そら豆 茹で方 ガッテン。 そら豆の旬の季節・時期はいつ?産地や食べ方のおすすめも紹介!

そら豆の焼き方は?魚焼きグリル・トースター・フライパンで焼く方法

そら豆 茹で方 ガッテン

そら豆を魚焼きグリルで焼く美味しい方法は? まず魚焼きグリルで焼いてみましょう! 1.魚焼きグリルに水を張って5分温める 2.その間にそら豆の筋を取っておきます 3.魚焼きグリルが中が温まったらそら豆を並べます (火傷しないように気を付けてくださいね) 4.まず7分ほど中火で焼きます(焦げてもOK) 5.裏返してあと3分焼きましょう 6.火を消したら余熱で5分放置 7.塩をかけたら完成! 両面焼きのグリルであれば10分焼いて5分余熱で温めましょう。 そら豆をフライパンで焼くと絶品だ! 魚焼きグリルは掃除が大変なので次はフライパンで試してみましょう。 1.そら豆の筋を取る 2.そら豆をフライパンに並べて中火で5分 3.反対側は弱火で4分(焦げてもOK) 4.塩をかけたら完成! チーズをトッピングする方法もオススメ! 1.サヤからそら豆を出します。 2.中火で両面3分ずつ加熱 (加熱中はフタを閉めて蒸し焼きに) 3.スライスチーズを乗せる 4.塩コショウを軽く振って完成! そら豆を手軽にトースターで焼く方法は? 1.そら豆の筋を取る 2.トースターに並べて1000wであれば10分ほど 3.塩をかけたら完成! どの調理方法もですが、蒸し焼きにしたい場合は筋を取るだけにしてください。 ホクホクそら豆が楽しめます。 蒸し焼きにした方がそら豆の栄養分を閉じ込めることができるのでオススメです。 甘みも濃くなり美味しさもUPします。 筋を取って切り込みを入れておくと水分が蒸発してまた違った食感になります。 お好みの方で調理してくださいね。 そら豆のにおいが苦手な方は薄皮を取り除いて食べてみてください。 薄皮があの独特なにおいを発しています。 薄皮を取り除いても食べにくければ塩以外の味付けをすることもオススメです。 マヨネーズやカレー風味にすることでにおいが気にならなくなり食べやすくなると思います。 またオイスターソースなど濃いめの調味料を使って豚肉などと炒め物にしても絶品です。 まとめ そら豆には嬉しい栄養分がたくさん入っています。 茹でるより焼いた方が栄養分をしっかり摂ることができます。 今回はそら豆のいろいろな焼き方をご紹介しました。 私はいつも一番手軽に感じるトースターで焼いて食べています。 どの調理方法も焦げ目がつくまで焼くので、食べるときは火傷しないように気を付けてください。 また、サヤごと焼いていることを生かして食べてほしいと思います。 焼き終わって完成したらサヤからそら豆をお皿に全部すぐに出してしまうのではなく、食べる直前にサヤから取り出すことで長時間温かいそら豆を楽しむことができます。 そら豆は茹でたり焼いたりする他にもポタージュやお菓子にもアレンジすることもできますよ。 旬の短いそら豆レシピを存分に楽しんでくださいね。 そら豆は鮮度が落ちてくると皮が厚くなり固くなってしまうので新鮮なそら豆が手に入ったら早めに食べるようにしてくださいね。 この夏は絶品そら豆料理をみんなで美味しくいただきましょう!.

次の

あなたのそら豆のゆで方は間違っている⁉「ためしてガッテン」に学ぶ正しい調理法。

そら豆 茹で方 ガッテン

ガッテン流 そら豆の美味しい茹で方&焼き方 「本そら豆の会」が考案したという「皮ごとおいしいそらまめ」の調理法ですから、間違いありません! 下に書いてありますが、皮には栄養が詰まっているので、薄皮ごと調理しましょう。 フライパンに、そらまめを入れた時に ちょうど浸るくらいの水を敷き、沸騰させる• 皮付きのそらまめとお好みの量の塩を入れる (ガッテン流じゃないけど、他で調べた塩の目安: 水1Lに対して塩大さじ1強くらい)• 食感のギャップが楽しめる調理法)• フライパンに ごま油を敷き温める• そらまめをいれ、ひっくり返しながら 両面に軽く焦げがつくまで炒める どちらも簡単ですが、美味しそ~! 薄皮も食べられるって知ってた? 一般的には薄皮は、茹でた後に取って捨てる。 炒める場合なら、さやから取り出したら、切れ目を入れて薄皮を取り出して捨ててしまいますが、この薄皮食べることが出来るって知っていますか? そらまめの薄皮には、豆に比べてポリフェノールが11倍。 甘み成分が1.5倍含まれているそうですよ。 少しかたいですが、噛み心地がくせになるいい食感なのだそうです。 今まで食べたことがなかったので、薄皮を食べるのに挑戦してみたいと思います。 やっぱり皮は剥きたいという人の為に 小さな子供やお年寄りがいるお家は、皮付じゃちょっと。。 ということもありますよね。 こちらのクラシルの動画が分かりやすかったですので、見てみてください。 ソラマメの「しっとり豆」と「ホクホク豆」の見分け方 そらまめは、収穫時期によって二種類のそら豆が販売されているのをご存知でしょうか? 収穫時期の早い「しっとり豆」 豆がへその緒から、 栄養を受け取っている最中のため、 糖分や水分が多くみずみずしい豆がしっとり豆。 【豆】へその緒との接合部が、緑色 【さや】 サヤの表面が新鮮な緑色で、さやの筋も緑色 【サヤのくびれ】小さい(豆が小ぶりのため) 「ホクホク豆」 栄養補給が完了し、 発芽のために糖分がデンプンに変わっているため、 じゃがいものようなホクホクとした食感が特徴のホクホク豆。 【豆】へその緒との接合部が、黒色 (へその緒が外れて時が経つことで、酸化して黒くなるため) 【さや】サヤの表面が色あせていたり、茶色で、さやの筋が茶色(さび色) 【サヤのくびれ】 サヤにくびれが出来る(豆が大きくなって、サヤがパンパンに張るため) 「しっとり豆」と「ホクホク豆」のベストなゆで時間 水分量やでんぷんの量が異なる「しっとり豆」と「ホクホク豆」は 湯で時間が異なります。 ガッテン流は以下の通り。 強火でOKです。

次の

そら豆の焼き方は?魚焼きグリル・トースター・フライパンで焼く方法

そら豆 茹で方 ガッテン

お酒を入れることにより、 そら豆の青臭さを飛ばすことができるそう。 そら豆の量によってワット数を変えましょう。 4さや程度なら、600ワットで2分です。 茹でている最中は、ふたを忘れずに。 また、ためしてガッテンでは そら豆を皮ごといただく調理法を紹介しています。 ごま油は風味が良いのでオススメです。 皮に焦げ目がつくくらいがちょうどいい焼き加減ですよ。 おわりに そら豆の収穫時期によって茹で時間を変えるとは… まったく知りませんでした。 スーパーでそら豆を探すときは、 「しっとり豆」か「ホクホク豆」か 確認してから買うべきですね。 ガッテン式のそら豆レシピは簡単に作れるので、 おかずにあと一品ほしいときや ビールのおつまみを手軽に作りたいとき 大活躍してくれそうです^^.

次の