ご活躍される。 一億総活躍社会の実現

新天地でのご活躍を含む目上に使える例文5選|「新天地での」の意味や類語も

ご活躍される

こんにちは。 ジャパンセンターオーストラリアです。 さて、実際にジャパセンの日本語教師養成講座420時間を卒業したスタッフである私だからこそ伝えられる内容を皆さんに共有できたらとブログに書いている『卒業生が語る!ジャパセンの日本語教師養成講座420時間』シリーズです。 以下の内容どうぞご参考ください。 最近のブログでは日本の文化庁が毎年実施している【日本語教育実態調査】を参考にしていきながら日本国内の最新の日本語教育事情を皆さんに共有させて頂いています。 さて、今回注目して皆さんに共有させて頂くのは、日本国内の日本語教師の数、またどの年代の方が日本語教師として活躍されているのかという部分です!で現在日本国内に日本語教育機関が約2,280機関あるということをご紹介しましたが、そこで活躍する日本語教師の方はどれ程いるのでしょうか? 日本国内の日本語教師の数 最新の調査が行われた2019年度の調査結果によると、 現在日本国内で日本語教師として活動する人は、 4万1606人であることがわかりました。 前回調査の2018年度と比較すると1年間で、 2,018人増加していて、調査が開始された1992年度当初から見ると 約25年で 3万5千人ほど増えていることも分かりました。 日本で活躍する日本語教師は、大きく分けて常勤教師、非常勤講師、ボランティアに分けることができます。 正直なところ、日本では日本語を教える=ボランティアというイメージを持たれがちであることは否めない部分でもあるかと思います。 これを見ると日本語教育が普及していっているのに比例して、日本語教師という立場が世間的にも確立されてきているのではないかと感じました。 日本語教師として活動する年代層 次に、現在日本で日本語教師として活躍してる世代層を見ていきます。 皆さんはどのような世代の方が日本国内で日本語教師として活躍されていると思いますか?この調査では、年代別にも分けられた結果が出されていましたので皆さんにも共有できればと思います。 この調査によると 日本国内の日本語教師は、 10代~30代までの方が全体の 約3割を占めていました。 そして、なんと 40代~70代までの方が全体の 約6割を占めている結果となりました! この調査では無回答も存在。 皆さんはこの結果をどのように感じるでしょうか。 私は正直この割合に少し驚きました。 なんとなくいろんな世代の方が日本語教師として活躍しているイメージはもちろんのことありましたが、まさか40代以上の割合が半数以上になっているとは思いませんでした。 しかし、それと同時に、日本語教師に年齢制限はないのだなとも感じることができました。 私がジャパセンの日本語教師養成講座420時間を受講した時、同期の中には普段、主婦として生活している方もいました。 その方は子育てが終わり時間に余裕が出来たのでこれから日本語教師を目指したい!と志していました。 またその他の同期の中にも、今すぐに日本語教師を目指すわけではなく、将来職を変える時や、結婚して時間に余裕が出来た時に活動できるように今のうちに資格をとっておこう!という考えから受講をされていた方もいました。 もちろんのこと私のようにすぐに目指すという同期もいましたが、こういったことを聞くと本当に誰でも目指せるものであるのだなと感じました。 また近い将来に向けての準備ということで計画的に受講を決定した同期の人の考えにも尊敬しました。 目先のことだけではなく自分の将来を考え、今できることを探しながら時間を使っている姿に私も見習わなくてはいけないと思わせてもらいました。 今回は日本国内の日本語教師の数と、活躍する年代についてみていきました。 皆さんの中にも今すぐ日本語教師になることに興味がある人とそうでない人がいらっしゃるかと思いますが、ご自身の将来を見据えて、そのために今できる準備として何かの資格をとっておくのも一つの手段かもしれません。

次の

今シーズンの活躍が期待される選手は?――2020年12球団ブレイク候補選手【西武・投手編】(ベースボールチャンネル)

