目 の 周り が 痒い。 脂漏性皮膚炎で目や鼻の周りがかゆい:朝日新聞デジタル

目の周りがアトピーで赤くかゆい時の乾燥に効果的な薬はこれ!

目 の 周り が 痒い

スポンサーリンク 肌トラブルはいつも困りものです。 かゆみや痛みを伴って、不快極まりありません。 そんな肌トラブルが顔に起きてしまうと、いつも非常に困ってしまいます。 顔で特に肌トラブルになりやすいのが、目の周り。 まるで殴られたように目の周りが赤くなってしまうので、 人に顔をさらさなければならないことが、いつも辛くて仕方ありません。 化粧でなんとか誤魔化すのですが、それがまた痛いの、かゆいの。 どうしてこのようになってしまうのでしょうか。 今回は、目の周りが赤くなり、かゆみが起こる原因は何なのか、ご紹介します。 原因はずばり「乾燥」 目の周りの「赤み」や「かゆみ」の原因はずばり「乾燥」です。 というのも、目の周りの皮膚は、顔の中でも特に薄い部分なのです。 さらに、目の周りの皮膚には皮脂腺も少なく、油分も少ない部位なのです。 そのため、外気の影響を受けやすくなります。 気温が低くなれば、身体がかく汗も減り、皮膚のうるおいが減少します。 また、外気が乾燥すれば、 皮膚上の水分が蒸発しやすくなり、乾燥につながります。 まさに秋冬はお肌の大敵です。 その他にも、季節に関係なく、 目の周りの乾燥につながるNG行動があります。 ・目の周りをこすりすぎてしまうこと。 皮膚トラブルの始まりとして、 チクチクとするような、弱冠のかゆみを感じることがあります。 このときに、手で目をこするようなことをしてしまうと、 赤みや、さらなるかゆみの原因となってしまいます。 また、アイメイクを落とす際に、こすり過ぎてしまうことも、 摩擦により目の周りの乾燥を促してしまいます。 アイメイクを落とす際には、たっぷりのクレンジング剤を用いて、 摩擦が起こらないようにしましょう。 ・皮脂の落としすぎ。 アイメイクでこすり過ぎてしまうこともそうなのですが、 クレンジング能力の高すぎるものを使用することによって、 必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。 これもまた、乾燥につながってしまいます。 スポンサーリンク ・保湿が不足している。 そして、目の周りの皮膚を十分に保湿することが非常に大切です。 少しかゆみを感じたり、肌の質感がかさついていたり、 おかしいと思ったらすぐに保湿することが非常に大切です。 目の周りの乾燥を防ぐには ・自分の肌質を知る。 自分の肌が、オイリー肌、乾燥肌、乾燥オイリー肌なのか、 このような肌質を知ることが、正しいケアへの近道です。 ちなみに、私は乾燥オイリー肌でした。 そこで、顔の油分を優しくしっかり落とし、化粧水の量を三倍に増やしてみました。 するとこれだけで、すっかり目の周りの赤みやかゆみを防ぐことが出来る様になりました。 化粧水の他にも、保湿剤や乳液、オイルなどもあります。 自分の肌と相談のうえ駆使することで、とても調子が良くなるでしょう。 ・ワセリンで保湿をする。 化粧水での保湿ももちろん必要ですが、ワセリンをこまめに塗ることもおすすめです。 化粧をしていると、なかなか難しいのですが、 お家にいるときにだけでもこめまに塗ってみましょう。 また、寝る前に塗っておくと、 無意識で目をこすって摩擦を起こすことを防ぐこともできます。 ・顔を蒸しタオルなどで温める。 顔を蒸したタオルなどで温めることで血行などもよくなり、 皮膚への自発的な水分補給を促すことにもなります。 蒸しタオルは電子レンジで簡単に作れますので、ぜひお試しください。 顔の中でも目の周りは特に弱い部分です。 年齢に関係なく、肌質や、普段の行動が目の周りの肌トラブルの原因になります。 肌トラブルを防ぐためには、普段からのケアが大切です。 面倒なこととは思いますが、ちょっとのケアで結果が大きく変わりますよ。 ですが、何をしても目の周りの肌トラブルが改善しないのならば、 お医者さんに相談しましょう。 スポンサーリンク.

