伊之助受け顔。 【鬼滅の刃】伊之助と童磨に因縁が!?2人の関係性について考えてみよう!

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

伊之助受け顔

これは完全に遺伝ですね。 しかし性格は、ドジっ子属性であり気弱。 伊之助とは似つかない性格です。 伊之助に似ているというより、琴葉に似ているのでしょう。 伊之助母が美人過ぎるし伊之助とそっくりすぎる — みょっくる myokkuru ただし、落ち込むとネガティブになる性格は伊之助っぽいですね。 伊之助が落ち込んだときも「ゴメンネ弱くて…」と、かなりネガティブになっていました。 そして「山奥で暮らしたい」と言い出すあたり、完全に伊之助の血筋です。 植物学者になったのはアオイの影響か? 嘴平青葉が植物学者になったのは、アオイの影響が強そうですね。 しのぶが薬学に精通していたため、指導を受けていたアオイも薬学に詳しく、簡単な薬なら調合できるレベルです(大正コソコソ噂話参照) 薬学に詳しいという事は、当然ながら材料になる植物についても詳しいはずなので、子孫にも知識が受け継がれている可能性がありますよね? そのため、嘴平青葉は植物学者になったのかもしれません。 フラグが成立したシーン お腹を空かせた伊之助が、台所に行ってつまみ食いをしようとする。 しかし大根を切っていたはずのアオイは、伊之助の存在にすぐ気づいてつまみ食いを阻止した。 この時アオイは、つまみ食いを禁止する代わりに伊之助専用のお盆を用意し、そこにおにぎりなどを乗せておいてくれた。 自分のために用意された食事を見て、伊之助はホワホワした笑顔を浮かべる。 このシーンで伊之助は、普段見せないような笑顔を見せます。 彼がこの時何を思っていたのか描写がありませんが… 山育ちの伊之助にとって、誰かが自分のために食事を用意して待っていてくれるのは嬉しい事なのでしょう。 藤の家門の家のおばあちゃんに対しても、ホワホワしていましたから。 恋愛感情まではいかないものの、アオイにも好意を抱いたはずです。 相当ホワホワしたんだろうね。 伊之助とアオイが結婚した経緯について 伊之助とアオイがどのような経緯で結婚したのか。 この点については本編に描写がありませんが、管理人としては 恋愛過程を吹っ飛ばして結婚したのではないかと思っています。 アオイから告白したとは考えにくいですし、伊之助が恋愛してイチャイチャする様子も想像が付きません。 なので、伊之助が唐突に「よし結婚するか!」と思い至り、そのままアオイに結婚を申し出たとか… そっちの方が伊之助らしい気がします。 個人的にありそうだなと思うのは、炭治郎と善逸が結婚したのを見て触発されたパターン。 善逸あたりは 「結婚はいいぞ!かわいい奥さんが家で待っててくれるからな!」とか力説しそうなので、それを聞いた伊之助が マジかよじゃあ結婚するわ。 結婚するならアオイだな。 という結論を出したとか。 この展開なら、容易に想像できるんですよ。 伊之助は少なからずアオイに好意を持っていますし、彼女が優しい子なのも知っていますから。 結婚という選択肢を前にして、伊之助の頭に真っ先に浮かんだのがアオイだったのかもしれません。 まとめ|伊之助の子孫について 伊之助の子孫は「嘴平青葉」。 恐らく伊之助とアオイが結婚し、その後生まれた子孫なのでしょう。 青葉は伊之助というより、 琴葉の遺伝子が強いイメージです。 ドジっ子で穏やかそうな所とか、かなり琴葉っぽいです。 性格が伊之助に似ていたら、恐らく学者にはならなかったでしょう。 もし伊之助に似ていたら、若くして異種格闘技に目覚めたり、武者修行に出たりしていたかもしれません(笑) そんな青葉ですが、彼のおかげで青い彼岸花は絶滅しました。 青い彼岸花が無くなったので、もう鬼が生まれることもありません。 平和が脅かされることもなく、子孫たちは幸せに暮らせるでしょう。 青葉本人は「研究所をクビになるかも」と落ち込んでいますが、ハッピーエンドですね! それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

