羽田 空港 グランド スタッフ。 募集要項

グランドスタッフの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

羽田 空港 グランド スタッフ

安全かつ快適な空の旅を、地上でサポートするグランドスタッフ。 今回は、JALスカイで羽田空港国際線のグランドスタッフとして日々お客さまに接している小峯里佳子さんに、グランドスタッフのお仕事内容や魅力について伺いました。 短時間で「お客さまの記憶に残るサービス」を目指して Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。 グランドスタッフは空港における接客業務全般を担っており、その業務内容は多岐にわたります。 搭乗手続きを行う「チェックイン業務」、搭乗アナウンス・機内への誘導を行う「ゲート業務」、荷物のご返却に加えて荷物の破損・未着などの緊急時対応を行う「バゲージの返却業務」、ラウンジの受付やご案内をする「ラウンジ業務」、VIPの顧客様に1対1で対応する「VIP業務」が主な業務です。 「ゲート業務」は、事前に客室責任者やコックピットと、お客さまを何時からどのように誘導するかを相談し、グランドスタッフ約5名で1つの便を対応します。 なお、勤務形態は、早番2日と遅番2日の4日間で構成されるシフト制となっています。 チェックイン業務、ラウンジ業務、VIP業務など 11:30 休憩 12:30 ゲート業務、バゲージ返却業務など 14:30 退勤 Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか? 目の前のお客さまに何ができるかを考え、それを実行できたときに大きなやりがいを感じます。 グランドスタッフはお客さまと接する時間が短いため、短時間でいかにお客さまの記憶に残るサービスをご提供できるかが大切と考えています。 お客さまのご要望はそれぞれ異なるので、常にお気持ちをくみ取った上で対応することを心掛けています。 今まで多くのお客さまと接してきましたが、特に印象に残っているのは、お誕生日のご旅行でJALをご利用いただいたご夫婦です。 チェックインの際にお誕生日であることを伺い、ラウンジでプチギフトをお渡ししたところ大変喜んでくださいました。 そのときの笑顔は、忘れられません。 また、ベトナムから来られたご婦人のことも心に残っています。 英語が通じず、翻訳サイトを使いながらの対応でしたが、会話が盛り上がり「ベトナムに来るときは私の家に来てね」と連絡先をくださったのです。 たくさんのすてきな方々と出会えるところが、この仕事の楽しさであり醍醐味だと感じています。 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか? 一人一人のお客さまに寄り添った接客をすることの難しさ、大変さは日々感じています。 お客さまと自分の認識にズレが生じている場合やご要望をくみ取れなかった場合は厳しいご意見をいただくこともあります。 英語圏以外の国からいらしたお客さまには、せっかくご質問いただいたにもかかわらず、言語の問題で回答がうまくできない場合もあります。 また、空港内の施設やシステムは日々変化しているので、お客さまに誤ったご案内をしてしまわないように、常に最新の情報を把握し、正確にお伝えするようにしています。 幼い頃から飛行機関係の仕事に就きたかった Q4. どのようなきっかけ・経緯でその仕事に就きましたか? 