レクサス lc500 中古。 LC LC500h Sパッケージ(レクサス)の中古車

【レクサスLC】中古車で贅沢な時間を過ごせる仕様にカスタムしてみる

レクサス lc500 中古

レクサスは6月18日、フラッグシップクーペとして君臨する「LC」に、オープン版となる「LC500コンバーチブル」を追加し、7月15日に発売すると発表した。 あわせてクーペ版にも改良を実施し、こちらは6月18日に販売を開始する。 2019年11月のロサンゼルス・オートショーで披露された「LC500コンバーチブル」が、いよいよ発表の時を迎えた。 流麗なボディスタイルはそのままに、フロントスクリーンだけ残してフルオープン化した、ラグジュアリーコンバーチブル。 オープンとクローズ時、それぞれの状態で美しいシルエットが追求されている。 また、書道の三折法という技法に着想を得たという格納方法で開閉動作にまで優雅さを持たせている。 ルーフには、快適な開閉とエレガントな佇まいを両立する電動ソフトトップを採用。 開閉に要する時間は約15秒。 ソフトトップを4層構造とし、さらに吸音・遮音を適切に行い、ノイズを発生源から抑制することで、プレミアムカーにふさわしい静粛性を追求した。 内装には、キルティング加工や径の異なるパーフォレーションが施されたシートなど、車外からの視線を意識した細部まで隙のないデザインを採用。 エアコン、シートヒーター、ネックヒーター、ステアリングヒーターとクライメートコントロールを充実させることで、屋根を開けて四季を感じられる快適性を追求したのもポイントだ。 乗車定員は4名。 なおパワーユニットは5. 0リッターV8 NAのみ。 クーペには設定のあるハイブリッドは今のところ用意していない。 世界を見渡しても少数派となった大排気量NAのエモーショナルなエンジンサウンドを心ゆくまで楽しんで欲しいということだろうか。 なお、LCコンバーチブルのデビューを記念し、青の洞窟をモチーフにしたというブルーのボディカラーにライムストーンの専用内装色を組み合わせた特別仕様車を設定する。 こちらは60台限定で、うち40台はオーナー向け、20台は一般向けに抽選販売分とし、6月18日からWebで商談公募を開始する。 さらに今回、クーペも含めたモデル全体の改良として、足回りの軽量化や駆動力特性の変更などを行った。 シリーズの新価格は以下の通り。 ・LC500 コンバーチブル(5. 0L V8):1,500万円 ・LC500 コンバーチブル・ストラクチュラルブルー(5. 0L V8):1,650万円 ・LC500 Sパッケージ(5. 0L V8):1,450万円 ・LC500 Lパッケージ(5. 0L V8):1,350万円 ・LC500h Sパッケージ(3. 5L V6ハイブリッド):1,500万円 ・LC500h Lパッケージ(3. 5L V6ハイブリッド):1,400万円.

次の

話題沸騰の高級クーペ「レクサス LC500/LC500h」を日本の公道で試す!