伊之助がイケメン過ぎて美少女に見える!?【鬼滅の刃】

伊之助受け顔

【鬼滅の刃】猪突猛進!鬼殺隊きっての野生児!?嘴平伊之助とは? 本日WJ31号発売です! 『鬼滅の刃』第116話掲載中! どうぞよろしくお願いします。 そして今週のアイコンは…夏到来で気持ちが昂ぶる!? 山育ちの伊之助は、 師を持たずに剣術を磨いた人間。 喧嘩ともなると四足獣のように低い位置への攻撃を繰り出し炭治郎を翻弄するシーンもありましたね。 今じゃあの頃の伊之助が懐かしいレベル…。 (コミックス12巻現在) スタイルは二刀流、年齢は15歳!炭治郎と同い年、善逸の1歳年下にあたります。 山で育ったせいか世間知らず、 字の読み書きは出来ないものの学習能力は高く、とある理由により極稀に「ん?」と思うような難しい言葉をつかってみたりも…。 選別に参加するまでの経緯は… たまたま遭遇した鬼殺隊の1人と力比べをして勝った後…鬼や選別の事を聞き出します。 この時点で将来かなり大物になりそうな予感がぷんぷんですよ! 【鬼滅の刃】嘴平伊之助について2:上半身を常に露出し猪頭を被っている 腰巻は鹿の毛皮、膝下は熊の毛皮を着用 牙崎漣のような自信満々な子が好きな方にオススメしたい。 鬼滅の刃の猪ちゃん、嘴平伊之助。 — ちはや llchihayall 鬼殺隊の剣士たちは支給された「滅」の文字が背中に入った隊服を着ていますが… 伊之助は上半身は何も着けず袴に鹿の毛皮を巻いて脛は熊の毛皮で覆ったスタイルがデフォルト。 野生児ですが、 一応下半身は袴を着用する…という人間界の常識は兼ね備えている事に安心しますね! 隊服姿よりも女装姿のほうが先にお披露目されましたが、あれも中々ずっしりとした感じがしてよかったです(笑) 女装の次は正装がくるのかどうか…楽しみですが、上半身もきっちり服を着込んだ伊之助、頭の被り物はどうなるのかそちらも気になります。 炭治郎の頭突きを食らって流石の伊之助も面食らったのか、思わず猪頭を落としました。 そこには…!大きな目とツンとした小鼻の美少女が…!いえ、よく見ると ムキムキな美少年が…。 善逸は 『ムキムキしてるのに女の子みたいな顔が乗っかってる…』と、やや引き気味…炭治郎は 『こぢんまりしていて色白でいいんじゃないかと思う』とコメント。 2人とも素顔を見た感想が対照的ですね…。 伊之助の美しい顔がよく見たい方はコミックス7巻の表紙をご覧ください。 そこにはアッと驚く美少年が描かれています! 【鬼滅の刃】嘴平伊之助について4:伊之助、上弦の陸「堕姫」との戦いで死亡!? 類まれなる柔軟性で「心臓の位置をずらして生存」 自分が前に呟いた画像がどこにあるのか分からない? 二人一組の鬼 「堕姫」と「妓夫太郎」彼ら上弦の陸の鬼たちとの戦いは、凄まじいものでした…! 堕姫の頸を切り落とすことに成功した3人、頸を持って逃げまわる役を引き受けた伊之助でしたが、勝利を目前にし不意をつかれたのか背後から 兄鬼の「妓夫太郎」に心臓を一突きされてしまいます。 本当に一瞬の事で血を吹き出して倒れる伊之助…その後、激しい乱戦に持ち込まれた鬼殺隊たち! 心臓を刺され死んでしまったと思われていた伊之助が突如復活!瀕死の音柱・宇随も復活!復活ラッシュです。 何がなんだか分からない状況になり… どうやら心臓を刺された伊之助は内蔵の位置をずらしていた事が判明します。 しかし、伊之助はバリバリに喋りまくり、猪突猛進といった簡単な四文字熟語まで知っていますよね! 赤ちゃんの頃、母によって捨てられた伊之助は、野性の猪に育てられる事になります。 自分は山の王だと勘違いしながらスクスク育った伊之助は、幼児になると自発的に人里に下りたのか餌付けされたのか、老人とコミュニケーションを取るように成長! その孫の たかはる青年は伊之助の事を人とは思っていなかったようで山に帰そうとしますが、老人から百人一首やおかきで手懐けられた伊之助は次第に言葉を覚えて、たかはる青年に反撃! それまで 「ヴゥー!」と鳴いていた(?)伊之助の様子も言葉を話すまでに成長!貴重な(?) 幼児の伊之助を見ることができるのは 番外編・伊之助御伽草子。 収録されているのはコ ミックス10巻!彼の言葉遣いが悪くなった一部の原因も分かる番外編、まだ見ていない方はぜひ確認ください。 【鬼滅の刃】嘴平伊之助について6:いつも一生懸命で素直でかわいい! 