カウンタ を 持っ た ホウオウ。 【ポケモンGO】ホウオウの色違いとおすすめ技&弱点

ホウオウ

カウンタ を 持っ た ホウオウ

しかし、ポケモン金やハートゴールドに登場するホウオウをバディにするのがシルバーなのはやや疑問が残ります。 この記事では、その疑問を解決してしまう素晴らしいシナリオのあらすじや感想をまとめていきます。 ブレイク団を追い返す! ・シルバーは「自分以外のバディになるところを見たくない」と去ろうとするがホウオウが選んだのはシルバーだった ・驚きながらもシルバーはホウオウと共に最強のバディズになると宣言する 感想まとめ 何でホウオウのバディがシルバーなんだよ…と思ってたけど結構納得出来るシナリオだった。 ギンモクセイは中国ではデートの前に木製の花を入れてお酒を飲むのに使われたそうです。 ホウオウのモチーフは中国の鳳凰だそうで。 何ともお似合いですね。 金銀初期から見て「ああ、シルバーは変わったんだな」って。 いや、もしかしたらシルバーは最初から根は良い子だったのかもしれないけれど。 ストーリーの台詞1つ1つが本当第2世代大好きな私には嬉しいものがあった。 何度か話題に上がっていたけれど、彼は「クロバットのトレーナー」なんだよね……。 性善説を推すワケではないけれど、ポケモンを思える良い子よね……。 益々シルバーが大好きになりました。 泣きました。 アプリ開発決定からこの瞬間をずっと待っていて良かった……。 — つきしぐれ zerogioco ポケモンマスターズ イベント「正しき心に舞い降りる翼」シナリオクリアとシルバー&ホウオウをバディーズにしました! ホウオウに挑め!5 SUPER EXPERT めちゃくちゃ難しかったです。 ストーリーに一々涙腺崩壊してしまいました。 この10年で、シルバー君は改心したってことは・・・。

