アニス ピ ホールディングス 騙 され た。 アニスピホールディングス、役員人事に関するお知らせ | わおん/ペット共生型福祉施設

会社概要 | 株式会社アニスピホールディングス

アニス ピ ホールディングス 騙 され た

ピ本社移転背景 当社は、を事業で解決し続ける「ue n any」として、「人間福祉と動物福祉の追求」を理念に掲げ、日々成長している会社です。 8月にFC展開をした動物によるの訪問介護・看護などのケアサービス「CARE S(ケアペッツ)」を皮切りに、からは、共生型障がい者「わおん」「にゃおん」をレベ方式で全国に展開。 人間福祉と動物福祉に必要とされるトータルを提供して。 事業・組織の拡大に伴い、キャパシップ可能な移転を行うこととなりました。 、の協力のもと、統一感の中にもメリハリのある空間を創造しました。 動物と共存可能な構築が、社員の心の福利厚生にもなると考え、動物用のを2点設置しております。 両とも、クッションフロアにし、動物の足腰への負担を軽減するなどの工夫をしました。 全体的になで、壁紙や柱に木を採用しています。 また、陽のあたる窓際にルームを設置し、の保護猫たちが自由に遊べるを設けました。 柱に造作したで、猫ちゃんたちの縦運動が行えるようになっています。 今回の本社移転で、明るい雰囲気を創出し社員の新しい発想やを柔軟にプットできる環境を整備するとともに、全体で当社理念を表現しています。 社員のモチベーションに貢献し、既存様の満足度・新規様への支援の質の向上へ繋げてまいります。 〈新概要〉 新住所:九段南3-1-1 ビル3階 関西支店 を開設! 将来的に は 障がい 者のに 開設数の増加が見込まれる関西圏の中核として、付で、関西支店がしました。 第二の拠点として新たに開設した関西支店は、今後、一般の方が見学可能な「わおん」「にゃおん」障がい者のとして活用していく予定です。 これからもより一層「わおん」「にゃおん」事業に参画を希望する様へよりわかりやすく、スピーディーな開設支援と、開設後の手厚いフォローを提供してまいります。 「わおん」「にゃおん」は、一般的な障がい者と異なり、保護犬や保護猫を引き取り、入居者と共に暮らします。 動物とのふれあいを通じて、心が癒されたり、を促進するセラピー効果が期待できると共に、殺処分される犬・猫の命を救います。 「人間福祉と動物福祉の追求」を企業理念とし、を事業で解決する「UE N ANY(イシュードリブン)」として、「障がい者の不足」、「空き家問題」、「殺処分問題」の解決に全社一丸となって取り組んでいます。 〈会社概要〉 会社名:ピ 所在地:九段南3-1-1 ビル3階 代表者:藤田 英明 U R L: 配信元企業:ピ 関連ニュース•

