バトオペ 2 新 機体。 バトオペ2 完全初心者用。絶対とったほうが良いカスタムパーツと個人的おすすめ一覧。※2020/02/27更新

バトオペ2 ズゴックE強襲機コスト400 通称蟹江《新機体》|すおうまんのブログ

バトオペ 2 新 機体

以下、リリースを引用 『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』最新情報!• さらに、『機動戦士Zガンダム』より「Zガンダム」が登場します。 詳細は以下をご確認ください。 MSに試乗できる「TRIAL」、敵MSが押し寄せてくる「SURVIVAL」、巨大MSなどと戦闘が行える「BOSS」の3種類があり、やり込み要素である「タイムアタック機能」で好タイムを記録すると、達成報酬を獲得することができます。 ミッションの種類について• TRIAL:指定されたMSで出撃し、TARGETを撃破するミッションとなります。 SURVIVAL:押し寄せる敵MSを規定数撃破するミッションとなります。 BOSS:最終フェイズに出現するBOSSを撃破するミッションとなります。 第1弾:72時間限定! 厳選機体が必ずもらえるSTEP UPを一新! 厳選された強機体4機の内、1機が必ず獲得できるSTEP UP抽選配給となります。 第1弾STEP UP抽選配給期間:2020年3月26日 木 14:00 から開始 [予定]• 第2弾STEP UP抽選配給期間:2020年4月2日 木 14:00~2020年4月9日 木 13:59 [予定]• 第3弾STEP UP抽選配給期間:2020年4月9日 木 14:00~2020年4月16日 木 13:59 [予定]• 第4弾:原作毎のMSが必ず獲得できるSTEP UP! 各STEPを要請すると、11回目のおまけで原作毎のMSが必ず獲得できるSTEP UP抽選配給となります。 第4弾STEP UP抽選配給期間:2020年4月16日 木 14:00~2020年4月23日 木 13:59 春のバトオペ祭りZキャンペーン内容5:新兵用スペシャル抽選配給のラインナップを更新! バトオペ2をはじめたばかりの新兵が要請できるスペシャル抽選配給のラインナップを更新!.

