南 相馬 市 コロナ。 よね治療院

新型コロナウイルスに関する情報/相馬市公式ホームページ

南 相馬 市 コロナ

「冷たい水を自由に飲んで」。 福島県相馬市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏休みを短縮して実施する振り替え授業の熱中症対策をまとめた。 市立小中学校全13校(約120学級)に冷水を置き、こまめな水分補給を行う。 市教委によると、今年の夏休みは8月8〜23日の16日間。 例年だと夏休みだった7月21日〜8月7日の平日12日間に授業を実施する。 授業中はマスクを着用するが、市内の小児科医から「児童生徒がマスクを『暑苦しい』と感じた場合は脱水症の可能性が極めて高い」と助言を受けた。 全普通教室にあるエアコンで温度を調節するが、密閉による感染リスクを避け、マスクを外して窓を開放するなどの手立ても行う。 冷水は、地元の相馬双葉漁協から1日約480キロの氷の提供を受け、1学級当たり備蓄用ペットボトルの水16リットル(1人500ミリリットル換算)をたるに入れて冷やし、児童生徒が飲みたいときに自由に給水できるようにする。 内科医の立谷秀清市長は「マスクで熱中症を起こさないか心配だ。 大切なのは体を冷やすこと。 授業中でもたくさん飲んでもらう」と話した。 【高橋秀郎】 外部サイト.

次の

南相馬市でおすすめのグルメ情報をご紹介!

南 相馬 市 コロナ

相馬と南相馬 院内感染を阻止 全国の医療機関で新型コロナウイルスの院内感染が相次ぐ中、公立相馬総合病院(相馬市)と南相馬市立総合病院が、37・5度以上の発熱症状がある高校生以上の患者を専門的に受け入れる「発熱外来」の運営に乗り出している。 ともに駐車場にプレハブの診療室と待合室を設置し、受け付け段階から感染の恐れがある患者を隔離。 院内感染による地域医療の崩壊を未然に防ぐ取り組みだ。 南相馬市でこれまでに7人の感染者が出るなど、相馬地方では医療関係者の危機感が高まっており、県内でいち早く「発熱外来」に取り組むことになった。 公立相馬総合病院は8日から既に診察を開始し、市立総合病院は14日から始まる。 それぞれ、相馬郡医師会の相馬支部と南相馬支部の医師が協力する。 市立総合病院では10日に研修会が開かれ、医師11人が、ウイルス感染を防ぎながらガウンや手袋を外す方法などを確認した。 南相馬支部長の新道譲二医師(60)(しんどうクリニック)は「感染者をここに集中させ、基礎疾患を持った高齢者らに感染が広がらないようにしたい」と話した。 受診対象は、公立相馬総合病院(0244・35・5699)が、相馬市か新地町の在住・在勤者。 診療予約時間は平日午前9時半~同11時半、午後0時半~同2時半。 市立総合病院は南相馬市の在住・在勤者が対象。 診療は当日予約制(同病院地域医療連携室、0244・22・3185)で、受付時間は平日午前9時~正午。

次の

福島県相馬市で初の新型コロナ感染者を確認 建設業の男性は東京に滞在中に発症か?

南 相馬 市 コロナ

お知らせ• よね治療院におきましては、休業要請にはかからない業種ですので、今まで通りと変わらず通常業務となります。 ですが、もしコロナウイルスをひどく心配される方は、来院を控えたほうがいいかもしれません。 ゴールデンウイークも平常通り、日曜祭日だけお休みをいただき、それ以外は営業いたします。 コロナウイルスによる混乱が早くおさまることを切に願います。 訪問マッサージの特集を組むのに、原稿を書いてほしいと依頼されていまして、書いたものが、このたび形となって発行されました。 idononippon. 内容は新型コロナウイルスのことなどについてとなっています。 定期利用者、お世話になっている方に配布の他、治療院に置いてありますので、興味のある方はどうぞご覧ください。 最終の予約が18時となります。 当面の間、時間短縮となりますが、父、母、子二人の4人家族なもので、ご勘弁願いたいと思います。

次の