次の

ホウオウ

カウンタ を 持っ た ホウオウ

圧倒的な存在感を誇るホウオウに、ティファの足が震える。 気の強いリッカでもそれは同様だった。 ホウオウはそんな2人を羽虫のような存在と見てるのか、さっさと殺してしまおうと口から炎を吐き出した。 「ッ!?『挑発』!!」 もはやそれは反射的に動いた行動だった。 ティファはリッカから離れて、『挑発』のスキルを発動する。 ホウオウはティファの『挑発』を受けてぐるりとティファの方を向き、ティファに炎を吐き出す。 「ッ!?ティファ!?」 リッカが悲痛の叫びをあげる。 いくら自分の幼馴染が規格外の防御力の持ち主といえど、Sランク指定のホウオウの攻撃は耐えられないと思っていた。 ところが…… 「うぅ……!?リッカの火魔法もだけど……やっぱり炎を直接受け止めるのは暑くてやだなぁ〜……」 「ティファ!?無事なの!?」 「うん。 火の攻撃だから暑いとは感じるけどダメージは通ってないよ」 ティファは笑顔でそう言ったので、本当にダメージは通ってないのは一目で分かった。 火傷や黒焦げのような状態異常にもなってないし、ホウオウの炎は灰すら残さず焼き尽くすって話なのに…… だが、それを喰らったティファの感想はただ「暑い」だけだった。 ティファの最早人外に近い防御力に呆然とするリッカ。 しかし、ホウオウは呆然とさせる余裕も与えず、次の第二波の炎を吐き出した。 だが、炎を受け止め無傷だった事で、少し冷静になったティファがすぐに対処する。 「今度は貴方が暑いおもいをしなさい!『プロリフレ』!!」 ティファはホウオウの炎を受け止めると、すぐに『プロリフレ』を発動して攻撃を跳ね返す。 スキルは見事に発動して、大盾から巨大な波動がホウオウに放たれたのだが…… 「あれ?全然効いてない?むしろ……元気になってる?」 大盾から放たれた波動が直撃したはずなのに、ホウオウには全く効いておらず、むしろ元気になったようにティファには見えた。 ティファは気になって、ホウオウの攻撃を受け止めつつ、『サーチアイ』を発動したところ…… 「うわぁ!?ホウオウは火属性攻撃を受けると回復って出てる!?」 「……なるほど。 だからさっきの『プロリフレ』による跳ね返ったのは効かなかったのね。 ホウオウが吐き出した火の攻撃を跳ね返したから……」 ティファが『サーチアイ』によって出した情報をそう冷静に分析するリッカ。 しかし、これは非常に厄介である。 ティファがいくらホウオウの攻撃を受け止められるとはいえ、『プロリフレ』でいくら跳ね返しても向こうには通じない。 おまけに、ティファもこのまま炎を受け止めていたら、ダメージは通らなくても暑さでやられるかもしれない。 ここはなんとか撤退するべきかとリッカは思ったが…… 「ちょっと待って!?リッカ!ホウオウは弱点属性は水と氷属性ってなってるよ!!」 「はぁ!?弱点属性があるの!?」 まぁ、炎を吐いてくる魔物だから水や氷の属性攻撃には弱い可能性はあったが、まさかSランク指定の魔物に弱点属性があるとは思わなかった。 だが、相手は「魔術師殺し」と呼ばれている魔物である。 もしかしたらと思い、リッカはティファに尋ねてみた。 「ティファ!そいつ魔法耐性とか持ってる!?」 「う〜ん……特にそういった事は書いてないよ……?」 ホウオウが吐き出す炎を大盾で受け止めながらそう返答するティファ。 そんなので何故「魔術師殺し」と呼ばれているか分からないが、もしかしたら勝てる希望が出てきたリッカはティファに指示を出す。 「ティファ!悪いけどそのままホウオウの炎を受け止めて!その間に私が特大の魔法をぶっ放してやるから!!」 「了解!任せて!」 ティファが必死でホウオウの攻撃を受け止めてる間に、リッカは念のためホウオウの後方のだいぶ離れた位置まで移動して呪文を唱えはじめる。 本当は火属性魔法のが得意なんだけど…… 魔術師は各属性の魔法は使うが、人によってこの属性の魔法の方が得意というものは存在する。 リッカは真紅の髪に似合う火属性魔法の方が得意だ。 だが、だからと言って他属性魔法が使えない訳ではないし、魔力900000の数値の威力は伊達ではない。 「凍てつきなさい!ダイヤモンド・ダスト!!」 リッカは氷属性の上級魔法をホウオウにぶつける。 弱点属性の魔法を受けたホウオウは悲痛な叫びの鳴き声をあげる。 しかし、相手はやはりSランク指定の魔物だった。 ティファの魔法を受けてもまだ動いていた。 「くっ!?やっぱり得意属性の魔法じゃないからそんな効いてないか……!?」 「いや!効いてるよ!HPも半分近く削れてるよ!流石リッカ……って!?危ない!?『カバー』!!」 リッカが魔法を放った事で、リッカの存在に気づいたホウオウがリッカめがけて飛んだのに気づいたティファは慌てて『カバー』を発動してリッカの元まで移動する。 「爪での攻撃なら……!『プロリフレ』!!」 脚の爪による攻撃ならばと、ティファは瞬時に『プロリフレ』を発動。 大盾から再び波動が放たれ、今度はホウオウに大きなダメージを残す。 「やった!HPが4分の1ぐらいまで減ったよ!!」 「よし!このまま私が畳み掛けて……」 しかし、ホウオウの周りのオーラが7色の強い光を放つ。 その光の眩しさに2人は思わず一瞬目を瞑る。 目を開けると、そこには先程と変わらずダメージを負って瀕死に近いホウオウがいた。 しかし、『サーチアイ』を発動しているティファに絶望的な情報が流れてくる。 「えっ……!?嘘……!?そんな……!?」 「何!?ティファ!?どうしたの!?」 「……あのホウオウ。 魔法攻撃無効になってる……」 「何ですって!!?」 ようやく2人はこの時になってホウオウが「魔術師殺し」と呼ばれる所以を理解した。 希望がようやく見えた後の絶望。 間違いなく「魔術師殺し」だった…….