次の

ガンダム バトルオペレーション2 すべての機体まとめ 新機体 参戦MS バトオペ2 攻略

バトオペ 2 新 機体

400コストはBRや上位バズ限定です。 装備によっては、 ここからオススメランクが全て一つ、 二つ下がると思ってください。 また使う人が使えばランクが下の機体も、 もちろん強いのでご了承ください。 それでは解説していきます。 全機体 高性能バランサー付きです。 Lv3 耐久もあり、シールドもあって、 移動ヨロケ射撃二つあって、 相変わらず安定感がハンパない。 連撃がないため、 火力という面では他機体に劣るものの、 連撃もついたためなかなか火力も出せる。 拘束力はとても高いので、 前線構築には非常に適している一機です。 地上専用機なのでOH(オーバーヒート)も、 短いのもいい。 Ez8Lv2 連撃、バランサー、 緊急回避とスキル構成は完璧で、 サーベルの威力も非常に高い。 特に 独特な鉄砲玉モーションの下格は、 出は遅いけど、 伸び、 火力とも申し分ないものとなってます。 格闘判定も強判定なので、 同時に振っても振りまけないのも利点。 ・・・まぁ前まで 身体に当てても倒せてたのが、 異常だったんだけど・・・ 前よりは気をつけて振っていかないと、 ダメになりました。 こちらも 地上専用機なので、 OHが短いです。 火力は抜群だがバズ環境が現行ちょっと辛め。 Lv1 開始当初から安定している、 400帯の最強機体の一機。 Ez8を超えるスピード、 癖のない格闘(サーベル時)、 連撃、バランサー、 緊急回避とスキル構成も完璧。 シールドもでかく、耐久も高いという、 まさに の主役機といったところ。 機体編成に困ったら、 とりあえず載っておけば、 なんとかなります。 BRはなんだかんだで強い。 更に修正が来てHPと装甲が上がった。 これにより耐久性ならバズでも、 スラ速などを重視するならと、 差別化が更に進んだと思われる。 Lv4 スキル構成がほぼ。 コストの安いといった感じ。 癖がなく現状で、 一番オススメな機体。 大暴れしそうな機体。 地上適正もあるので、 よりもOH時の、 スラスター回復が速い。 格闘判定も強いのがいい。 ついにメスが入りました。 判定が強ではないため、 無理が前ほどしにくくなってます。 かつ 400はほぼBR環境。 Lv2がガチャに来たが、 せめて 3が来るまでは冬の時代と思われる。 3号機 待望の汎用EXAM機。 細身で中々のスピード。 ブースト移動中に撃てる、 ミサイルが壊れ兵装。 EXAMを発動すれば疑似強襲機っぽい、 動きが可能になり、 戦場を駆け巡りやすい。 反面BRの威力は控えめなので、 やみたいに、 BRばっかの立ち回りだと、 真価を活かしづらい。 相手の死角からEXAM格闘や、 ブーストミサイルからの格闘を主体に、 格闘中心で考えると活躍しやすい機体。 注意点としては、 マニューバはないので、 正面からツッコむのはちょっと苦手。 流石にGGGPや勝率で大暴れしていたため、 修正のメスが入ってしまった。 EXAMの下方、強すぎミサイルよろけ値の下方。 修正されてなおまだ強い機体である。 ペイルライダー[陸戦重装備仕様]Lv1 コスト比最低ランクの耐久性。 BD3とは運用方法が違い、 凶悪やBRをキャノンを使いつつ、 格闘をねじ込む機体。 HADES中は化け物火力になるが、 装甲が結構下がるので、 注意しないと即落ち待ったなし。 豊富な射撃と射程を活かして、 支援機にも嫌がらせをすると、 強襲がイキイキしやすくなり、 結果自分が助かるので覚えておこう。 修正でロケランが持てるようになったり、 HADESの装甲減少値が緩和、 そして何より ミサイルがかなり強化されたため、 現行ならSランといって良い機体になった。 がっ 耐久性の低さは変わらないので、 こればっかだと前線が崩壊すると思っておこう。 副兵装がかなり強く、 主兵装をどれにするかで、 立ち回りが180度変わる機体。 足回りはEz8並に快適なため、 ロケランならわかりやすいサーベル振りの、 Ez8として利用も可能。 ただ 格闘判定が一般汎用にも負けるので注意。 専用が足が止まるが、 500mと高射程。 ヒート率もチャージしない限り低めなので、 前に出つつの狙撃運用でも面白い。 注意点としては汎用なので、 前線いかないと戦線が押し込まれることが、 多々あるので注意。 狙撃だけなら支援機のほうが火力出るのでおすすめ。 修正で格闘判定が底上げされて、 ノンチャ時の威力がUPし前よりも、 結構やれる機体になった。 