猪突猛進がモットー!元気いっぱいで愛らしい伊之助 いよいよ今週末よりTVアニメ放送開始!! 『鬼滅の刃』が表紙と巻頭カラーを飾るWJ18号、本日発売です!! 最新第152話&外伝作品『鬼滅の刃 冨岡義勇外伝 前編』が掲載中! ぜひお手逃しなく!! 今週は、TVアニメでも三人一緒に頑張る!? 炭治郎・善逸・伊之助のアイコンをプレゼント!! ここからは、そんな伊之助の かわいいシーンをご紹介します。 鎹鴉(かすがい がらす)の指令を受け、炭治郎と善逸は鬼の住む屋敷へと潜入します。 しかし、そこにも伊之助は先回りしまており、鬼にも突然現れた炭治郎たちにも動じることなく、「猪突猛進!」の掛け声とともに屋敷内を駆け巡ります。 鬼に怯えまくる善逸とは反対に、「面白い!」と果敢に鬼に突撃していく伊之助。 炭治郎が「異能の鬼だからむやみに切りかかるな」と言ってもお構いなしで、鬼の能力を楽しんでいる様子です。 危機的状況でも物おじせず突き進んでいく元気いっぱいな伊之助、初登場からインパクト大ですね。 」と大サービスとばかりに技を披露。 そしてこの後も、負けず嫌いな一面をたびたび見せています。 那多蜘蛛山では、炭治郎のアドバイスに「否定ばっかするんじゃねぇ」と悪態をつき、仲間が襲い掛かってくる現象の原因を炭治郎が見抜き「糸で操られているから糸を切れ」といえば「俺の方が先に気づいていた」とふてくされていました。 ライバル心むき出しなところが、素直でかわいいですよね!その後も、柱である煉獄の凄さを見せつけられると「何か腹たつ!」と発言しています。 乱暴で生意気な言動も「強くなりたい!」という向上心から来ていると思うと、伊之助がますます愛しいです…。 その分、那多蜘蛛山で挫折を味わい「ゴメンネ弱クッテ」と弱気になってしまったことも。 普段元気な伊之助がいじける姿に、キュンときた読者も多いのではないでしょうか。 その後すぐに攻め込んできた十二鬼月の一人、上弦の参・猗窩座…。 度重なる鬼の襲撃を、煉獄は自分の命と引き換えに戦い、誰一人として犠牲者を出さず守り抜きました。 死期を悟り、遺言を残す煉獄に炭治郎も善逸もボロ泣き…そして始終、無言で震えていた伊之助。 そして、煉獄が死んで弱気になってる炭治郎についに伊之助の感情が爆発! 「 悔しくても泣くんじゃねぇ」 そう言う伊之助も、被り物では隠せないほどの涙が…。 「どんなに恥ずかしくても惨めでも、生きて行かなきゃならねえんだぞ」このセリフは「猪突猛進」を掲げる伊之助らしくもあります。 どんな時でも、脇目を振らず前だけ見て生きる。 だけど仲間の死に悔しさと悲しみを隠せない伊之助に、もらい泣きしていまいました。 隠せない端正な容姿…伊之助が遊女に!? 『鬼滅の刃』第186話が掲載中の WJ2号は本日発売です! ぜひ、ご一読ください。 そこへ訪れた音柱・宇髄天元(うずい てんげん)の任務に、3人は同行することになります。 その任務は…遊郭「吉原」への潜入調査。 潜入のため、3人は女装させられるのですが…化粧が下手すぎて、なかなかヤバいビジュアルになってしまいます。 それでも、炭治郎は素直で働き者なオーラがにじみ出たのかアッサリ奉公先が決まります。 そして、伊之助がすごいのはここから。 酷い化粧にもかかわらず、その美しさを見抜かれ「荻本屋」からスカウトが…!「アタシの目に狂いはない」と連れて帰り、化粧を落として現れたのは、目を見張る美少女(伊之助)でした。 「すごい得したわこんな美形の子安く買えて!! 」 荻本屋は思わぬ美少女の登場にテンションMAX!しかし、伊之助はそんなものはどこ吹く風で鬼の情報を得る任務を遂行します。 日輪刀の色が藍鼠色なので系統的には「岩」になるんでしょうけれど、これもまだまだ謎のまま…3人の中では圧 倒的な戦闘センスと柔軟性が光っていますが、師を介さずして鬼殺隊となった彼が、今後どんな事で躓いてしまうかというのも心配ですよね。 善逸は3人の中でも意外としっかりしていますし眠っていれば神速を誇る抜刀術の使い手…炭治郎はというと、日の呼吸との関係が明らかになり持ち前の根性と長男精神で困難を乗り切っています。 恐らく、伊之助の実力は3人の中では一番下になるのかな?と、感じますが、なにかとタッグを組む炭治郎との日進月歩の成長を期待したいですね!.

