テレビ 東京 十津川 警部。 十津川警部シリーズ (渡瀬恒彦)

十津川警部シリーズ

テレビ 東京 十津川 警部

十津川警部シリーズのドラマ化作品 [ ] 概要 [ ] 『』のドラマ化作品としては、系の『 』、系の『 』が主なシリーズ作品である。 『西村京太郎トラベルミステリー』は「」枠で放送されているシリーズである。 より・・制作の3作品が放送され、より現在放送中の・制作版が放送されている。 『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』は、「」枠で放送されたシリーズである。 放送枠のタイトルが「」であったより・制作版が放送されている。 ただし、現在の版とは別に、よりTBSが「」枠で、『 』と題した製作のシリーズを放送していた。 第1作は十津川警部が、亀井刑事が、日下刑事がで、第2作以降は十津川警部が、亀井刑事が、日下刑事がである。 ちなみに、網走刑務所から刑期を終えて事件に巻き込まれてしまう、十津川警部の元部下の橋本豊を演じたのはだった。 亀井刑事の名前は、テレビ朝日・東映版では「亀井定夫」、TBS・テレパック版では「亀井定雄」、フジテレビ・FINE版では「亀井定男」と若干異なる。 また、階級も巡査部長、警部補と作品によりまちまちである。 なお、役名は異なるが、いずれの作品も西村京太郎とゆかりの深いの娘・が出演していることでも知られる(このほか「金曜プレステージ」版にも平塚八重子として出演している)。 より、テレビ朝日の「」で、『 』と題して、十津川警部を、亀井刑事を、日下刑事をが演じた新シリーズが、3作品放送された。 よりが『 』のタイトルで3作品を放送した。 こちらは亀井警部補をメインにしており、が亀井警部補を、(第1作)と(第2作以降)が十津川警部を演じている(山村紅葉はこのシリーズにも出演していた)。 2009年からは、フジテレビの「金曜プレステージ」で若き日の十津川刑事を描く『 十津川刑事の肖像』、のち改題して『 』が放映され、十津川刑事を、亀井刑事をが演じている。 ・・制作による3作品と、・制作による現在放送中のシリーズがある。 朝日放送版はからまでに『』にて3作品が放送され、前後してテレビ朝日版がから放送を開始した。 第65作までは『土曜ワイド劇場』にて、第66・67作は『・土曜ワイド劇場』 にて、それぞれ放送されている。 は、朝日放送・大映版とテレビ朝日・東映版を通じて1981年から1999年までが演じ、2000年からはが演じている。 西村京太郎スペシャル(高橋英樹) [ ] 1990年から1991年まで・の製作、『』にて3作品が放送された。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ]• (警視庁捜査一課 警部) -• (警視庁捜査一課 刑事) -• (警視庁捜査一課 刑事) - (第3作)• (警視庁捜査一課 刑事) - (第3作)• (警視庁捜査一課 刑事) - 警察関係者 [ ]• 佐々木季見子 -• 石崎駿 -• 森さつき -• 堀江正彦 -• 山脇 -• 、、、、、、、 第2作「十津川警部の対決」(1991年)• 永井桐子 -• 井原さよこ - 山村紅葉• 、、、、、、、 第3作「十津川警部の反撃」(1991年)• 井岡あや子(中原雅男の婚約者) -• 伊原孝平(ジャーナリスト) -• 沼田(石川県警 刑事) -• 原田光江(ユキエの叔母) -• エリ(大野の秘書) -• ケイ・トーマス(告発グループの代表者) -• 大野(三津山化学工業 研究所所長) -• やよい観光の担当者 -• ハルコ(金沢のホステス・恭子の同僚) -• 田代恭子(金沢のホステス) -• 桂木雄一郎(三津山化学工業 社長) -• 有沢雄三(三津山化学工業 本社部長・元警視庁刑事部長) - スタッフ [ ]• 企画 - (テレビ朝日)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 - 、• プロデューサー - (テレビ朝日)、(テレビ朝日)、(東映)、(東映)• テレビ東京 [ ] 西村京太郎トラベルサスペンス(小林稔侍) [ ] 2003年から2004年まで・共同制作「」で放送されたシリーズ。 全3回。 主演は。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ]• (警視庁捜査一課強行犯捜査3係 警部補) -• (警視庁捜査一課強行犯捜査3係 刑事) -• 大田(警視庁捜査一課強行犯捜査3係 刑事) - (第2作・第3作)• 高橋保(警視庁刑事部長) - ゲスト [ ] 第1作「日本一周「旅号」殺人事件」(2003年)• 赤森陽子(「日本一周ツアー」主任添乗員) -• 福原雅樹(「日本一周ツアー」添乗員) -• 和田由紀(「日本一周ツアー」客・柴田の恋人) -• 柴田大輔(「日本一周ツアー」客) -• 井上哲郎(「日本一周ツアー」客) -• 矢沢和也(雑誌記者) - 小林健• 川崎聡(「日本一周ツアー」客・病院の事務長) -• 刑事 -• 刑事 -• 藤井正博(「日本一周ツアー」客) -• 西岡洋二(「日本一周ツアー」客) -• 安藤行雄 -• 岡島 - 尾形大作• 古賀(三田の秘書) -• 浜野宏(純正堂大学病院 薬学部 教授) -• 「日本一周ツアー」に参加した女性客 -• 