叔父が航空管制官の仕事をしていて、小さな頃から飛行機は身近な存在でした。 小学生のときに管制塔の中へ入らせてもらい、そのときに「将来は絶対に飛行機関係の仕事に就きたい!」と思ったことがきっかけです。 飛行機やその周りで働く人達について調べていくうちに、グランドスタッフの仕事を知りました。 元々人と話すことや人を喜ばせることが好きだったので、将来はグランドスタッフになりたいと思うようになりました。 大学では何を学びましたか? グランドスタッフを目指して英語や異文化を学べる大学を選び、英語と観光学を中心に勉強しました。 その大学は学生の半数が外国人留学生で、授業もほぼ英語を使ったものでした。 異文化を肌で感じられる、とても良い環境で4年間を過ごしました。 また、独学で接客についても学び、サービス接遇検定の資格も取得しました。 アルバイトをした際「もっと接客力を高めなければ」と痛感したからです。 そのときに身に着けた接客スキルは、現在も大いに役立っています。 高校生のときの経験が、現在の仕事につながっていると感じることはありますか? 高校時代にJALの安全啓発センターへ見学に行ったのですが、そこで安全運航の大切さを学び、深く心に刻み込まれました。 この経験のおかげで私は「全ての業務は安全運航に直結している」という考えを持てるようになりました。 異文化理解・尊重の姿勢が、心からのおもてなしにつながる Q7. どういう人がこの仕事に向いていると思いますか? まずは、時間管理ができる人です。 この仕事には、定時性への意識が不可欠です。 常に飛行機の出発時刻から逆算して、今やるべきことを考える必要があります。 あわせて、イレギュラーな出来事が起きても、事態を冷静に見極めながら臨機応変に対応する力も必要です。 また、挑戦を続けられる人も向いています。 接客は経験を積むことも大切で、たとえ失敗したとしても、その失敗を次に生かすチャレンジ精神が欠かせません。 さらに、チームワークも大切です。 さまざまな職種のスタッフが協力し合うことで、飛行機が安全に飛べるのです。 チームで一つの目標に向かい全力で頑張れる人は、この仕事で活躍できると思います。 高校生に向けたメッセージをお願いします。 空港は、飛行機を降りた海外のお客さまが初めて日本を感じる場所です。 空港業務スタッフの接客から日本の良さを感じていただくこともできるはずです。 グランドスタッフを目指す人は、語学はもちろん異文化についても学んでみてください。 異文化に対する理解・尊重の姿勢を持つことが、心からのおもてなしにつながります。 また、「航空業界に興味はあるけれど、まだ何をしたいか分からない」という人は、まず航空業界にどんな職種・航空会社があるのかを調べてみてください。 そのうえで、自分はどのように働きたいのかをイメージすると、目標や今自分がすべきことが自然と見えてくるはずです。 ちなみに私は高校生の頃、実際に空港へ足を運び、職員さんの話を聞いたり動きを観察したりすることで、よりリアルに将来のイメージをすることができました。 ぜひ、みなさんも空港へ遊びに来てください。 いつでもお待ちしています! 幼い頃から、空港の「空の日イベント」には欠かさず参加されていたという小峯さん。 「飛行機関係の仕事に就きたい」という強い気持ちを持ち、今自分ができることに取り組み続けた結果、見事夢を叶えることができました。 みなさんも夢を叶えるために、積極的に行動を積み重ねてみてはいかがでしょうか。 【profile】株式会社JALスカイ 小峯里佳子 関連記事リンク(外部サイト).

