目に留まりスカウトされのちにデビューとなります。 「宇多田ヒカル」という存在は瞬く間に社会現象となりました。 さらに2ndアルバム「Distance」では初週売上が 300万枚を記録 こちらも初週売上枚数歴代1位の記録となります。 さらにさらに2007年「Flavor Of Life」では当時のデジタルシングルのセールスとして 世界1位を記録しました。 デビューした頃とはかなり歌い方が変わっております。 以前はパワフルな歌声でしたが最近は語るように諭すように歌っていますね。 玉置浩二って大物歌手からのコメントもすごいものばかりなんですよね。 あなたにとっての一番は誰ですか? 今回このランキングに票を入れていた音楽のプロというのはPAやエンジニアの方が主でした。 もちろんこのランキングはみなさん賛否両論あると思いますが、名前の出た方はみなさん間違いなく日本を代表するボーカリスト、シンガーですね。 個人的には 「プロの歌手」が選ぶ本当に歌が上手いランキングも見てみたいですね。 あなたが一番上手いと思う人は誰ですか?.

次の