「日本一周ツアー」に参加した女性客の友人 -• 機動捜査隊 -• 小村康夫(医師) -• 柳沼郁子(三田の愛人) -• 三田良介(代議士) - 第2作「寝台特急「はやぶさ」の女」(2004年)• 小田あかり -• 原口由紀 -• 古賀正夫 -• 原口昭 -• 、、、 第3作「寝台特急(ブルートレイン)八分停車」(2004年)• 中根恭子(鳥場総合病院 副院長) -• 江島陽一(鳥場総合病院 外科医) -• 川合伸義(鳥場総合病院 研修医) -• 鳥場正行(鳥場総合病院 院長) -• 小野英明(鳥場総合病院 経理課長) -• 鳥場優子(鳥場の娘) -• 石井三郎(鳥場総合病院の入院患者・トラックドライバー) -• 佐山あきら(君枝のヒモ・新宿ホスト) -• ファッションエステ「夢」店長 -• 君枝のアパート管理人 -• 広田紀子(鳥場総合病院 看護師) -• 農家 -• 篠原孝政(東都医科大学付属病院 事務局長) -• 冒頭のジョギングの女性 -• 林君江(ファッションエステ「夢」エステ嬢・東都医科大学付属病院 元看護師) -• 斉藤秀雄(鳥場総合病院 外科部長・優子の婚約者) - スタッフ [ ]• 脚本 - (大映テレビ版・第1作)、(PROTX版・第2作 - )• 監督 -• 制作 - 、(第1作)、(第2作 - ) 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 2003年4月23日 日本一周「旅号」殺人事件 「日本一周『旅号』殺人事件」 友澤晃一 南部英夫 11. 『十津川刑事の肖像』のタイトルで開始され、第7作から『十津川捜査班』に改題された。 若き日の十津川刑事を描いており、十津川刑事を、亀井刑事をが演じている。 その他 [ ] シリーズ化していない作品には以下のものがある。 にの「」で、が十津川警部を演じた『 』が放送されたが、本作の主役は十津川警部ではない。 にフジテレビの「」で、『 展望車殺人事件』が、が演じる西本刑事を主人公にして放送された。 十津川警部は、亀井刑事はが演じている。 にフジテレビの「」で、十津川警部を、亀井刑事をが演じた『 寝台特急はやぶさの女』が放送された。 にフジテレビの「」で、十津川警部を、亀井刑事をが演じた、『 』が放送された。 その他の2時間ドラマシリーズ [ ] 西村京太郎サスペンス 探偵 左文字進 [ ] 詳細は「」を参照 2003年から2005年まで系の「」で放送されたシリーズ。 の主演で、十津川警部の妻であるを主人公にしている。 第3作には、演じる亀井刑事が登場したが、十津川警部が登場したことは無い。 美人OL探偵と窓際刑事 [ ] からまで系「」で放送されたシリーズ。 全3回。 主演は。 テレビ朝日・の製作。 『西村京太郎トラベルミステリー』と冠しており、『十津川警部シリーズ』を原作としているが、十津川警部たちは登場せず、河合奈保子演じるOLの矢木明日美と、演じる刑事の矢木耕介の親子が事件に挑むシリーズである。 後に原作者の短編「死体は潮風に吹かれて」に矢木親子が登場した。 内容は十津川と共に捜査協力するというもの。 キャスト [ ] レギュラー [ ]• 矢木明日美(OL) -• 染奴 - (第2作・第3作)• 矢木耕介(明日美の父・刑事) - ゲスト [ ] 第1作「死を運ぶ新特急「谷川7号」」(1988年)• アヤコ(前田の事務所の社員) - 蜷川有紀• 前田哲夫(新進デザイナー) -• 秋山久志(一子の元夫・フリーの雑誌記者) -• マキ(前田の事務所の社員) -• 赤木(刑事) -• ホステス -• ユカリ(秋山が電話していた女性) -• 刑事 -• ケイコ(一子の秘書) -• 渋川駅の駅員 -• ユカリの友人 -• 林一子(商業デザイナー) -• 田辺(沼田中央警察署 警部・の上司) - 第2作「南紀白浜振り子電車殺人事件」(1989年)• 池田章子 -• 崎田幸枝 - 山村紅葉• ぼたん - 城源寺くるみ• 西川(刑事) - 樋口悟郎• 小坂友子 -• 大山(警部) -• 、、 第3作「L特急あさま信濃路殺人事件」(1989年)• 池田有子 -• 永井恵美子 - 山村紅葉• 深見次郎 -• 横井弥生 -• 真田政司 -• 田所(警部) - 名古屋章• スタッフ [ ]• 企画 - (テレビ朝日)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 -• プロデューサー - (テレビ朝日)、(テレビ朝日)、(東映)、(東映)• 制作 - 、 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 1 1988年7月19日 死を運ぶ新特急「谷川7号」 「死を運ぶ特急『谷川5号』」 (「展望車殺人事件」所収) ちゃき克彰 山本邦彦 2 1989年4月18日 南紀白浜振り子電車殺人事件 「振り子電車殺人事件」 (「L特急踊り子号殺人事件」所収) 3 12月26日 L特急あさま信濃路殺人事件 「EF63形機関車の証言」 美人女子大生妻探偵と田舎刑事 [ ] 1990年に系で放送されたシリーズ。 放送枠が「」から「」へ改められたため、シリーズも前作の『美人OL探偵と窓際刑事』から一新した。 演じる女子大生の森池朝子と、近藤正臣演じる刑事の森池雄司の夫妻が事件に挑むシリーズである。 制作は・である。 