たねや 水 羊羹。 外さない王者はコレ。三越で人気の水ようかん5選

お土産にも便利な容器入り「水羊羹」! 東京でひんやり名店の味

たねや 水 羊羹

甘露したたる瑞々しさと、ひと匙すくって口に運べば、さらりと溶けてなくなるほどのこれまでにない柔らかさ。 そして、小豆の旨みも引き立つ、なめらかなのどごし。 従来の水羊羮のイメージを変えてしまうような、いわば、新鮮な「生」の水羊羮を作ることが、長年の夢でした。 作りたての美味しさを何とか商品化できないかと、十数年、たねやは夢を追い続け、素材の配合から、餡の炊き方、寒天の具合など、何度も何度も試作を繰り返してきました。 炊きたての水羊羮の風味をそのままに。 この難問題を解決したのが、炊き立てを素早くホット充填する たねやの「本生製法」です。 2004年、たねや愛知川工場内のクリーンルームの完成により、日保ちさせるための余計な熱を一切加えず、美味しさをそのままに保つ本生製法を可能にし、のどごしなめらかなまったく新しい水羊羮が生まれました。 左写真:商品開発室で延々と繰り返される、商品化テストと議論。 水羊羮は「新鮮さ」が命です。 作りたてだからこそ、素材の風味が生かされます。 驚くような口どけ。 餡にかける熱を極限まで少なくし、小豆本来の風味と旨みをそこなうことなく仕上げる製法です。

次の

たねや本生水羊羹 美味しさの秘密|たねやのお菓子

たねや 水 羊羹

「たねや最中」6個入¥1,210(税込) たねや発祥の、直前に種と餡をあわせて食べるスタイルの最中。 この「たねや最中」も口に入れる直前に合わせることで、職人だけが知る絶品の味をおうちで楽しめる逸品です。 「お客様にも、ぜひご自身で種と餡を合わせるところから、口に入れるまでのひと手間をぜひ楽しんでいただきたいです」(たねや広報担当) さらに、この小豆色の最中種には、おいしさや見た目の美しさ以外にも、ひそかなポイントがありました。 「この最中種には、小豆皮を乾燥・粉末化した『小豆皮パウダー』を加えています。 こしあんの製造時に出る小豆の皮は、通常廃棄されてしまうのですが、できるだけ材料を余すことなく使いたいという思いから、検討を重ねました」(たねや広報担当) おいしいだけでなく、環境にも優しいのですね。 舌だけでなく、心もほっこりできる甘味です。 そのような中、涼しげな中身を見せるパッケージで登場させたのは『たねや』でした」(たねや広報担当) パッケージに加え、日持ちがしなかった問題も解決。 クリーンルームの工場で製造し、「本生」の水羊羮が全国に流通できるようにしたのだそうです。 日本の水羊羮のスタンダードをつくった「たねや」。 もちろん、おいしさも格別です。 「ラベルレス のどごし一番本生水羊羹」32個入¥10,800(税込)、「ラベルレス たねや寒天 小豆」24個入¥10,800(税込) 「新しくラベルレスのたねや寒天も発売しました。 自家需要としてパッケージから少しでもゴミになってしまうものを減らそう、という思いから生まれた商品です」(たねや広報) 水羊羹の場合、通常の商品に比べてプラスティック1. 8g、紙0. 7gを削減できるのだそう。 「おうち時間のおともに、ぜひご自宅で楽しんでいただければと思います」(たねや広報担当) 32個もあれば、長く味わえそうです。 日持ちもするので安心ですね。 自分や家族へのご褒美スイーツにもぴったりです。 それぞれの生活スタイルに合わせて、程よく冷やしてお召し上がりくださいとのこと。 「暑い夏に、さらりとしたのどごしのよさを存分にお楽しみいただける、こだわりの水羊羹です」(たねや広報担当) おいしいのはもちろんのこと、環境にも優しいたねやの商品。 舌だけでなく、心も幸せな気分になれそうです。 問い合わせ先.

次の

夏に常備しておきたい!!たねやの夏を代表する涼菓 本生水羊羹

たねや 水 羊羹

お届け指定日以降のお届けとして承ります。 ご注文の際6月20日以降からご選択ください。 ・お中元ご贈答品は、簡易包装でお届けさせていただきます。 ・ご本人さまお届けで先さまへご持参になる場合「ギフト設定」で「ご自宅などへお届け」をご選択ください。 商品ごとに二重包装をして手提げ袋を同送いたします。 ・ご本人さまお届けではなく手提げ袋をご要望の場合や、かけ紙の名入れご希望は、「係員への指示事項」欄へご入力ください。 《お中元以外》 商品詳細ページのお届け方法で「一般ギフト」「食品」「直送便」をご選択ください。 なお、一部の商品でお届け日やかけ紙 のし 、名入れのご希望を承りできない場合がございます。 同じお届け先でも同梱グループが異なる商品は、別便でのおとどけとなり、同送することはできません。 お届け日、お届け時間が前後することがございます。 配送について詳しくはをご確認ください。

次の