ご活躍される

令和元年5月29日、女性活躍推進法等の一部を改正する法律が成立し、令和元年6月5日に公布されました。 改正内容は以下のとおりです。 1 一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大 一般事業主行動計画の策定・届出義務及び自社の女性活躍に関する情報公表の義務の対象が、常時雇用する労働者が301人以上から101人以上の事業主に拡大されます(令和4年4月1日施行)。 2 女性活躍に関する情報公表の強化 常時雇用する労働者が301人以上の事業主は、情報公表項目について、 1 職業生活に関する機会の提供に関する実績 2 職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備に関する実績 の各区分から1項目以上公表する必要があります(令和2年6月1日施行)。 3 特例認定制度(プラチナえるぼし)の創設 女性の活躍推進に関する状況等が優良な事業主の方への認定(えるぼし認定)よりも水準の高い「プラチナえるぼし」認定を創設します(令和2年6月1日施行)。 改正後条文• 改正内容について• new• 令和2年4月1日以降が始期となる行動計画を作成する場合の様式• 行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業については、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。 認定の申請は、都道府県労働局雇用環境・均等部(室)で受け付けています。 認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。 この認定マークを活用することにより、女性の活躍が進んでいる企業として、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなどといったメリットがあります。 認定基準や認定申請に必要な様式を掲載しています。 また、認定基準の「直近の事業年度における管理職に占める女性労働者の割合が産業ごとの管理職に占める女性労働者の割合の平均値以上」の産業ごとの女性管理職割合平均値についても、下記に定めているとおりです。 (当該平均値については賃金構造基本統計調査に基づき、別表(産業ごとの平均値)は雇用環境・均等局において算出し、別紙(製造業中分類)は雇用環境・均等局による特別集計を行ったもの。 ) えるぼし認定企業一覧はをご確認ください。 new• 助成金の種類と支給金額• 行動計画に盛り込んだ取組内容を実施(=「取組目標」を達成)し、3年以内に数値目標を達成した場合に支給。 支給額:47. 5万円 1事業主1回限り 対象事業主:常時雇用する労働者が300人以下の事業主 なお、令和2年3月31日までに一般事業主行動計画を策定している場合は、以下の助成金を受給することができます。 加速化Aコース 行動計画に盛り込んだ取組内容を2つ以上実施(=「取組目標」を達成)した場合に支給 支給額:38万円(1事業主1回限り) 対象事業主:常時雇用する労働者が300人以下の事業主• 加速化Nコース 行動計画に盛り込んだ取組内容を実施(=「取組目標」を達成)し、数値目標を達成した場合に支給 支給額:28. 5 万円(1事業主1回限り) 47. 生産性要件については厚生労働省HP「生産性要件を向上させた企業は労働関係助成金が割増されます」をご参照ください。 女性活躍推進アドバイザーによる電話、メール、個別企業訪問による相談のほか、全国各地で女性活躍推進法に関する説明会や、管理職向けセミナー、女性社員向けセミナーを実施しています。 詳しくは「中小企業のための女性活躍推進サポートサイト」をご確認ください。 また、状況把握・課題分析、一般事業主行動計画の策定を簡単に行うことができる「中小企業のための女性活躍『行動計画』策定プログラム」を作成しました。 是非、本プログラムをご活用ください。 平成30年度作成• 平成29年度作成.

