アマチュア 無線 コール サイン 検索。 昔取ったアマチュア無線局免許を取り直す

アマチュア無線

アマチュア 無線 コール サイン 検索

あなたの学校にもあったアマチュア無線クラブ あなたの学校にもあったアマチュア無線クラブ 半永久的に工事中 主な更新履歴• 2013年7月21日 1,9エリア全公開開始• 2013年9月1日 3エリアJA3,JH3,JR3まで公開開始• 2013年10月27日 2,4,5,6,7,8エリア1967年版コールブック掲載分まで公開開始(JA2YAA-YJM, JA4YAA-YFZ, JA5YAA-YCZ, JA6YAA-YHZ, JA7YAA-YGP, JA8YAA-YDI)• 2013年11月4日 2,4,5,6,7,8エリア1972年版コールブック掲載分まで公開開始(JA2YJA-ZAF, JA4YGA-YOI, JA5YDA-YHG, JA6YIA-YUC, JA7YGA-YOZ, JA8YDA-YKL)• 2013年11月10日 2エリア1981年版コールブック・CQ ham radio 別冊付録速報版1982年10月掲載分、3エリアCQ ham radio 別冊付録速報版1982年10月掲載分まで公開開始(JA2ZAG-JE2YLZ, JE3YAA-JF3YJZ)• 2013年12月3日 4エリアCQ ham radio 別冊付録速報版1978年1月掲載分まで公開開始(JA4YUA-JA4ZRZ)• 2013年12月29日 4エリアCQ ham radio 別冊付録速報版1982年6月掲載分まで公開開始(JA4ZWN-JH4YPP)• 2013年12月30日 5,6エリアCQ ham radio 別冊付録速報版1982年6月、7エリア1982年10月掲載分まで公開開始(JA5YKE-JA5ZNV, JA6ZAA-JH6ZLB, JA7YVA-JH7YZB)• 2013年12月31日 8エリアCQ ham radio 別冊付録速報版1982年10月掲載分まで公開開始(JA8YOA-ZZZ)• 2014年5月6日 JD1エリア,4,5,8エリア全公開開始• 2014年12月17日 「戦前の学校無線局」公開開始• 2016年12月31日 2,3,6,7エリア1991年版コールブック掲載分まで公開開始(JE2YMA-JG2YSZ, JF3YJC-JJ3ZCU, JH6ZLC-JF6YHP, JH7YZC-JR7ZHH)• 2017年1月1日 2,3,6,7エリア2001-2003年版コールブック掲載分まで公開開始(JG2YTA-JI2ZPO, JJ3ZCV-JL3YEO, JF6YHQ-JF6ZYR, JR7ZHI-JE7YRO)• 2017年1月2日 1985年版コールブックによる1,3エリアの補充(JG1YKH-JJ1YKN, JE3YAB-JG3YQH)• 2017年1月3日 1985年版コールブックによる2エリアの補充(JR2YYN-JE2ZSF)• 2017年1月9日 1985年版コールブックによる4,5,6,7,8,9,0,JR6エリアの補充(JH4YAB-JH4ZFJ, JA5ZDB-JH5YBQ, JH6YPC-JE6YGZ, JH7YAA-JH7ZRU, JA8ZEQ-JH8YTT, JA9YYY-JA9ZMY, JA0ZNA-JH0YOE, JR6YAA-JR6YJX)• 2017年1月22日 1993年版JARL会員局名録による1,2,3,4,5,6,7,8,9,0エリアの補充(JL1ZQJ-JN1YBC,JG2YSX-JG2ZTR,JJ3ZCV-JK3YHE,JR4YVL-JR4ZJZ,JH5ZCQ-JH5ZJV,JF6YHQ-JF6YXG,JR7ZHI-JR7ZTQ,JH8ZJD-JH8ZPY,JH9YDF-JH9YHR,JH0ZVX-JR0YHO)• 2017年5月7日 総務省無線局免許情報検索結果(motobayashi. net調べ2011年3月26日現在)による1エリアの補充• ご指摘いただいた誤りの修正及び追記は随時行っています。 そして学校の無線クラブの多くは、複数の無線従事者で構成されるアマチュア無線社団局を開設していました。 このリストは、昔のアマチュア無線局名録(コールブック)をもとに、名称から学校のクラブと推測される社団局を、識別信号(コールサイン)順に並べたものです。 各年代のコールブックを突き合わせながら手作業で入力し、入力済みの分から順次公開していきます。 では、廃局された局はヒットしません。 そのため、昔はあったが今はもうない社団局を検索することはできません。 このリストで、あなたの学校にも無線クラブ(社団局)がかつてあったかどうか、ぜひ探してみてください。 また、そのコールサインがでヒットするか(つまり今も無線局免許が有効か)合わせて確認してみて下さい。 クラブは活動を停止していても無線局免許は関係者(卒業生や元顧問の先生など)が維持している場合があります。 このリストで見つけたことがきっかけとなって、自分の学校に昔あったクラブを復活させよう、という若い世代の機運にもしつながることがあれば、私にとってそれに勝る喜びはありません。 廃局になっている社団局を旧コールサインによって復活させる際に必要な手続きなどは、をご参照下さい。 これらはで公開されている現在有効な無線局の免許情報に準拠しています。 但しこれらに加えて、検索の便を図るため、学校名についてフルネームや現在の名称などの補足を併記しているものがあります。 社団局名の「A」は「アマチュア」、「M」あるいは「R」は「無線」、「H」は「ハム」、「C」「ク」は「クラブ」の略記です。 これらは参照した無線局名録(コールブック)の出典に準拠しています。 全般的な傾向として、社団局制度が始まった当初(JAコールなど)は全社団局に占める学校の割合が非常に多かったものの、後年になるにつれて次第に減っています。 掲載しているコールサインのアルファベットの並びからその傾向をご推察下さい。 学校名および市区町村名は、掲載されていた当時のものです。 現在は学校が統合等されて名前が変わったり、合併により市区町村名が変わったりしていても反映していません。 廃校されて今はもう存在しない学校もあります。 市区町村は事務所の住所(代表者の自宅住所など)であるため、常置場所とは異なる場合があります。 従って学校関係者が自宅などを事務所としている場合、学校が所在する市区町村とは異なっている場合があります。 学校に無線クラブがあっても、社団局を開設せず各メンバーが個人局で運用していたところは、本リストには入っておりません。 学校名を冠していても、学校が正式に設置したクラブとは限らず、生徒、卒業生、教職員などが有志で開設したと思われる社団局も載せています。 山岳部やワンダーフォーゲル部など、クラブ活動の道具としてアマチュア無線を活用していたと思われるサークルの社団局も載せています。 社団局名に学校名が含まれていない場合には、リストアップから漏れている可能性があります。 出典自体に誤植がある場合があります。 同じコールサインの社団局が後年の出典で別の学校の社団局に変わっている場合には、出典と共に併記してあります。 社団名が本当に変わったかあるいは誤りが訂正されたか、どちらかと思われます。 間違いや欠落にお気づきになりましたら、ご連絡いただけましたら幸いです。 確認・照合の上、訂正いたします。

