ピンタレスト株価。 【米国株式】注目IPO銘柄ズーム、ピンタレストが新規上場予定!上場初日より取扱い開始!

画像コレクションSNS? ピンタレスト【PINS】│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ピンタレスト株価

ぽこぺんです。 みなさんは「ピンタレスト(Pinterest)【PINS】」というSNSをご存知でしょうか? ぽこぺんは名前だけなら以前聞いたことがあります。 ピンタレストはインスタグラムの様に写真や短い動画を投稿することが出来るSNSで、ピンタレストを通じて特定のテーマで集めた写真などを「ボード」に纏めて公開したり、友達などのグループで共有することが出来るSNSのようです。 とういことで、早速ぽこぺんもアカウントを作ってみました! アカウント開設は非常に簡単で、他のSNSと同じような流れですぐに完了するのですが、興味のあるジャンル(旅行、ファッション、スポーツなど)を設定できるのがめずらしいでしょうか。 さて、そんな【PINS】についてモトリーフールジャパンで以下の様な記事がありました。 類を見ないプラットフォーム ピンタレストは他のデジタル広告チャネルとは方向性が異なります。 グーグルやアマゾンは、ユーザーが興味のあるものについての広告を提供します。 一方、ピンタレストはユーザーに欲しいものを発見させます。 ピンタレストは結婚式、ファッション、フィットネスなどさまざまなテーマに関する情報を入手するために活用されています。 しかし、ユーザーは必ずしも特定のアイテムを探しているわけではありません。 ピンタレストのユーザーは新しい発見や刺激を受けるために利用しているのです。 総合金融サービス会社コーウェンの調査によると、ピンタレストユーザーの48%が同社のプラットフォーム上で商品を購入しています。 フェイスブックはわずか14%、インスタグラムが10%、ツイッターは7%です。 巨大な市場 近年の広告の最大の変化は、巨額の広告費が印刷物やテレビなどの従来メディアから、グーグル、フェイスブックやピンタレストなどのオンラインプラットフォームに移行したことです。 IT専門調査会社IDCによると、グローバル広告市場は2018年の6930億ドルから2022年には8260億ドルと年率5%の成長率で成長し、デジタル広告市場は2720億ドルから4230億ドルに成長すると予測されています。 新型コロナウイルスの影響で、一時的に成長率が低下すると考えられますが、ピンタレストには大きな成長機会があるといえます。 ピンタレストは急速に成長しています。 昨年の売上高は51%増の11億4000万ドル、月間アクティブユーザーは26%増の1億3500万人となりました。 モトリーフールジャパン アカウントを開設したばかりのぽこぺんには「なぜ【PINS】で商品購買率が他のSNSより高いのか?」はまだわかりませんが、ユーザーの約半数が【PINS】で商品購入しているというのはすごくないですか? おまけにユーザー数増えており、売上も増えているというのです。 とういことで、早速株価と業績を確認してみました。 モトリーフールの記事にあるように、売上は前年比約1. 5倍となっていますが、黒字になったことはありません。 まだ上場3年の新しい企業ということもあり、この辺りは許容範囲でしょうか。 世界的にメジャーなSNSの月間アクティブユーザー数は、 Facebook:25億人 Instagram:10億人 Twitter:3億3000万人 といわれていますから、Pinterestの昨年の月間アクティブユーザー数1億3500万人、前四半期の3億6700万人にはまだまだ成長余地がありそうです。 特に類似する(と、ぽこぺんが勝手に思っている)Instagramのユーザー数と比べると3分の1ですから、今後のユーザー数増加に可能性を感じます。 ユーザー数の増加にともなって、ピンタレストのプラットフォーム上で商品を購入するユーザーの割合は低下すると思われますが、商品を購入するユーザーの割合をどこまで高く保てるのかがカギになりそうです。 コロナの影響で多くの企業が広告費用を削減していますが、高い購買率、購買意欲の高い多くのユーザーをピンタレストが保てれば、景気回復後にはより多くの広告掲載依頼が待っているかもしれません。 そうした可能性に賭けて、今のうちに少し【PINS】を購入しておくのも悪くないかもしれません。 今の株価は約$20ですから、夏のボーナスが出たら少し買ってみようかなぁ。 無配だから、ちょっとだけ。 クリックしていただけると嬉しいです。 小さな一歩でこつこつと。 カテゴリー:.

