ストーリー おしゃれ。 【インスタストーリー】ハイライトのカバーをおしゃれしたい!画像の作り方から設定まで

ストーリーの作り方|総まとめ!一般的な創作理論を整理してみました

ストーリー おしゃれ

男女ともに20代~40代という幅広い年齢層から人気の高いSNSである、Instagram。 特に女性に関しては、半数以上の方がダウンロードしているという情報もあるほど支持されています。 ところでこのInstagramには、普通の投稿機能の他に24時間限定で画像・動画をアップできる 『 ストーリー』 という機能があるのをご存知ですか? 実はインスタユーザーの多くが、日常の様子や外出先の様子をストーリー機能を使って画像や動画アップしているんです! そんなストーリー機能ですが、 「もっとおしゃれに投稿できるようになりたい…!」 「他の人と差をつけて 『インスタ映え』させたい…!」 という方もいらっしゃるはず。 そんなあなたのために、今回のカメラオトメは 『Instagramのストーリーをもっとおしゃれにする3つの画像加工術』というタイトルでお話ししていきます。 アプリを使って加工していくので、特別なスキルもセンスも必要なし! 今日から投稿できるオススメの加工方法をお伝えしていきます。 注意使用しているスマホや機種によって大きさが異なるかもしれません。 お使いのスマホで試しながらサイズを確認していくオススメします。 背景を選択したら、次に 『Graphic』の中から、自分のインスタの世界観にあったものを選んでいきます。 PROは有料なので、今回は左中央の 『FREE』の画像をチョイスしてみました。 Graphicを使うときは抽象的なデザインや淡色で少しぼやけているものを使っていくとおしゃれにすることができます。 これを先ほど選んだ背景と混ざり合うように配置していきます。 背景を透明にした写真と背景のベースを『Inshot』で組み合わせる ベースの画像が出来上がったら、次は 『Inshot』というアプリで先ほど背景を消した画像を挿入していきます。 画面をタップすると文章入力画面になるので、文章を小出しにして出していきます。 タイトルのように目立つ文字にするときは、 『ストローク』の下の方にある 『幅』の数値を上げていくと太くすることができます。 文字をデフォルトよりも太くしたいときも同様に、ストロークから同じカラーを選んで幅を大きくしていくと調整することができます。 吹き出しといった図形を挿入したいときは、左下にあるメニューバーから三本線をタップし、 『アイテムを追加』から合うものを選んでいきます。 ポイントは1〜2行ごとにポイントを作ってバランスを見ながら配置していくこと。 全てを同じブロックにしてしまうと、動かしにくくなってしまうので注意が必要です。 そしてできあがったのがこちらの画像です! 最初の写真よりも見やすく、おしゃれな画像にすることができました。 お気に入りの画像はアーカイブ設定にしておくと、後から見返すことができますよ! 忙しいときや背景がインスタ映えする写真にぴったりなインスタストーリー加工術 次にご紹介するのは、時間がなくてストーリーに投稿する時間がない!という人や、おしゃれなカフェなどにいって背景もきれいに残したい!という写真にオススメの加工テクニックです。 先ほど加工術はまとまった時間がないとできにくいですが、この加工術をマスターすれば自分の世界観を出しながら写真をアピールすることができます。 今回この加工術で使う写真は以下の2枚です。 タピオカの写真とアイスの写真がそれぞれ… このようにおしゃれに加工することができるんです! ここからはこの2つの画像の加工術についてご紹介していきます。 『Inshot』を使って画像のベースを作っていく 今回は画像の透過加工がないので、初めから 『Inshot』を使って下地を作っていきます。 まずは背景となる画像をまず選択して、そのあとに写真を配置していく流れになっています。 今回も元の写真を目立たせたいので、淡い色の無地のカラーを選んでみました。 画像のサイズはさきほど同様、 『キャンバス』から 9:16を選択します。 タピオカの写真はこのように背景のカラーを選んでから、写真を下の方に配置してみました。 アイスの画像は背景のカラーをホワイトにしてから写真を2枚選択したかったので、1枚を普通に選択してから2枚目を 『スタンプ』を使って配置しました。 