次の

世界のコールサイン割り当て一覧

アマチュア 無線 コール サイン 検索

韓国アマチュア無線局のCALL SIGN 韓国アマチュア無線局のコールサイン Call Sign 1. 人は同じ名前は同名異人が数人が存在できるが、アマチュア無線局 のコールサインはこの地球上でただ一つしか存在しないのでハムにあっては何とも変えることはできない最も固有で高貴なものだと言うことができる。 国際コールサイン割当表を参考にすれば、各国家に配分されたPREFTXが分かる。 参考 許可証に記載されているところのままにコールサインを伝送しなければなければならない。 参考 FCCの規定には10分を超過しないように規定しているが、3~5分ごとに自局のコールサインを伝送するように勧める。 コールサインの伝送時略送、つまりPREFIXを省略して伝送したり、変形させて伝送したり、また、設置場所が変更された無線局が許可証に書かれているところのままに伝送しない場合、電波法第84条 過怠金 、第3項の規定に基づいて300万ウォン以下の過怠金を賦課受けることになるということに留意することを望む。 アマチュア無線局コールサインの構成 1. アマチュア無線局のコールサインの構成は、国際通信協約付属無線通信規則(RR;Radio Regulation 第25条の第2119号の規定によってPREFIXとSUFFIXで構成されるが、 2. PREFIXの3文字中最初の1文字2文字は国籍を、 3. 三つ目の数字は地域番号を現わして、 4. SUFFIXは原則的に最大3文字 1字~3字 で構成される. しかし、特別局の場合、4字以上もある。 アマチュア無線局のコールサインは通常 0~9までの数字とA~Zまでのアルファベット26字を使って、数字 0とアルファベット0を区分するために数字 0は斜線を引い て 0で表記したもの。 国籍を現わすPREFIXは次のような四つ方法で表示する。 HL~コールサインを持つ無線局の許可 に現わした通り各逓信庁別にSUFFIXを配分したので、同じ地域でもSUFFIXで無線局の位置を察することができる。 しかし、個人局と団体局はそのSUFFIXだけでは簡単に区別できない。 DS~、6K~以後のPREFIXを持つ無線局 団体局と個人局のコールサイン付与には地域別でのような差があって、このようなSUFFIXを持つ無線局が色々な局で存在する。 北朝鮮に配分されたPREFIX 6個 :HM,P5,P6,P7,F8,P9 10-4国内地域番号の配分 1. コールサインのprefix3字のうち1字は地域番号を現わす。 コールサイン中地域番号が[ 0]の無線局:「団体局」または「クラブ局」、「クラブ ステーション club station ,といって、無線局の位置に関係なく地域番号が 0 Zero である。 統一後国内の地域番号の配分と該当地域:参照 統一後国内地域番号配分現況 1 2 3 4 5 ソウル 仁川(インチョン) 京畿(キョンギ) 江原(カンウォン) 黄海道(ファンヘド) 大田(テジョン) 忠清(チュンチョン)南道 忠清(チュンチョン)北道 光州(クァンジュ) 全羅(チョルラ)南道 全羅(チョルラ)北道 済州道(チェジュド) 釜山(プサン) 大邱(テグ) 蔚山(ウルサン) 慶尚(キョウンサン)南道 慶尚(キョウンサン)北道 6 7 8 9 0 咸鏡道(ハムギョンド) 平安道(ピョンアンド) 保留 駐韓米軍 団体局 注1 韓国アマチュア無線連盟でHL8A,HL8N,HL8Vという移動局を運用したが、1992年7月移動運用が全国的に許されて移動局を意味する地域番号が意味を喪失したので、現在はHL 0A,HL 0N,HL 0Vというコールサインを移動運用局で使っている。 注2 駐韓米軍のアマチュア無線局に地域番号9を付与したが、韓・米アマチュア無線局相互協定が締結されれば使わない。 