プリコネ 物理 アタッカー。 【プリコネR】キャラ評価〈物理アタッカー編4〉

【プリコネR】魔法パーティの編成例と対策/おすすめ魔法アタッカーまとめ【プリンセスコネクト】

プリコネ 物理 アタッカー

リノで倒しきれなかったキャラはスタンや範囲攻撃で削っていこう。 初動が早い防衛には厳しいが、耐久に寄せた遅めの編成に有効。 後半から火力を大きく伸ばせる。 UBを先に撃ちたい ヒヨリミラーや、前中衛キャラが多いパーティに有効。 ただし先頭ヒヨリなので耐久力が厳しく、長期戦は不向き。 専用なしの水着サレンだとタマキの攻撃力不足でうち漏らしが発生したが、バフがついたことで安定性がup。 Point! ただし、マジカルカスミなどの水着サレンを止められる敵には要注意。 テンプレ系の編成なので敵に応じてタンクやサポは調整しても大丈夫です。 アタッカーは基礎クリティカルの高いヒヨリが特におすすめ。 アユミ ワンダー 入り編成 編成例1 サポート サポート アタッカー アタッカー タンク 行動速度デバフで優位に戦う アユミ ワンダー はスキルで全体に行動速度デバフを付与できる。 敵に星6ユイなどの行動速度バフ持ちがいる場合、 バフをデバフで上書きできる。 敵のUBループを崩すことが可能だ。 Point! ユイ入りの耐久寄りの編成に有効です。 アユミ ワンダー のUBの行動速度バフで、味方の手数を増やせるのも魅力の一つ。 マヒル レンジャー 入り編成 編成例1 サポート アタッカー サポート アタッカー タンク 星6リマや水着カオリなどの マヒル以外の吹き飛ばしキャラを編成して敵を固めるパターン。 固めたあとにマヒルやヒヨリのUBで削って倒す流れとなる。 UBでのバリアがかなり厳しいので星6タマキが必要になる。 バリア持ちがいなくなれば、マヒルの混乱や吹き飛ばしからアタッカー組の単体攻撃で突破しやすい。 リン レンジャー 入り編成 編成例1 サポート アタッカー サポート サポート タンク 継続性のある防御デバフを活かす リン レンジャー はミツキと異なり、先頭のキャラを基準としたデバフを付与する。 初回以降もデバフが無駄になりづらく、ツムギでまとめて倒す場合にも有効なサポーターだ。 編成例2 サポート アタッカー サポート サポート タンク 初回のデバフのみを活かす リンの初回のデバフ中に範囲攻撃で中衛や後衛を狙うパターン。 初手スタン持ちがいる場合はリンのデバフをキャンセルさせられる可能性があるので注意。 Point! バフ役は比較敵自由ですが、なるべく効果量の高いものを編成しましょう。 また、バッファーを 1枠TP支援キャラに変更することで更に初速をは早められます。 途中でマホなどのヒールが入っても削りやすいグレアが優秀。 ネネカ採用パターンも強力だが、ハツネの強力なスタンを上書きしスタンが短くなるので、カウンターを受けやすくなる点に注意。 自身でも単体攻撃でダメージをだし、残ったキャラの削りにも貢献できる。 ルナなどのTP支援でシオリからUBを使ってバフをまき、他の物理キャラで突破を狙う編成だ。 範囲攻撃で高いダメージを与えられる星6物理アタッカーとは特に相性が良い。 Point! タンクとしてだけでなく、UBでのリジェネやバフもかなり強力。 役割を多く持てるキャラなので汎用的に編成できます。 星6イオ入り編成例 編成例1 サブアタ アタッカー サポート サポート タンク サブアタッカーとして編成する イオは瞬間的なダメージを出すのは難しいキャラクターなので、メインアタッカーとしての運用は難しい。 UBやスキルでの削りとTPダウンの遅延が主な役割となる。 編成例2 サポート サポート サポート サポート タンク TP減少でじわじわ削る型 相手の編成に全体ヒーラーや範囲魔法バリア持ちがいない場合に有効。 イオとカスミ マジカル のUBを回して敵のUBを封じつつ削っていく。 ノゾミ クリスマス 入り編成例 ノゾミ クリスマス 入り編成例1 サポート アタッカー アタッカー サポート タンク 範囲物理対策に有効 ノゾミを先頭にしTP支援することで、敵の範囲物理UBより早く防御バフUBを打ちやすくなる。 バフ後は物理攻撃に弱いネネカでも、星6リノのUBを耐えて戦うことが可能だ。 星6リノ入り編成例 星6リノ入り編成例1 サポート アタッカー サポート サポート タンク TP支援を入れてリノUBを早めに使おう 星6になることでUBの火力を大きく上げられる。 TP支援ができるユカリや水着サレンとは特に相性が良い。 高威力のUBで防御の低い後衛キャラをワンパンしよう。 のこった枠でバフやデバフができるキャラを採用して、一発の威力を伸ばそう。 ハロミソのUBは発動してからダメージにいくまでがやや遅いため、敵のUBwo遅らせて妨害が入らないように調整しよう。 TP回復持ちを編成してUB発動を早め、敵のアタッカーを速攻で倒そう。 キャルだけではタンクの突破が難しいのでTP支援枠をアタッカーに調整するのもあり。 ハツネとネネカでは残ったタンクの削りが難しいため、ルナやプリペコのような単体攻撃持ちもセットで編成したい。 