次の

会社概要

アニス ピ ホールディングス 騙 され た

アニスピホールディングスは「人間福祉と動物福祉の追求」という理念に基づいて、「Issue driven company」(社会課題を解決することによって成長していく会社)として事業を展開しています。 例えば、保護犬と暮らすペット共生型の障がい者グループホーム事業「わおん」。 「わおん」の保護猫バージョンである「にゃおん」。 全てのサービススタッフが動物看護師の資格を持っている、ペットシッターサービス&看護サービスの「ケアペッツ」など、人間と動物がともに幸福になれる社会を目指して事業を展開しています。 アニスピホールディングスの人気サービス「わおん」「にゃおん」とは? 【わおん】【にゃおん】保護犬・保護猫と暮らす、障がい者グループホーム事業 保護犬と暮らすペット共生型の障がい者グループホーム事業の「わおん」と、その保護猫バージョンである「にゃおん」です。 「わおん」「にゃおん」は、障がいを持った方が動物と一緒に過ごすことのできるグループホームを整備し、ペットと人にとっての福祉を追求しています。 ペットと共に過ごすことで、元気な気落ちにある、笑う機械が増える、などの心理的効果刺激やリラックス効果、楽しんでリハビリテーションが出来るなどの生理的効果コミュニケーションのきっかけになるなどの社会的効果 があります。 認知症等の高齢者に限らず、精神的、知的障害にとってもその関わりの意義は感じていただけるかと思います。 アニスピホールディングスの主な「お客様層」とは?売上の内容は? また、ペット向けのホームケアサービスを提供するケアペッツは、公式ホームページや実際の店舗から集客を行なっている他、老犬介護用の口コミサイトと提携することで、愛犬の介護や看護などにお困りの飼い主様からご依頼を頂いております。 一ヶ月間のうち、予め定められた時間をある程度自由に割り振れる「パック料金」や、ケアペッツのサービスを友人や取引先にプレゼントできる「回数券」がご好評です。 アニスピホールディングスの藤田英明社長ってどんな人? アニスピホールディングス藤田英明社長の経歴について、ペット共生型福祉施設「わおん」の公式サイト内代表挨拶に、自己紹介として掲載されていましたのでここで紹介したいと思います。 アニスピホールディングスの藤田英明社長について 名前:藤田英明(Fujita Hideki) 東京都(1975年11月生まれ)出身。 明治学院大学社会学部社会福祉学科(専門は精神障がい者福祉) 日本で初めて「混合介護(介護保険と保険外サービスの組み合わせ)」を事業化。 世界で一番多くのデイサービスセンター(約900施設)を開設。 藤田英明社長の経歴 1998年から2003年まで、社会福祉法人の介護職員・生活相談員・事務長・理事等として従事。 2003年、夜間対応型の小規模デイサービス(保険内と保険外を組み合わせた日本初の混合介護)を行う施設を埼玉県で起業。 2015年にはその事業モデルを北海道から沖縄まで全国に850事業所を展開し「世界で一番多くのデイサービス」を開設。 障がい者の永続的雇用策として焼き鳥屋を開業するも敢え無く失敗したことも(黒歴史)。 内閣府規制改革会議参画。 首相公邸で講演。 現在は、高齢者を対象としたサービス付き高齢者住宅や訪問看護事業・病院や保育園の経営などを行いながら、動物看護師によるペット(犬・猫・亀・うさぎ・スナネズミ・鳥・カメレオンなどなど)の訪問介護・看護などのホームケアサービスを全国に展開、さらに2018年からは「ペット共生型障がい者グループホームわおん」をレベニューシェア方式で全国に展開し、わおん事業所で保護犬・猫を保護し殺処分される命を1つでも減らし、同時に動物介在活動によって入居者の生活の質(QOL)の向上に取り組むと共に、入居者の一般企業への就職を推進し、社会保障費の削減に取り組んでいる。 事業に参画している企業も多く、社長の実績も業界では有名のようですので興味ある人にはおすすめです。 会社概要 会社名 株式会社アニスピホールディングス (旧社名:株式会社CARE PETS) 本社所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル3階 (2020年4月13日に移転) 設立 2016年8月5日 代表取締役 社長 藤田 英明(ふじた ひであき) (株式会社空き家活用研究所、株式会社キュワンシステム、株式会社スマートフクシ、株式会社アイデアル 取締役兼務) 資本金 53,000,000円 取締役 菅原渚(すがわら なぎさ) 桝本幸典(ますもと こうすけ) 三井大志(みつい ひろし) (株式会社空き家活用研究所 代表、株式会社キュワンシステム 代表 兼務) 電話番号 0120-949-615 事業内容• わおん• にゃおん• ケアペッツ• 株式会社キュワンシステム• 株式会社空き家活用研究所• 株式会社スマートフクシ• 一般社団法人サービス管理責任者協会.

次の

アニスピホールディングス(わおん)に対する集団訴訟の準備が進んでいるって本当?