次の

目がかゆい!でも片目だけの時は花粉症じゃない!ってホント?

目 の 周り が 痒い

目の周りがかゆい!赤い場合、皮膚がどのような状態になっているか知っていますか? 炎症です。 皮膚の炎症はコラーゲン繊維を破壊します。 つまり、 目の周りがかゆい、赤い状態が続くと、シワ、たるみ、クマが一気に進行するということです。 20代と若い女性でも目の下のシワに悩んでいる人が意外に多くいます。 決まって、昔に痒くてよくかいていた、という人ばかりです。 20代前半ならまだ何とかなります。 でもそれ以降は、一度コラーゲン繊維が破壊されると元に戻らないかもしれません。 バリア機能低下なら解決できる 一気に老化が進む目の周りのかゆみ・赤み。 原因は複数考えられますが、一番一般的なのは皮膚のバリア機能低下。 つまり乾燥、細胞間脂質(肌水分量)不足です。 肌の一番表面。 バリア機能最前線なのが角質層です。 角質層には何重にも角質細胞がレンガ積みのように折り重なっています。 このレンガ(細胞)同士の隙間を埋めるのがセラミド、脂肪酸などが混ざった細胞間脂質。 セラミドが水分を抱え、脂肪酸などとともに隙間をブロック。 外から入ってくる刺激を置くに通しません。 だからかゆみ神経に刺激が届きにくくなります。 アレルギーやアトピー症状だと原因の特定が困難。 なかなか解決しませんが、 肌のバリア機能は正しい保湿を続けることで改善が見込めます。 十分な細胞間脂質が目の周りの皮膚に戻り肌水分量が上がると、何もしていないのに目の周りだけ痒くなる、赤くなるということは普通起きえません。 細胞間脂質量、特にセラミドが増えると美容面でもいいことがあります。 透明感も上がり、ハリ感も上昇。 見た目年齢に影響を及ぼす目元のため、かゆみと赤みから卒業できると顔の印象が相当変わり、明るい若々しい雰囲気になります。 簡単チェックでバリア機能低下か判断 赤みがずっと続いているなら皮膚科で原因を判断するべき。 もしかするとアレルギーやアトピーということも考えられるからです。 痒くなくてもアトピー症状のことがあります。 初期段階で済んでいる場合です()。 乾燥の実感があるなら簡単なチェックをしてみるのもいいですね。 目の周りのかゆみ・赤みの簡単チェック 目の周りに薄くワセリン、もしくは赤みがないなら敏感肌用・皮膚科医推奨のセラミドクリームなどを塗ります。 なぜなら、ワセリン等が外部刺激をカットするため、かゆみ神経を刺激することがなくなるからです。 しかし赤みが軽くならない場合は何か他が影響していると思われます。 例えば化粧品やシャンプー、タオルなど目の周りに触れる何かを変えた場合などです。 これは数か月前に使用したものが、今頃になって反応することもあるため、つい最近何も変えていなくてもかゆみ、赤みの原因となります。 目の周りに触れるもの全てがかゆみ原因の可能性あり ワセリンを塗っていないときに目の周りの皮膚に触れるものは何でしょうか? 洗顔料、クレンジング、化粧水、乳液、美容液、クリームといったスキンケア化粧品はもちろん、タオルやメイク化粧品、自分の指でさえ刺激となります。 敏感肌用・皮膚科医推奨の化粧品であっても、決して刺激がないとは限りません。 防腐剤フリーでも同じです。 アレルギー原因は人によってかなり個性的。 化粧品でよく使われるBG(保湿・防腐)で荒れる人もいます。 私は安全な化粧品を使っている、という思い込みがかゆみ原因を分からなくしているかもしれません。 皮膚に触れるものは全て原因の可能性があります。 特にバリア機能が低下している場合は、乾いた空気が強力な刺激になるんです。 