ブレイク スルー twice。 Game*Sparkレビュー: 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

Breakthrough

ブレイク スルー twice

まずTWICEが歌う「Breakthrough」は本来の英単語の意味と同じです。 進歩、前進、また一般にそれまで障壁となっていた事象の突破を 意味する 何かの壁に対してそれを乗り越えるという意味でのポジティブな言葉ですね。 コーラスの部分には以下のような歌詞があります。 (日本語訳) それを突破させて、ああ、それを突破させて ああ、それを突破させ、ああそうそう この曲から読み取れる解釈としては、 まさにポジティブなメッセージというか、啓発的な表現を含めていますね。 すでにTWICEは言わずもがな成功しているグループです。 しかし何かと問題が起きたりネガティブなニュースも多いですよね。 笑 なのでそういった向かい風に対して 「負けない気持ち」 「ハングリー精神を持つ」 などと勇気づけるような意味を持っていると思います。 また、 このような大人数グループでの活動は何かとトラブルが起きやすかったり、連帯責任というのもあるので1人がネガティブな方向に行ってしまうとチーム全体に影響が及びます。 なので それも一緒に乗り越えて突き進もう! みたいな隠れメッセージもあったりするのではないでしょうか?(これは考察しすぎて違う気もするが) あくまで個人的な解釈なので意味が違ったらすみませんw 指摘していただければ訂正します。 笑 TWICE【Breakthrough】の読み方 こちら、『ブレイクスルー』と読みます! まあ基礎英語が分かる人なら当たり前に読めるのですがw ブレイクは『破壊』 スルーは『通り抜ける』 これらを合わせて『 突破』という事ですね!(小並感) 僕は一瞬『ブレイクタフ』と読んでしまいました。 笑 まとめ• TWICEのbreakthroughの意味はそのまま英単語の意味で「突破」という解釈となる• ブレイクスルーと読む 最後まで読んでいただきありがとうございました! >>.

次の

Breakthrough

ブレイク スルー twice

概要 [ ] パッシブプロジェクトのひとつであり、電波観測は(北半球)と(南半球)を、可視光観測はを使い、地球外生命体の発する通信を観測することを目的としている。 の Berkeley SETI Research Center BSRC が運営を行っており、このプロジェクトから生成されたすべてのデータは一般に公開される。 またブレイクスルー・イニシアチブでは、そのデータを分析するためのソフトウェアを開発する。 プロジェクトのひとつである は、このブレイクスルー・リッスンで収集されたデータの一部も使用し分析している。 運営資金 [ ] このプロジェクトはによる1億ドルの資金提供によって運営されている。 そのほか、受信するための新しい装置やプロセスの開発、職員を雇用するために使われている。 提携など [ ] プロジェクト開始時に予定されていた前述の3つの望遠鏡以外に、プロジェクト開始後に提携などを結んだ団体や施設がある。 2016年10月12日、との間でとデータ共有することが発表された。 2017年5月31日、とのパートナーシップが発表された。 2018年10月2日、 SARAO との間でをブレイクスルー・リッスンに参加させることが発表された。 2019年7月17日、(FLWO)で運用されている (超高エネルギー放射線イメージング望遠鏡アレイシステム)を使用し光学観測することが発表された。 の探索に使用される。 結果 [ ] 1月から3月にかけての観測では、地球から163光年以内にある恒星1327個に1. 45 GHzの範囲で調査が行われたが、電波信号とみられる痕跡は発見されなかった。 出典 [ ]• breakthroughinitiatives. org. 2019年3月5日閲覧。 seti. berkeley. edu. 2019年3月5日閲覧。 breakthroughinitiatives. org. 2019年3月5日閲覧。 Toor, Amar 2015年7月20日. The Verge. 2019年3月5日閲覧。 2019年3月5日閲覧。 CSIRO. www. csiro. 2019年3月5日閲覧。 breakthroughinitiatives. org. 2019年3月6日閲覧。 breakthroughinitiatives. org. 2019年3月6日閲覧。 breakthroughinitiatives. org. 2019年3月6日閲覧。 breakthroughinitiatives. org. 2019年10月5日閲覧。 NEWS SALT 2019年6月23日. 2019年6月24日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語).