次の

米ピンタレストの公開価格19ドル、18日上場 評価額が想定上回る

ピンタレスト株価

ピンタレスト関連銘柄とは ピンタレスト関連銘柄とは 米ピンタレストが今後上場 IPO することによって恩恵を受ける企業や、ピンタレストのサービスが日本に広まることで恩恵を受ける企業など、ピンタレストに関連する銘柄の総称である。 ピンタレスト関連銘柄を説明するには、まずざっくり「ピンタレスト」についても説明する必要があるだろう。 ピンタレストとは まずピンタレストとはなにか?というところだが、ピンタレストとは米ピンタレストが運営するピンボード風の写真共有ウェブサービスでありスマホアプリとしても展開している。 ピンタレストのユーザーは、興味のあることや趣味などのテーマ別に画像をコレクションし管理することができる。 ピンタレストは写真や画像を投稿・共有したり、他人が投稿した画像などをコレクションすることができるSNSサービスにも近いサイトだ。 フェイスブックやインスタグラム、スナップチャットに続く勢力とも言えるかもしれないな。 使い方がSNSとは根本的に異なるのだそうだ。 まぁ厳密にいえばSNSとは使い方が異なるのだそうだが「他のユーザーをフォローする」という機能もあるわけだし、大きな括りでいえばSNSではあるだろう。 まぁ、それにピンタレストがSNSかそうでないかという点は我々のような個人投資家にとっては大した問題ではない。 投資家である我々が知りたいのはピンタレストがいつ上場するのか?という点やピンタレストの規模 時価総額やアクティブユーザー数など 、それとピンタレストに関連する日本株の銘柄はどれなのか?といったことだろう。 ピンタレストの月間利用者数 ピンタレストの月間利用者数は6700万人ほどらしい。 フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのSNSの勢いには及ばないようだ。 ピンタレストはいつ上場 IPO するのか? 残念ながら今のところピンタレストがIPO申請するという情報はなく、いつ上場するのかという情報もないのが現状だ。 だが、スナップチャットのように突然、IPO申請する可能性もなくはないので、関連銘柄は事前に把握しておくべきと言えるだろう。 ピンタレスト関連銘柄 一覧 今のところ、ピンタレストに関連する日本株は少ないようだ。 当方が調べた限りでは以下の通り。 4755 楽天 ピンタレストに出資• 4324 電通 ピンタレストジャパンと業務提携 ピンタレスト関連銘柄 本命・出遅れ 今のところ、 ピンタレスト関連銘柄の 本命と思われるのは以下の銘柄だろう。 もし 出遅れ銘柄などがでてくれば追記するつもりだ。 なお、この項目は当方の主観を含む内容のため、参考までに願う。 ピンタレスト関連銘柄 本命 楽天 言わずと知れたネット通販会社。 他にも金融・旅行などなど事業内容は多岐にわたる。 楽天はピンタレストに出資している企業であり、まさに 本命の ピンタレスト関連銘柄といえる。 もしピンタレストが上場申請するようなことになればダイレクトに恩恵を受ける銘柄といえるだろう。 ただし楽天はかなり時価総額の規模の大きい銘柄。 ピンタレストが上場するとしても、楽天に与えるインパクトは限定的と考えておくべきだ。 ピンタレスト関連銘柄 本命 電通 言わずとしれた大手広告代理店の電通。 電通はピンタレストジャパンと業務提携している企業だ。 こちらもピンタレスト関連銘柄の本命と言えるだろう。 こちらも大企業、もしピンタレストが上場するとしてもインパクトは限定的だろう。 ピンタレスト関連銘柄 まとめ 米ピンタレストは正直、日本では流行っているとは言い難い状況だが、アメリカではそこそこの地位はあるSNSらしい。 2017年に米国でIPO申請したスナップチャットと同様に、もしピンタレストも米国でIPO申請することがあれば、日本株にも影響を与える可能性はゼロじゃない。 そこまで長続きするテーマではないかもしれないが、一応把握しておくべきテーマ株と言えるかもな。 