かゆみ・赤みを跳ね返すバリア機能はセラミド量がポイント! 目の周りだけかゆみ、赤みが出やすいのは誰でもです。 あなただけではありません。 なぜなら、人間の皮膚の中で最も薄い部分だからです。 かかと、肘はどうでしょうか?痒くなったり赤くなることはないですよね?つまり、それだけ皮膚が分厚くてバリア機能が高いという証拠です。 目の下やまぶたは皮膚が薄く、細胞間脂質の絶対量が少ないのが特徴。 仮に皮膚が薄くても、この細胞間脂質、特にセラミドが豊富にあるとバリア機能が高まります。 目の周りだけ痒い、赤いというのは、それだけセラミド不足。 その結果、肌が乾燥しているんです。 だから目の周りの皮膚のセラミドを増やすスキンケアを続けることで、バリア機能をアップ。 刺激に負けない肌を作ることができます。 セラミドは化粧品で簡単に補えてすぐに実感できる 肌のコラーゲン不足は改善するのが大変です。 注射やレーザーでも100%の結果には滅多になりません。 でも セラミド不足は簡単に解消できます。 なぜなら、化粧品で十分に補えるからです。 セラミドは肌のバリア機能の主役。 そしてバリア機能の最前線となる角質層、つまり肌の一番表側に存在します。 化粧品は肌の奥に成分を届けるのがなかなか大変。 でも角質層なら十分に浸透させることができます。 だからセラミドケアはすぐに結果が出るのがメリットなんです。 敏感肌専門 or 皮膚科推薦のセラミド化粧品を使う まず赤みが出ているうちはワセリンがベスト。 もしくは皮膚科で処方してもらえる塗り薬を塗りましょう。 ただ皮膚科にもいろいろあり、ただステロイドを出されるだけということもあるようですね。 皮膚状態が安定しているならワセリンのようなベタつきがなく、ふっくらと仕上がるセラミドコスメがベスト。 ただ目の周りは元々刺激に弱く、かゆみが出やすい状態ならなおさら肌が負けやすい状態です。 適当に手持ちの保湿化粧品を塗ると、余計に角質がもろくなって赤みが酷くなることもあります。 皮膚が健康なときは問題なくても、バリア機能が落ちているときは使える保湿化粧品はかなり限られます。 その点、敏感肌専門ブランドや皮膚科医推奨のものなら安心です。 なるべくテクスチャーが重すぎず、軽すぎないものがベスト。 セラミドは美容液ぐらいのテクスチャーに一番多く配合できます。 だから美容液か硬すぎないクリームタイプがいいですね。 バリア機能が高まるだけでなく、塗った直後からふっくらとした印象になり、肌の嫌なピリピリ感から解放されるでしょう。 目の周り=アイクリームとも限らない また アイクリームにこだわる必要はありません。 目の周りにはアイクリームというイメージがありますが、さらに安心なのは敏感肌専門ブランドか皮膚科医推奨のクリーム。 価格も安く済み、優れたセラミドパワーでそこら辺のアイクリームより断然美容効果も高いですよ。 ただし、敏感肌専門であっても皮膚科医推奨であっても、配合成分内容に大きな差はありません。 不純物や濃度、余計なものを配合しないなど品質で差が付いています。 その人の肌質、アレルギー体質によってダメな場合はダメでかゆみが出ます。 その際に、敏感肌専門だから、皮膚科でも紹介されているから使い続けてみよう、というのはNGです。 100人の敏感肌の人が大丈夫な成分でも、あなただけダメということは普通にありえるからです。 かゆみ・赤みの根源かもしれないのは洗顔方法 一番簡単で見た目の改善にもメリットがあるのがセラミドケア。 これは目元に限らずやって損はないですね。 