次の

グランドスタッフの仕事内容・なり方・給料・資格など

羽田 空港 グランド スタッフ

プロフィールに並ぶ「国際」のキーワード。 大学で所属した国際交流サークル、夏休みに参加した二度の国際ボランティアプロジェクト、インターンとして活動した国際教育交換協議会(CIEE)。 金子友香さんは、様々な海外体験を重ね、今、羽田空港国際線ターミナルでANAエアポートサービスのグランドスタッフとして働いています。 1日の発着回数が国内線・国際線合わせて最大1200回に上る羽田空港は、2010年の国際線ターミナルオープン以降、海外へ飛び立つ日本人や日本を訪れる外国人が多く行き交う日本の玄関口。 グランドスタッフとして働いた一年間の奮闘と、自らの海外体験を元に日々の業務に込める思いをうかがいました。 旅の始まりを支えるグランドスタッフ 空港に着き、チェックインのために並ぶ列に加わると、いよいよ海外へ飛びたつ旅の始まりを実感。 飛び立つ前の最後の準備を支えるのがグランドスタッフの方々です。 「現在、私が行っているグランドスタッフの仕事は、カウンターでのチェックイン、出発ゲートでのお見送り、到着されたお客様をお出迎えして荷物が全部引き取られるのを見届けることが主な業務です。 特別な食事が必要な方や小さなお子様連れのご家族、車椅子の方などのために準備を行うのもグランドスタッフの仕事です。 日によって、時間と担当業務が一人一人割り振られ、決められたスケジュールに沿って動きます。 」 その中で金子さんが一番緊張し、かつ充実感を感じるのはゲートを担当している時だと言います。 「飛行機が定時に出発するためには出発時間の2分前にドアを閉めなければいけないのですが、その時間が迫ってもまだ搭乗していないお客様がいると、声を出して必死になって探し回ります。 買い物をしていたり、乗継で時計を現地の時間に合わせていなかったりして、搭乗時間に現れない方もいらっしゃいます。 ゲートの業務は3~4名のスタッフでチームを組んで一便を飛ばすのですが、ゲートに残るスタッフと探しに行くスタッフで分かれ、機内ではそのお客様が本当にまだ乗っていないのか確認するなど無線で連携しながら、チームとなって動いています。 お客様を探して定時で飛行機をお見送りできた時は達成感があります。 ゲートの業務は自分たちが飛行機を飛ばしているということを一番実感できるので、私は大好きです。 」 ある時は、日本語の全くわからないアメリカ人の乗客がかなり迷って到着し、夏休みの大混雑するシーズンで長蛇の列に並んでいたため、搭乗できるかどうかぎりぎりのタイミングでカウンターに来たことがあったそうです。 話を聞くと、その方の親戚が亡くなりハワイでの葬儀に出席するためにはその飛行機に乗らなければならい・・・ 短い時間で判断が迫られる中、上司と相談し、間に合わせるためには荷物は預けずに手荷物としてセキュリティチェックを通すことに。 「液体物など機内に持ち込めない物が入っていないか大急ぎで確認し、ゲートまで案内してなんとか乗っていただけました。 私一人だけの力ではなかったのですが、乗っていただく方向で動くことを決めて、そのお客様を乗せて出発できたことは達成感がありました。 」 後日、その方からお礼のメッセージが届いたそうです。 国際線と共に自分の成長があった 現在は日本語と英語、フランス人のお客様に対しては時にフランス語を使って仕事をしている金子さんですが、意外にも中学校では当初、英語は苦手科目でした。 「中学1年生で英語が始まった時に、あまりにも英語ができなくて英語教室に通いました。 そこで学校の教科書の文章を丸暗記するために何度もCDを聞いて口に出して覚える練習をすると、半年ほどで成績がグンと上がりました。 それから英語が好きになり、いつか海外に行ってみたい、海外の人と話してみたいという気持ちが中学生の時から漠然とありました。 初めてひとりで海外へ行ったのは、大学1年生の時、国際ボランティアに参加するためフランスへ行った時です。 友だちとして出会うのではなく、一緒に仕事をすることで見えてくる人の姿があると思いますし、その時に他の国の人たちの考えに触れられたのが良かったと思います。 」 その後も海外旅行やベトナムでのボランティアを経て、再びパリへ。 今度は1年間の交換留学。 「フランスでは、自分が日本人だと言うと、『日本の何々を知っている』とか、『日本ってすごいね』と言ってくれて、それが嬉しかったのですが、どうしてそのように言ってくれるのか考えたら、自分の前の世代の人たちが海外で頑張った証だと思ったんです。 それに気づいた時、自分も日本の良さを海外の人に伝える仕事がしたいと強く思いました。 フランス留学中の休日。 学生寮の仲間たちと 自分にとってターニングポイントとなった海外での体験には飛行機が欠かせないもので、国際線の飛行機に乗ることと自分の成長が重なります。 私自身もより多くの方に日本の良さを知っていただきたい、より多くの方に海外に行っていただきたいという思いがあり、それがこの会社で働きたいと思った理由です。 」 空港は、ニュースで見ても普段の生活の中でなかなか実感しない現実を目の当たりにする場所です。 金子さんが経験したこの一年でも「爆買い」のために増える中国系の旅行者の人々や韓流スターの来日時に押し寄せる出迎えの人々などを見てきました。 