キャスト [ ] レギュラー [ ]• 森池朝子(聖明女子大学の学生) -• 梅田美鈴(コンパニオン) -• 田所幸子(田所の娘) -• 田所(松山南警察署 警部・雄司の上司) -• 森池雄司(朝子の夫・松山南警察署 刑事) - ゲスト [ ] 第1作「特急しおかぜ四国殺人ルート」(1990年)• 今中みゆき(定期入れを拾った女性) -• 刑事 -• 刑事 -• ヤスオ(裕子の夫) -• 竹内裕子(結婚紹介所の社長) -• 鉄道警察隊の職員 -• 公園の管理事務所の職員 -• 加東俊一 -• 第2作「特急ひたち奥久慈温泉殺人ルート」(1990年)• 今西めぐみ -• 池島弘子 -• 津村明男 -• 高峰圭二 スタッフ [ ]• 脚本 -• 監督 - (第1作)、(第2作)• 土曜ワイド劇場 [ ] 系の「」では、『』の他にも、西村の小説を原作としたドラマを単発で放送している。 (1978年2月18日、主演:) 女と愛とミステリー [ ] 系の「」では、『十津川警部シリーズ』を原作とする『』(上述)の他にも、西村の初期の小説をテレビドラマ化している。 (2001年1月17日、主演:)• (2001年7月4日、主演:)• (2001年10月21日、主演:) 西村京太郎サスペンス トラベルライター 榊佑子の殺人紀行 [ ] 2008年1月30日に制作、「」枠で放送された。 原作は『愛と殺意の中央本線』。 主演は。 キャスト [ ]• 榊佑子(トラベルライター) -• 岩本良夫(レストランチェーン店社長・郁美の夫) -• 伊東みどり(スキューバインストラクター) -• 榎田俊一(功の同期) -• 及川徳松(松本北警察署 刑事) -• 三田功(佑子の従兄弟) -• 神谷典子(トラベルプレス社 編集長) -• 三田洋子(功の母) -• 片山(警部) -• 榊隆則(佑子の父・技能継承官) - スタッフ [ ]• 脚本 - 小森名津• 監督 - 日名子雅彦 関西テレビ制作のドラマ [ ] - (1975年) - (1976年) - (1977年) - (1977年) - (1978年) - (1980年) - (1981年) - (1981年) - (1982年) - (1983年) - (1983年) - (1983年) - (1984年) - (1984年) - (1985年) - (1985年) - (1985年) - (1986年) - (1987年) - (1987年) - (1988年) - (1989年) - (1989年) - (1989年) - (1989年) - (1990年) - (1991年) - (1992年) - (1995年) - (1998年) - (2007年) - (2008年) 左文字進シリーズ.

次の

十津川警部の事件簿

テレビ 東京 十津川 警部

十津川省三(船越英一郎)と亀井定男(角野卓造)が捜査を始めると、警察に玉守商店街の平和を守る会会長を名乗る者から1000万円分の札束と手紙が届く。 このコンビなら絶対に丁寧な捜査をしてくれそう!しかも 西村京太郎サスペンスです。 ジョビジョバクラスタは見逃せない月曜の夜! もっと個人的なことを言いますと、ジョビジョバ好きの私的には、中山忍さんの元夫役で 坂田聡さんが登場するのも嬉しい。 しかも『十津川警部』のあとに放送される『行列の女神~らーめん才遊記~』に、リーダーのマギーさんがゲスト出演するんです。 偶然にもほどがある!ジョビジョバクラスタのみなさんはぜひ2本立てでお楽しみ頂きたい!さらに再現ドラマでも有名な 佐藤祐一さん、片岡明日香さんが夫婦で登場、というのもドラマ好きには思わず心躍るポイントではないかと。 冒頭なのでお見逃しのなきよう! 新しい「十津川警部」を楽しむ鍵は「アルファベット」と「数字」!? そんな2時間サスペンスファン感涙の、ツボ押さえまくりな最強フォーメーションなのでありますが、その一方で新しい一面も。 このシリーズのみならず、西村京太郎作品といえば鉄道、そして時刻表。 ところが船越さんがあるインタビューで「電車に乗らない」とおっしゃっていた通り、鉄道シーンはまったく出てこないのです。 そこで時刻表トリックにかわる事件をひも解く鍵を2つほどあげてみますと…。 ひとつは赤ひげ先生の通帳に明記された 「アルファベット」。 十津川警部が眼光鋭くアルファベットの意味の解明するたび、事件が大きく動きます。 もうひとつは 「数字」…いわば「お金」ですね。 そんなアルファベット、数字などに秘められた謎が、複雑に絡み合いながらも徐々に繋がっていく爽快感は、時刻表トリックが解明されるあの感覚に通じるものがありました! これまでの良さと新しさが融合した、温故知新な新『十津川警部』。 事件の背景には家族の絆などもあったりして、十津川警部のセリフ通り、本当に登場人物みんな善人にも悪人にも見えてきます。

次の

全てのツボを押さえた最強2サス!?時刻表が出てこない新『十津川警部』5月25日(月)放送!船越英一郎さんの流し目にも注目!!《宣伝部員の試写リポート!》|テレビ東京公式note

テレビ 東京 十津川 警部

