氷見 線 運行 状況。 西武高速バス 富山・高岡・氷見線|西武バス

西武高速バス 富山・高岡・氷見線|西武バス

氷見 線 運行 状況

1 車両の概要について (1)車両コンセプト 車両コンセプトは、「走るギャラリー」です。 窓枠を額縁に見立て、城端線・氷見線の一番の魅力である山と海の変化に富んだ美しい車窓を一枚の絵画のように演出します。 (2)外装・内装デザイン (3)列車名およびロゴデザイン 【列車名】 「ベル・モンターニュ・エ・メール(愛称:べるもんた)」 高岡を起点に山側・海側の双方に路線が伸びる城端線・氷見線。 このエリアの特徴である「美しい山と海」をフランス語で表現しました。 国内のお客様にインパクトを与えるとともに、海外のお客様にも認知いただける名称としました。 この個性的な名称を親しみを持って呼んでいただくために、愛称名を「べるもんた」としています。 【ロゴデザイン】 列車の名称である「美しい山と海」を分かりやすく表現しました。 ゴールドの枠は窓枠を表し、車窓から見える山と海をシンボリックに描きました。 「Belles montagnes et mer」の文字で、城端線・氷見線を結ぶレールと、旅で訪れた土地と旅人の心をつなぐ架け橋をイメージしています。 (4)井波彫刻の展示について 車内に富山県南砺市の伝統工芸品である井波彫刻を8作品展示いたします。 【海側】 世界遺産にも登録された五箇山合掌造りならびに世界最古の民謡「こきりこ踊り」をモチーフにした作品と城端線沿線の散居村から眺めた山々をモチーフにした作品の2作品を展示しています。 【山側】 南砺市を代表する花であるシャクナゲ・菊・水芭蕉・椿・ささゆり・ユキワリ草をモチーフにした6作品を展示しています。 【土曜日(Aパターン)】 運転区間:城端線・氷見線(新高岡・高岡〜氷見駅間) 1日2往復 停車駅:新高岡・高岡・伏木・雨晴・氷見 ・高岡駅では、列車が駅構内を移動します。 ・高岡駅構内移動時の乗車は、新高岡〜伏木駅以遠を発着とする乗車券類をお持ちのお客様が対象となります。 ・「ベル・モンターニュ・エ・メール4号」は高岡駅止です。 【日曜日(Bパターン)】 運転区間:城端線(高岡〜城端駅間) 1日2往復 停車駅:高岡・新高岡・砺波・福野・福光・城端 ・「ベル・モンターニュ・エ・メール51号・53号」は城端駅から五箇山・白川郷に向かう「世界遺産バス」(運行:加越能バス)をご利用いただける時刻で設定しております。 (6)編成および座席数 普通気動車1両(キハ40系) 定員39名 (7)設備 快速列車普通車指定席(全車指定) (8)発売方法 乗車日の1カ月前の10時から発売 2 車内サービスについて (1)食のサービス 【ぷち富山湾鮨セット】 日本3大深湾の一つ富山湾は、暖流系と冷水系両方の多種多彩な魚が生息し、漁場と漁港が極めて近く、「天然の生け簀」と称されています。 ここで揚がる鮮度抜群の地魚と富山県産米を使った「富山湾鮨」を車内で鮨職人が握ります。 富山を訪れた人しか味わうことのできない美味しい鮨を、沿線の美しい車窓を眺めながらお楽しみいただけるセットです。 <注意事項> 対象の「ベル・モンターニュ・エ・メール」の乗車に必要な乗車券・座席指定券をお持ちの場合に販売します。 食事を提供するお時間がございますので、ぷち富山湾鮨をお召し上がりの際は、新高岡・高岡〜氷見駅または高岡・新高岡〜砺波駅以遠の駅までご乗車ください。 【ほろ酔いセット】 城端線・氷見線沿線の造り酒屋で醸された地酒とおつまみのセットです。 標高3,000メートル級の北アルプスに源を発する良質な水と高品質な酒米でつくられた、すっきり感の中にも深い味わいを感じる淡麗辛口酒を沿線4市の珍味とともにお楽しみください。 <内容> 沿線4市のおつまみ(4種類)+沿線の酒のセット(地酒は4種類から1種類をお選びいただけます) <提供列車> べるもんた全ての列車 <価格> 1,500円(税込) <販売方法> 車内で希望者に販売(数量限定) (2)提供会社 富山きときと企画株式会社.