レクサス lc500 中古

管理人のワンポイント説明 現行車でトヨタ・RCクーペがいます。 レクサスGS 4代目モデルで元はトヨタ・アリスト を改良して、スポーツクーペを作ったそうです。 レクサスSCクーペは、 レクサスという名前が同じで外観が少し違いますし、車体が一回り大きいです。 2017年3月16日に発売しました。 レクサスの旗艦クーペであり、スポーツカーの王者として走りと高級感、上品でエレガントさを全面的に押し出した車となりました。 Sponsored Links 新型トヨタ・レクサスLC500とLC500hの特徴 プラットフォーム 出典: 出典: 下の動画は 新型トヨタ・レクサスLC500とLC500hのひな形ともいえる LF-LCです。 2012年、デトロイドショーでお披露目されました。 つまり、 FR 後輪駆動 版「TNGA」ですね。 車の重心と重量のとのバランスを保ちながら、いかに早くエレガントにかっこいい姿を持たせることができるかどうか。 やはりクーペは走りと車との一体感です。 画像は、北米仕様です。 Sponsored Links エンジン エンジン レクサスLC500 日本仕様 レクサスLC500h 日本仕様 パワートレイン V型8気筒5. 0L V型6気筒3. ガソリン車とハイブリッド車の2種類で、エンジンがV8とV6とに分かれてるのが特徴です。 以前のトヨタのハイブリッドシステムには欠点があり、トランスミッションが1段しかなかったのです。 馬力としてはあまりにも力不足だったので、特に海外では長く早く走るには物足りないシステムでした。 その欠点を補ったのが、今回の自動変速機構を組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムというわけです。 最強のハイブリッドシステム?! レクサスLS600hとレクサスGS450hではマルチステージハイブリッドシステムの採用。 2段階でHiとLoの切り替えを行っています。 レクサスLC500はハイブリッドではなく V8エンジンで、Direct Shift-10AT 電子制御10速オートマチック を付けます。 10速ってどんな感じなんでしょうか?イメージとしては、滑らかに徐々にギアチェンジして力強く走る感じでしょうね。 前のレクサスクーペとのサイズを比較しますと、 かなり車体が大きくなっていますね。 ということは、 トヨタ・ソアラを意識したものではなく、レクサスブランドを意識したクーペのボディーサイズとなっています。 トヨタ・ソアラの流れとははまったくの別物になります。 特徴は、全高が一番低くて、空気抵抗も少なくして走りを追求した形のラインにしていますね。 5L 5L NA :7. 8 3. 5L H :15. 5L 2. 5L H:23. 2 G:9. 3L 8. 排気量が大きいので、やはり500の燃費は、かなり悪いです。 カタログ燃費で JC08モード7. その点ハイブリッドは電気の力を借りますので、カタログ燃費でいくらかいいです。 レクサスLCを購入する人には燃費よりも、車のステータスでしょうから、燃費は問題外と考えています。 こういう車を買える人が、ちょっぴりうらやましいですね。 日本仕様はイエロー系があり、ちょっと、派手ですが、 ラディアントレッドコントラストレイヤリングとネープルスイエローコントラストレイヤリングはメーカーオプションですので、購入者のセンスが問われます。 あとは、個人的には緑系がほしいかったですが、全体的によくまとまっていると思いますので選びやすいのではないでしょうか。 フロントマスクが印象的で、 セーターを伸ばしたような網目模様を スピンドルグリルといい、レクサスの顔ですね。 先端部分は角ばったわりに、正面に目を向けると丸びを帯びて柔らかい印象を受けます。 全体は流れるようなラインで全高が低く設定されていますので、よりスマートに見えます。 やはり、クーペはかっこよくトヨタらしい車です。 私が昔、よく見てたスポーツカーを思い出させてくれます。 手の届かない車ですが、車に品があってスマートにさっそうと走るのが、本来の車だと思っています。 今では、すっかりとファミリーカーが増えましたが、刺激的な車はこのレクサスLC以外にはありません。 ほんと、惚れ惚れします。 レクサス専用ですね。 上の動画は英語版ですが、下の内容と組み合わせますとより理解が深まるかと思います。 しっかりと 自動ブレーキはついていますし、 パッケージ化で標準装備で、当然といえば当然ですね。 最上級のクーペなので仕方ないですね。 40代の起業家さんがステータスシンボルとして購入しそうです。 ライバル車について 新型日産スカイラインクーペ インフィニティQ60 出典: 日本名では、新型日産スカイラインクーペ。 外国では インフィニティQ60と呼ばれています。 日本仕様のスカイラインは、2017年マイナーチェンジが行われる予定ですが、クーペはまだ米国でマイナーチェンジをしていませんので、2018年以降となります。 価格予想は、430万円くらいから600万円程度です。 日産新型フェアレディZ 出典: 日産新型フェアレディZと言われている画像です。 日産のシンボルである V-モーショングリルがかわいいですね。 「Z35」という名前がついていて、 発売は2017年という話が出ていますが、 どうも遅れている模様です。 スカイラインとレクサスLCでみつどもえな感じですね。 現行車で最高の価格が600万円~です。 2017-10-30 19:44 トヨタ・レクサスLCの評判 全然話題に上らないので触れて措くけど新しく出たレクサスLCシリーズはトヨタ2000GT以来最高のデザインだね。 他社を含めた既存車種でも一番美しいデザインだと思う。 確かにRCのFとか予兆は有ったが試行錯誤の末に漸くもやもやした物がイメージ通り具現化し仕上がった感じ。 肝はサイドシル。 しかしまだ値段が出てないが、たぶん911より高いだろう。 ・・・このデザインラインで2Lターボ位の車が出れば、私は自転車辞めて実業団レース観戦おじさんなるわ。 マッシブでグラマラスなラグジュアリークーペ。 所有したい。 同じデザインの車を500万以下で作ってくれないもんかな。 レクサスシリーズからまた新しいLCシリーズが出ます。 価格もそれなりに高いようで、いわゆる本物のクーペがどんなものかを見せるために作られた車です。 外装や内装は、まさに高級感あふれる作りとなっています。 手が届かなくても、やはり美しい車は、見ていてとてもいい気分にさせてくれます。 トヨタの本気度も伝わってきますし、きっと素晴らしい車だと思います。 レクサスシリーズもかなりの車種がありますので、今後が楽しみですね。