ただ、なぜ目の周りだけ乾燥してかゆみが生じてしまったのでしょうか? バリア機能低下の大きな原因はストレスと洗顔方法というのが大多数なんです。 ストレスでバリア機能は落ちてかゆみが出やすくなる ストレスを感じるとホルモンバランスに影響が出てターンオーバーが乱れます。 それがセラミドの生産量を減らし、不揃いの角質を生み隙間だらけの肌にしてしまいます。 また表皮のバリア機能をつなぐタイトジャンクションが緩んで隙間が生じてしまいます。 仕事をしている、家事や育児に追われている女性が特に目の周りにトラブルを抱えやすいのです。 元々目の周りの皮膚は薄く、女性は特に薄くてトラブルと背中合わせです。 そのため男性より簡単に目の周りがかゆく荒れやすくなっています。 しかしストレス解消は事実上困難だったりしますよね。 そこで注目したいのが洗顔とクレンジングです。 洗顔とクレンジング時間を30%カットするだけでかゆみが止まる 女性はどうしても洗顔を丁寧にやり過ぎる節があります。 アイメイクが濃い人は嫌でもそうなりますし、既に目元のシワやクマ、くすみが気になる人は知らず知らずに洗いすぎています。 しかし、 しっかり洗うことで肌は老化してバリア機能が落ちても、 綺麗になるプラス効果はゼロなんです。 これは覚えておいて欲しいポイント。 洗顔やクレンジングは、実はセラミドを洗い流してしまいます。 なぜ洗顔で皮脂を落としすぎてはいけないと言われるかというと、皮脂が落ちきると次にセラミドなど細胞間脂質が落ちてしまうからです。 セラミドは油脂で角質層の中にあります。 皮脂を落としすぎると、洗浄成分がセラミドに影響してしまいバリア機能が落ちます。 そのため刺激に弱くなりかゆみが発症します。 特に 目の下、まぶたは皮膚が薄く、さらに皮脂腺もほとんどありません。 だから洗顔のスタート時からいきなりセラミドが流出します。 頬やおでこ、顎などは皮脂で洗浄成分が弱まり、その後肌に直接作用します。 でも目の周りはいきなりセラミドが減りだすのです。 男性は女性より皮膚が厚いし、洗顔に時間をかける人が少ないので目の周りがかゆくなる人が圧倒的に少ないです。 女性は特に注意したほうがいいでしょう。 目の周りは思っているほど汚れがつきにくいので、メイクを落すことだけ意識していれば十分です。 洗顔とクレンジングで肌が綺麗になる、若返ることはありません。 汚れを100%落とす意志が、実はセラミドを落として肌老化、乾燥を招き、かゆみを引き起こしていることをお忘れなく。 【簡単対策】目の周りのかゆみ原因はメイクにもある 女性はメイクをして、それを落とすために洗顔とクレンジング時間が伸びます。 また、ファンデーション等には乳化剤として界面活性剤が含まれています。 しっかり塗り広げることで角質を緩め、セラミド流出を招きます。 朝にメイクする前に、セラミド美容液かテクスチャーが軽めのクリームを薄く塗ってみてください。 これだけでもファンデーションや化粧下地の悪影響を防げます。 今あるセラミドへの影響を分散できるからです。 またメイク落としのときに補ったセラミドが身代わりになるため、自前のセラミド量減少を防ぐこともできます。 ただし、必ず肌に付けて問題のないセラミド化粧品を使うこと。 だからまず、トライアル等で問題のない、肌に合う製品を見つけるところからスタート。 バリア機能を高める敏感肌専門のセラミド系コスメ 目の周りに安心して使える敏感肌対応のセラミド主体の保湿化粧品です。 夜はもちろん、朝はメイク前に塗っておくとピリピリ感やメイクの刺激を予防できます。 そして化粧のりもアップ。