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ ジャンル 原作 脚本 (第54作) 監督 (第54作) 出演者 製作 プロデューサー 制作 放送 音声形式 (第4作 - 54作) 放送国・地域 第1作 - 第21作 (月曜ドラマスペシャル) 放送期間 - 放送時間 月曜 21:00 - 22:54 放送枠 放送分 114分 回数 21 第22作 - 第36作 (月曜ミステリー劇場) 放送期間 - 放送時間 月曜 21:00 - 22:54 放送枠 放送分 114分 回数 15 第37作 - 第54作 (月曜ゴールデン) 放送期間 - 放送時間 月曜 21:00 - 22:54 放送枠 放送分 114分 回数 18 『 西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』(にしむらきょうたろうサスペンス とつがわけいぶシリーズ)は、からまで系で放送されたシリーズ。 全54回。 主演は。 放送枠は、の第21作まで「」で、2001年の第22作からの第36作まで「」、2006年の第37作から2015年の第54作は「」。 原作はの推理小説シリーズ『』。 概要 [ ] 制作当初は、まず3作品を放映する予定となっていたが 、以後、第1作放映から毎年新作を放映(2回の時間枠名の変更を挟んで)、2015年まで続いた全54作品の人気シリーズである。 同じ原作シリーズのドラマ化としては、系「」で、に開始された『』シリーズがあり、同シリーズが順調に新作を放映する一方、他局2時間ドラマ枠で『十津川警部シリーズ』がドラマ化・シリーズ化されても、放送枠自体が長続きせずに消えてしまう例が続いていたが 、この渡瀬主演版は原作の設定年齢に比較的近い配役だったことなどから好評を博し、「トラベルミステリー」シリーズに匹敵する第2の長期シリーズとして定着した。 シリーズ開始以来、1995年・2003年はそれぞれ年間4作を放映するなど、年平均2作強というハイペースで新作を放映し続け、撮影・放映のペースにおいては「トラベルミステリー」シリーズを上回っていた。 渡瀬はのシリーズ第35作「金沢加賀殺意の旅」で、日本で一番多くを演じている俳優となり、第54作まで主演、記録を更新し続けた(渡瀬の新記録樹立前の記録保持者は「トラベルミステリー」シリーズで20年間・34作で、十津川警部を演じ続けてきた)。 また、本シリーズの渡瀬恒彦と(役)によるコンビは同一俳優コンビによる共演最多回数の記録を更新した。 本シリーズと同じドラマ枠で放映された原作の『』シリーズとは接点があり、十津川警部シリーズ第14作「海を渡った愛と殺意」(1997年)には希麻倫子(演:)が出演する(この作品放映にあたっては、西村が放映のために原作を準備している)一方、名探偵キャサリンシリーズ第15作「名探偵キャサリンvs十津川警部 京友禅の謎〜華の密室殺人事件〜」(2006年)には十津川省三(演:渡瀬恒彦)が出演している。 このため、渡瀬が十津川を演じた作品の総合計は55作品となる(ただし渡瀬が招かれたものの「京友禅の謎」はあくまで山村作品であり、西村は関与しておらず、亀井刑事も登場しないため、TBS版「十津川警部シリーズ」では番外編としても扱われていない)。 2017年1月からは、(十津川警部)と(亀井刑事)の新コンビに交代して、新たな『』(第2作までは『新・十津川警部シリーズ』)が開始された。 新シリーズでは、制作会社もからに変わっている(プロデューサーの移籍に伴う)。 TBSはシリーズ衣替えの理由として、2016年4月から時間枠名が「」に変更されたことに伴うものと説明している。 なお、新シリーズ開始から約3か月後の同年3月14日に渡瀬が死去し、それに伴う追悼企画として、同年3月27日に第42作「九州ひなの国殺人ルート」が再放送され 、冒頭では内藤による予定変更の告知とお悔やみの言葉が放送された。 キャスト [ ] 詳細はそれぞれの役名を、他の登場人物は「」を参照 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - 警視庁捜査一課係長。 階級は警部。 演 - (第3作)、(第5作)、(第6作)、(第8作・第10作 - 第13作・第15作 - 第19作・第21作 - 第40作・第42作・第44作・第46作・第47作・第49作・第50作・第52作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第4作・第9作・第13作・第14作・第17作 - 第19作・第21作 - 第53作)、(第8作) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第20作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第22作 - 第46作・第48作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事。 第22作は「村川久恵」の名前で登場。 演 - (第20作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第42作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第51作 - 第54作) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - 警視庁捜査一課主任。 階級は警部補。 