また、2015年11月には留学生活を送ったパリで衝撃的な同時多発テロが起き、直後のパリ便は渡航者が激減するなど、世の中の動きを肌で感じたそうです。 実際に空港の現場を前にしてどんなことに貢献したいと感じているのでしょうか。 「今の私の仕事は接客なので、日本に来た方々に『日本へ来てよかった』と思っていただけるような接客をすることが、『日本の良さを伝えたい』という目的に対して今私ができることだと思っています。 自分で旅行した時も感じましたが、海外にいる時は不安になることもあるので、不安を取り除き、日本人は温かいと思っていただけるような接客を心掛けています。 また日常生活の中でも、迷っていそうな外国人旅行者がいれば積極的に声をかけるようにしています。 」 ワンポイントアドバイス 最近よくある事例から、チェックイン時の注意点について金子さんからひとつアドバイスをいただきました。 「スマートフォンの普及で予備バッテリーや充電用のモバイルバッテリーをお持ちの方が多くなっていますが、リチウムイオン電池は、受託荷物としてお預かりできませんので、スーツケースの中には入れないようにお気をつけください」 「伝えたいと思う心」が大切 日本から海外に渡航する時に言葉の不安を抱える人が多いと思います。 金子さんは日々、様々な言語的、文化的に多様な背景を持った方々と接している立場から語学についてどのように考えているのでしょうか。 「国際線を担当している立場では、お客様に対して私自身の語学力によって利便性を損なうことがあってはいけないのですが、どんな場合でも、きれいに話すことよりも『伝えたいと思う心』を持つことが大切だと思っています。 もしも自分が海外の空港にいて困っている時、つたない日本語でも一生懸命に説明してもらえたらとても安心しますし、きれいな文法じゃないからといって悪い接客だとは感じないと思います。 最近増えている中国や韓国の方々の中には英語も日本語もわからないお客様もいらっしゃいますが、漢字を紙に書いて伝わって、笑顔を返していただければ、それもコミュニケーションとして成り立ったことになると思います。 海外の空港は複雑で、言葉ができないと不安な面はあると思いますが、語学の心配で海外に行くのをためらって欲しくはないと思っています。 」 コミュニケーションを取るうえで、もう一つ、金子さんが大切にしていることがあると言います。 「相手の方が何かを主張しているとき、まずは理解していることを示すことが大事だと思います。 その人の意見を鵜呑みにするのでもなく、頭ごなしに拒むのでもなく、一度受け入れてから相手のことを理解して自分の意見を言えるようになるのが理想ですね。 そうすることで周囲の人たちの目も変わり、『あの人なら聞いてくれるから話してみよう』と思ってもらえるのではないでしょうか。 どれだけ相手の方について知識や情報を持っていても、接客をしたり、一緒に良い仕事をしたりするにはコミュニケーションが必要になると思います。 国際化がさらに進み、職場でも違う国から来た人たちと働くようになると、頭ごなしに『ここは日本だから』と言って日本の習慣を押し付けるのではなく、話を聞いて説明をするというコミュニケーションを取ることで、真の意味で『国際化』された環境になっていくのではないでしょうか。 」 もっと海外へ行きやすい社会にしたい 自分が初めてひとりで海外へ行った歳と同年代の今の大学生の人たちへ伝えたいことをうかがいました。 「初めてフランスに行った時は少なからずカルチャーショックを受けました。 でも、楽しいだけではこれほど印象に残る経験にならなかったと思います。 何かを言われて落ち込むことを恐れるのではなく、自信を持って飛び込んでいくと、色々なものが見えてきます。 海外には自分とは違った人生観を持った人が多いので、そういった出会いを若い時にしておくと、その後の自分の人生にもより多様な選択肢が広がると思います。 」 金子さん自身はこれからどのように仕事や国際化と向き合っていこうと考えているのでしょうか。 「自分もまだ成長しなければいけない点がありますが、海外へ行ってたくさんのものをもらったので、自分と同じようにこれから海外へ行く人たち、日本へ来て不安な人たちの不安を取り除く手助けができればと思います。 ひとりで飛行機へ乗って海外へ行くということは、初めての人にとっては不安なことだと思うので、将来はそのハードルを下げ、もっと海外へ行きやすいサービスや機会を作れるようになりたいと思っています。 1年次にはフランスでの国際ボランティアプロジェクトに参加。 2年次には一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会でのインターンを務めながら、再びベトナムでの国際ボランティアプロジェクトに参加。 フランスでは古い教会の修復作業、ベトナムでは小学校に通えない子どもたちの施設で英語指導の活動を行う。 大学3年次にはフランス・パリ第三大学へ1年間の交換留学。 2015年ANAホールディングス株式会社入社、ANAグループのANAエアポートサービス株式会社でグランドスタッフとして羽田空港国際線ターミナル勤務。 (プロフィールはインタビュー当時) |CIEE CLUB.