次の

TWICE【Breakthrough】のタイトルの意味や解釈は?読み方についても

ブレイク スルー twice

ブレイクスルー breakthrough : 突破口 「ブレイクスルー」の意味を詳しく 「ブレイクスルー」には、「突破口」という意味があります。 その他にも、「前進」や「進歩」といった意味を持っています。 詳しい意味としては、大きく分けて3つあります。 1つ目は、何か物事を行っているときに、発生した行き詰まりを解決することです。 2つ目は、科学用語です。 科学技術が、爆発的に向上することです。 そして3つ目が、困難や障害を乗り越えることです。 1つ目と3つ目が似ていますが、前者は「行き詰まりの解決」に焦点が当てられています。 しかし、困難や障害があるとは限りません。 後者では、「困難」や「難題」そのものに焦点が当てられています。 トラブル対応という意味が強いです。 毎夜毎晩の努力を重ねることで、 ブレイクスルーを経験することができた。 一時期、満塁になってしまったが、アウトを取って ブレイクスルーを迎えた。 青色発光ダイオードの発明には、いくつもの ブレイクスルーがあった。 「ブレイクスルー」は、ビジネスや、科学技術、ノウハウを表す場面でよく使用されます。 そのため、頭を使用するような専門的な場面でよく見受けられます。 あまり、子供が使用する言葉ではないのです。 「ブレイクスルー」が起こる、「ブレイクスルー」を経験する、「ブレイクスルー」を迎えるという使い方をよくします。 いずれも、何か物事に対する様子を表しています。 例えば、進行中のプロジェクトの様子について述べるときに使われたり、科学技術の発明過程について述べるときに使われたりします。 「ブレイクスルー」と「努力」は非常に密接な関係なので、とても頻繁に使われます。 多くの「努力」を重ねてきた結果として、「ブレイクスルー」が発生することになります。 この例文の「ブレイクスルー」は、困難や難題の解決という意味ではなく、突破口という意味になります。 行き詰まりが解決されるわけです。 例えば、子供が初めて自転車に乗る場合です。 補助輪を外しただけでは、当然簡単にうまく乗れません。 しかし、これは別に問題が発生したり、大きな困難は発生したりしていません。 つまり、現状打破の意味として使われることになります。 何度も自転車に乗ろうとチャレンジした結果、突然自転車に乗れるようになります。 これが努力の「ブレイクスルー」です。 「ブレイクスルー」は、何か試行錯誤を重ねて解決策を生み出すという意味の特性上、スポーツに関する例文で使用されやすいです。 例えば、陸上競技で走り方のフォームを変えたらスコアが上がったなどが「ブレイクスルー」の一例になります。 この例文では、野球について取り上げています。 ヒットを打たれて、ランナーを出してしまうとホームランを打たれて一気に得点を入れられてしまう可能性があります。 そのため、多くのランナーを出すことはピンチになるのです。 しかしながら、そのランナーをうまく利用してアウトを取ることもできます。 例文では、そのアウトを上手にとって事なきを得た様子を表しています。 言い換えると、最初はピンチや困難な状況にありました。 しかしながら、そのピンチを切り抜けることに成功したのです。 この様子を「ブレイクスルー」で表しています。 ここでは、困難を克服するという意味で「ブレイクスルー」が使われています。 科学技術と「ブレイクスルー」もとても深い関係にあるため、よく「ブレイクスルー」という単語が使われます。 科学技術では、新しい発明や発見が大事です。 それによって今までの常識が変わったり、定説が覆されたりするからです。 しかし、新しい発見は簡単にされるものではなく、難しいのが現状です。 新しい発見のために、いろいろな失敗と挑戦を繰り返さなければなりません。 それがよく分かるために、例文では青色発光ダイオードを取り上げています。 青色発光ダイオードは、今では広く普及しています。 しかしながら、発明される前は実用化が難しくて不可能だとさえ言われていました。 しかし、実験を繰り返して技術の進歩があり、青色発光ダイオードを完成することができたのです。 こうした例文のように、新しい発見や技術の発明過程を表す単語として「ブレイクスルー」はよく使われます。 「ブレイクスルー」の類義語 「ブレイクスルー」には以下のような類義語があります。 イノベーション: 革新 「イノベーション」は、革新という意味のカタカナ語です。 「ブレイクスルー」とは、「旧来の状況からの状況の変化」という意味で共通しています。 「イノベーション」は、技術革新が分かりやすいです。 今私たちが使用しているインターネットも、最初は「イノベーション」でした。 インターネット登場以前と以後では、生活に劇的な変化をもたらしたからです。 また、「イノベーション」を起こすためには、「ブレイクスルー」を起こすことも重要になってきます。 インターネットも、従来の手紙など文字による伝達手法から、ケーブルなどの通信に変化したことによって、情報の伝達網が生まれました。 これが「ブレイクスルー」です。 そして、その情報網が応用されて、SNSや動画サイトなど、それを応用した革新的な技術が生み出されることとなりました。 これが「イノベーション」です。 このように、「ブレイクスルー」が起こった後に「イノベーション」が起こることが分かります。 両者は密接な関係があるのです。

次の