デバフ中であれば魔防が低めのキャラはネネカの範囲攻撃などで突破できる。 同様の能力を持つリマなどと組み合わせて敵同士の距離を縮め、破断剣やヒヨリUBで突破しよう。 ただし、星6キャラが複数編成される現環境では、 ムイミをアタッカーにする編成を通しづらい点に注意したい。 ハロウィンシノブ入りパーティ例 アタッカー サポート アタッカー アタッカー タンク リン レンジャー のデバフと合わせる ハロウィンシノブの強力な範囲攻撃やUBを活かしたい。 敵の物理防御力を大きく下げられるリン レンジャー やミツキなどを組み合わせてメインアタッカーとして運用しよう。 ただし有効な相手は基本魔法パ。 敵タンクの突破用に単体アタッカーを編成しよう タマキだけで耐久の高いタンクを突破するのが難しいので、アタッカーはもう1キャラ編成したいところ。 サレンのTP支援がタマキにとぶように、サレンから遠い単体アタッカーを編成したい。 Point! 後衛アタッカーはシオリの他にスズナやアリサが優秀。 魔法キャラを採用した場合であればキョウカ、水着キャルもオススメです。 範囲物理パ編成例 簡易版 中衛 中衛 中衛 前衛 前衛 サポート アタッカー アタッカー アタッカー タンク サポート タンク ミツキのデバフを活かす編成 ミツキの防御デバフでフィールド内の敵の物理防御力を大幅に下げられる。 魔法特化パ編成例 簡易版 後衛 後衛 中衛 中衛 前衛 サポート アタッカー サポート アタッカー サポート タンク サポート デバフを使って正面から倒していこう 恒常で手に入るアカリやキャルは魔防ダウンと単体攻撃を持ち、先頭キャラを削るのに優秀。 同じ単体枠のキョウカなどを合わせて先頭キャラから突破していく編成。 リノ砲パーティ編成例 後衛 後衛 中衛 中衛 前衛 サポート アタッカー サポート サポート タンク TP支援でリノのユニバを加速 ユカリ、ユキのTP支援を受けてリノのユニバを加速させる編成。 魔防特化のクウカ相手には、特に有効なパーティとなる。 敵防衛にタマキがいるならタンクは2体編成 タンクが1体の場合はタマキの魔法攻撃ダウンにより全員の魔法攻撃力が0になってしまう。 タマキのユニオンバーストの攻撃対象がランダムになってしまうので、タンクを2体編成して対策する必要がある。 Point! 一部のキャラは物理攻撃キャラでありながら裝備により魔法攻撃力を持っている。 それを活かしてタマキちゃんの対策をした編成となる。 自己回復や回復支援により、元々高い耐久力をさらに向上することができる。 アタッカーも1枠採用 耐久性能の高いキャラだけだと相手の戦力を削れず、押し切られる可能性がある。 そのため、相手の魔法アタッカーを対処できるタマキをアタッカーとして採用している。 高い戦力が必要 この編成は、タンクが育成されていないと防衛できず突破されやすい。 防衛に設定する際は、育成度合いを確認しておこう。 耐久パーティ編成2 ツムギ入り 後衛 前衛 前衛 前衛 前衛 サポート サポート サポート タンク サポート タンク ツムギで敵の行動を遅延する編成 ツムギは敵の行動速度をダウンさせるスキルを持つ。 ユニオンバーストでは、敵全体に確率で束縛を付与できるため、行動を遅延する役として非常に有効。 ユニバの遅さをサレンで改善 ツムギはTPを貯めるのがそこまで早いキャラではないので、TP支援ができるサレンを採用する。 ツムギのユニバで敵を一纏めにできるので、サレンのユニバとの相性も良い。 リマ入り防衛編成1 後衛 前衛 前衛 前衛 前衛 サポート アタッカー サポート アタッカー サポート タンク 攻撃的な防衛編成 ミツキとハロウィンシノブを入れ、アタッカーメインの編成では突破しづらくできる。 専用装備付きのマツリを入れることで、サブタンクとしての役割をさせつつ範囲スタンでの妨害も可能。 相手のアタッカーを見て物理と魔法どちらの対策の優先度が高いかを確認し、しっかりと対応する必要がある。 サポートキャラも1体は編成したい おすすめのサポートスキル種 攻めでおすすめのサポートスキル 攻撃バフ、防御バフ、バリア、防御デバフ TP支援、行動速度バフ、妨害系スキル 防衛でおすすめのサポートスキル 防御バフ、バリア、防御デバフ TP支援、回復スキル、妨害系スキル 攻撃UP系のバフスキルが有効 味方の攻撃力を上げるなどの、全体のステータスを変化させるスキルも有効。 通常攻撃や攻撃スキルのダメージが上昇するため、敵を素早く倒しやすい。 攻め側で重要なバフといえる。 TP支援スキルでUB発動をサポート 味方のTPを支援できるスキルは、アリーナの勝敗を決める要素の1つであるユニオンバーストを通常よりも早く撃たせることができる。 強力なアタッカーなどと編成して勝率を上げよう。 物理パーティの方がアタッカーの選択肢が多いため、キャラの配置を調整したいときなどに融通が効きやすい。 リカバリーができるように全体回復が可能なヒーラーを編成しておくのがオススメ。 火力不足になる場合はバフやデバフ持ちを編成してみよう。