次の

「ご活躍」は目上の人には使えない?正しい意味と使い方を解説

ご活躍される

働く女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌『日経WOMAN』(発行:日経BP)と日本経済新聞社グループの「日経ウーマノミクス・プロジェクト」は、「企業の女性活用度調査」を実施、2019年版「女性が活躍する会社BEST100」をまとめた。 538社から得た回答を基に、『日経WOMAN』6月号(5月7日発売)誌上にて総合ランキングBEST100を発表した。 同調査は『日経WOMAN』が、1988年の創刊時から不定期で実施しているもので、今回で17回目を迎えた。 「働きがい」と「働きやすさ」という2つの観点から、企業における女性社員活用の実態を1. 管理職登用度 2. 女性活躍推進度 3. ワークライフバランス度 4. ダイバーシティ推進度の4つの指標で測定し採点。 それらの合計得点を偏差値化して総合スコアとし、総合ランキングを作成した。 結果概要は次の通り。 *表示した総合スコアが同じで順位が違う場合は、小数点2位以下で差がある。 『女性が活躍する会社』 総合ランキング BEST10 順位 企業名 総合スコア 1位 花王グループ 78. 8 2位 りそなホールディングス 75. 3 3位 日本アイ・ビー・エム 75. 3 4位 髙島屋 75. 1 5位 住友生命保険 74. 9 6位 大和証券グループ 74. 3 7位 イオン 73. 7 8位 損害保険ジャパン日本興亜 73. 7 9位 セブン&アイ・ホールディングス 73. 7 10位 三井住友海上火災保険 73. 2 今年、総合1位になったのは花王グループ(2018年は総合5位)。 1990年代に育児支援制度を整備。 同時に制度が活用される環境づくりに注力し、90年代半ばには出産後も働き続けることが当たり前に。 現在、子供のいる女性正社員比率は45%と、結婚・出産後も多くの女性社員が活躍。 18年には花王グループの美容カウンセリング専門会社2社の社長に女性が就任。 19年3月には女性の監査役と社外取締役が就任した。 2位のりそなホールディングス(18年は総合16位)は、08年に一般職の職制を廃止。 ライフイベントに合わせた柔軟な働き方ができる制度も拡充し、女性ライン管理職比率は28. 3%と15年比で4. 6ポイント上昇。 3位の日本アイ・ビー・エム(18年は総合7位)は98年から女性社員による社長直轄の活躍推進プロジェクトがスタート。 役員が個別指導をするスポンサーシッププログラムが奏功し、女性役員比率は16%まで増えた。 昨年同様、今年も上位10社のスコアの差は5. 6ポイントと僅差に。 90年代あたりから女性活用の施策を立て、地道に活動を続ける企業が上位にランクインした。 それぞれの部門の評価ポイントおよび各部門1位~10位の企業は以下の通り。 子供を持つ女性管理職の人数もチェック 1位は日本アイ・ビー・エム。 前述のスポンサーシッププログラムが奏功し、女性役員級比率は16%まで上昇し、過去最高の41人に。 18年12月時点で女性管理職比率は14%に。 2位のファイザーは正社員の女性比率は20%強だが、女性管理職比率は25%を超える。 役員17人中、女性は6人と女性エグゼクティブも活躍。 3位の髙島屋は、18年3月に女性管理職比率30%を実現、20年に35%を目指す。 19年4月に地域限定総合職でも、期間限定で転居を伴う異動を選択できる「ワイドエリア」コースを新設。 約100人が転換した。 活躍の場を広げ、女性管理職の登用につなげる。 2位は大和証券グループ。 05年に女性活躍推進チームを発足。 18年の女性管理職は05年比で約5倍の494人にまで増えた。 3位は損害保険ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損害保険、ファーストリテイリングが並んだ。 5時間(2018年は1976. 9時間)と、3. 4時間の削減が見られた。 また、有給休暇取得奨励やテレワーク・在宅勤務制度の拡充、サテライトオフィスの設置など、働き方多様化促進のための施策を実施する企業が増えた。 1位の日本生命保険は全従業員が働き方に関する宣言を行い、「15分削減運動」を実施。 男性社員の育休取得率は13年から6年連続で100%を達成、平均取得日数は7日間。 2位の住友生命保険はパソコンなどの強制シャットダウン時刻を18年7月から30分前倒しの19時30分に。 3位の明治安田生命保険は16年度から働き方改革を実施。 本社全組織にテレワークを導入し、その後、対象を支社、出向者、派遣社員、留学者に拡大した。 障がい者雇用率やLGBT理解促進の施策もチェック 女性が長く活躍できるよう、ワークライフバランス施策や両立支援制度拡充などのサポート体制を充実させている企業が多数。 1位の花王グループは女性正社員の約54%が既婚者で、子供のいる女性正社員比率は45%。 結婚・出産後も多くの女性社員が活躍。 同じく1位のNECは正社員の平均年齢、平均勤続年数に男女差がほぼなく、新卒で入社した社員の入社3年後の在籍率も約92%と高い。 3位のKDDIは女性正社員の半数が既婚者で、子供がいる女性正社員は約39%だ。 順位 企業名 1位 花王グループ 1位 NEC 3位 KDDI 4位 YKK AP 5位 りそなホールディングス 5位 日本生命保険 7位 第一生命ホールディングス 7位 アフラック生命保険 7位 ゆうちょ銀行 10位 明治安田生命保険 10位 コニカミノルタ 10位 LIXIL 女性活用度調査の詳細は、『日経WOMAN』2019年6月号(5月7日発売)で詳報しています。 538社から回答を得た。 設問や採点基準は有識者(聖心女子大学教授・大槻奈巳氏、キャリアン代表取締役・河野真理子氏、法政大学教授・武石恵美子氏)と本誌編集部で定めた。 【お問い合わせ先】 本リリースに関するお問い合わせは、日経BP『日経WOMAN』編集部(電話03-6811-8912)にお願いいたします。 取材のお申し込みは、日経BP 経営企画室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。

次の