次の

ANAエアポートサービス 金子友香さん(グランドスタッフ)|スペシャルインタビュー|CIEE CLUB|

羽田 空港 グランド スタッフ

グランドスタッフの年収は、365万円でした。 (口コミ調べ) グランドスタッフの年収の平均は、 365万円でした。 (口コミ調べ) 平均年収推移は 320万円~410万円となっています。 お給料(月収):約25万円 最大年収:580万円以上 【性別予測年収】 男性グランドスタッフ:360万円~460万円 女性グランドスタッフ:280万円~370万円 グランドスタッフの職種別年収 グランドスタッフの職種別年収を予測してみると、 JALグランドスタッフ:270万円~440万円 ANAグランドスタッフ:280万円~450万円 以前であればANAやJALなどの航空会社が正規雇用の正社員として、グランドスタッフの募集や採用を行っていました。 しかし現在ではグランドスタッフの募集や採用はANAやJALなどの関連グループ会社が行っていて、正規雇用の正社員としての採用ではなく契約社員やアルバイトとしての採用になります。 そのためグランドスタッフのキャリアパスとしては3年間ほどグランドスタッフとして働き、その間の仕事ぶりを判断して正社員として再雇用されるといったスタイルが増えています。 正社員として雇用されると給料もこれまでの時給から月給になり、ボーナスやさまざまな手当ても支給され充実した福利厚生の恩恵を受けることもできます。 グランドスタッフで高年収を稼ぐには? 人気が高いグランドスタッフの仕事ですが給料などの、雇用面では必ずしも恵まれているとは言えません。 以前であればグランドスタッフの募集や採用はANAやJALなどの航空会社が行っていましたが、現在ではANAやJALなどの航空会社も自社の関連グループ会社に業務委託をしています。 そのためANAやJALなどの航空会社と比べると給料もかなり安く、福利厚生の面も航空会社と比べるとかなり見劣りがします。 さらにエアアジアなどのLCCと呼ばれる格安航空会社の参入もあり各社ともさらなる人件費削減を迫られているため、正規雇用の正社員ではなく非正規雇用の契約社員をより多く採用する傾向にあるようです。 このように人気が高いグランドスタッフの仕事ですがグランドスタッフを取り巻く状況は、厳しさを増していて今後は給料面ではあまり期待が持てそうにありません。 ただグランドスタッフとして働いた経験を活かして独立開業して、企業の接客マナーのセミナーや講習会を開き高年収を稼ぐ女性もいます。 グランドスタッフの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 15,821万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が17,988万円なので、平均生涯賃金からの増減は -2,185万円です。 グランドスタッフの仕事内容 グランドスタッフは空港の地上職やグランドホステスと呼ばれることもあり主な業務は、空港のチェックインカウンターで乗客の航空券の発券や荷物の受け取りなどの搭乗手続きやチェックインが終わった乗客を搭乗予定の航空機までスムーズに誘導する搭乗案内の2つです。 本来はグランドスタッフとは航空機の整備士など空港で働く人々のことを指しますが、最近では空港のチェックインカウンターでの接客業務を担当する人や、空港の待合室で搭乗予定の航空機の案内などを行います。 近年はネットで搭乗予定の航空機のチェックインができますが、手荷物を機内に預かる場合には空港のチェックインカウンターで手続きをおこないます。 そのため羽田や成田などの国際線のチェックインカウンターで働く、グランドスタッフは業務に必要な最低限の英語が喋ることが必須です。 国際線の空港で搭乗案内を行うグランドスタッフの場合も外国人観光客などから搭乗予定の航空機について尋ねられることがあり、チェックインカウンターで働くグランドスタッフと同様に英語などの語学が必要です。 