Lv2 中判定ではあるものの、 スラ速、スラ量とも素晴らしく、 火力も連撃がついて強化サーベルなので、 申し分ない機体。 しいていうなら バズーカが、 ハイバズよりも弾数、威力共に良いが、 発射間隔、リロードが悪いという、 ハイバズよりもロケランに近い。 あと スピードが125なので、 400機体の中ではまぁまぁぐらい。 ラインスタンドアーマーLv1 アクトみたいな即よろけビーム。 射程こそアクトより短いものの、 OH率がちょっと低いため、 意外と弾持ちが良い。 足はそこまで速くないが、 タックルシールドと格闘火力、 意外に痛いガトスマと悪くないを持つ。 足回りは負けるが火力特化アクトみたいな機体。 ・・・だったのだが、 アクトビーライのOH増加、 HP減少を受けて相対的に評価が上がった機体。 なんだかんだでOH低めな即よろけビームは強い。 Lv1 1周年のイベント機体。 イベント機体とは思えない超高性能機。 耐久こそより低いものの、 弾持ちの良いバズ、を越える連撃火力、 地上適正ありの足回りと緊急回避2持ちと、 バズ使うならこっちでいいんじゃね?という機体。 修正での耐久があがったため、 住み分けはできるように。 反面スラスピが普通なため、 スラスピが欲しいならパジム。 足回りや緊急回避2がいいならと、 うまいこと住み分けされている。 スレイヴレイスLv2 修正でちょっとHPは増えたものの、 緊急回避もなく連撃もないため、 如何せん火力も耐久性も不安が残る。 しかし偽装はいかんせん強力で、 BR持ち偽装連結なため、 広い範囲で戦うことが可能。 手数で戦い、相手の不意を突かないと、 活躍がしづらいので注意。 ふらっと相手の背後に周り、 味方への攻撃をカットしつつ、 を駆使して敵を撹乱して戦おう。 装甲強化型ジムLv4 250コスの王者。 がっ流石に400コストでは、 BR系が多いため無双はなかなか難しい。 といっても爆発反応装甲は依然強力で、 支援機に見られても他汎用よりは戦いやすい。 HPに盛れば16000を超えれて、 サーベルもレベル4なため、 そこそこの火力はちゃんとある。 できればハンガーに入れると、 全スロット+2なので恩恵がかなりでかい。 スラスピはこのコスト帯では、 今一つなのでとにかく動こう。 ペイルライダーキャバルリーLv2 350では間違いなくぶっ壊れだったが、 400コストでは良機体な感じ。 それでも勿論超強い。 前作のような強制転倒はなくなったが、 汎用最高クラスの格闘兵装。 このコスト帯では驚異の長射程ビーム。 連射力、よろけ値ともに優秀なガトリングに、 汎用一般スキルにHADESまでついてる、 コスト性能が頭一つ抜けてる機体。 非常に強い機体だが、 即よろけが静止射撃武器なため、 この機体ばっかでは前線が持たない。 かつ立ち位置が寒ジムや、 支援機と似通ってるため、 支援機多めの編成でも使いにくい。 バランスを考えないと、 きついだけになるので注意。 バラマキ兵装が強いので、 本家ペイルよりもHADESは使いやすいと思う。 重装型タイプDLv1 弾速の速いバズーカ、 爆風が広く隙の小さいキャノンと、 射撃戦では無類の強さを誇る機体。 スピードこそ遅めではあるが、 装甲値、HPも高いため問題ない。 緊急回避こそないが、 マニューバに爆風反応装甲と、 エグいスキルの組み合わせで、 なかなかの生存性能を持った機体。 反面格闘がなため若干射程が短い。 遠距離では強いが近距離戦はちょっと苦手なため、 うまく距離を開けつつ戦いたい。 現状汎用でも壊れと言われてる機体。 耐弾、ビームが高めで接近戦よりは、 射撃戦をメインに戦っていきたい機体。 緊急回避、連撃、バランサーがあるため、 支援機よりも圧倒的に自衛能力が高く、 スラスピも速いため射撃戦は強い。 完全に芋るのではなく格闘を振りにいったり、 味方への攻撃をカットしたりな中衛が望ましい。 逆にずっと最前線だと脆い耐格で、 瞬殺されることがあるので注意。 火力は埋めがたい悲しい差があるのだが、 前線支援維持システムLv2という独自性で、 味方を援護しつつ戦っていきたい。 スコアに出ない部分がキラリと光る機体。 味方としてはとても嬉しい。 ザクFSLv6 火力はこの化け物達の中でも、 トップクラスですが、 いかんせん 緊急回避がないと、 一瞬で溶ける可能性があるのが辛い。 ただ 格闘判定は強判定なので、 多くの機体に競り勝てて、 かつ パワアクもあるため格闘戦はかなり強い。 格闘型強襲以外には振り勝てるのは利点。 あと 鍔迫り合いの際に、 先に動けるメリットがあって、 これをうまく使えれば結構化けます。 待望のマニューバがついて別物クラスで化けた。 