次の

【レクサス新型LC500 / LC500h 最新情報】カーオブザイヤーエモーショナル部門賞受賞!試乗レビューや納期など

レクサス lc500 中古

レクサスは6月18日、フラッグシップクーペとして君臨する「LC」に、オープン版となる「LC500コンバーチブル」を追加し、7月15日に発売すると発表した。 あわせてクーペ版にも改良を実施し、こちらは6月18日に販売を開始する。 2019年11月のロサンゼルス・オートショーで披露された「LC500コンバーチブル」が、いよいよ発表の時を迎えた。 流麗なボディスタイルはそのままに、フロントスクリーンだけ残してフルオープン化した、ラグジュアリーコンバーチブル。 オープンとクローズ時、それぞれの状態で美しいシルエットが追求されている。 また、書道の三折法という技法に着想を得たという格納方法で開閉動作にまで優雅さを持たせている。 ルーフには、快適な開閉とエレガントな佇まいを両立する電動ソフトトップを採用。 開閉に要する時間は約15秒。 ソフトトップを4層構造とし、さらに吸音・遮音を適切に行い、ノイズを発生源から抑制することで、プレミアムカーにふさわしい静粛性を追求した。 内装には、キルティング加工や径の異なるパーフォレーションが施されたシートなど、車外からの視線を意識した細部まで隙のないデザインを採用。 エアコン、シートヒーター、ネックヒーター、ステアリングヒーターとクライメートコントロールを充実させることで、屋根を開けて四季を感じられる快適性を追求したのもポイントだ。 乗車定員は4名。 なおパワーユニットは5. 0リッターV8 NAのみ。 クーペには設定のあるハイブリッドは今のところ用意していない。 世界を見渡しても少数派となった大排気量NAのエモーショナルなエンジンサウンドを心ゆくまで楽しんで欲しいということだろうか。 なお、LCコンバーチブルのデビューを記念し、青の洞窟をモチーフにしたというブルーのボディカラーにライムストーンの専用内装色を組み合わせた特別仕様車を設定する。 こちらは60台限定で、うち40台はオーナー向け、20台は一般向けに抽選販売分とし、6月18日からWebで商談公募を開始する。 さらに今回、クーペも含めたモデル全体の改良として、足回りの軽量化や駆動力特性の変更などを行った。 シリーズの新価格は以下の通り。 ・LC500 コンバーチブル(5. 0L V8):1,500万円 ・LC500 コンバーチブル・ストラクチュラルブルー(5. 0L V8):1,650万円 ・LC500 Sパッケージ(5. 0L V8):1,450万円 ・LC500 Lパッケージ(5. 0L V8):1,350万円 ・LC500h Sパッケージ(3. 5L V6ハイブリッド):1,500万円 ・LC500h Lパッケージ(3. 5L V6ハイブリッド):1,400万円.

次の