10-5コールサインの中のSUFFIX配分 1. HL局のSUFFIX配分現況 ソウル 釜山(プサン) 忠清(チュンチョン) 全南(チョンナム) 慶北(キョンブク) 全北(チョンブク 江原(カンウォン) 済州(チェジュ) 外国人 A,I,K,L,M, Q,S,T,V,W B,J,P,U E,Q C,R F,N,Y G D,X H Z 注 HL PREFIXの無線局は同じSUFFIXを持つ無線局が存在しない。 DS局の地域別コールサイン割当現況 地域 団体局 個人局 地域番号 SUFFIX 地域番号 SUFFIX ソウル特別市 1 AAA~ZZZ 0 A~G、AA~GZ 仁川(インチョン)、京畿道(キョンギド) 2 AAA~QZZ 0 H~I、HA~IZ 江原道(カンウォンド) RAA~ZZZ J~K、JA~KZ 大田(テジョン)広域市、忠清南道(チュンチョンナムド)、北道(プクト 3 AAA~ZZZ 0 L~M、LA~MZ 光州(クァンジュ)広域市、全羅南道(チョルラナムド) 4 AAA~ZZZ 0 N~O、NA~OZ 全羅北道(チョルラブクト NAA~VZZ P~Q、PA~QZ 済州道(チェジュド) WAA~ZZZ R~S、RA~SZ 釜山(プサン)、蔚山(ウルサン)広域市、慶尚南道(キョンサンナムド) 5 AAA~QZZ 0 T~X、TA~XZ 大邱(テグ)広域市、慶尚北道(キョンサンブクト RAA~ZZZ Y~Z、YA~ZZ 10-6無線機器常置場所が変動した無線局のコールサイン 1.HL~及びDS 6K... ~無線局コールサインの変更と再指定 無線機器設置[常置]場所が変動して、該当無選局管理事業団から無線局設置変更検査を受けた後には、管轄逓信庁から許可証を受けることになる、この時HLとDSは次の通り差がある。 HL:変動した地域の地域番号に変わって、コールサインが変更される。 全国的には一つだけであるから、無線局設置地域が変動する場合1~5の地域数字だけ変更してコールサインが変更される。 :コールサインが再指定される。 は地域別で地域数字だけ別にして、DS1から5までABCが同一に許可されているので、地域数字を変えることができなく、地域を現わすを追加して許可されてコールサインが再指定される。 例示 DS~局と6K~局などは地域番号だけ違って同じSUFFIXを持つ無線局が色々な局が存在するので、最初に許可を受けた地域で、他の地域に設置場所が変動すれば、そのコールサイン末に変動した地域番号が追加されて斜線、すなわちを付けて区分するが、という無線局がソウルから釜山(プサン)に引越しして、無線局変更検査を受けたり再開局をすることになれば、とともにコールサインが再指定された許可証を受けることになる。 はピクストゥ fixed または、パーマネント Permanent と発音する. 参考 strokeとportableは一時的運用の場合に使う。 情報通信部電気92400-79 98. しかし、このようなコールサインの伝送方法は世界どこの国にも使用しないでいる実情であるから、のアマチュア無線局がHF帯で交信する場合、外国のアマチュア無線局は、韓国アマチュア無線局のコールサインに対し、理解をすることができないという反応を見せることが明確な事実であるから、これに対し韓国アマチュア無線連盟でこれに対する適当な案を設定して関係法令の改正を建議しなければならないことと思われる。 10-8韓国最初のコールサイン 1. 韓国最初の実験無線局コールサイン: HL2AA 1955年5月 2. 韓国最初の個 人無線局のコールサイン: HM1AA 鄭 慧 善(チョ ヨ ソン)、60年1月1日 KARL教養教育教材「アマチュア無線と無線局の運用」(韓国アマチュア無線連盟・1998年12月発行)P67~P71を翻訳 作成日:2015年6月6日 翻訳:JH2GAA.