次の

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

伊之助受け顔

炭治郎らが赴いた鬼殺隊士のに同じくして立ち向かい、たった五人生き残った精鋭隊士の一人である。 「」という言葉では片付けられない 『獣』であり、常時上半身を露出して、頭には猪から剥いだ頭皮を被った二刀流の剣士。 他の生き物との力比べを生き甲斐として育ってきたため、他者を『相手にするまでもない 弱者』か『より強くなるための踏み台とするに値する 強者』としてしか認識しなかった。 自分より強いと認識した相手には状況構わず勝負を請うが、戦う力を持ちながらも戦意を持たない相手に対しては 「弱味噌」と怒鳴りつけることもある。 戦う相手が居ない場でもその闘争心が収まらないらしく、大声を張り上げたり意味も無く木の幹に体当たりしたりしている。 まさに獣。 山育ちのために人としての常識が通用せず、 を足蹴にする、屍の埋葬の意図を理解できない、手づかみで物を食べる、清めの切り火を威嚇と思って激怒する、等々。 このように一般常識に欠ける反面、古風な小難しい言い回しや語彙が意外に豊富。 その理由については後述。 一応、言葉によるコミュニケーションが取れる、下半身を衣服で覆う、自らの名を持ちそれを名乗る、無益な殺生は行わないなど、 瀬戸際のレベルで『人間』ではある。 物凄く染まりやすい性格であり、ノリが頻繁に変わる。 名乗ることはできるが、上述の通り読み書き自体ができないため、当然ながら自分では書けない。 山に捨てられた後の彼は、子供を失ったばかりの母猪に育てられた。 そんな彼が言葉をしゃべれるようになったのは、たかはるという青年…の祖父からの影響である。 昔、棲んでいた山の麓にある民家に迷い込んだ幼少期の伊之助は、留守番中のややボケかけて来たたかはる祖父から餌をもらい、家に寄りつく様になる。 そのころから猪の皮を頭にかぶっていた為、たかはるから煙たがれ口汚く罵しられながら追い払われるも、性懲りもなくもう一度たかはる家に来訪。 そこで祖父からを読み聞かせられて言葉を覚え、この時に着用していた褌から自分自身の名前を知る。 意外に小難しいボキャブラリーが豊富なのはこのたかはる祖父の影響と思われる。 そして同時にたかはる青年の乱暴な口調を自らのものとし、その家を自分の縄張りにして時折おかきなどを差し出させた。 鬼殺隊に入隊してからは、とある任務で出会い行動を共にする事となった炭治郎やなど様々な人間の優しさに触れ合う中で、その意識には徐々に変化が訪れており、特に己より遥かに強かったの生き様に立ち会った事で、 『真の強さ』の何たるかを心に描き始めた。 それ以降は、鬼殺隊の隊員たちやの面々、特に同期の二人、炭治郎と善逸との付き合いを通して『人間』として強く成長していくようになる。 蝶屋敷の主人であり度々三人の治療を行っていたには母性を感じることもあったらしく、後にの最期を聞かされた時には、記憶の奥底にわずかに残っていた母親の面影としのぶを重ねていた心境を自覚した。 最終決戦において、によって仲間であった鬼殺隊の隊員たちが大量に殺されていった際には、「同じ飯を食った仲間」として、その仇を討つために無惨に対して「 百万回死んで償え!!」と泣きながら刀を振るった。 そして、との戦いでは、炭治郎と善逸に関しては兄弟のように思っている心境を、悲痛な思いで心中で吐露している。 元より心身頑健な炭治郎が血の滲むような鍛錬を二年間経て習得したものと同等の戦闘能力を独力で身に着けていることから、一面では天賦の才を有していると捉えられる。 なおこの最終選別の際、隊士説明会に参加せずすぐに立ち去ったため、最後に通過した炭治郎は後の任務で出会うまで同期隊士であるとは知らなかった。 鬼殺隊士に勝った基礎身体能力のみならず、野生で生きてきたからこその勘の良さ(殺気に対する反応速度)、二刀流による攻撃力、更には広域探知の技を有していることから、その戦闘能力は高い次元でバランスが取れており、最終選別を誰よりも早く通過したという実績は伊達ではない。 半面、思考能力には難があり、直線的・直情的な行動しかとれないため、搦め手を用いたりとゴリ押しが効きにくい鬼には相性が悪い。 