写真が同じサイズに配置されているかを確認したら、ここで一旦保存して文字入れをしていきます。 『Phonto』で文字入れと外枠を入れていく ベースの画像を作ったら、次は 『Phonto』で文章を入れていきます。 今回はタピオカの写真には 『せのびゴシックBold』、アイスの写真には 『せのびゴシックBold』と 『明朝体』というフォントを使いました。 タピオカの画像のタイトルの白い背景は 『文字』から 『幅』を選択し、背景の透明度を下げてから数値を大幅に伸ばして長方形を作っています。 またタイトルの下の白い四角は文字を入れていないため、後から 『アイテムを追加』から正方形を選択して幅や縦の長さを調整したあとに、透明度をタイトル部分と同じにすることで同じ文行きになるように演出してみました。 そのあとに文章をちりばめるように配置していきます。 このとき強調したい文章は文字を大きく太くすることで、普通の文章と差別化していくとメリハリをつけることができますよ。 なるべくジグザグに目線が動くように文章を置いていくと、ストーリーを見る人にも親切です。 ZやSをイメージするように文字を置いていくと、バランスよく配置できます。 そしてできあがったのがこちらの写真です。 左下のグレーのハッシュタグは、ストーリーに投稿する前にストーリー機能からハッシュタグをつけて配置しています。 文字を入れたあとにハッシュタグをタップするとカラーを変えることができます。 『アイテムを追加』で外枠のみの正方形の形を選んだら、サイズを0にしてから9:16のバランスで配置していきます。 外枠の配置ができたら次に外枠のカラーや太さを 『色』や 『ストローク』から変更して、色味を整えていきます。 『LINE Camera』で背景にスタンプをつける Phontoで文字入れが終わったら、最後にお好みでかわいいスタンプをアクセントにつけていきます。 スタンプを入れるのに使うのは、 『LINE Camera』というアプリです。 有料や無料から選べるたくさんのスタンプの中から、今回はハートのスタンプで可愛さをプラスしてみました。 今回は有料スタンプを使用していますが無料でもスタンプがたくさんあるので、ぜひお気に入りのスタンプを見つけて見てくださいね! ストーリーのポンポンと進む特徴を活かしたフォトギャラリー加工術 最後にご紹介するのは、ストーリーを見るときのタップする動きを利用したフォトギャラリーの作り方をレクチャーしていきます。 加工方法自体は、画像を配置するだけなのでとっても簡単でシンプルです! 今回はわかりやすいように、左から右に進んだときの流れを以下の1枚の画像にまとめてみました。 最初の画像から2枚目の画像にタップしていくと1枚の写真が、もう一回タップすると次は新しい写真が上に出てきます。 写真が1枚ずつ登場したと思ったら消えてみたり、また新しい写真に変わったり…と紙芝居のように画像を1枚ずつストーリーに投稿していきます。 タップするごとにどんどん写真が変わるので、まるでフォトギャラリーを楽しんでいるかのような新鮮なストーリーを演出することができます。 このストーリーは画像編集アプリの 『InShot』で画像を配置していくだけで、作っていくことができます。 フォトギャラリーを作るコツは、同じ画面の写真同士の構図や色味を被らせないようにして画像の配置を考えていくこと。 慣れてきたら、わざと画像をかぶせたりするなどフェイントを加えていくのもオススメです。 この方法を使うとインスタの投稿の連投を防ぐこともできるので、見せたい写真がいっぱいあるというときに使うとGOOD。 ぜひ一度やってみてくださいね。 インスタのストーリー機能を攻略してどんどん自分のインスタのファンを作っていこう インスタを始めたてのころから投稿を一生懸命頑張って、ストーリー機能をないがしろにしてきたそこのあなた。 投稿することももちろんとても大切ですが、実際のインスタグラマーを見てみると、ストーリー昨日ににこそその人の人柄や世界観が表れているということも多いんです。 ストーリー機能は投稿にはない投票機能や質問機能など、フォロワーと交流ができる一つのコミュニケーションの場所。 今回お伝えした加工術を少しずつ自分のInstagramに取り入れて、どんどん自分のファンを作っていきましょう。 この記事が少しでもあなたのお手伝いになれば幸いです。 Have a happy camelife.

