英語 メール 書き出し。 先生に英語メールを送る時にきっと役立つ!書き出し文例集

書き始め(挨拶)に使う言葉

英語 メール 書き出し

英文メールのスタイルはカジュアルとフォーマル、どちらがいいの? 英語のビジネスメールといえば、「Dear Mr. …」などの呼びかけから始まり、「Sincerely yours,」などで結ぶなど、書き方にいろいろとフォーマルな決まりがあります。 しかし、実際の職場のメールのやりとりでは、カジュアルスタイルの英文メールも増えています。 「Hi,(名前),」の呼びかけで始め、「Have a great day! 」のように、友人同士のような結びを使うのです。 フォーマルスタイルとカジュアルスタイル、どちらのスタイルで英文メールを書くべきなのでしょうか。 その目安となるポイントをご紹介します。 初回のメールはフォーマルで書く 初めてメールをする相手に、カジュアルなスタイルの呼びかけや文章はNGです。 相手との距離感がわかっていないのに、なれなれしい印象を与えてしまう可能性があります。 初回のメールは必ずフォーマルなスタイルで書きましょう。 送り先と自社の社風は? 堅い業界や礼儀を重んじる大企業とのやりとりでは、フォーマルなメールを書くのが好ましいでしょう。 しかし、IT業界やベンチャー企業など、形式よりもスピードのあるやりとりを重視する社風の会社だったりすると、フォーマルスタイルは手間がかかっていて、よそよそしくさえ感じられます。 送り先は目上の方? クライアントや社内の目上の方にメールをするときには、フォーマルな英文メールを心掛けましょう。 日本でのビジネス経験がある外国人であれば、日本語では親しみを込めたセミフォーマルの呼びかけに「さん」付けを使うことを知っています。 英語の場合、「Thomas-san,」のように、ファーストネームに「san」をつけて使います。 直属の上司であれば、カジュアルスタイルを使ってやりとりをする会社もあります。 カジュアルスタイルとフォーマルスタイルで迷う場合には、まずは相手のメールのスタイルを見て、どちらかを選びましょう。 相手との間柄や、お付き合いの長さや親しさによってフォーマルスタイルからカジュアルスタイルへと変えていくのも良いでしょう。 英語ネイティブが好むメールの出だしとは? 英語ネイティブが好印象を持つ英文メールの出だしにはポイントがあります。 メールの冒頭に、上手に「挨拶、お礼、メールの目的」を盛り込むことです。 例文を使って具体的に見てみましょう。 例) Good afternoon, こんにちは、(挨拶) Thank you very much for offering your assistance on this project. このプロジェクトへのアシストを申し出ていただき、本当にありがとうございます。 (お礼) I've attached the project agenda and your first assignment. プロジェクトのアジェンダと最初にお願いしたいアサインメントを添付ファイルでお送りします。 (このメールの目的) 挨拶 以下のような、口頭でもよく使う挨拶の言葉をメールでも使います。• Good afternoon,• Good morning,• Good evening,• How are you? お礼 英語のメールでよく使われるお礼のフレーズには、以下のようなものがあります。• Thanks for getting in touch. (ご連絡ありがとうございます)• Thanks for the quick response. (さっそくのお返事ありがとうございます)• Thank you for getting back to me. (お返事ありがとうございます。 Thank you for the update. (進捗のお知らせありがとうございます) メールの目的 メールの目的を相手に知らせると親切です。 決まり文句の簡潔なフレーズばかりなので、覚えておくと便利です。• I'm writing to you about…(~についてメールしています)• I'm reaching out about…(~についてご連絡しています)• Just to remind you about…(~についてリマインドさせてください)• Let me confirm with you about…(~について確認させてください)• I'm eager to get your advice on…(~についてアドバイスをぜひいただきたいのですが) 挨拶、お礼、メールの目的を最初に書くことは、英語ネイティブにとって礼儀にかなった、わかりやすい英文メールの書き方となります。 日本語のメールでも普通にやっていることが多いため、適した英語フレーズさえ覚えてしまえば、それほど難しく感じないはずです。 使いやすい出だしのフレーズとは? このほか、英文メールの出だし部分によく使われる英語フレーズも、いくつか覚えておきましょう。 It's great to hear from you. (ご連絡いただき、とてもうれしく思います)• Allow me to introduce myself. (初めてご連絡差し上げます)• As we discussed in our call…(お電話いたしました内容のとおりに~) スマートで効果的な書き出しとは? 最後に、英語ネイティブもよく使うスマートで効果的なメールの書き出しテクニックをご紹介します。 初めての相手にはつながりを書く まったく知らない相手からの初めてのメールを受け取った場合、メールをもらったほうは「どうして?」「どこから私のことを知ったの?」と感じるものです。 このため、相手との接点がどこにあるのかを最初に書くことが、最後まで読んでもらえるメールを書くことにつながります。 I am writing to you because I got your name through Mr. (~さんよりお名前を教えていただき、メールしております)• I was very impressed by the article you contributed to …. (~に寄稿なさった記事を読み、とてもすばらしいと思いました) 相手への気づかいを入れる 知っている相手とのやりとりなら、「お礼」に続いて近況報告や、相手への気づかいを入れると良いでしょう。 難しい話をする必要はなく世間話で大丈夫です。 How did you enjoy your last business trip to Japan? (先日の日本出張はいかがでしたか?)• I hope you enjoyed your weekend. (楽しい週末を過ごされましたか?)• I hope you are feeling rested after the long weekend. 3連休はよく休めましたか?) 英文メールのスマートな出だしは難しくない 英文メールの書き方は難しいように思えますが、お礼や相手への気づかいが感じられるメールを書けばいいのです。 ラリーのように、短時間で何度もメールのやりとりがされる場合などはこの限りではなく、もっと単刀直入に要件から入っても大丈夫です。 相手のメールから感じられる雰囲気を読み取って、臨機応変に対応していくと良いでしょう。

