新生児 ゲップ の させ 方。 授乳後、赤ちゃんのゲップはなぜ必要?出ないときの対処法は?

赤ちゃんのゲップの出し方のコツ!心配なママも大丈夫!

新生児 ゲップ の させ 方

実はトントンよりも、なでる方が効果的。 胃から上に向けて、優しく背中をさすってみましょう。 更にゲップが出やすくなります。 赤ちゃんを肩に担ぐスタイルが難しい場合 お腹の傷が痛んだり、産後のママは思ったよりダメージを受けています。 赤ちゃんを肩に担ぐスタイルが難しい方もいらっしゃいますね。 そんな場合は、膝の上に赤ちゃんを座らせ、ママの腕に赤ちゃんの胸がもたれるような体勢を取ってみましょう。 ちょうど、沐浴をさせる時に、お背中を洗うような体勢です。 そうすることで、赤ちゃんの胃がママの腕で押され、ゲップが出やすくなります。 この体勢は、赤ちゃんの体重が増えてきても楽にゲップをさせられるので、覚えておくと重宝します。 病院の新生児科に勤務していた時は、肩に担ぐスタイルで全員にゲップをさせるのは大変なので、ほとんど膝の上でゲップをさせていました。 どちらの体勢の方がゲップがでるかは個人差がありますが、膝の上の方がママも楽ですし、赤ちゃんの顔も見えて安心だと感じました。 ゲップと一緒にミルクを吐いてしまい、ママの肩~背中がグッショリ・・・という事態も防ぐことができます! なぜゲップが必要? 赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むときに空気も一緒に飲み込んでいます。 その空気がゲップとしてでるときに、母乳やミルクを一緒に吐きだしてしまい、誤飲や窒息を引き起こす可能性があります。 また、お腹に空気がたくさんたまっていると、苦しくて機嫌が悪くなることが増えてしまいます。

次の

授乳中に赤ちゃんが寝てしまう。上手な起こし方やゲップはさせるか?|子供守りたい.com

新生児 ゲップ の させ 方

実はトントンよりも、なでる方が効果的。 胃から上に向けて、優しく背中をさすってみましょう。 更にゲップが出やすくなります。 赤ちゃんを肩に担ぐスタイルが難しい場合 お腹の傷が痛んだり、産後のママは思ったよりダメージを受けています。 赤ちゃんを肩に担ぐスタイルが難しい方もいらっしゃいますね。 そんな場合は、膝の上に赤ちゃんを座らせ、ママの腕に赤ちゃんの胸がもたれるような体勢を取ってみましょう。 ちょうど、沐浴をさせる時に、お背中を洗うような体勢です。 そうすることで、赤ちゃんの胃がママの腕で押され、ゲップが出やすくなります。 この体勢は、赤ちゃんの体重が増えてきても楽にゲップをさせられるので、覚えておくと重宝します。 病院の新生児科に勤務していた時は、肩に担ぐスタイルで全員にゲップをさせるのは大変なので、ほとんど膝の上でゲップをさせていました。 どちらの体勢の方がゲップがでるかは個人差がありますが、膝の上の方がママも楽ですし、赤ちゃんの顔も見えて安心だと感じました。 ゲップと一緒にミルクを吐いてしまい、ママの肩~背中がグッショリ・・・という事態も防ぐことができます! なぜゲップが必要? 赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むときに空気も一緒に飲み込んでいます。 その空気がゲップとしてでるときに、母乳やミルクを一緒に吐きだしてしまい、誤飲や窒息を引き起こす可能性があります。 また、お腹に空気がたくさんたまっていると、苦しくて機嫌が悪くなることが増えてしまいます。

次の

新生児のゲップの出し方のコツとは?