次の

目の周りがカサカサ!乾燥・赤み・かゆみの原因と対処法

目 の 周り が 痒い

1位/目……………… 274人 78. 1% 2位/鼻……………… 20人 5. 7%) 3位/口……………… 12人 3. 4% 4位/くちびる………… 10人 2. 9% 4位/眉……………… 10人 2. 9% その他………あご、頬、涙袋など 出典:日刊アメーバニュース 2位以下に大差をつけて、ダントツ1位になったのが目!顔の中で視線がいきやすいのも目ですよね。 そんな、人の印象を決める大切なパーツである目ですが、とてもデリケートな部分だということはご存知でしょうか。 周りと比べて皮膚が薄く、わずかな刺激で乾燥やかゆみが出やすい場所なのです。 また、目の周りの毛細血管は皮膚の浅いところにあるため、少しの刺激で赤みやかゆみが出てしまいます。 私も経験があるのですが、頬など、顔のほかの部分は大丈夫なのに、目の周りだけかさついたりかぶれたり…。 ひどくなると化粧水がしみることもありました。 ここでは、私と同じように目の周りの乾燥や赤み、かゆみといったお悩みの原因や正しい対処法を一緒に見ていきましょう。 目の周りの乾燥、赤みやかゆみの原因 目の周りの乾燥や赤み、かゆみには大きく分けて3つの原因があります。 洗顔・クレンジングが要因の保湿不足 目の周りの症状で一番多い原因がこれ。 アイメイクをしっかり落とそうと洗浄力の強いクレンジングで目元を洗っていませんか?洗浄力が強いということは刺激も強い!ということです。 クレンジングは肌に優しいものを使ってる!でも、それでは落ちが悪いからごしごしこすってメイクオフ。 これもNGなんです。 非常に薄く、弱い部分です。 その薄さは0. 02mm。 食用ラップが約0. 01mmですので、ラップ2枚分ということになります。 どれほど薄いか、想像できたでしょうか。 さらに 目の周りは皮脂膜が少なく、肌が本来持っているバリア機能も低め。 ここに 洗顔やクレンジングで強い刺激を加えると、角質層がダメージを受け、バリア機能と保湿機能が失われてしまうのです。 接触皮膚炎 スキンケアのアイテムや使い方を見直しても治らない、あるいは何か特定のものを付けた時にかゆくなる、そんな時は接触皮膚炎かもしれません。 接触皮膚炎とはいわゆる「かぶれ」です。 かゆみや赤み、ひどくなると腫れてしまうこともあるでしょう。 接触皮膚炎には刺激性とアレルギー性の2種類があります。 刺激性の接触皮膚炎 刺激性とは、化粧品や金属など目に触れた何かが刺激となって目にトラブルを引き起こすことです。 多いのはアイシャドウやアイライン、マスカラなどのアイメイク用品。 最近では、まつ毛パーマやエクステなどの薬液によるかぶれも多くなっています。 顔全体に同じスキンケアを同じように付けているのに目の周りだけがかぶれる、というのもよくあることです。 これは目の周りがデリケートで刺激に弱いため、ほかの部分では耐えられるものが目の周りではトラブルになってしまうのです。 また、接触皮膚炎は、体調や肌の状態によって突然発症することもあります。 「同じものを使って今まで大丈夫だったのに急に荒れた」という場合がそれです。 アレルギー性の接触皮膚炎 アレルギー性の接触皮膚炎として代表的なものは花粉症です。 アレルゲンである花粉が目に付着し、かゆみを引き起こすのです。 特定の物質に対して反応する場合、アレルギー性の接触皮膚炎を疑ってもいいかもしれません。 アトピー性皮膚炎 目に関わるアトピー性皮膚炎にはいくつかありますが、症状の約半数を占めるのが、アトピー性眼瞼炎 がんけんえん です。 目の周りがかゆくなったり赤くなったりと、アトピー性皮膚炎の症状が目の周りに生じたものです。 