次の

お洒落女子のInstagramは投稿だけじゃない!ストーリーももっとお洒落に可愛く♡ストーリーで使える【GIF】についてご紹介✧

ストーリー おしゃれ

Contents• ストーリーの文字が目立たないときの背景色 そもそも文字の背景色ってなんなの?っていう方のために基本の背景色の付け方を解説します。 文字に背景をつけて目立たせる効果 わざと背景がゴチャついた写真を選んで文字を配置してみましたが背景があるのとないのでは一目瞭然ですね。 文字背景のつけ方はとても簡単 文字を入力したら完了ボタンを押さず写真の『A』マークをタップします 『A』マークをタップすると 文字の背景に帯がついて文字が目立つようになります好きな色をカラーパレットから選択して色を変更できます。 パレットを左にスワイプ(指で触ったまま左に動かす)することでもっと色が出てきます。 こまでは私も知っていたのですが・・ 文字の背景色を半透明にできる! 冒頭でも書きましたが、この背景色は写真や動画の背景に色がたくさんあって文字が目立たないときに便利なのですがベタ塗り感が嫌でした。 それを解決するのに半透明にするという画像に馴染みやすい背景を簡単に作ることができるのです。 2回タップするだけで半透明の背景色ができるよ 普通に文字を入力したら完了ボタンを押さず写真の『A』マークをタップしますがこれを2回タップするだけなんです。 2回タップすると白から白が半透明に変わって向こうの電柱や木が透けて見えるとおもいます。 白のベタ塗りだと浮いた感じで違和感がありますが半透明にすると画像に馴染んでいい感じです。 カラーパレット使いこなすとおしゃれな感じのストーリーに! この背景色も文字色もパレットから色を好きに選ぶことができます パレットを横にスワイプすると基本の27色これだけの色が選べます もっと色がたくさん欲しいときのカラーパレット この中でもしっくりくる色がないなあと思ったら、近い色を長押ししてみてください。 文字色や背景色を微妙な色にを自由に変更するための『カラーパレット』がでてきます。 指を動かして自由に色を決める事ができます。 スポイト機能で画面にある色を抽出する方法 上のカラーパレットも自由に文字色や背景色を変更できますが、もっと簡単に画像と同系色の色にしたい時はパレットの左端にあるスポイトを使って写真の中の色を抽出できます。 画面上の色と同じ色を作ることができるので文字だけ浮くっていうのがなくてカッコイイ感じが表現できます。 ちょっと文字色にこだわったストーリーができますよ試してみてください。

次の

Instagram(インスタグラム)で文字だけを投稿するのがお洒落!アプリやストーリーを使った加工方法を大紹介!