次の

【プリコネR】物理パーティの編成例と対策/おすすめ物理キャラまとめ【プリンセスコネクト】

プリコネ 物理 アタッカー

ユニオンバースト:デッドリーパ二ッシュ 目の前の敵単体に物理大ダメージ。 更にこのスキルで敵を倒した場合、自身の物理攻撃力を大アップ。 UBの使用感 シンプルな単体物理ダメージUB。 UBでトドメを刺すと18秒間物理攻撃力バフが付与されるため、ボス戦以外でもクエスト攻略なんかでも使えます。 スキル1:オブセッション 自身の物理攻撃力を小アップ。 スキル1の使用感 12秒間自身に物理攻撃力バフが掛かります。 使用頻度が低く重複も期待できません。 専用装備でとんでもないスキルに魔改造されました。 スキル2:ポイズンブロウ 目の前の敵単体に物理中ダメージ。 更に毒状態を付与する。 スキル2の使用感 毒状態は毎秒ダメージで8秒継続。 毒ダメージはスキルレベル依存なのでダメージソースとしては微妙です。 EXスキル:狂愛の力 バトル開始時に自分の物理攻撃力を中 大 アップさせる。 エリコの使用感.

次の

【プリコネR】アリーナ/クエストおすすめのパーティ編成【プリンセスコネクト】

プリコネ 物理 アタッカー

クランバトル向け魔法パーティ編成 魔法パーティ編成例1 編成難易度低め 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 耐久力の高いアカリを先頭に配置 アカリは、魔法キャラの中では耐久面のステータスが高くタンクとして使いやすい。 イリヤやアンナなどが先頭配置できない相手の場合はアカリを編成しよう。 魔法パーティ編成例2 正月キャル入り 後衛 後衛 後衛 中衛 中衛 正月キャルのUBを連発させる編成 ユカリやルナのTP支援で正月キャルのUBを連発させる編成。 編成にはいくつかパターンがあるが、基本的には 防御下限を狙えるデバフキャラとTP支援キャラを正月キャルと組ませていく。 ボス次第でどのTP支援持ちも編成される可能性がある TP支援は付与する対象や効果量などがキャラごとに違う。 ボス次第ではクランバトルの適正が低いTP支援持ちも編成される。 キャル編成を組む場合はすべてのTP支援持ちの育成をなるべく進めておきたい。 基本的に通常キョウカ、水着キャル、ネネカは固定で、残り1キャラが自由枠。 UB回転率を伸ばせるルナ、クリチカ、アンが候補になりやすい。 コッコロは高耐久かつ優秀なバフ+回復を付与できるため、かなり適性が高いサポーターだ。 高スコアを狙うためにもコッコロの才能開花を済ませておきたい。 魔法パーティ編成例5 水着サレン 後衛 後衛 後衛 後衛 中衛 持ち越し時間がでる場合にオススメ 水着サレンは開幕のTP回復で、味方全体のUBの初動をグッと上げられるのが強み。 特に「討伐時間を持ち越す戦闘」で優秀で、持ち越しによるスコアの低下を改善できる。 防御力は一定まで下がるとそれ以降下がることはないので、必要以上にデバフキャラを入れないよう注意しよう。 Point! 防御下限に到達したかの判断は、アタッカーのダメージ量で確認するとよいです。 どの敵も防御下限時には与えるダメージは同じになります。 残りの枠にアタッカーを編成 単体火力の出せるキャラを優先に! 必要なデバフキャラを決めたら、残りの枠にアタッカーを編成しよう。 Point! クリスマスチカの妖精に攻撃を受けさせるなども有効です。 