ザク改Lv4 待望の連撃までついて、 スキル構成だけでいえばクラス。 射撃補正は高いため、 バズーカやしっかりクラッカーを、 当てれれば、 活躍できる可能性はあります。 Lv3 Lvがあがって耐久はマシになったものの、 連撃もなく、 簡略式は相変わらず使いづらく、 盾もないから中スロがあまりやすいという 子。 耐格3が待望の中スロのみなので、 運用するならとにかくほしい。 あるとないでは 世界が変わります。 グレのよろけ値が50と恐ろしく高く、 マシンガンも当てれば拘束もでき、 射撃補正も高いため意外に戦えます。 スラスピが一般機よりほんのちょっとだけ、 速くなっています。 簡略式ミサラン、グレ、 ホークとかなり強くなり、 素晴らしい機体となった。 ドムLv3 移動射撃ヨロケ二つ持ち、 スキル構成はクラス。 火力特化なのは変わってなく、 愛用者も多い名機の一つ。 ただ 主力の格闘が、 やEz8とかち合うと、 一方的に負ける、 そして でかいという、 悲しい現状のため、 300よりもっと動いて戦わないと、 かなり辛い印象。 足回りは相変わらず良好なので、 そこを活かしていきたい。 修正で装甲と新スキルのおかげで、 かなり硬くなった。 後ろに逃げるよりツッコむのが強い機体なため、 帰ってこれない覚悟でレッツゴー。 先行量産型Lv1 400コスト帯で一番の耐久力があり、 スキル構成もクラス。 サブ兵装に、 火力はイチマイチ だけど、 ヨロケをとれると、 カタログスペックだけで観れば最強クラス。 ただいかんせん、 ドムと同じ欠点、 格闘がやEz8と、 かち合うと一方的に負けて、 でかいというのが悲しい現状。 下格の伸びはとてもよく、 よりは射程が長いのは利点。 ただ 格闘の癖が強いため、練習は必須。 バランスの。 硬さで前線構築特化の、 と いった感じ。 更に修正で待望の脚部特殊緩衝材がついたため、 劣化VDゲルみたいな感じだったのが、 硬さの独自性が付きできる子になった。 できればスロの関係でハンガーはやっておきたい。 後期型Lv1 バランサーもなく、 耐久も低く、スピードも遅いですが、 全機体中屈指のスラスピと、 スラスター量を持ってて、 高威力のグレと高射撃補正で、 動きを止めらたらやられる機体です。 最前線ではきついですが、 スラスター量をうまく活かして立ち回れば、 嫌らしい機体です。 簡略式でも強いですが、 手数が足りなくなるので、 編成に応じて考えよう。 イフリートLv3 バズーカも持てるが、 なんといってもショットガンがヤバイ。 今作のショットガンは、 よろけ値蓄積型になったが、 よろけ値がかなり高いので、 あまり使用感は変わらない。 ガバエイムでもヨロケがとれ、 強襲機にとってはかなり脅威。 ザメルだろうがマニューバだろうが、 しゃがみだろうが、ヨロケが取れます。 ただ 現状ショットガンの弾数が3発なので、 そこが相手していて救い。 もちろん バズーカも強いので、 使いやすいほうを推奨。 スモークも相変わらず強いので、 環境を変える一機だと言える。 あと 格闘は強判定なので、 一部汎用と強襲機以外には、 格闘判定で勝てます。 Lv2 先行量産型と比べると、 スピードや耐格装甲を減らし、 強タックルがなくなったかわりに、 射撃補正とスラスター量をあげた機体。 そのかわり 現状しかなく、 使う人をかなり選ぶ機体。 副兵装もマシンガンから、 クラッカー系になったので、 射撃戦メインの人には、 先ゲル以上の機体。 盾が背面なので、 絡まれた際はうまく背中に当てると、 生存力アップ。 優秀なバズーカが追加された。 これまた 脚部特殊緩衝材がついて、 なかなか硬さが光る子になった。 だが耐格の低さは相変わらずなので、 前線では相変わらず立ち回りを気をつけよう。 ハイゴックLv2 でかすぎる図体から、 孤立するとヤバイのは前作と一緒。 緊急回避は1になり、 ( 修正で緊急回避が2に) 連撃もなくなったが、 ( 修正で連撃が追加) 高バラ、緊急、マニューバ、 そして移動よろけ兵装2種という、 装備面ではかなり優遇されている。 耐格闘は低いが、 耐弾や耐ビーはそこそこあり、 HPもコスト比ではかなりのもの。 下格も二連撃当たって高威力なので、 機会があればちゃんと振っていこう。 良い意味で 火力ガン振りな機体。 反面足回りがザク改相当なので、 スラスター管理をしっかりしよう。 スペックお化け。 使いこなせればまさに化け物。 ただ 400はビーライ環境のため、 デカすぎる巨体に、 攻撃が引っ掛かりやすいのが難点。 