警察関係者 [ ] 演 - (第2作)、(第6作・第8作・第11作 - 第36作・第38作 - 第40作・第45作・第46作)、(第9作・第10作)、(第50作・第53作) 警視庁捜査一課長。 階級は警視。 演 - (第5作)、小沢象(第17作・第18作)、(第19作 - 第23作・第26作 - 第34作・第36作・第37作・第40作・第42作)、(第48作) 警視庁刑事部長。 階級は警視監。 十津川班の親族 [ ] 演 - (第7作・第10作・第20作〈写真〉・第51作) 十津川省三の妻。 スタッフ [ ]• 脚本 - (14回)、(10回)、(9回)、(5回)、(同)、(3回)、(2回)、(同)、(同)、(1回)、(同)、(同)、(同)、(同)• 監督 - (27本)、(8本)、(3本)、(同)、(2本)、(同)、(同)、(同)、(1本)、(同)、(同)、(同)、(同)• プロデューサー - (テレパック)、杉村治司(テレパック)、安東多紀(テレパック)、(テレパック)、(テレパック)、山後勝英(テレパック)、(TBS)、内野健(TBS)、岡田裕克(TBS)、成合由香(TBS)• 製作 - 、• プロデューサー - (テレパック)(第1作 - 第22作)、(TBS)(第1作、第4作)、内野建(TBS)(第2作)、岡田祐克(TBS)(第3作、第4作)、安東多紀(第8作)、杉村治司(テレパック)(第11作、第13作、第18作)、(第21作)、黒澤淳(第22作)• 撮影 - 小野正(第1作 - 第3作)、(J・S・C)(第3作 - 第5作、第7作 - 第16作、第19作 - 第22作)、白田龍夫(第6作)、宮本幸夫(第17作)• 照明 - 三ヶ尻進(第1作 - 第22作)• 音声 - 助川洋昭(第1作 - 第3作)、中村豊二(第4作、第5作、第7作、第9作、第17作)、(第6作、第10作、第18作、第20作 - 第22作)、奥雅人(第8作)、清水良樹(第11作)、相川比登志(第12作、第13作、第15作)、宮沢徳次(第14作、第16作)、吉田隆(第19作)• 調整 - 渡辺久仁彦(第1作 - 第5作、第7作 - 第14作)、明鹿野崇(第6作)、湯沢充敏(第15作、第16作)、阿部正美(第17作 - 第22作)• スタジオ技術 - 関吉一(第15作、第16作)、宮本幸夫(第15作)、中嶋義晴(第15作)• 編集 - 石井由美子(第1作 - 第12作)、椎名広二(第14作、第16作)、目崎和恵(第17作 - 第19作)、富永孝(ザ・チューブ)(第21作)、山田宏司(ザ・チューブ)(第22作)• ディスク編集 - T2R(第13作)• オフライン編集 - T2R(第20作)• VTR編集 - 椎名広二(第1作 - 第11作)、白水孝幸(第12作)、青柳信司(ザ・チューブ)(第13作)、竹村知己(第17作 - 第19作)、川中健治(第20作)• MA - 的池将(第7作、第8作、第10作、第11作)、門ノ沢祥子(第9作)、黒羽靖志(第13作)、佐藤孝紀(第14作)、(第17作 - 第19作)、(第20作)• スタジオカメラ - 二之宮行弘(第16作)• テーマ曲 - (第18作)• 音効(選曲効果) - 西山隆二(第1作、第2作)、(第5作 - 第20作)• 効果 - 西山隆二(第3作、第4作)、西山隆司(メディアハウス)(第21作、第22作)• 選曲 - 佐古伸一(第3作、第4作)、片野正美(メディアハウス)(第13作、第14作、第21作、第22作)• HD編集 - 安原孝(ヨコシネD. A)(第21作)、竹村知己(ソニーPCL)(第22作)• 撮影助手 - 溝口大輔(第10作、第12作)• 照明助手 - 南信治(第10作)、田部誠(第10作)、居川明日香(第10作)、藤崎秀紀(第10作)、野村一樹(第12作)、新井豊(第12作)、徳永恭弘(第12作)• 音声助手 - 小野浩志(第10作、第12作)、高木陽(第10作)、広川英治(第12作)• 調整助手 - 竹田吉宏(第10作)、長谷川一也(第12作) スタジオスタッフ• スイッチャー - 内山久光(第10作)• カメラ - 宮本幸夫(第10作)、佐野仁信(第10作)• CA - 当木雅人(第10作)、八柄哲(第10作)• VTR - 湯沢充敏(第10作)• 美術制作 - 桜井茂雄(第1作、第3作 - 第8作)、間瀬広伸(第2作)、海津隆一(第9作 - 第11作、第13作、第14作)、斉藤幸雄(第12作)、平野裟一(第15作)、斉田時雄(第16作)、斎藤公(第17作 - 第19作)、小林和美(第20作、第21作)• 美術進行 - 内藤佳奈子(第1作)、矢野馬雅子(第2作、第8作)、津留啓亮(第3作)、田中若菜(第3作、第4作、第5作)、千村奈緒子(第6作、第7作)、岩井健志(第21作)• 美術 - 斎藤公(第22作)、藤田博史(第22作)• 美術デザイン - 宮崎もりひろ(第9作)、椎葉禎介(第10作、第12作)• デザイン - 椎葉禎介(第13作)、加藤昌男(第14作 - 第16作)• 装置 - 秋山雷太(第9作)、森田正樹(第13作 - 第15作)、中尾政治(第16作)• 大道具 - 秋山雷太(第9作、第10作)、森田正樹(第12作)• 小道具 - 日野奈津子(第21作)• 装飾 - 山崎福松(第4作)、上原康生(第5作)、蒲原一正(第6作、第7作)、草刈茂(第8作)、藤田明伸(第9作)、小川満政(第9作)、大村充(第10作)、田村正之(第10作)、鈴木昌也(第11作)、飯田恵一(第11作)、石井敏充(第12作 - 第15作)、八木沢宗夫(第12作)、菅原芳隆(第16作)、小林和美(第17作)• 衣裳 - 山本亜希子(第1作)、横倉茂(第2作、第4作)、万木利昭(第3作)、大森秀紀(第5作、第7作)、上條栄子(第6作)、上坂知子(第8作)、目代博昭(第9作、第11作)、会田昌子(第10作、第13作)、宮越久美子(第12作)、君和田悦子(第14作)、近藤栄子(第15作)、江橋綾子(第16作)、永島常男(第17作、第19作、第22作)、井田年彦(第18作)、沢柳陽子(第19作)、徳山一信(第20作)、坂下英明(第21作)• 持道具 - 塩田健(第1作)、草野達樹(第2作、第8作、第11作)、岡田正彦(第3作、第5作 - 第7作)、松倉一郎(第4作)、梅山千春(第9作)、中沢境弥(第10作)、神保由香(第12作)、志田和美(第13作 - 第15作)、草野達郎(第16作)、渡辺伸明(第17作)、岩井健志(第18作、第19作)、中田美雪(第20作)• 化粧 - ヴァルール(第9作)、アートメイク・トキ(第14作)、吉野節子(アートメイク・トキ)(第22作)• メイク - ヴァルール(第1作、第4作 - 第8作、第10作)、柳幸子(第2作、第3作)、内田幸子(第3作)、鎌田真由美(第7作、第10作)、ふくながあいこ(第9作)、吉野節子(第11作、第12作、第17作)、田村小春(第11作、第12作)、アートメイク・トキ(第13作、第15作、第19作、第20作)、石井薫子(第16作、第18作、第21作)、福田高宏(第16作)、石渡広子(第17作)、福山今日子(第18作)、森田光子(第20作)• スタイリスト - のてひろこ(第3作)、(第4作、第16作)、市原みちよ(第7作、第9作、第10作、第14作)、戸谷重美(第12作)、川端身永子(第18作)、村井緑(第20作)、堀井香苗(第21作)• ヘアメイク - 鎌田真由美(第14作)• 射撃指導 - 加瀬裕樹(第12作)、阿久澤博政(第12作)• 擬斗 - (第1作 - 第3作、第11作 - 第15作、第17作)、(第4作、第5作、第7作、第8作、第19作、第20作)、(第18作)• 殺陣 - (第21作、第22作)• カースタント(スタント) - (第3作、第4作、第11作 - 第15作、第18作)、大友千秋とラッキー(第5作)• 美術デスク - 平野装一(第9作)• 車輛 - ケイズ・プロジェクト(第1作)、富士リース(第2作、第3作、第4作、第7作)、マエダオート(第5作、第6作、第10作、第11作、第14作)、共映運送(第8作)、サニー企画(第9作)、(第12作)、(第13作、第15作、第16作)、ランナーズ(第17作)、フィールドワークス(第18作)• 医事監修 - 日本催眠心理研究所所長 米倉一哉(第19作)• 技術協力 -• 美術協力 -• 写真協力 -• ロケ協力 -• 衣裳協力 -• 撮影協力 -• 協力 -• プロデューサー補 - 安東多紀(第2作、第4作、第7作)、橋本寛(第3作)、藤尾隆(第10作)、大沼睦美(第12作、第14作、第15作)• 監督補 - 山内崇信(第7作、第9作)、藤尾隆(第15作)、北川学(第16作)• 助監督 - 萩谷泰夫(第1作)、田胡直道(第2作)、山内崇信(第3作、第4作)、藤尾隆(第5作、第6作、第14作)、(第7作、第8作)、舘野和彦(第9作、第12作)、藤嘉行(第10作)、池沢辰也(第11作)、池澤辰也(第14作)、大久保智巳(第13作)、木戸田康秀(第17作、第19作)、谷口和彦(第18作)、浅野敦也(第18作)、山後勝英(第18作)、竹内正樹(第19作)、村上牧人(第19作)、鎌田敏明(第20作)、杉山整(第21作、第22作)、早坂泰彦(第22作)、眞砂野浩 第23作、第26作、第28作、第30作、第31作• 制作担当 - 橋本寛(第11作、第19作)、(第18作)、宮川健治(第20作)、江島進(第21作)、鈴木勇(第22作)• 制作主任 - 仲野俊隆(第1作)、佐々木芳野(第2作)、高橋浩一郎(第3作 - 第5作、第7作、第11作 - 第14作)、草薙一男(第6作)、太田裕輝(第8作)、丸山昌夫(第9作)、塚本貞重(第10作)、柳沢光俊(第17作)、木村尚司(第22作)• 制作 - 高橋浩一郎(第15作、第16作)、橋本寛(第16作)• 添乗員 - 宮島綾子(第18作)• スクリプター - 広川貴美子(第20作)• 実景撮影 - 宮本幸夫(第20作)、(第20作)• コーディネーター - 山内和明(第2作)、野上順子(第2作)、千葉昭夫(第3作)、松本啓一(第14作)、ディミトリー・シェメトフ(第18作)、アナトリー・マルコフ(第18作)、ヤン・ベーダム(第18作)、アンドレ・クズネツォフ(第18作)、石塚康(第20作)• 函館コーディネーター - (第4作)• 台湾コーディネーター - 劉振瓔(第14作)• 制作進行 - 小川賢治(第5作)、河合伴明(第10作)、片平大輔(第19作)• 記録 - 小柳優子(第1作、第2作)、山田佳子(第3作 - 第6作)、(第7作、第8作)、恩田一代(第9作、第11作)、小林昌枝(第10作)、武笠一美(第12作)、奥平浩美(第13作)、杉谷小百合(第14作)、(第16作)、広川貴美子(第17作)、宮下こずゑ(第18作)、竹田宏子(第19作、第22作)、加藤美代子(第21作)• 