そして今の相場はマジで稼げる相場とみている方だろう。 それもそのはず。 今の株式市場はまさに 「テーマ株相場」そして「世界的な株高」だ。 某証券会社にも「人気テーマ」というページが加わったし、他にもテーマ株をまとめている株メディアは無数にある。 ここ最近の急騰銘柄をみても、5G・量子コンピュータ・人工知能 AI 関連・仮想通貨関連・ブロックチェーン関連・スマホアプリ関連・キャッシュレス関連など旬なテーマ株ばかりである。 確かに今の相場で大化け銘柄を掴みたいなら注目すべきはやはり「テーマ株」だ。 だが、現実的に次にきそうなテーマ株を先取りするのは至難のワザ。 当方は個人投資家がもっとも現実的に旬なテーマ株を先取りする方法は 「優秀な株サイト」を上手に活用することだと思っている。 株サイトは胡散臭いところもあるが、信頼できるところを選べば役立つケースがあるのは事実だ。 特にテーマ性を重視して選ぶのならば、 とにかく結果をだしている、これら投資顧問は見ておくべきサイトとしてオススメする。 なんといっても2019年も株価2倍銘柄を月2本提供の実績!そしてここは2018年に圧倒的な存在感を示した。 2018年だけでも 株価7倍超え銘柄を1つ、さらに テンバガー 株価10倍超え 銘柄を2つも先取りしている。 さらにいえば 株価2倍~3倍程度の銘柄ならそれこそ数え切れないレベルだ。 現にすでにこの 2019年相場だけでも物凄い数の推奨銘柄が株価2倍を超えている。 99倍 三桜工業 株価3. 5倍 イノベーション 株価2. 1倍 那須電機鉄工 株価2. 16倍 HAPiNS 株価2. 06倍 バンク・オブ 株価2倍 ベネフィット 株価2. 07倍 日本鋳鉄管 株価2. 07倍 カルナバイオ 株価3. 64倍 多摩川HD 株価2. 61倍 ホープ 株価2. 09倍 Mエンター 株価3. 55倍 イーソル 株価2. 00倍 IRジャパン 株価2. 00倍 環境管理 株価4. 09倍 アクロディア 株価2. 87倍 シンクレイヤ 株価2. 74倍 セキド 株価2. 26倍 レアジョブ 株価2. 25倍 霞ヶ関キャピ 株価2. 25倍 ネットイヤー 株価2. 00倍 オンコリスバイ 株価3. 09倍 Nuts 株価2. 16倍 ベルトラ 株価2. 73倍 シベール 株価2. 23倍 アピックヤマダ 株価2. 30倍 AmidA HD 株価2. 56倍 デュアルタップ 株価2. 16倍 株エヴァンジェリストが 2019年1月~10月の間に叩き出した実例。 そして、今年も投資家の話題となった昨年のものも含めれば、それこそ 数え上げればキリがないほどに大量に急騰株を先取りしているサイトなのだ。 それに驚くべきはほとんどの銘柄を 「動意づく前段階で推奨している点」だ。 とにもかくにも 「テーマ性を重視するなら、まずはここの無料情報を試してみろ」 株エヴァンジェリストについてはこの一言に尽きる。 そしてリニューアル直前の提供銘柄も、提供後にVALUENEX(4422)が即STOP高、そして株価2倍のトレイダーズを提供! 圧倒的な実績である。 無料銘柄でこれだけの数字をだしている理由はその銘柄の分析力によるものかもしれない。 有料プランでしっかり成績を出せるからこそ、無料で出す銘柄も精度が良いのだろう。 なぜそう考えるか?これは有料プランになるが成功報酬プランも相当に成績が良いらしい。 すでに、乱高下を繰り返す難しい令和相場で4500万円以上の利益を確定しているとの事だからだ! これだけ素晴らしい成績があれば株式投資の利益だけ悠々自適な生活もできるかもしれない。 一度は登録して試してみるべきサイトだ。 ここで「まず見るべき」は無料情報の推移。 ここは無料のメルマガ登録をしておくだけで無料情報をバンバンくれるのだが、とにかく その無料情報が凄い。 結論から言うが、これは本当凄すぎる情報提供力だ。 勿論2019年も負けないパフォーマンスを出す銘柄、初動段階であのドラクエウォークで急騰とんったコロプラを初動段階で提供している。 