ザク改フリッツヘルムLv3 ランクマッチで先行配信された、 緊急、バランサー、連撃、 さらに耐爆装甲もついて、 シュツルムに普通のザクバズも持てる、 超優秀なカットマン。 後期型と違いホークが通常のものなので、 若干格闘火力は低いが、 それでもトータルで優秀な機体。 火力特化というより、 カット特化の機体なので、 味方が動きやすいようによろけやダウンを、 量産していこう。 この Lvから全機体憧れの的である、 緊急回避が2になる。 ホークも強化型なので切り替えが早いのもいい。 対空マシンガンは弱くはないが、 火力が低いのでカット専門に徹しよう。 対空マシンガンが幾度の修正を経て、 かなり評価が高くなっている。 よろけが取りやすいために、 カットに徹して高火力ホークで、 頭ぱっかーんとダメージを稼ごう。 地味に強化型ホークの火力が高く、 同コストと同等。 火力を伸ばすなら格闘は必須。 スキル、は完璧なのに、 足回りと同コスト比で8低いスロットが、 全てを台無しにしている。 修正でスロットは一般機並に。 ただ 格闘火力は恐ろしく、 連撃はないものの一撃が重たい。 情報観測連結も持っているので、 味方に貢献はしやすい機体。 ただ スペックは相変わらず悲しいので、 弱くもないけどなんとも言いづらい子。 Lv2 カサカサ動き、 手数で頑張る機体。 バズ かBRがおすすめ。 マシンガンはちょっと無理・・・ 格闘、タックル、グレネード、 主兵装全て使いこなせれば、 素晴らしい機体。 反面火力不足にはなりやすいが、 それは 別の機体に任せて、 他の機体を活かす立ち回りで頑張ろう。 戦場の主役ではなく、な一機。 だったのだが暴れすぎましたね・・・ かなりのお仕置きを食らってしまい、 HPが2000下がり アクトビーのヒート率、 リロード時間が上昇となり、 足回りは自体は変わらないが、 かなり慎重に使う必要が出てきた。 ペズンLv1 高火力、手数、足回りと、 バランスよく完璧な機体。 ビームなので高台の支援機相手もやりやすく、 スラスピやスピードの速さから、 遊撃、強襲、援護となんでもできる機体。 ドム系特有のホバー移動はあるので、 慣れは必要ではあるが、 うまく使いこなせれば、 現状の400で一番強いかもしれない機体。 反面ビーム兵器なので弾切れの心配がある。 うまく管理しつつ戦おう。 ガッシャLv2 強ヨロケのハンマーガンと、 高火力の格闘、使いやすいミサイルと、 はなかなかのもの。 ミサイルのリロードが超速いため、 バンバン撒いていこう。 格闘は連撃補正が低いため、 見た目以上の高火力。 前作とは戦い方が180度変わってるため注意。 陸戦Lv2 緊急、バランサー、連撃とスキルは優秀。 超火力のクラッカーも持つため、 射撃戦やバズ格〆に使える。 スラスターは初期スラスター量こそ50だが、 近距離スロットが多いので増やしやすい。 ホークも強化型のためバズ下格を狙いやすい。 耐久はコスト比で低めなので要注意。 火力がほぼ先ゲルと同等。 グレネードがよろけ値はないものの、 超火力グレなのでうまく使おう。 都市などで顔出しにくい時は、 グレネードをバンバン投げよう。 スピード、、スキルともに、 ほぼ 完璧な機体。 特に下格闘は観てから対処が無理なほど、 出が早く隙も少ない。 反面耐久性はコスト比で若干低めで、 図体もでかいため微妙に見えるが、 でかいシールド、緊急回避2、 意外に速い横や後ろ移動のおかげで、 結構しぶとく戦える機体。 即よろけビームも射程350のため、 まぁまぁ距離まで届く。 ただ ヒート率は高めなためゲルビー運用もあり。 どの距離でも戦え、カット力も高い万能機。 でかい図体もあるので前線に貼り付きはきついが、 カットに徹すると意外に戦えるなかなかの名機。 陸戦型(VD)Lv1 スペックお化け2。 副兵装こそガルバには劣るものの、 緊急回避2、火力の高い、 球数以外はザクバズ感覚で撃てるバズと、 かなりの魅力的スペック。 欠点をあげるならバズーカが専用のため、 かなり敷居が高いこと。 ゲルビーでも運用はできなくないが、 ビームばっかなら先ゲルや素ゲルのほうが、 補正値の関係上ダメージを出せる。 緊急回避2とそこそこの格闘補正、 バランスの良いスロットを活かし、 戦場を駆け巡りたい機体。 HP中心に振ると先ゲル並の高HPを持てる。 スラスタースピードは速く、 面はとても素晴らしい。 その変わり 強制噴射が、 ホバーっぽい動きになっているのと、 スラスター量自体は普通なので、 カスパでしっかり補いたい。 旋回速度は低め。 ドムトローペンLv2 昔はイマイチだったが今では強い子。 