次の

城端線・氷見線観光列車「べるもんた」の車両が完成しました:JR西日本

氷見 線 運行 状況

長大荷物(折りたたみ自転車、大型楽器、サーフボード等)• 貴重品、その他走行中に破損する恐れのあるもの• 愛玩動物(ケージその他に入れてトランクへのお預かりもお断りいたします)• 危険物及び、他のお客さまに危害を及ぼしたり迷惑をかける恐れのあるもの• 車両を破損させる恐れのあるもの 2.お持込お手回り品に関する、その他のお願い• 車内お持込お手回り品の管理は、お客さまご自身でお願いいたします。 また、 お手回り品の破損・紛失・盗難等につきましては、運行会社に重大な過失がある場合を除き、運行会社はその責を負いかねます。 床下トランクへの収納、お取出しはお客さまご自身でお願いいたします。 なお、 お身体の不自由なお客さま、その他の理由によりお荷物の出し入れが困難なお客さまについては、 この限りではありません。 お気軽に、乗務員またはバス停係員にお声掛け下さい。 車内荷物棚ご使用の際は安全の為、重い荷物や不安定な形状のお荷物をお載せにならないようお願いいたします。 お手回り品保管の為、車内の空席を占拠することは固くお断り申し上げます。 乗車券購入に関するご案内.

次の

JAL

氷見 線 運行 状況

1 車両の概要について (1)車両コンセプト 車両コンセプトは、「走るギャラリー」です。 窓枠を額縁に見立て、城端線・氷見線の一番の魅力である山と海の変化に富んだ美しい車窓を一枚の絵画のように演出します。 (2)外装・内装デザイン (3)列車名およびロゴデザイン 【列車名】 「ベル・モンターニュ・エ・メール(愛称:べるもんた)」 高岡を起点に山側・海側の双方に路線が伸びる城端線・氷見線。 このエリアの特徴である「美しい山と海」をフランス語で表現しました。 国内のお客様にインパクトを与えるとともに、海外のお客様にも認知いただける名称としました。 この個性的な名称を親しみを持って呼んでいただくために、愛称名を「べるもんた」としています。 【ロゴデザイン】 列車の名称である「美しい山と海」を分かりやすく表現しました。 ゴールドの枠は窓枠を表し、車窓から見える山と海をシンボリックに描きました。 「Belles montagnes et mer」の文字で、城端線・氷見線を結ぶレールと、旅で訪れた土地と旅人の心をつなぐ架け橋をイメージしています。 (4)井波彫刻の展示について 車内に富山県南砺市の伝統工芸品である井波彫刻を8作品展示いたします。 【海側】 世界遺産にも登録された五箇山合掌造りならびに世界最古の民謡「こきりこ踊り」をモチーフにした作品と城端線沿線の散居村から眺めた山々をモチーフにした作品の2作品を展示しています。 【山側】 南砺市を代表する花であるシャクナゲ・菊・水芭蕉・椿・ささゆり・ユキワリ草をモチーフにした6作品を展示しています。 【土曜日(Aパターン)】 運転区間:城端線・氷見線(新高岡・高岡〜氷見駅間) 1日2往復 停車駅:新高岡・高岡・伏木・雨晴・氷見 ・高岡駅では、列車が駅構内を移動します。 ・高岡駅構内移動時の乗車は、新高岡〜伏木駅以遠を発着とする乗車券類をお持ちのお客様が対象となります。 ・「ベル・モンターニュ・エ・メール4号」は高岡駅止です。 【日曜日(Bパターン)】 運転区間:城端線(高岡〜城端駅間) 1日2往復 停車駅:高岡・新高岡・砺波・福野・福光・城端 ・「ベル・モンターニュ・エ・メール51号・53号」は城端駅から五箇山・白川郷に向かう「世界遺産バス」(運行:加越能バス)をご利用いただける時刻で設定しております。 (6)編成および座席数 普通気動車1両(キハ40系) 定員39名 (7)設備 快速列車普通車指定席(全車指定) (8)発売方法 乗車日の1カ月前の10時から発売 2 車内サービスについて (1)食のサービス 【ぷち富山湾鮨セット】 日本3大深湾の一つ富山湾は、暖流系と冷水系両方の多種多彩な魚が生息し、漁場と漁港が極めて近く、「天然の生け簀」と称されています。 ここで揚がる鮮度抜群の地魚と富山県産米を使った「富山湾鮨」を車内で鮨職人が握ります。 富山を訪れた人しか味わうことのできない美味しい鮨を、沿線の美しい車窓を眺めながらお楽しみいただけるセットです。 <注意事項> 対象の「ベル・モンターニュ・エ・メール」の乗車に必要な乗車券・座席指定券をお持ちの場合に販売します。 食事を提供するお時間がございますので、ぷち富山湾鮨をお召し上がりの際は、新高岡・高岡〜氷見駅または高岡・新高岡〜砺波駅以遠の駅までご乗車ください。 【ほろ酔いセット】 城端線・氷見線沿線の造り酒屋で醸された地酒とおつまみのセットです。 標高3,000メートル級の北アルプスに源を発する良質な水と高品質な酒米でつくられた、すっきり感の中にも深い味わいを感じる淡麗辛口酒を沿線4市の珍味とともにお楽しみください。 <内容> 沿線4市のおつまみ(4種類)+沿線の酒のセット(地酒は4種類から1種類をお選びいただけます) <提供列車> べるもんた全ての列車 <価格> 1,500円(税込) <販売方法> 車内で希望者に販売(数量限定) (2)提供会社 富山きときと企画株式会社.

次の