グランド シネマ サンシャイン フラット シート。 池袋グランドシネマサンシャインの最前列中央のフラットシートでIMAXを観てみたレビュー&写真ギャラリー!

グランドシネマサンシャインのスクリーンと座席が予想以上に凄すぎた

グランド シネマ サンシャイン フラット シート

グランドシネマサンシャインのスクリーンにはどんな種類がある? 全部で7種類のスクリーンがありますので順にご説明します。 もともと池袋には映画館自体はありましたが、スクリーンの種類がいくつかあったり3D作品を観れたりというのはなかったので、非常に期待値は高いです。 タップすると拡大します。 一言でいうとスクリーンが非常に大きいです。 横幅25. 9mなので正面の壁一面がスクリーンになっています。 これが一般的な映画館のスクリーンより40%も大きいと言われてます。 また、革新的な4Kレーザー投影システムを使ってるので、スクリーンの解像度もよく色も鮮やかに観ることが出来ます。 画質もよくスクリーンも広いでのどの席からも見えやすいです。 IMAX鑑賞料金は通常料金にプラス料金が必要です。 現在はスパイダーマン:ファー・フロム・ホームしか上映していないが、今後増えていく予定です。 スクリーンが正面だけでなく左右の側面にもあり、また座席が前後左右や上下に動いたり、水や風、香り、フラッシュもある体験型スクリーンと言えます。 注意乗り物しやすい方や体長に不安がある方、妊娠中の方、ご高齢の方は控えた方がいいかもしれません。 4DX with ScreenX鑑賞料金は通常料金に以下がプラスされます。 4DX with ScreenX同様に6階にあります。 上映作品の様々なシーン・シチュエーションと連動した座席可動・ミスト・香り・フラッシュ・バブル・煙などの19のエフェクトもあり、劇中の登場人物との一体感を得ることができます。 4DX鑑賞料金は通常料金に以下がプラスされます。 視界が270度まで広がり映画に包まれる感覚を覚える事でしょう。 Screen Xは通常料金に以下がプラスされます。 Best Immersive AudioVisual の略称です。 8階にあり、最新鋭のレーザープロジェクションシステムと、3D音響が融合したことでまるで映画の中に入ったような感覚を味わうことが出来ます。 通常のサラウンドに加え、天井にもスピーカーが設置されてます。 BESTIAは通常料金に以下がプラスされます。 実は、導入コストが低く映画館の3Dシステムとして世界で最も普及してるそうです。 RealDは通常料金に以下がプラスされます。 座席の種類 料金 備考 グランドクラス +3,000円 電動リクライニング、サイドテーブルにボトルクーラー付き プレミアムクラス +1,500円 リクライニングとサイドテーブル付き フラットシート 0円 脚を伸ばせる スタンダードクラス 0円 最前列にはオットマン 足の乗せソファー 有り グランドクラスはかなり快適でした。 せっかくなのでと思いグランドクラスを選びました。 +3,000円の座席がどんなものか?一番後ろの座席だけどどうなのか?期待感で一杯でした。 マッサージチェアーのような仕様で電動リクライニング付きです。 本編が上映される前に映画の予告が上映されますが、その時に少し遅れてきた方がいまして私の前を通るようになりました。 通常の座席だと足を引っ込めないといけませんが、前方の幅もしっかり確保されてるので、そのようなストレスは一切ありませんでした。 寝不足の状態で座っていたら寝てしまうかもしれません 笑 それくらい座り心地は良かったです。 +3,000円にはミールクーポン1,200円分が付いてるので、12階にあるBAR PANORAMA バール パノーラマ にてパスタや軽食、飲み物を買うことが出来ます。 ロングパスタだと持ち込みが出来ないのが注意点です。 ドリンクホルダーとテーブルが付いています。 足が伸ばせるのがメリット、ただ最前列なのであまり座ってる人はいませんでした。 2時間座っても特に疲れることはありませんでした。 IMAXオリジナル短編『TRANSPHERE』は世界観が独特 これは天気の子の本編が始まる前にやっていた短編作品。 トランスフィアーといいますが、私はコレを見て少し気持ちが悪くなりました、 作品内容どうこうではなく 映像の使い方でです。 乗り物酔いをしやすい方は気を付けた方がいいかもしれません。 作品自体は演技を見るというよりは映像で作品を楽しむといった方がいいでしょう。 普段芸術に触れてない私には理解が少し難しかったです 笑 実はエレベータ移動がアツい?! グランドシネマサンシャインは4階から12階がフロアーになってますが、移動はエレベーターかエスカレーターです。 エレベーターであれば1階から12階まで一気に行けますが、 エスカレーターで行くのも良いんです。 子供も気になってます。