ボスの攻撃にあわせて、どのキャラで対策すべきか判断できるとベター。 敵の状態異常が強力な場合 敵の行動阻害などで攻撃頻度が落ち、スコアが下げってしまう場合がある。 その場合はデバフキャラを増やしてみたり、バリアで攻撃を防げるキャラを編成するなどが対策として挙げられる。 Point! ボスのダメージスキルの追加効果で吹き飛ばしなどが発生することが多いですが、 バリアでダメージ部分を0にできれば、追加効果を無効化できる場合があります。 アタッカーがダメージを出せない場合 アタッカーも吹き飛ばしなどの行動阻害によって主力スキルをキャンセルされることがある。 敵の阻害攻撃の種類や範囲、攻撃対象などを調べ、 バリア持ちを入れたり並び順を調整するのが有効な場合が多い。 バリア付与可能なキャラ 5. 魔法パメタのボスである場合 魔法防御力がかなり高かったり、魔法キャラをメタる攻撃をするボスもいる。 物理パで挑むことが推奨されることもあるので、 どうしてもスコアが伸びない場合は魔法パでの挑戦を諦めるのも重要。 できた編成で立ち回りを詰めよう 高スコアを出せるUBタイミングを調べる 編成が完成したら、模擬戦を繰り返して高スコアを出せる立ちまわりを研究しよう。 防御デバフが入りきったときに攻撃UBを発動したり、スキルキャンセルを駆使して1回でも多くUBを打てないか検討しよう。 Point! 終了間際にTPが後少しで溜まりそうな状態で戦闘が終わった場合など、スキルキャンセルを使えばTPを溜め切れる場合があります。 できるだけネネカのUB後に攻撃UBを使おう ネネカは優秀なバフを展開するUBを使える。 最大火力を出すためにも、攻撃UBを持ったアタッカーは極力ネネカのUBの後に打つことを狙おう。 アンのバフとUBを噛み合わせるのも重要 アンを編成する場合はUBを英霊バフ中に発動しないと、追加効果の攻撃バフが付与されずパーティの火力が落ちてしまう。 UBタイミングを調整し、 多少TPが最大の状態が続いても英霊バフ中にUB発動するなども重要だ。 Point! 他のアタッカーのUBも、 アンの英霊バフからのUBを待ってから打つ方が高スコアを狙いやすくなります。 早くUBを打ちたいところをグッとこらえるのも大切です。 魔防の低いタンクがいる編成に有効だ。 ノゾミやモニカは自由枠 テンプレでは、スタンと行動速度バフスキルを持ち、相手の編成に依存せず活躍できるモニカを採用。 慣れてきたら モニカやノゾミなどは相手のパーティに合わせて調整しよう。 魔法パーティ編成例2 イリヤ編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 イリヤの範囲攻撃で突破する 強力な魔法アタッカーであるイリヤを軸とした編成。 イリヤは自身のHPを消費してスキル攻撃を行うため、 基本的に支援役が必須となる。 イリヤはUBで自身のHPを回復できるため、TP供給ができるサレンとかなり相性が良い。 クルミのスタン攻撃でクウカなどのタンクも魔法で突破しやすくできる。 魔法パーティ編成例4 物魔混合編成 後衛 中衛 中衛 前衛 前衛 水着ミフユの攻撃を受けずに戦える 編成例ではネネカが水着ミフユの範囲攻撃を受けずに戦える。 ネネカの本領を発揮しやすい上、突破に時間がかかりがちなクウカもリマたちのスタン攻撃で素早く倒しやすい。 魔法パーティ編成例5 カスミ編成1 後衛 後衛 後衛 後衛 前衛 カスミのスタンを最大限活かす編成 カスミのスタンスキルは、発生フレームが非常に早く敵の行動を潰しやすいのが長所。 