ノム さん 遺体 写真。 【愕然】野村克也さん息子、ツイッターにご遺体の写真投稿で物議

野村克也さん、義理の息子・団野村がツイッターに“遺体”を投稿! 炎上し批判殺到

ノム さん 遺体 写真

虚血性心不全で2月11日に死去した 野村克也さん(享年84歳)の告別式が16日に行われた。 同日、 義理の息子でスポーツエージェントの団野村氏が棺の中で眠る野村さんの写真をツイッターに投稿して、賛否の声が上がっている。 《日本人の感性で言えばありえない。 ノムさんに失礼》 批判が殺到する一方で、 《最後の姿を見られて幸せ》 と、告別式に参加できなかったファンからは感謝の声も。 遺体写真の投稿は『2・8万いいね』されるなど、多くの人に拡散されているが、そもそも遺体を撮影するのは、一般的にマナー違反にあたるのだろうか? 葬儀など供養に関するサービスサイト『いい葬儀』では、撮影自体はマナー違反でないと紹介されている。 遺体の撮影OK?NG? 《一部地域では葬儀は日ごろ会えない親戚が一堂に会する場ということもあり、祭壇の前で集合写真を撮るという習わしがあるところも。 葬儀での写真撮影は地域の習慣や、遺族の考え方に基づいた行為。 了解も得ず、無断で写真に収めることは、マナーに反します。 また親族だからといって、勝手に故人の姿を撮影してよいわけではありません》 親族であり遺族に許可を取っている今回のケースは、撮影だけなら問題ないと言えそう。 しかし、ここまで反発が起こったのは、 ツイッターに投稿したことが大きいとITジャーナリストの坂本翔氏は指摘する。 インスタグラムならフォローしている人しか投稿が表示されないので、ここまで批判されなかったはずです」 目にした人が不快感を示す以外にも、SNS上に投稿したことでトラブルに発展するケースもあるようだ。 《 極端な例だと場所が特定され、香典泥棒に入られるなど犯罪につながる可能性も》(『いい葬儀』調べ) 最近では遺体以外にも、整形手術後の腫れた顔の写真など、他人が目にして不快な投稿をする人が増加している。 「ネット環境が身近になった結果、 ネットリテラシー(特定の分野の知識)のない中高年や若年者もSNSを利用するようになり、世界中に発信しているという意識の低い人が増えています」(坂本氏) どうしてもSNSで共有したい場合に配慮すべき点を坂本氏はこう続ける。

次の

江本節炸裂!ノムさんは「人を褒めない人だった」 素顔語り情の深さも明かす/野球/デイリースポーツ online

ノム さん 遺体 写真

11日に亡くなった野村克也氏を巡り、息子の団野村氏がツイッターにアップしたある写真が物議を醸している。 団氏は野村氏の妻、故・沙知代さんと前夫の長男で、野村氏とは義理の息子に当たり、日本のプロ野球選手を経て、アメリカのスポーツ界でエージェントを務めるなどしており、 生前から野村さんと深くかかわりがあったことで知られているが、訃報が報じられた直後からツイッターで「ありがとうございました、心より感謝してます、、 監督安らかに、サッチが待ってます」とメッセージをつづりつつ、現役時代の野村さんの写真などを披露した。 また、15日には葬儀に寄せられたお花を映した動画を披露するなどしていたが、16日になり、棺に納められた野村さんの亡骸の写真をアップ。 さらに、ヤクルトのユニホームを着て眠っている、ほぼ全身を写した野村さんの亡骸の写真もツイッターに投稿していた。 この投稿に、団氏の元には「遺体をネット上に上げるのは流石に非常識過ぎる」「ノムさんもこんな風に大々的にSNSで亡骸を載せられて嬉しいわけありません」 「生々しすぎる。 故人を侮辱してる」といった批判の声が殺到したが、一方では「ファンの方にお別れをして欲しいという気持ちを込めての行動では? 」 「息子なんだし、いいと思う」「ノムさんの最期を見せてくれてありがとう。 葬儀に参列した気持ちになりました」と擁護の声も見受けられた。 「葬儀場の写真を撮影することはあっても、基本的にご遺体の撮影は禁忌として扱われ、日本ではほとんど見受けられませんが、 団氏が拠点を置く海外では、ご遺体の写真を撮影することは珍しいことではない、という指摘も寄せられていました。 記事内の引用について 団野村公式ツイッターより 2020. 17 12:13 リアルライブ 5ch newer account.

次の

野村克也さんの遺体を義理の息子がSNSで公開し物議 ダルビッシュ有も苦言

ノム さん 遺体 写真

11日に亡くなった野村克也氏を巡り、息子の団野村氏がツイッターにアップしたある写真が物議を醸している。 団氏は野村氏の妻、故・沙知代さんと前夫の長男で、野村氏とは義理の息子に当たり、日本のプロ野球選手を経て、アメリカのスポーツ界でエージェントを務めるなどしており、 生前から野村さんと深くかかわりがあったことで知られているが、訃報が報じられた直後からツイッターで「ありがとうございました、心より感謝してます、、 監督安らかに、サッチが待ってます」とメッセージをつづりつつ、現役時代の野村さんの写真などを披露した。 また、15日には葬儀に寄せられたお花を映した動画を披露するなどしていたが、16日になり、棺に納められた野村さんの亡骸の写真をアップ。 さらに、ヤクルトのユニホームを着て眠っている、ほぼ全身を写した野村さんの亡骸の写真もツイッターに投稿していた。 この投稿に、団氏の元には「遺体をネット上に上げるのは流石に非常識過ぎる」「ノムさんもこんな風に大々的にSNSで亡骸を載せられて嬉しいわけありません」 「生々しすぎる。 故人を侮辱してる」といった批判の声が殺到したが、一方では「ファンの方にお別れをして欲しいという気持ちを込めての行動では? 」 「息子なんだし、いいと思う」「ノムさんの最期を見せてくれてありがとう。 葬儀に参列した気持ちになりました」と擁護の声も見受けられた。 「葬儀場の写真を撮影することはあっても、基本的にご遺体の撮影は禁忌として扱われ、日本ではほとんど見受けられませんが、 団氏が拠点を置く海外では、ご遺体の写真を撮影することは珍しいことではない、という指摘も寄せられていました。 記事内の引用について 団野村公式ツイッターより 2020. 17 12:13 リアルライブ 5ch newer account.

次の