アトピー性皮膚炎は遺伝や生活習慣等、様々な要因により引き起こされます。 以前は子どものころに罹患し、年齢とともに治ることが多かったのですが、最近では大人のアトピーも増えてきています。 これは、環境や生活の変化が要因と思われ、特にハウスダスト等のダニ抗原が注目されています。 目の周りの乾燥、赤みやかゆみの対処法 まずは皮膚科に受診&日々の洗顔に気を付けよう 目の周りがかさついたり、かゆくなった場合の対処法は、その原因により異なります。 ひどくなる前に皮膚科を受診するようにしましょう。 その上で、自宅でできる対処としては、 洗顔やクレンジングによる保湿不足の場合、肌に優しいアイテムで、優しく洗うことです。 肌の皮脂やセラミドを洗い落としてしまうような強いクレンジングはお勧めしません。 オイルクレンジングより乳液やクリームの方が刺激が少ないものが多いです。 洗顔は、石鹸をしっかりと泡立て、手でごしごしこすらずに泡で洗うイメージで行いましょう。 また、洗い流すときのお湯の温度にも注意が必要です。 熱すぎるお湯もやはり、皮脂やセラミドを洗い流してしまいます。 水かぬるま湯 38度程度 で洗うようにしましょう。 接触皮膚炎の場合の対処法 接触皮膚炎の場合、まずは原因となる物質に触れないようにすることが一番です。 メイクをしている方は、メイクを控えるようにしてください。 荒れた肌はさらに刺激に弱く、メイクかぶれが悪化する恐れがあります。 アトピー性皮膚炎の場合の対処法 アトピー性皮膚炎については、何よりも皮膚科を受診するのが先決です。 市販薬の中には、目に入っては危険な薬品も存在します。 自己判断で市販薬を使用しないようにしましょう。 根本原因のセラミド不足の対処法 保湿不足も接触皮膚炎も、根本の原因は肌の保湿成分であるセラミド不足です。 セラミドはもともと人の肌に存在するものですが、年齢とともに減っていきます。 さらに、過剰な洗浄力のクレンジングや摩擦によって流されてしまうのです。 そのため、上記の セラミドを減らさないケアに加えて、セラミドを補い保湿することがポイントです。 保湿には無添加で刺激のある成分が入っていないワセリンがお勧めです。 ですが、バリア機能が弱っている時にワセリンしか使えないのは困る場合もありますよね。 そういう時は、 セラミドが配合された敏感肌用のスキンケアがお勧めです。 敏感肌専門のディセンシアは、セラミドの中でも 人が持っているセラミドと同じ構造で浸透力の高い「ヒト型ナノセラミド」が配合されており、不足したセラミドをしっかり補います。 さらに、独自に開発したヴァイタサイクルヴェールという技術で、 ワセリンより高いバリア効果が期待できるスキンケアが実現しました。 べたべたせず、通常のスキンケアと同じように使いながら目の周りのバリア機能を回復することができるのです。 ディセンシアのスキンケアラインには全てトライアルセットがあるので、実際に使ってみて確認することができます。 当サイトではディセンシアのスキンケアライン「アヤナス」「サエル」「つつむ」の3種類のセット内容や使用感のレビューをご紹介しています。 気になる方はぜひご覧ください。 刺激を最小限にして保湿をたっぷり はじめのアンケートにもあったように、目は人の印象を決める大切な場所。 目の周りがカサカサしていたり、乾燥でシワっぽかったりしては、魅力も半減してしまいます。 スキンケアやコスメの見直しや使うときの意識で改善することもありますので、「物も触る時も優しく」を心がけましょう。 それでも症状が起きてしまった場合は、悪化する前に病院を受診するようにしてください。

次の