次の

英語の手紙やメールでネイティブが使う自然な書き出し80選!

英語 メール 書き出し

目次 ||||||||||||||||||| 英文メールのページ• -書式、サンプルメール• -マナー、文法、注意事項など。• - 状況設定を読んでメールを書く練習をする講座です。• -構成理解は素早く問題を解くのに役立ちます。 「こんな表現も欲しい。 」などのご要望がございましたらご連絡ください。 アルスネット 土谷 Dear Mr. 男性も女性も関係なく使います。 Smith, などとすることも多いようです。 To whom this may concern, (誰またはどの部署がメールを受け取るかわからない場合など。 また、Dear をつけずに、John, と始めることもあります。 Yamashita-san, 日本人とのやりときに日本語の san を使う人もいます。 苗字を使う場合は性別により Mr. などを使い分けなくてはならないので、その点 san は男女両方に使えるので便利です。 通常のやりとりに使っても問題はないと思われますが、標準的なスタイルになったわけではないです。 (辞書によっては -san を紹介しています。 ) 初めての人にメールを書く場合は簡単な自己紹介から始めるほうが良いです。 どんな人からのメールか分かったほうが相手も安心できます。 基本的に商品の問い合わせなどの時は必要ないですが、自己紹介があると関連する情報をいろいろと送ってくれることもあるかもしれません。 私はABCの研究者です。 私はABCで〜の担当をしています。 私はABCで働いています。 ABC社で働いているというだけでは、どんな仕事をしている人かが分からないからです。 My name is Jane Hayashi and I am sending you my resume. 「私の名前はジェーン・ハヤシです。 履歴書を送信いたします。 」 I am Jim Momota, an engineer at JKL. 「私はジム・モモタです。 JKL の技術者です。 I am Dr. King and I specialize in ubiquitous technology. を使うことがあります。 このように紹介する人に対しては、Dr. をつけて呼ぶようにするとよいです。 知らない人に初めてメールをする際は、自己紹介や経緯の説明などからメールを始めると良いですが、知り合いにメールをするのに自己紹介は不自然です。 何か冒頭に挨拶を入れたいいう場合、以下のような表現を使うことができます。 How are you? 」 How are you doing in the new office? 」 I hope you enjoyed the winter holidays. I hope this email will find you well. /お元気でお過ごしのことと思います。 find をSVOC形で使っています。 I haven't seen you for a long time. 「お久しぶりです。 」のようなフォーマルな印象はないです。 Long time no see. 「お久しぶりです。 会話表現としては一般的ですが、もとはブロークンな表現ですので、状況に注意してください。 I am sorry for my delayed reply. 「お返事が遅くなりすみません。 」 The reason why I am writing this email to you is I'd like to ask some questions about 〜. 」 The reason why I am writing this email to you is I'd like to 〜. 」 I am emailing you because I'd like to 〜. このように書き初め、下書きが書けたら、より良い書き出し文を考えてみると良いです。 Attached is a report on the new product. 」 Attached please find specifications for the PMI project. 」 Please find attached the revised estimate for repairing the control unit. 」 I have attached a new catalog of our latest products. 」 Attached to this email, please find the revised contract. 「更新した契約書を添付いたしましたので、ご覧ください。 」 Attached is 〜. I have attached 〜. 「〜を同封しました」があります。 I have enclosed 〜. 」 Thank you very much for your email. 」 Thank you very much for your help. 」 Thank you very much for sending me the presentation file. 」 Thank you very much for sending me the book. 」 Thank you very much for helping me on the project. 」 Thank you for sending me the presentation file. とすることで、送信してくれたことに対する感謝と、受信確認の両方を伝えることができます。 I really appreciate your looking over my report. 」 We really appreciate your help. 」 感謝の文を冒頭の文としても使う。 感謝のメッセージはポジティブな響きで印象も良いですので、冒頭の文としても便利です。 お客様に出すさまざまメールや問い合わせに対する返信も Thank you... から始めることができます。 Thank you very much for your inquiry. 」 Thank you very much for your interest in our product. 」 Thank you very much for your patronage. 」 Please send me information on the product. 」 Please send me information on 〜. 」 Please send me more information on 〜. 」 Please send me the file. 」 Please send me your report as soon as possible. 」 Please send me the invoice by the end of the month. 」 Please send us the presentation file by Wednesday. 」 Please remit the application fee by Oct. 」 Please send us your technical proposal by July 5. 」 Please send me the itinerary by Jan. Please email me your resume. 」 Please email me your CV with a current photo. 」 Please send the samples to the following address. 「以下の住所にサンプルを送ってください。 」 Please let me ask some questions about the specifications of the product. 