ハッキリ言ってこれは相当凄い。 そもそも株は100発100中を目指すものじゃない。 「プロでも勝率5割が普通」と言われる株の世界で 7カ月連続で無料銘柄が8割ちかくの勝率となっているのはハンパではない。 33倍 、enish 株価4. 17倍 、オンキヨー 株価2. 57倍 など株価2倍超え以上を達成している銘柄も多数ある。 5倍~株価2倍超え、中には株価4倍超えの大化け推移をした銘柄もあるということだ。 「とにかく無料がいい」という人や「無料でもできればパフォーマンスにも期待したい」という人には 「マジでグラーツ投資顧問を一回見てみろ」と言いたい。 そして新生ジャパン投資も凄いぞ! と、いうのも代表を務める「 高山緑星 こと 前池英樹氏」は株の世界では知る人ぞ知る人物。 20年以上にわたり歴史的大相場を的中させてきた人で、これまた株の世界で有名な「大岩川源太氏」とともにラジオNIKKEIで「源太緑星株教室」なる番組もやってるようだ。 したがって世間からの注目度は高い。 それに実力も今のところかなり凄いぞ。 HPの実績一覧を見てみてもなかなかデカい推移がズラリ並んでいる。 90%UP さらに…ココだけの話だが、ここは今登録すると「実力を証明する特選無料銘柄」とやらを即座に配信してくれる。 「実力を証明する為の銘柄」っていう以上、自信アリなヤツを見せてくれるハズ。 「これだけもらってとりあえず実力試し!」って手も賢い投資家のワザだと思うぞ。 株マイスターももちろん金商登録のある登録助言業者だ。 筆者も登録している投資顧問会社で インターネット型の投資顧問としては老舗の部類に入るサイトである。 ここは当方が信頼を寄せている投資顧問の一社だ。 理由は単純だが、 推奨銘柄の推移でしっかりと上昇幅の大きいものを当てているからだ。 旬なテーマ株などを先読みしているケースも目立つし、ハッキリ言って情報の量・質に関して当方には文句のつけどころが無い。 まぁ細かい点を挙げれば無いこともないのだが、そんなのは重箱のスミをつつくようなものだ。 いずれにしても当方は株マイスターはオススメできる顧問さんであると自信を持って言える。 新規登録者には無料で銘柄をプレゼントしてくれるので未登録の方は試すべきだろう。 いずれにしても上記のサイトは取りあえず登録までは無料だし、無料情報もバンバン配信してくれる。 無料情報を自分の目で見てから本格的に利用するか決めればリスクも少ない。 登録してみて自分にあっているかどうか、判断すればいい。 以上が当方のオススメする黙って登録すべき投資顧問。 なお、当たり前のことだが一応断っておく。 上記の投資顧問会社を利用したところで 「確実に儲かる」という訳では無い。 株式投資は自己責任、勝てる時もあるだろうし、時には損してしまう時だってあるだろう。 だが一つ言える事は 上記のサイトはどれも相当情報が早い。 これは実際に使ってみれば実感できると思う。 株の情報は速度が命だ。 情報を知るのが数分遅れただけで手の届かない株価になってしまったり、又は高値掴みになってしまうこともあるのが株式相場の常。 鮮度の高い情報を持っている投資顧問なら、それだけで利用価値はある。 まぁいずれにせよ上記の殆どの投資顧問会社は登録までは ひとまず無料だ。 無料で出してる銘柄情報でも、ある程度サイトの特徴を把握できるかもしれない。 登録してみて利用するかどうか自分で判断すればいい。 もし、その他の投資顧問会社を知りたければ当サイトにがあるのでそちらを見て判断してくれ。 投資は自己責任が原則だ、その点は充分に注意して欲しい。 カテゴリー• 673• 195• 812• 299• 2,224• 137• 117• また、当サイトでは投資に関する「助言」は一切行っておりません。 投資に関する最終決定はすべて利用者の判断にて行ってください。 なお投資方法・助言に関するお問い合わせには一切お答えできかねます。 当サイトに掲載している情報により被ったいかなる損害も当サイトでは責任を負いかねます。