ストーリー おしゃれ

それぞれの項目をタップすると、該当の解説へ遷移します。 2枚以上の写真(動画)のコラージュ 1つのストーリーに複数の写真や動画をコラージュして楽しむ方法を紹介します。 とでコラージュ方法が異なります。 iPhone版インスタグラムの場合 まず、インスタグラムのストーリー作成画面で、1枚写真を選択します。 その状態のままアプリを閉じてください。 次に、端末の「アルバム」アプリからコラージュしたい写真を選び、左下の共有ボタンから[写真をコピー]をタップします。 インスタグラムのストーリー編集画面へ戻ると、画面左下に[スタンプを追加]と記載された2枚目の写真が表示されるので、それをタップすればコラージュができるようになります。 動画をコラージュする場合は、最初の1枚目に動画を選択してください。 2枚目以降は写真しかコラージュができません。 Android版インスタグラムの場合 Android端末では、インスタグラムの「レイアウト」機能を使ったコラージュ方法が実用的です。 ストーリー作成画面のメニューから[レイアウト]を選択してください。 最大6枚の写真・画像をコラージュできるレイアウトデザインが一覧表示されるので、そこから好みのレイアウトをタップします。 左下の写真追加ボタンから端末のアルバム内にある写真・画像を選択するか、真ん中のレイアウトボタン(シャッターボタン)をタップして写真撮影をすると、上(左上)から順番にレイアウトスペースが埋まっていきます。 背景の塗りつぶし加工(iPhone限定) ストーリーの背景を単色で塗りつぶしてから写真を反映させる加工方法があります。 Android版インスタグラムでも背景の単色塗りは可能ですが、塗りつぶし後に写真の反映ができません。 そのため、iPhone版インスタグラム限定の加工方法として紹介しています。 ストーリー作成画面で、写真を任意で1枚選び、右上のメニューから手書きアイコンをタップします。 手書きペンは、左からノーマル、マーカー、ネオンの3種類が用意されています。 ノーマル・ネオンを選択すると単色のベタ塗りになり、マーカーを選ぶと半透明の単色塗りになります。 ペンを選んだら、画面下のカラーパレットから一色をタップし、画面を長押しすると、画面全体がその色で塗りつぶされます。 と同じ手順で、いったんインスタから離れて端末のアルバムから写真を[コピー]します。 もう一度ストーリーを開いて、左下に表示された[スタンプを追加]をタップし、コラージュした写真の位置や大小の調整、スタンプなどで装飾すれば完成です。 個性的なキャラクターからハートや星などのシンプルな記号まで揃うGIFスタンプの中でも、特におすすめしたいのが、ストーリー全体をデザインする「素材」となるようなスタンプです。 具体的には、「吹き出し」や「矢印」を使って文字入力をしたり、「キラキラ」や「雪」などを拡大させてストーリー全体の背景や枠にしたりする加工です。 左上の画像のように、文字とGIFスタンプをうまく組み合わせると、手の込んだデザインが施されたようなストーリーが簡単に作成できます。 右上の画像では、細かい雪のGIFスタンプを画面いっぱいに拡大し、写真以外の余白部分にも動きを出しました。 GIFスタンプの組み合わせや工夫次第で、ストーリーがより一層目を引くものになるでしょう。 「フォント/手書き文字」に関するストーリー加工テク ストーリーでの文字入力でおすすめしたい加工テクニックを2つ紹介します。 消しゴムを利用した手書き加工 ストーリーの文字入力で用意されている「消しゴム」を使って、手書き風の加工をする方法です。 あらかじめ写真を選択した上で背景の塗りつぶしを施し、スクラッチのように画面を消しゴムで消す、という流れでおこないます。 ベースの写真を選んだら、右上の手書きアイコンをタップします。 ペンと色を選択したら画面を長押しで背景を塗りつぶします。 筆者のおすすめは「マーカー」です。 マーカーを使うと半透明の背景塗りつぶしができるため、最初に選択した写真の位置やくり抜きたい部分がよく見えます。 塗りつぶしができたら、一番右にある「消しゴム」をタップします。 消しゴムの太さは、左のバーを調整して変更してください。 塗りつぶした背景を消しゴムでくり抜けば完成です。 それぞれの項目をタップすると、該当の解説へ遷移します。 