「製品の仕様についていくつか質問させてください。 」 Please let me ask some questions about 〜. 「〜についていくつか質問させてください。 」 I'd appreciate it if you could answer the following questions. (とても丁寧) 「以下の質問にお答えいただけるとありがたいです。 」 I'd like to know more about the software. 」 I am looking forward to finding out more about your research. (前向きな表現) 「あなたの研究について、もっと知ることを楽しみにしています。 」 I still haven't received your product. 」 I still haven't received the file. 」 I still haven't received your report. 」 I still haven't received information on your product. 」 I still haven't received 〜. 」 I still haven't received information on 〜. 」 I have yet to receive your application. 」 We have yet to receive your payment. 」 I received the file. 」 I received the package yesterday. 」 yesterday などいつ受けとったのかを伝えたい場合は過去形にします。 I have already received the file. いつ受け取ったかを述べる場合は過去形にします。 I received the file but I could not open it. Please send it again. もう一度送ってください。 」 Thank you for sending me the contract. 「契約書を送っていただきありがとうございます。 Thank you for sending me the invoice; however, I still have not received the products. 「請求書を送っていただきありがとうございます。 でも、まだ商品を受け取っていません。 と始めた場合は、I received... は不要です。 I sent money from a Japanese bank today. 」 We have already sent you the product. 」 I have already emailed you the information you requested. 」 I sent you the invoice today. 」 I emailed you the invoice yesterday. 」 I emailed you information on the product yesterday. 」 Have you received my email about the product? 」 Please contact me by the end of the month. 」 Please help us translate the report. 」 Please submit the report as soon as possible. 」 Please send us the invoice by Friday. 」 Please let me know if you can attend the sales meeting. 頼む内容によっては異なる表現のほうが良いこともあります。 It would be nice if you could pick me up at the airport. 」 It would be nice if you could 〜. 」より丁寧な表現です。 Let me know what you think about the plan. 」 Let me know if you can come pick me up at the airport. 」 Let me know if you can 〜. 」 Please let me know when is convenient for you. 」 Let me know if you have any trouble. 」 Please let me know if you can attend the meeting by 5:00 tomorrow. I was wondering if you could help me on the project. 」 I'd appreciate it if you could 〜. 」 It would be great if you could go over my report. Please feel free to ask me any questions. 」 Please ask me any questions you have about the product. 」 Please reply by 5:00 tomorrow. 」 Please reply as soon as possible. 」 Please give us your answer by May 14. 」 I would appreciate your prompt reply. I am looking forward to hearing from you. 」 I look forward to hearing from you. 」 I am looking forward to hearing from you soon. Hope to hear from you soon. 「すぐに返事をくれたらいいな。 友人やよく知っている人に対して使ってください。 Dear representative, などと始めた場合は結辞は Sincerely 系で良い。 ビジネスメールにも使える定型文・文例をいろいろと入れました。 リクエストがあれば文例を加えますのでご連絡ください。 のページでも紹介しています。 英文Eメールのページ• - 1999年から企業研修として英文メール添削講座を実施しています。 本講座では実際に英文メールを書いて学習します。 基本文法を基礎から学ぶ講座です。 印象に残りやすい例文でポイントを解説。 役立つコーヒーブレークや得点アップのポイントなども充実! ビジネスからプライベートまで、日本語のメールをもとに、平易でわかりやすい英文メールを作成(代筆)します。 ビジネスを初めあらゆる分野に対応、入札・工事関係書類の作成も行っています。 【添削講座】 状況シミュレーションでビジネス英文メールを書く練習をする講座です。 【DVD講座】 英語力アップのために不可欠な基礎文法からみっちり復習するビデオ講座です。 【ビジネス支援】 英語によるメール、ファックス、レター、facebook や twitter 用のコメントなどのコレスポンダンス業務を支援させていただきます。 --- ビジネスからパーソナルまで、ビジネスからプライベートまで、あらゆる種類の文に対応します。 平易でわかりやすい英文メールを日本語のメールをもとに作成(代筆)します。 日記やつぶやきなど、facebook や twitter 用のコメントにも対応! --- ビジネスを初めあらゆる分野に対応、 特に米軍基地内工事関係提出書類の翻訳を多く行っています。