容姿 筋骨隆々な体躯と乱暴な口調に反してその顔立ちは整っており、瞳は深い翡翠色に輝く 「紅顔の美少年」と呼ぶに相応しい容姿をしている。 美しい人間しか食べないのから、「美しい」と評価されて獲物として狙われた事もある。 炭治郎が嗅覚に優れ、善逸は聴覚に優れる一方、伊之助は並外れた鋭い触覚を持つ。 上半身を常に晒しているのは、肌面積を増やすことでパッシブ・センサーとしての能力を最大限に有効化させるためでもある。 身体能力 山の中で獣同然に鍛え上げた身体能力は、地獄のような修練によって『人間』としては極限まで鍛え抜かれているはずの鬼殺隊士を、さらに上回る。 更に伊之助の肉体は高度な柔軟性をも有しており、雑技団のような複雑な体勢も無理なく取る事が可能なため、不安定な足場や空中からでも、通常の剣士では考えられないイレギュラーな体勢から強力な斬撃を放つことが可能。 また、肋骨が4本折れている状態でも意に介さず全力で戦闘行動がとれるなど、苦痛に対する耐性も極めて高い。 薬物耐性も高く、毒物の類が効きづらく致死毒を使う相手との戦闘に於いては、(多少の)不利を打ち消せる。 ただし反面、治療薬も効き辛いためメリット/デメリットが如実に表れている。 但し、炭治郎の場合も適性がない水の呼吸を十分に使いこなしている辺り、適性がないからといって他の呼吸が使いこなせないわけではない。 装備 本来の鬼殺隊士には、個々に専用の日輪刀(玉鋼の時点から本人に選ばせる)と隊士服を支給されるが、伊之助はこれらの支給・説明会に立ち会わずに最終選別の場を去ったため、腕試しで打ち負かした隊士の装備を奪って使用している。 また、伝令及びお目付として担当の鎹鴉(かすがいがらす)をあてがわれている、のだが……。 詳細は。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 更には雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 上述の通り伊之助は触覚の感度が極めて高く、衣服の接触に対して不快を覚えるため、長袴(ズボン)のみを着用する。 かすがいがらす。 人語を解し、話すカラス。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 伊之助のカラスは、炭治郎との合流時までに 十八回ほど食われかけた事から、合流後は完全に姿を隠している。 一応、合流前も伊之助は鬼狩りの任務をこなしていたようなので、ギリギリでコミュニケーションはとれていた模様。 尚、炭治郎の鴉も食おうと言った事がある。 余談ではあるが、食用に適しているのはのほうである。 カラスも食べれない訳ではないが、かなり硬くて臭いので結構手間な下処理が必要である(成分としてはクジラ肉に近い)。 つまり、にすれば旨い。 猪の頭皮 猪から剥いだ頭皮。 伊之助は、自身の可憐な顔立ちを気に入っていないようで、ほとんど常に(眠る時ですら)この猪の頭皮を被っている。 これは彼を育てた母猪の形見であり、「山の主」と称している。 このため選別以来久々に彼に出会った善逸や突然彼を見た一般人などは、猪頭の化け物かと誤解した。 その他、腰には鹿の毛皮を、脚には熊の毛皮を巻いている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 襲来した無惨の手で突如として無限城へと落とされるが、むしろ伊之助は稽古で得た力の成果を試すいい機会だとして、現れる雑魚鬼を嬉々として斬り伏せていった。 しかしその先で、彼は思いもしなかった展開に直面する事となる。 以降の詳細については、 を参照。 当然ながら ネタバレ注意。 ネタバレB 上記の戦いに辛くも勝利した後はカナヲと行動を共にし、途中で善逸、と合流を果たす(ちなみにその際、敵と勘違いして攻撃してしまい、カナヲに叱られていた)。 無限城崩壊後は善逸、カナヲと共に無惨戦に加勢。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって一時戦闘不能となってしまう。 死の淵から復活した炭治郎が参戦したのに続き、自身も満身創痍の中立ち上がり、大勢の仲間を奪った無惨に怒りと悲しみをぶつける。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の