記録・編集 - 小林昌枝(第15作)• スチール - 渡辺富雄(TBS)(第1作)、橋本田鶴子(第2作 - 第17作、第21作、第22作)、山縣樹(TBS)(第2作)、池永一之(TBS)(第3作)、龍田浩之(第12作)、(竜カンパニー)(第18作)、橋本田鶴子(ZUKKO)(第19作)、竜カンパニー(第20作)• 翻訳 - (第14作)• 通訳 - アレクセイ・N・ポーリーヤコフ(第18作)、ナタリー・アレンニコヴァ(第18作)、ミハイル・フィリターリン(第18作)、イリーナ・ベトロシャンツェ(第18作)、アレクコノゴフ・A・アレクサンドロヴィッチ(第18作)• 番組宣伝(番宣担当) - 反町浩之(TBS)(第1作 - 第5作)、木崎武重(TBS)(第6作 - 第9作)、磯谷昌宏(TBS)(第10作、第11作)、伊藤良(TBS)(第12作 - 第18作)、鈴木真治(第19作、第20作)、鈴木慎治(第21作、第22作)• 能楽コーディネイト - (第22作)• 能楽監修・指導・出演 - (第22作) 実景班• 撮影 - 内山久光(第18作)• 調整 - 足助学(第18作)• 照明 - 宮坂斉志(第18作)• 放送一覧 [ ]• このシリーズはドラマとしてはかなり早い時期にハイビジョン撮影への移行が行われていて、第17作以降、ハイビジョン撮影での制作となっている。 第42作は20時00分から22時54分までの拡大放送。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 [ ] 1 1992年 04月13日 札幌駅殺人事件 「札幌駅殺人事件」 竹山洋 脇田時三 15. 視聴率は調べ、・世帯 特別番組 [ ] 西村京太郎ミステリー紀行〜十津川警部が見た風景〜 開局10周年記念番組として2010年2月28日に『プレミアム6 西村京太郎ミステリー紀行〜十津川警部が見た風景〜』を放送。 この番組では、原作者の西村京太郎と渡瀬恒彦、伊東四朗が初めて対談した。 MCはTBSアナウンサーの。 また、十津川シリーズの出演者たち4人が、ドラマの舞台となった地を訪れ、第1作「札幌駅殺人事件」の舞台である札幌を古川りか、第35作「金沢加賀殺意の旅」の舞台である金沢を山村紅葉、第29作「松山道後温泉十七文字の殺人」の舞台である松山を中西良太、第19作「河津七滝殺人事件」の舞台である伊豆を堤大二郎が旅した。 なお、2011年から2012年の年末年始に企画された「BS民放10周年5局共同特別編成番組(年末年始特別企画)」のBS-TBSでの放送番組の一つに編成され2011年12月26日に改めて放送された。 このほかにも何度か再放送されている(2010年4月25日、2012年5月20日)。 DVDコレクション [ ] 株式会社よりDVDマガジンが刊行 全50巻。 創刊時未製作だった2014年から2015年の4作が未刊行 創刊号「終着駅殺人事件」(2001年)を収録。 発売日/2013年9月4日(水) 第2弾「寝台特急カシオペアを追え」(2000年)を収録。 発売日/2013年9月18日(水) 第3弾「越後・会津殺人ルート」(1999年)を収録。 発売日/2013年10月2日(水) 第4弾「九州ひなの国殺人ルート」(2009年)を収録。 発売日/2013年10月16日(水) 第5弾「特急「おおぞら」殺人事件」(2002年)を収録。 発売日/2013年10月30日(水) 第6弾「南紀白浜殺人ルート」(2002年)を収録。 発売日/2013年11月13日(水) 第7弾「陸中海岸殺意の旅」(2003年)を収録。 発売日/2013年11月27日(水) 第8弾「京都・恋と裏切りの嵯峨野」(2001年)を収録。 発売日/2013年12月11日(水) 第9弾「伊豆の海に消えた女」(2002年)を収録。 発売日/2013年12月25日(水) 第10弾「四国連絡特急殺人事件」(2004年)を収録。 発売日/2014年1月8日(水) 第11弾「丹後殺人迷路」(1997年)を収録。 発売日/2014年1月22日(水) 第12弾「愛の伝説・釧路湿原」(2004年)を収録。 発売日/2014年2月5日(水) 第13弾「南伊豆高原殺人事件」(1996年)を収録。 発売日/2014年2月19日(水) 第14弾「寝台急行「銀河」殺人事件」(1999年)を収録。 発売日/2014年3月5日(水) 第15弾「パリ 東京殺人ルート」(2003年)を収録。 発売日/2014年3月19日(水) 第16弾「特急『草津』殺人迷路」(2012年)を収録。 発売日/2014年4月2日(水) 第17弾「飛騨高山に消えた女」(2008年)を収録。 発売日/2014年4月16日(水) 第18弾「特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜」(2011年)を収録。 発売日/2014年4月30日(水) 第19弾「特急あずさ殺人事件」(2006年)を収録。 発売日/2014年5月14日(水) 第20弾「特急「伊豆・七滝殺人事件」(2000年)を収録。 発売日/2014年5月28日(水) 第21弾「寝台特急あさかぜ殺人事件」(2005年)を収録。 発売日/2014年6月11日(水) 第22弾「シベリア鉄道殺人事件」(1999年)を収録。 発売日/2014年6月25日(水) 第23弾「熱海・湯河原殺人事件」(2012年)を収録。 