次の

コールサイン検索

アマチュア 無線 コール サイン 検索

プリフィックスとサフィックス たとえば例のようにJQ1ZWOなどのように最初に2つのアルファベットがあり、次に数字、そして3桁のアルファベットになります。 最初の3桁をプリフィックスと呼び、国際電気通信連合が定める国や地域を表すアルファベットと数字が表示されます。 日本はJA〜JSまでと7J〜7N、8J〜8Nが割り振られていて、その中でもJB、JCはアマチュアでは利用されません。 7Jは外国人に割り当てられ、関東には人口も多いため7K・7L・7M・7Nが割り当てられています。 過去利用者が増え、Jで始まるコールが足りなくなったため、7で始まるコールが割り当てられました。 8Jはイベントなどで開局される特別記念局に割り当てられます。 また、割り当てられる順番は、JA・JH・JR・JE・JF・JG・JI・JJ・JK・JL・JM・JN・JO・JP・JQ・JSの順番で割り当てられていきます。 アルファベット順に割り当てられていくということではありません。 後半の3桁はサフィックスと呼び、個人局はAAA〜XZZまでが割り振られます。 クラブ局(社団局)はYAA〜ZZZが割り振られます。 今回の例では後半の3桁の先頭がZで始まっていますので、クラブ局用のものだということがわかります。 JDは小笠原諸島の人に割り当てられます。 小笠原は東京都なので地域番号は1になります。 地域と数字の関係 3番目の数字は地域番号を表します。 他にも国ごとにプリフィックスが割り当てられています。 以上がコールサインの仕組みです。

次の