次の

大盾使いの少女はホウオウと対峙する

カウンタ を 持っ た ホウオウ

ポケモン鑑定:ポケモン解説(ホウオウ) [ポケモン・ポケモン解説] *ここはバトルで良く使われるポケモン(ホウオウ)の情報 *ここについての追加、訂正、注文などありましたらの方へ ホウオウ [基本情報] *.レベル100固体値/努力値MAX時ステータス HP 攻撃 防御 特攻 特防 早さ 415 358 278 318 406 278 *.タイプ別相性:ダメージ4倍 、2倍 、1/2 、1/4 、無効 自分のタイプ N 炎 水 草 電 氷 格 毒 地 飛 E 虫 岩 G 竜 悪 鋼 ほのお/ひこう *.使用可能な技等は *.ステータスについて 伝説のポケモンだけあって電気/水にたいしては弱点でありながら、ライコウの[ 10万ボルト]なら2回耐える。 同タイプファイヤーとの違いは地震を覚えることで、自身の攻撃力の高さとあって力押し同士なら電気タイプにも勝つ。 オリジナル技である[ せいなるほのお]は、威力が高く運がよければ攻撃力を下げることができる。 他にも攻撃/防御両方の技は多彩である。 しかしこのポケモンに小細工はいらないだろう。 念のため[ ほえる]さえ入れとけば、少なくともなにも出来ずに終わると言うケースはないはずだ。 *.弱点 岩タイプの技 実に4倍のダメージを受けるためそこそこの防御力を持っていても非常にヤバイ。 素早さ 弱点ではなく『おしい点』。 もう少し早ければ無敵に近いのだけどね。 *.長所 攻撃力 文句無し、さずが伝説系ポケモンと言ったところ。 電気タイプに対し[ じしん]が使えるのが非常に大きい。 特殊防御力 ツボツボを除けば最強クラス。 効果抜群の電気攻撃もタイプ同一でないと高いHPで耐える。 特殊攻撃力 多彩な特殊系攻撃技にこの程度のステータスがあれば、鬼に金棒。 *.要注意 スターミー 炎タイプのため水タイプの攻撃を2倍受ける。 素早さがこちらより高いためダメージは大きい。 バンギラス 特に[ いわなだれ][ 目覚めるパワー(岩)]を警戒。 ほぼ確実に岩系の攻撃技は持っているだろう。 *.楽勝 素早さのない電気タイプ [ じしん]が効果を発揮する。 具体的にはレアコイル、デンリュウ等。 いわなだれの持たない打撃系 [ せいなるほのお]の追加効果が決まれば、相手の攻撃力は半減する。 ハッサム、フォレトス *.おすすめ技 せいなるほのお:基本技 <炎タイプ、威力100、命中95、5割でやけど> これも鬼に金棒状態。 後は命中95を信じろ! やけどの追加効果が決まれば、相手の攻撃力が半減。 だいもんじ:LV44で覚える <炎タイプ、威力120、命中85、1割でやけど> やけど1割、命中85に下がった替わりに攻撃力が20アップ。 上の技よりこちらを選択するのも手。 じしん:技マシン26 <地面タイプ、威力100、命中100> ひこうタイプのポケモンがぜひ欲しかった技。 このホウオウは習得できる。 10まんボルト:教えおやじで習得 <電気タイプ、威力95、命中100、3割で麻痺> クリスタルVer.のみで習得可能である。 これで水タイプにも大ダメージが与えられる。 じこさいせい:LV33で習得 <回復技、天候に左右されない> いれるべきかどうかは迷う。 *その他の技 技名 習得方法 効果 特徴など かえんほうしゃ おやじ 炎タイプ、威力95、命中100 1割でやけどにする かげぶんしん 技M32 回避率アップ あまり使わないだろう ギガドレイン 技M19 草タイプ、威力60、命中100 水系のとどめ用、第4の攻撃技 げんしのちから LV88 岩タイプ、威力60、命中100 1割で全ての能力がアップ サイコキネシス 技M29 エスパー、威力90、命中100 1割で特殊防御ダウン、対格闘用 シャドーボール 技M30 ゴースト、威力80、命中100 2割で特殊防御ダウン しんぴのまもり LV11 5ターンの状態異常を防ぐ 混乱も防げる ソーラービーム 技M22 草タイプ、威力120、命中100 1ターンの溜めは[にほんばれ]で回避 にほんばれ LV55 天候を変化 ソーラーと炎系両方に使える はがねのつばさ 技M47 鋼タイプ、威力70、命中90 ほとんど趣味の領域である みらいよち LV99 エスパー、威力80、命中90 一応、悪タイプにも当る りゅうのいぶき 技M24 ドラゴン、威力60、命中100 3割で麻痺、対カイリュー、キングドラ専用 *.