次の

英語の手紙やメールでネイティブが使う自然な書き出し80選!

英語 メール 書き出し

— ビジネスシーンで使える英語をもっと学びたい方は、ビジネス英語に特化したオンライン英会話を今すぐ体験! 1. 感謝を伝える お問合せや質問をいただいたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for contacting ABC Company. (ABC Companyへのご連絡ありがとうございます。 ) 相手があなたのメールに返信してくれたことに対する感謝は Thank you for your prompt reply (迅速な対応ありがとうございます。 ) Thank you for getting back to me (お返事ありがとうございます。 ) 感謝の気持ちを伝えることであなたの礼儀正しさが伝わりますよ。 要件を伝える メールの書き出しで、感謝の一文を添えるのが難しいときもあるかもしれません。 そんな時は要件を先に伝えてから本題に移りましょう。 I am writing to enquire about… (…についてお伺いしたいことがあります。 ) I am writing in reference to … (…の件でメールを送らせていただきました。 ) 忘れてはいけないのが、メールを受け取る相手はみんなメールを素早く読みたいということ。 メールの分は短く、かつ簡潔にしましょう。 結びのあいさつ メールを終わらせる前にもう一度感謝の気持ちを伝えましょう。 Thank you for your patience and cooperation (ご辛抱とご協力ありがとうございます。 ) Thank you for your consideration (ご検討よろしくお願いします。 ) I look forward to hearing from you (お返事お待ちしております。 いかがでしたか?5つのステップをおさえれば英語でビジネスメールが作成できます。 あなた自身、そしてあなたの会社のプロフェッショナルな印象を崩さないためにも、メールを送信する前にもう一度文法やスペル、時制のチェックをすれば完璧です!.

次の