空港で働くグランドスタッフはいつも笑顔を絶やさないで一見とても華やかな感じがしますが、実際には航空機の定時に出発しなかったり台風などのトラブルが起こるとその処理に追われます。 いくらグランドスタッフには責任がなくても大切な商談やミーティングがある乗客にとっては搭乗予定の航空機に乗れないと甚大な被害を被る場合もあり、つい責任がないと分かっていてもグランドスタッフに詰め寄ってしまう乗客もいます。 また近年ではテロが頻発しているためチェックインカウンターで業務を行うグランドスタッフは危険な手荷物を見極めることも大事な仕事で、乗客を搭乗予定の航空機までスムーズに誘導する搭乗案内の業務を行うグランドスタッフも航空機の出発時刻までに搭乗口に表れない乗客を探すこともあります。 グランドスタッフの仕事の面白さ 空港のチェックインカウンターで乗客の航空券の発券や荷物の受け取りなどの搭乗手続きを行ったり、搭乗予定の航空機の搭乗案内を行うグランドスタッフは一見とても華やかな感じを受けます。 しかし台風などの天候の変化や航空会社のシステムトラブルなどで航空機が予定より大幅に遅延したり、時には欠航することもありそのような事態になればグランドスタッフは他の航空会社の便の手配や状況の説明に追われます。 また搭乗予定の航空機の欠航が決まれば翌日の便やホテルの手配を行ったり、時には新幹線など別の交通機関の手配を行ったりすることあります。 国際線の欠航の場合は外国人乗客であれば出国の取り消しを行ったりと、トラブルの対応や処理に追われます。 こういった場合にはいくらグランドスタッフには責任がなくても乗客がグランドスタッフに詰め寄ることもありますが、グランドスタッフは誠意を持って乗客に対応し乗客の怒りや不安を少しでも和らげることが大事です。 またチェックインの手続きを済ませた乗客が出発時刻までに搭乗口に表れない場合もあり、そのような場合には館内アナウンスを流すだけでなくグランドスタッフが自ら空港内の免税店やお手洗いの中まで探します。 このような時は空港内を走り回り体力面だけでなく精神的にも疲れますが、無事に乗客が搭乗予定の航空機に乗ることができた時などは、グランドスタッフの仕事のやりがいや面白さを感じる瞬間です。 グランドスタッフの仕事はある意味で航空機の遅延や欠航が起きることが前提で、遅延や欠航が起きた際の対応や処理が大事です。 遅延や欠航が起き最初は怒りを露わにしていたお客さまが誠心誠意の対応をすることで、最後に「ありがとう!」という感謝の言葉を聞くとグランドスタッフという仕事を選んで良かったと思えるようです。 関連コンテンツ グランドスタッフになるには?【資格難易度・合格率倍率】 グランドスタッフになるには特に必要な資格はありませんがANAビジネスソリューション株式会社のような、航空会社の系列会社の採用試験を受けて合格する必要があります。 特に学歴は問われませんが英語検定2級以上か、TOEIC550点以上の英語力が求められます。 そのため大学や短大の英語科や専門学校のエアライン科を卒業し、ある程度の英語が喋れるほうが有利です。 グランドスタッフの年収の本音 実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。 20代 株式会社ANA関連会社 年収280万円 本当は客室乗務員になりたくて、いくつかの航空会社の採用試験を受けました。 ただ客室乗務員は希望者も多く採用されなかったので、まずはグランドスタッフとして働きまた客室乗務員に挑戦するつもりです。 30代 株式会社JAL関連会社 年収340万円 中学生の時から航空業界で働きたいという気持ちが強く、今の会社に入社しグランドスタッフとして働き始めました。 正社員になることを希望していたので3年目に、正社員にならないかと言われた時はとても嬉しかったことを覚えています。 その他職業の年収•

次の