アニス ピ ホールディングス 騙 され た

Contents• アニスピホールディングスについて まずは、株式会社アニスピホールディングスについて説明します。 動物を大事にし、動物と共生すること。 自分らしく自由に生きたいという気持ち。 あるがままを受け入れること。 すべてをインクルージョンすること。 そして、予測不能で非合理な行動や存在の価値を認め、それを差別しない社会を目指すこと。 これが、アニスピホールディングスの理念です。 藤田英明社長はこの理念を大切にしつつ、人と動物の垣根を越えた「ハッピー」を実現していきながら、長く続けることができる新しい施策を次々と生み出しています。 そもそもレベニューシェアとは? アニスピホールディングスが行っている「レベニューシェア」とは、売上や利益に応じてあらかじめ決めておいた配分率で事業収益を分配する契約形態です。 コンビニなどでよく見られるフランチャイズ FC とは違い、ブランド名・モデル・取引業者などを自由にカスタムでき、解約の際の違約金もありません。 オプションで様々なコンテンツを組み合わせて運営することが可能です。 アニスピホールディングスでは、ペット共生型障がい者グループホームの「わおん」をレベニューシェアで運営しています。 グループホームとは、支援つきシェアハウスのことです。 わおんでは自分が飼っている犬と一緒に生活することができます。 スタッフも愛犬と一緒に出勤することができ、施設内で飼っている犬もいます。 動物好き、特に犬好きにとって最高の環境なのです。 障がい者グループホームの需要は高く、わおんに関しては 2018年 7月に参画企業募集を開始し、わずか 3ヶ月で 41社、約 500拠点の出店計画が集まりました。 それでもまだまだ足りないのが現状です。 障がいを持つ人が楽しく、穏やかに生活することができるようになること。 そのためにはレベニューシェアを活用し、より多くの福祉施設を立ち上げていく必要があると言えます。 ペット共生型施設の収支を解明 では、レベニューシェアとは本当に儲かるのでしょうか?「わおん」の初期投資の一例を参考に説明しましょう。 「わおん」初期投資の一例 ・物件取得費 480,000 ・内装工事 150,000 ・消防設備 840,000 ・一般備品 250,000 ・ペット用備品 50,000 ・事務機器 330,000 ・採用費コンテンツ料 100,000 ・総合開業支援コンテンツ 合計 4,200,000 上記のケースでは、千葉県の空き家を賃貸しリフォームしています。 そのためリフォーム費用や備品の購入が高くなっているようです。 すべて合わせると、税抜きで 420万円となります。 小売店や飲食店のフランチャイズと比べると、かなり安上がりになっていると思います。 また、収支に関しては以下の例があります。 いま事業投資をするなら福祉施設がアツい! 今回紹介したケースでは、 1ヶ月の売上が約 220万円に対し、人件費が約 115万円、販管費が 56万円、これらを差し引いた営業利益が 49万円となっています。 「わおん」はペットと一緒に暮らせるという特徴があり、それゆえとても人気が高いです。 開所から 1~ 2ヶ月で満室になってしまうほどで、収支はすぐに黒字化します。 単純計算すると 420万円の初期投資が、 1年以内に回収できてしまうのです。 終始例はスタッフ人数を 4名として計算していますが、それぞれサービス管理責任者、生活支援員、世話人、夜間職員が 1名ずつです。 サービス管理責任者はグループホームへの配置が義務付けられています。 サービス管理責任者は 30人まで 1人で担当することが認められています。 担当人数をできるだけ増やせば、それだけ人件費が安くなり収益も増やすことができるでしょう。 レベニューシェアの特徴を活かし、人件費削減の工夫をすれば、収益増加はかなり期待できます。 さらにわおんは需要の高い施設です。 事業投資をしたいと考えている人は、わおんとレベニューシェアについて知っておいて損はないでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?今回は、株式会社アニスピホールディングスの会社概要と福祉施設の「わおん」、そしてレベニューシェアの実体についてご紹介しました。 アニスピホールディングスは都内に本社を構える企業で、様々な福祉施設を運営しています。 中でもペット共生型の障がい者グループホーム「わおん」は人気が高く、サービスを開始するとすぐに満室になるほどです。 わおんはフランチャイズとは違い「レベニューシェア」で運営されています。 レベニューシェアとは、売上や利益に応じてあらかじめ決めておいた配分率で事業収益を分配する契約形態です。 ブランド名・モデル・取引業者などを自由にカスタムでき、解約の際の違約金もありません。 オプションコンテンツも充実していて、いろいろ組み合わせて運営することができます。 その特徴を活かせば初期投資をかなり安く抑えることができ、加えて人件費の削減に力を入れれば月々の収支を格段に上げることができます。 事業投資を考えている方は、わおんのレベニューシェアがおすすめです。 人とペットの両方をハッピーにしたいというアニスピホールディングスの考えに共感した方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

次の