リマと組み合わせて敵との距離を近くすることで、スタンを巻き込みやすくして、敵のやっかいな初手スキルなどを潰せる。 魔法キャラは組み合わせが重要 防衛には魔法キャラ対策が多め 現在の防衛には魔法に強いクウカや強力な範囲攻撃持ちが多いため、優秀な魔法キャラを持っていても簡単には活躍させてもらえない。 魔法キャラを活躍させるために、相性のよいキャラを覚えておこう。 魔法パでは強力なコンボが狙える 魔法キャラはカスミの防御デバフフィールドを活用するなどして、一気に火力を跳ね上げることを狙いやすい。 コンボ色が強いため、物理パよりもキャラとキャラの組み合わせが重要になりやすい。 Point! 以下に紹介する相性のよい組み合わせを覚えておけば、編成の一部を変えて臨機応変に戦うことができます。 ネネカ ネネカと相性のよい主なキャラと特徴 ・専用装備ありで物理バリアを付与できる ・範囲攻撃の対象を増やせる ・スタンスキルでクウカ突破の手助けも可能 ・パーティ全体のUB発動支援が可能 ・サレン自身のバフUBも優秀 ・最も近いキャラのUB発動支援が可能 ・隊列移動が起きない限り同じキャラにTP付与し続ける ・最もTPが少ないキャラのUB発動支援が可能 ・編成の工夫をしないと狙ったキャラのTPを回復できない ・魔防デバフフィールドが強力 ・妨害スキルも優秀 ・被弾を受けやすい点に注意 ・ユカリや水着サレンなどと組み合わせたい ・範囲魔防デバフスキルを持つ ・範囲魔法攻撃持ちと相性がよい 単体で編成しやすい魔法キャラ ここでは組み合わせやサポートがなくても活躍がしやすいキャラを紹介する。 物理パに1体入れて、ミヤコなどの物理耐性が高いキャラを突破する際などに適性が高いキャラとなっている。 魔法パを使う上で、所持している場合は優先的に編成したい。 魔法キャラの特徴 魔法防御力が低い敵に有効! プリコネRでは基本的に、物理攻撃のキャラは物理防御力が高く、魔法攻撃のキャラは魔法防御力が高い。 そのため、 物理攻撃をしてくる相手に魔法攻撃は有効。 Point! ただし、一部タンク役の中には物理、魔法どちらも高いキャラが存在するので注意。 魔法ダメージは紫色で表示される 物理攻撃のダメージは黄色、魔法攻撃のダメージは紫色で表記される。 ダメージの数値と色で、 相手がダメージを受けやすい攻撃を判断できる。 物理防御力が非常に高く物理ダメージがほぼ通らない「タートルタイラント」が出現してくるため、魔法キャラを育成する必要がでてくる。 メインクエスト7-8 7-8でも、物理攻撃のダメージをカットする「タートルタイラント」が出現。 ここでは、 遠距離攻撃をしてくる「ビッグル」という敵も出現し、対策しておかないと魔法キャラが倒されやすいので注意。 メインクエスト7-9 7-9では、 タートルタイラントと同様に物理防御力のが非常に高い「動く石像」が出現。 ハードクエスト6-3 出現モンスターの一覧には乗っていないが、物理ダメージをカットする「タートルタイラント」が出現する。 ボスや範囲攻撃の強力な雑魚敵など、 タートルタイラント以外にも強力な敵が多数出現する難所。 経験値クエスト 探索 経験値クエストのレベル2からそれ以降まで、物理防御力の高い敵キャラが出現。 後半のレベルになるほど敵のHPも高くなり、高い戦力が求められる。 魔法攻撃が有効な敵一覧.

次の