次の

ピンタレストの株は日本でも買えるの?買い方とは

ピンタレスト株価

4月18日、画像検索・共有プラットフォームの米ピンタレストがニューヨーク証券取引所に上場した。 今年は米配車大手リフトやウーバー・テクノロジーズ、ビジネス用チャットサービスの米スラック・テクノロジーズなど、評価額が10億ドルを超えるユニコーン企業が上場する見込み。 ピンタレストも、そんなユニコーン企業の1社である。 同社は共同創業者のベン・シルバーマンCEO(最高経営責任者)が2010年に創業した企業で、自分で撮った写真や商品画像など、ウェブ上のあらゆる画像をピン留めできるサービスを提供している。 月間の利用者数は約2億6000万人と、フェイスブックやインスタグラム、ツイッターと比べれば少ないが、2016年3月末の1億2800万人から2018年12月末の2億6500万人と着実に伸びている。 先んじて株式を公開したリフトは、直近の資金調達価格の5割増という強気の公募価格を設定したが、上場後に株価は下落、公開価格を下回っている。 その影響があったのだろうか、ピンタレストの公開価格は19ドルとそれまでの資金調達価格だった約21ドルを下回る水準に設定されたが、上場初日の終値は24. 40ドルと公開価格を上回った。 フェイスブックやグーグルなどのハイテク大手が上場時に既に黒字化していたのに対して、ピンタレストの2018年12月期決算は約6300万ドルの最終赤字である。 赤字企業の上場に126億ドルの評価額がついたことに対して懐疑的な見方もないではない。 もっとも、ピンタレストはショッピング・プラットフォームとして大きな可能性を秘めている。 それは、ユーザーがピンタレストをどう使うかという点に起因する。 比較対象にされることの多いフェイスブックやインスタグラムの場合、ユーザーは身の回りの話や自分の体験をシェアすることが一般的だ。 それに対して、ピンタレストのユーザーはアイデアやインスピレーションを記録、シェアするために同サービスを使う。 例えば、筆者の米国赴任時代、妻は子供の誕生日会で友達が飽きてしまわないように、パンチボックス(穴を開けてお菓子やおもちゃを取り出す箱)を作ったり、巨大なさいころパズルを作ったり、出し物をいくつも考えていた。 そのネタ元はたいていはピンタレストである。 私自身も、流木アートや収納アイデア、庭の垣根などの画像を好んでピン留めしていたし、子供と作った針金アートやフェアリーガーデン(花や苔、石ころなどの自然素材と陶器の人形を使った西洋風盆栽)はピンタレストでシェアしている。 つい最近も子供の二段ベッドにつけるエスカン(角型のS字フック)をアマゾンで探したが、最適なサイズがなかったためピンタレストで画像を検索、最終的にイメージしていたものに近い製品にたどり着いた。 買う商品が決まっている場合にはアマゾンは極めて便利だが、具体的なイメージが固まっていないことはしばしばある。 もっと言えば、何が必要か分かっていないということも少なくない。 そういう時は、ピンタレストで画像を検索しながらイメージを膨らませる。

次の