新生児 ゲップ の させ 方

ポイント 赤ちゃんにはゲップは必ず必要。 ゲップをしないのは、• ミルクの吐き戻し• 吐き戻したミルクがのどに詰まる危険• お腹の不快感 につながります。 赤ちゃんは母乳やミルクを飲むたびに空気も一緒に吸い込んでいます。 そのため、吸い込んでしまった空気は気道やお腹の中にたまります。 ゲップをしないとお腹の空気によってミルクを大量に吐き戻したり、不快感の原因になります。 赤ちゃんの胃の入り口はまだしっかりと閉まっていないため、少しの刺激でもミルクが外に出てしまいます。 また、お腹に空気が溜まっていると不快感から機嫌が悪かったり、寝付きが悪くなったりするんです。 加えて、寝ている間にミルクを戻しやすくなり、 仰向けで寝ていると戻したミルクが喉に詰まってしまう危険もあります。 授乳後に、しっかりとゲップをさせてあげることでミルクを吐くことなく吸収されて成長できますし、喉につまる恐れもなくなりますね。 赤ちゃんをママの肩まで抱き上げる方法• 赤ちゃんを膝に座らせる方法 肩まで抱き上げるのが怖いと感じるママは膝に座らせるところから始めるとよいでしょう。 膝に座らせるやり方は生まれた直後からできます。 首の座っていない赤ちゃんはまだグラグラしているので、縦にだっこするのは怖いですよね。 ゲップのさせ方には2通りの方法があるので、やりやすい方を選んでみてください。 1、赤ちゃんをママの肩まで抱き上げる方法• まず赤ちゃんの首を支えたまま、ママの肩に赤ちゃんの胸がくるように赤ちゃんの体を引き上げます。 赤ちゃんの口や鼻がママの体で塞がれないように気をつけてくださいね。 この時、やりにくければソファーなどで体を斜めにしておくとやりやすいですよ。 ゲップとともにミルクを出すことがあるので、肩にタオルやガーゼを載せておくとよいでしょう。 赤ちゃんの背中を下から上に向かってさすり上げます。 空気が下から上に上がっていくイメージです。 叩くと赤ちゃんの体が緊張してゲップが出にくくなるので、優しくさすってあげてください。 ゲップがでるまで約5分くらいさすってあげましょう。 それ以上は赤ちゃんが疲れてしまうので気をつけましょう。 2、赤ちゃんを膝に座らせる方法• 赤ちゃんをママの膝に乗せます。 右膝なら赤ちゃんは右向き、左膝なら赤ちゃんは左向きがやりやすいでしょう。 赤ちゃんの体の前からママの腕を回し、脇の下を持って体を安定させ、赤ちゃんの体をまえかがみにしてあげます。 脇を支えているのと反対の手で赤ちゃんの背中を下から上に優しくさすり、ゲップさせてあげます。 背中をトントンとたたく• 赤ちゃんの体の角度を変えてみる• 一度横向きに抱き、再度縦抱きにする それでもでなければ、赤ちゃんの右側を下にして寝かせる ゲップしないときは焦ってしまいますよね。 夜中の授乳後になかなかゲップがでないときには、早くして~!と思う気持ち、よくわかります。 5分くらい試してみてゲップが出ないときには、 背中をトントンとたたいてあげましょう。 なかなかゲップをでなくて気持ちが焦るかもしれませんが、揺さぶったり、振り回したりは決してしないでくださいね。 赤ちゃんによって 体が垂直な方がゲップが出やすい子、少し体が丸まっている方が出やすい子と個性があります。 角度を変えてみるとそれだけでゲップがでることもありますよ。 他には、一度横向きに抱いた後、また縦抱きにしてみるとお腹の中で空気が動いてゲップが出ることがありますので、試してみるとよいでしょう。 ゲップが出なかったり、トントンしている間に赤ちゃんが寝てしまったら、赤ちゃんを寝かせても大丈夫です。 寝かせる時には、仰向けだとミルクを戻した時に喉に詰まってしまうので、横向きに寝かせます。 右下にするとゲップが出やすいですよ。 ゲップとともにミルクを吐き出すことがあるので顔の下にタオルやガーゼをひいてあげるとよいですね。 ゲップで出なかった空気はおならで出ていきますので、安心してくださいね。 3ヶ月くらいになると、縦抱っこでゲップがをさせても何も出ないことが増えてきます。 5〜6ヶ月頃になると首が座ったり、寝返りができるようになり、空気をうまく外に出せるようになってきます。 縦抱っこをしてもゲップをすることが減ってきたな、と思ったらやめてもいいサインです。 ママは神経質になりすぎないで ゲップをさせなきゃと神経質になってしまうとママのストレスになってしまいますよね。 ゲップが出ない時にもできる方法を知っておくと心も楽になると思いますよ。 ゲップが出ない時には縦抱っこでお部屋の中を少し歩いてみたり、歌を歌ってあげながらトントンしてあげたりとママがゆったりした気持ちでいるとでやすくなることもあります。 絶対に出さなくては!と躍起にならないで、ゆるやかな気持ちで赤ちゃんと向き合ってみてくださいね。

次の