マニューバ持ちでよろけ兵装が二つ。 高速スラとミリ削り用のマシンガン。 旋回性能もまぁまぁと、 欠点らしい欠点がない。 ただ ドム系ではかなり珍しく、 ブースト射撃武器がないため、 静止する場面が多い。 あとは 結局ドムなためでかい。 でかさはしょうがないので、 戦場を駆け巡って逆に囮になるぐらいの、 感覚で戦うと戦果を残しやすい。 ただ 連撃なしがやっぱ辛い・・・ 連撃さえあれば本当に化ける思う機体。 ギャンエーオースLv1 ギャン系なのでデカイ図体はネックだが、 汎用で最速に近いスピードとスラ速、 耐久もまぁまぁでバズも持てて、 射撃副兵装としてなかなかなビームを持つ。 格闘兵装も長射程でびっくりするぐらい届き、 威力も同コスト最高峰。 下格は二段格闘で二段目の範囲が広すぎる。 ただその分 FFの危険性が高いため注意。 戦闘距離が接近中心になるので、 接近戦ができる戦場では非常に輝く機体。 ゾゴックLv2 格闘戦の化け物。 接近するまではきついが、 接近さえできればコンボ火力が超エグい。 強制ダウン格闘、シュツ、副格闘、マニューバと、 強い要素は揃っているので使いこなせれば、 かなりの強機体。 可能性の獣。 活躍するときは鬼神の如き働きをするけど、 活躍出来ないときは悲しい・・・ ほんとそんなわかりやすい機体。 昔はスロットが少なかったが、 今は改善されたためだいぶまともになった。 足回りもよく地上適正持ち。 緊急回避2もあるし、優秀な格闘モーションもあるため、 決して弱くはない機体。 スロットも改善されて前よりだいぶ快適に! ただバズ自体が400では今はきつめ。 アクトやBDといった400主力機体が修正されたため、 結構いける環境になってきた。 ヅダ 外見だけは100点満点な機体。 シールドなしなのにコスト比最低耐久。 スラスピ、スラ量は豊富で、 スピードも修正で120にUPし、 耐久も結構増えたため活躍しやすくなった。 スキルは連撃なしでマニューバあり。 耐久が低すぎるためバズーカ運用は厳しい。 専用の狙撃ライフルは射程550と長めで、 これも 修正で弾自体の当たり判定がかなりでかくなり、 他にもいろいろ強化されて狙撃専用機となった。 生まれ変わって一気に使えるようになった、 シンデレラボーイである。 Lv1 より速いスラスピ、 先ゲルを越える装甲値を持ち、 HPも豊富でシールド持ちで、 よりでかく先ゲルより小さい図体に、 脚部特殊緩衝材と前線支援維持システム付き。 まさに理想的な壁汎用と呼べる機体。 火力はそのままだと普通だが、 専用の斧が当たればを越える、 コスト比でかなり高火力な格闘も可能。 ただ射撃戦が若干不向きなため、 以下に接近して格闘を当てるかが鍵となる。 前線支援維持システムの恩恵は味方全員なので、 味方にいると嬉しくなる筆頭汎用の一機。 グフ飛行試験型Lv2 戦いの次元が一次元違う機体。 地上だけじゃなく空も見上げないといけないのは、 想像以上に気を使わないといけないため大変。 強よろけや蓄積よろけじゃないと撃ち落とせないので、 空を飛びつつヘイトを稼いで、 地上の味方を援護していこう。 射撃火力が非常に高めなため、 強襲キラーとしても輝く機体。 ヘイト管理、強襲退治、味方の援護と、 八面六臂な活躍で頑張っていこう。 変わりに耐久は悲しくなるほど低いので、 スラ管理をしっかりして、 敵只中に落下しないよう注意しよう。 良かったら参考にしてくださいね。 arucard7272.

次の

【バトオペ2】2020/06/25アップデート情報について(まとめ記事)

バトオペ 2 新 機体

その場合、マドロックが有力視されている。 人気のガンダムタイプで、支援タイプ、1年戦争の機体で、高コストと条件に合う。 ZZガンダムに登場したMSまで配信される 『バトオペ2』では『バトオペ』よりも広い範囲の"ガンダム"作品の機体が参戦することが決定済みなことも注目点のひとつです。 逆襲のシャアやガンダムUCの参戦があるかもしれない(公式発言)。 汎用タイプが一番多くなる バトオペ2は、前作「バトオペNEXT」前々作「バトオペ1」でも同じB. スタジオが開発しており、参戦MSも過去の傾向からある程度予想できる。 バトオペ2の初期機体で見かけたMSが多いので、追加配信のMSがだいたい予想できる。 例えば、 ガンダムEz-8やグフ・カスタムが序盤に追加配信されている。 他には、 ブルーデスティニーやアレックスと言った1年戦争時の人気MSを1年目で配信している。 これは1年目の半分以下となる。 GP01(試作1号機)など0083の人気MSが中心だった。

次の