発売日/2014年7月9日(水) 第24弾「九州特急つばめ殺人事件」(2003年)を収録。 発売日/2014年7月23日(水) 第25弾「東北新幹線「はやて」殺人事件」(2004年)を収録。 発売日/2014年8月6日(水) 第26弾「特急しなの21号殺人事件」(1997年)を収録。 発売日/2014年8月20日(水) 第27弾「海を渡った愛と殺意」(1997年)を収録。 発売日/2014年9月3日(水) 第28弾「金沢加賀殺意の旅」(2005年)を収録。 発売日/2014年9月17日(水) 第29弾「愛と悲しみの墓標」(2007年)を収録。 発売日/2014年10月1日(水) 第30弾「西伊豆・美しき殺意」(2001年)を収録。 発売日/2014年10月15日(水) 第31弾「松山・道後十七文字の殺人」(2003年)を収録。 発売日/2014年10月29日(水) 第32弾「寝台特急殺人事件〜さよならブルートレイン〜」(2009年)を収録。 発売日/2014年11月12日(水) 第33弾「伊勢志摩殺人迷路〜円空の謎〜」(2010年)を収録。 発売日/2014年11月26日(水) 第34弾「志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜」(2011年)を収録。 発売日/2014年12月10日(水) 第35弾「河津・天城連続殺人事件」(2006年)を収録。 発売日/2014年12月24日(水) 第36弾「札幌駅殺人事件」(1992年)を収録。 発売日/2015年1月7日(水) 第37弾「西鹿児島駅殺人事件」(1993年)を収録。 発売日/2015年1月21日(水) 第38弾「上野駅殺人事件」(1993年)を収録。 発売日/2015年2月4日(水) 第39弾「函館駅殺人事件」(1994年)を収録。 発売日/2015年2月18日(水) 第40弾「会津高原殺人事件」(1994年)を収録。 発売日/2015年3月4日(水) 第41弾「萩・津和野に消えた女」(1994年)を収録。 発売日/2015年3月18日(水) 第42弾「豪華特急トワイライト殺人事件」(1995年)を収録。 発売日/2015年4月1日(水) 第43弾「伊豆海岸殺人ルート」(1995年)を収録。 発売日/2015年4月15日(水) 第44弾「松島・蔵王殺人事件」(1995年)を収録。 発売日/2015年4月28日(水) 第45弾「ミステリー列車が消えた!」(1995年)を収録。 発売日/2015年5月13日(水) 第46弾「江ノ電に消えた女〜十津川警部への挑戦状〜」(2012年)を収録。 発売日/2015年5月27日(水) 第47弾「 特急「しらさぎ」殺人迷路〜越前竹人形の謎〜 」(2013年)を収録。 発売日/2015年6月10日(水) 第48弾「尾道・倉敷殺人ルート」(1998年)を収録。 発売日/2015年6月24日(水) 第49弾「生命〜ベールに包まれた誕生の秘密〜」(2008年)を収録。 発売日/2015年7月8日(水) 第50弾「消えたタンカー」(2013年)を収録。 発売日/2015年7月22日(水)• 放送局 [ ]• - 新作および再放送• - 新作および再放送• - 再放送• - 再放送 注釈 [ ]• (BS-TBS)• TBSでも本項のシリーズ以前に「」で『』が放送されていたが、1982年から1984年まで、全5作で終わった。 TBS• TBSテレビ 2017年3月27日. 2017年4月6日閲覧。 第22作から第36作は「古川理科」名義。 「亀井正」だった回(第14作・第16作・第20作)、「亀井定夫」だった回(第29作)もある。 元々、原作には亀井刑事の下の名前は無く、この作品によって名づけられた。 本田だった回も有り(第8作・第14作・第16作)• この回では、渡瀬との元夫婦共演が実現。 結果としてこれが大原の遺作となった。 2007年4月2日. 2016年2月8日閲覧。 2013年9月8日. 2015年5月13日閲覧。 2013年9月9日. 2015年5月13日閲覧。 ビデオリサーチ 2014年5月21日. 2014年11月25日閲覧。 2014年11月5日. 2016年2月8日閲覧。 2015年5月1日. 2016年2月8日閲覧。 関連項目 [ ]• - 渡瀬恒彦が主演する「月曜ゴールデン」の別シリーズ作品• 外部リンク [ ]• - (2001年1月8日アーカイブ分)• - (2005年2月24日アーカイブ分)• - (2005年2月5日アーカイブ分)• - (2005年2月8日アーカイブ分)• - (2005年2月20日アーカイブ分)• - (2005年3月10日アーカイブ分)• - (2005年2月19日アーカイブ分)• - (2005年2月13日アーカイブ分)• - (2005年2月13日アーカイブ分)• - (2005年2月13日アーカイブ分)• - (2005年2月18日アーカイブ分)• - (2005年2月22日アーカイブ分)• - (2005年2月24日アーカイブ分)• - (2005年3月24日アーカイブ分)• - (2005年12月8日アーカイブ分)• - (2007年11月19日アーカイブ分)• - (2007年3月29日アーカイブ分)• - (2007年10月12日アーカイブ分)• - (2007年12月28日アーカイブ分)•

次の