使えるコンボ にほんばれコンボ ホウオウは炎タイプであるから、水に弱い。 そこで[ にほんばれ]を使って水タイプの技のダメージを防ぎつつ、炎タイプの威力を上げる事が出来る。 また、[ ソーラービーム]が溜めなしで撃てるので水系ポケモンを倒せる。 さらに、ホウオウのもう一つのタイプである飛行に対し、電気タイプが[ かみなり]を仕掛けてくるような状況でも優位に立つ事が出来る。 [前作(赤、青、緑、ピカVer.)] 情報募集中 条件:LV100 [金銀以降] 条件:LV100 攻撃型1[ せいなるほのお、 じしん、 10まんボルト、 シャドーボール( サイコキネシス)] 攻撃型2[ だいもんじ、 じしん、 10まんボルト、 シャドーボール( サイコキネシス)] ホウオウは有効な攻撃技をたくさん覚える事が出来るので、4つすべて攻撃技でいろいろなタイプに対応できるようにしたのが攻撃型の選択。 パターン1と2の差は炎タイプの技の種類。 基本はパターン1の[ せいなるほのお]であると思うけど、命中率が必要な場面では[ じしん][ 10まんボルト]を使う事を前提として[ だいもんじ]という手もあり。 アイテムは回復系の『 たべのこし』『 きせきのみ』又は速攻勝負のための『 せんせいのつめ』推奨 *せいなるほのお:PP以外の項目で[ かえんほうしゃ]を上回る *だいもんじ:多少の命中率低下は目をつぶって威力重視 *じしん:対電気&攻撃力の方が高いので必須 *10まんボルト:飛行&水系対策として入れる *シャドーボール&サイコキネシス:他に[ ギガドレイン]や[ じこさいせい]でも良い にほんばれ型[ だいもんじ( せいなるほのお)、 じしん、 ソーラービーム、 にほんばれ] 上の使えるコンボの項で説明した[ にほんばれ]を有効に使う型。 炎技の選択に迷うところであるが、1ターンの無駄(にほんばれを使うターン)を取り戻すなら[ だいもんじ]。 ただ、飛行タイプに対して有効な攻撃技を持たなくなってしまう。 アイテムは回復系の『 たべのこし』『 きせきのみ』又は速攻勝負のための『 せんせいのつめ』推奨 *せいなるほのお:PP以外の項目で[ かえんほうしゃ]を上回る *だいもんじ:多少の命中率低下は目をつぶって威力重視 *ソーラービーム:[ にほんばれ]があるならこれも必要る *にほんばれ:必須 寝言型[ ねごと/ ねむる/ にほんばれ/ せいなるほのお]『 もくたん』OR『 ピントレンズ』 寝言で攻撃した場合、PPを消費しないと言う特性を生かす型。 *その他に[ じこさいせい]、[ しんぴのまもり]を組み合わせる形もある。 味方のポケモン、戦う相手のポケモンによって炎技以外のせんたくの幅は広い。 場合によっては持久型にもできる。 [ 炎技、 じしん、 じこさいせい、 しんぴのまもり] [ 炎技、 攻撃技、 ねむる、 ねごと] [金銀以降] 条件:ニンテンドウカップ2000 (出場不可能) [こいつを倒せ] *有利なポケモン バンギラス: 例えホウオウに[ じしん]を使われてもこっちの[ いわなだれ]が4倍(タイプ同一で6倍)効くので倒せる。 ライコウ&サンダース&ライチュウ: ホウオウは大抵[ じしん]を持っているので油断はできないが、ホウオウより素早い電気系ポケモンなら何とか2ターン目の[ 10まんボルト]で倒せるはず。 スターミー: こちらの方が素早いので[ シャドーボール]さえ来なければ、[ なみのり]でなんとかなるだろう。 [][].

次の