ストーリーオリジナルのズーム撮影 被写体に向かってズームしながら撮影する「SUPERZOOM(スーパーズーム)」の使い方を紹介します。 ストーリーの作成画面のメニューから、[SUPERZOOM]を選びます。 画面に[ハート]や[炎]などのアイコンが表示されるので、右へスクロールして好きな加工を選びましょう。 左:「サプライズ」 右:「テレビ番組」 被写体が画面に入るようにカメラを向け、シャッターボタンを長押ししてください。 ズームとともに、選んだアニメーションパターンで撮影が始まります。 シャッターボタンから指を離せば撮影が終了します。 そのままストーリーを投稿しましょう。 早送り&巻き戻し撮影「ブーメラン」 早送りと巻き戻しを繰り返す加工ができる「BOOMERANG(ブーメラン)」の撮影方法を紹介します。 ストーリーの作成画面のメニューから、[BOOMERANG]を選びます。 シャッターボタンを長押しすると、すぐに撮影が始まります。 ブーメランの撮影可能時間は約2秒と短いため、できるだけ素早くオーバーに動くのがコツです。 撮影が終了すると、自動で動画の早送り&巻き戻しが繰り返されます。 ブーメランのシャッターボタンを右へスクロールすると、数種類のエフェクトボタンが用意されています。 季節感のあるフレームや、ゴージャスに見せてくれる背景などのエフェクトを使って撮影すれば、ノーマルなブーメラン加工をより華やかにしてくれるでしょう。 「ストーリー加工アプリ」でさらにおしゃれ可愛く おしゃれなフレームデザインやアニメーションテンプレートなどが利用できる、おすすめのストーリー加工アプリを3つセレクトしました。 それぞれの項目をタップすると、該当の解説へ遷移します。 センスの光るテンプレートが豊富な「Unfold」 アプリ「Unfold」では、洗練されたストーリー専用のテンプレートが利用可能です。 有料版でしか使えないテンプレートも含まれていますが、無料版でも十分おしゃれでモダンなデザインが揃っています。 アプリを開き、[+]ボタンをタップすると、ストーリー専用テンプレートが表示されます。 シンプルなものから、文字入れが可能なデザイン、最大9枚まで写真を選べるテンプレートなど、好きなものを選びましょう。 左:写真は拡大・縮小できる 中:背景に色をつけると雰囲気が変わる 右:文字入れも可能 テンプレートの枠に写真を当てはめます。 写真同士の位置調整や、フレーム内での拡大・縮小、ストーリー全体の背景着色など、自在にストーリーをカスタマイズして楽しめます。 右上のダウンロードボタンから[Instagram]をタップすると、自動的にインスタグラムのストーリー作成画面へと遷移するので、そのまま投稿してください。 ストーリーをアニメーション風に加工できる「Mojo」 アプリ「Mojo」を使うと、写真や動画に動きをプラスしてスライドショーのようなストーリーが仕上がります。 アプリを開き、上に表示された「ミニマル」「グリッチ」などのメニューを切り替え、好きなテンプレートを選びます。 ドラマチックなものからポップなものまで、クオリティの高いデザインが用意されています。 テンプレートを選び、画像や動画を当てはめてください。 左下の筆マークから、文字の入力や背景色の選択など細かい設定を施し、最後に右上の[保存]をタップします。 [あなたのストーリー]を選択すると、インスタグラムアプリのストーリー作成画面へ遷移するので投稿をおこないましょう。 いろんな種類のフォントを使いたいなら「Phonto! 」 インスタグラムのストーリーで文字入力時に利用できるフォントは5種類です。 もっといろんな字体を使いたい人には、アプリ「Phonto」がおすすめ。 200種類以上のフォントが用意されています。 アルファベットはもちろん、日本語にも対応しています。 文字を入力したら、[フォント]からさまざまな種類の文字を試してみてください。 文字の色や位置、大きさなどの調整が済んだら、右下の共有ボタンから[画像を保存]をタップします。 [Instagram]をタップしてしまうと、フィード投稿作成画面へ遷移してしまうため注意してください。 Instagramアプリを開き、ストーリー作成画面で加工済みの画像を選択します。 端末のアルバムで最新の位置に保存した画像がない場合、写真を撮影した時点のところまでスクロールして戻ると、加工済みの画像が見つかるはずです。 そのまま位置や大小などを決め、ストーリーへ投稿してください。

次の