次の

Fan's Voice

グランド シネマ サンシャイン フラット シート

7月19日(金)に東京・池袋にオープンするシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」のプレス内覧会が7月17日(水)に開催され、館内がお披露目されました。 グランドシネマサンシャインは、池袋駅東口のサンシャイン通りに位置する、 地下2階地上14階建ての商業施設『キュープラザ池袋』の4階から13階を占める、12スクリーン・2,443席から成るシネマコンプレックスです。 さらに日本初となる全シアターへのRGBレーザープロジェクター導入など、最新鋭の上映環境が用意された、国内屈指の映画館です。 天井のスピーカー 内覧中に開催された開業前発表会では、グランドシネマサンシャインの開業記念として制作された、日本初となる全編フルサイズのオリジナルIMAX短編『TRANSPHERE』が初上映されました。 監督を務めたのは、昨秋公開の『生きてるだけで、愛。 』で長編劇場映画デビューを果たした、関根光才。 佐藤緋美、る鹿が出演し、IMAX12chサウンドシステムを駆使した作曲と音響設計を、サウンドアーティストのevalaが担当しました。 前後・左右・上下に動くモーションシート、 水、 風、 香り、 フラッシュなどの革新的なスペシャルエフェクトと、 視野270度の3面マルチプロジェクション上映システムにより、 今までにないダイナミックな映画体験が可能になりました。 座席下面にはモーションシートの振動を吸収するスプリングが設置され、 隣接するシアターに伝わる振動を最小限に低減。 シネマコンプレックス全体として、 快適な視聴環境が実現できるよう、設計されています。 2D・3D上映では観れないフレーム外の部分を含むシアター三面に拡がるライブ風景、そしてドラムとベースに合わせてリズムを刻む座席の振動は、全く新しいウェンブリー体験でした。 国内初!全スクリーンにRGBレーザープロジェクター 全12スクリーンには、〈REC. 2020〉の色域が表現可能となる、明るく高精細の美しい映像を投映する最先端のRGBレーザープロジェクターが設置。 館内全シアターにRGBレーザープロジェクターが導入されるのは、 国内のシネマコンプレックスで初めての試みとのこと(ジーベックス・佐々木興業調べ)。

次の

池袋のグランドシネマサンシャインの特別な席での鑑賞って?

グランド シネマ サンシャイン フラット シート

グランドシネマサンシャインのスクリーンにはどんな種類がある? 全部で7種類のスクリーンがありますので順にご説明します。 もともと池袋には映画館自体はありましたが、スクリーンの種類がいくつかあったり3D作品を観れたりというのはなかったので、非常に期待値は高いです。 タップすると拡大します。 一言でいうとスクリーンが非常に大きいです。 横幅25. 9mなので正面の壁一面がスクリーンになっています。 これが一般的な映画館のスクリーンより40%も大きいと言われてます。 また、革新的な4Kレーザー投影システムを使ってるので、スクリーンの解像度もよく色も鮮やかに観ることが出来ます。 画質もよくスクリーンも広いでのどの席からも見えやすいです。 IMAX鑑賞料金は通常料金にプラス料金が必要です。 現在はスパイダーマン:ファー・フロム・ホームしか上映していないが、今後増えていく予定です。 スクリーンが正面だけでなく左右の側面にもあり、また座席が前後左右や上下に動いたり、水や風、香り、フラッシュもある体験型スクリーンと言えます。 注意乗り物しやすい方や体長に不安がある方、妊娠中の方、ご高齢の方は控えた方がいいかもしれません。 4DX with ScreenX鑑賞料金は通常料金に以下がプラスされます。 4DX with ScreenX同様に6階にあります。 上映作品の様々なシーン・シチュエーションと連動した座席可動・ミスト・香り・フラッシュ・バブル・煙などの19のエフェクトもあり、劇中の登場人物との一体感を得ることができます。 4DX鑑賞料金は通常料金に以下がプラスされます。 視界が270度まで広がり映画に包まれる感覚を覚える事でしょう。 Screen Xは通常料金に以下がプラスされます。 Best Immersive AudioVisual の略称です。 8階にあり、最新鋭のレーザープロジェクションシステムと、3D音響が融合したことでまるで映画の中に入ったような感覚を味わうことが出来ます。 通常のサラウンドに加え、天井にもスピーカーが設置されてます。 BESTIAは通常料金に以下がプラスされます。 実は、導入コストが低く映画館の3Dシステムとして世界で最も普及してるそうです。 RealDは通常料金に以下がプラスされます。 座席の種類 料金 備考 グランドクラス +3,000円 電動リクライニング、サイドテーブルにボトルクーラー付き プレミアムクラス +1,500円 リクライニングとサイドテーブル付き フラットシート 0円 脚を伸ばせる スタンダードクラス 0円 最前列にはオットマン 足の乗せソファー 有り グランドクラスはかなり快適でした。 せっかくなのでと思いグランドクラスを選びました。 +3,000円の座席がどんなものか?一番後ろの座席だけどどうなのか?期待感で一杯でした。 マッサージチェアーのような仕様で電動リクライニング付きです。 本編が上映される前に映画の予告が上映されますが、その時に少し遅れてきた方がいまして私の前を通るようになりました。 通常の座席だと足を引っ込めないといけませんが、前方の幅もしっかり確保されてるので、そのようなストレスは一切ありませんでした。 寝不足の状態で座っていたら寝てしまうかもしれません 笑 それくらい座り心地は良かったです。 +3,000円にはミールクーポン1,200円分が付いてるので、12階にあるBAR PANORAMA バール パノーラマ にてパスタや軽食、飲み物を買うことが出来ます。 ロングパスタだと持ち込みが出来ないのが注意点です。 ドリンクホルダーとテーブルが付いています。 足が伸ばせるのがメリット、ただ最前列なのであまり座ってる人はいませんでした。 2時間座っても特に疲れることはありませんでした。 IMAXオリジナル短編『TRANSPHERE』は世界観が独特 これは天気の子の本編が始まる前にやっていた短編作品。 トランスフィアーといいますが、私はコレを見て少し気持ちが悪くなりました、 作品内容どうこうではなく 映像の使い方でです。 乗り物酔いをしやすい方は気を付けた方がいいかもしれません。 作品自体は演技を見るというよりは映像で作品を楽しむといった方がいいでしょう。 普段芸術に触れてない私には理解が少し難しかったです 笑 実はエレベータ移動がアツい?! グランドシネマサンシャインは4階から12階がフロアーになってますが、移動はエレベーターかエスカレーターです。 エレベーターであれば1階から12階まで一気に行けますが、 エスカレーターで行くのも良いんです。 子供も気になってます。

次の