消毒 用 エタノール 詰め替え。 健栄製薬

新型コロナ感染症:「消毒用エタノール」の取扱いでは「火災」に要注意(石田雅彦)

消毒 用 エタノール 詰め替え

万能なエタノール製剤 私はコロナ以前から、消毒用の局法品ではなく、食添規格のエタノール製剤を使っていました。 非アルコール系の除菌・消毒剤みたいに日持ちしないこともなく、二度拭きが必要なく、 乾きやすいうえにトイレットペーパーで拭いても滑りやすく、紙がボロボロになりにくい。 そしてなにより食品にかかっても問題ないという安全安心感と、食添のアルコールは本当に万能です。 平常時に比べれば値段が高いのですが、もうこの状態が数か月は続いていますし仕方ないのでしょう。 商品自体はメジャーなメイオール、濃度問題なし、発送状態なども問題なくすぐに届けていただけました。 ちなみにこちらの一斗缶は口径が40mmのタイプです。 1人が参考になったと回答 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の

新型コロナ感染症:「消毒用エタノール」の取扱いでは「火災」に要注意(石田雅彦)

消毒 用 エタノール 詰め替え

アルコールといっても種類があります。 濃度の違いも、、、 人体に使うならエタノールでしょうか? ちなみに買ってきたアルコールはガラス瓶に入っていましたか? まさか自分で作ったとか? 薬局やドラッグストアなどに行ってよく見れば消毒用アルコールや 無水エタノールは今はほとんどPPのボトルにPEのキャップだと思います。 ネットでどんな内容を見たか分かりませんが、自分もアルコールは良く使っていますが、 プラスチックが侵された事はありません。 むしろスプレーに使っているゴムシールの 方がはるかに心配です。 これもゴムの材質、アルコールの濃度で変わります。 ペットボトルの酒は25度の焼酎です。 消毒用アルコールはエタノール80度前後、 42度程度のウィスキーのペットボトルもありますね。 面白い実験をした人がいました。 余談ですが、高濃度のアルコールを扱う時は静電気にお気を付け下さい。 参考URL: A ベストアンサー はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思います。 しかし、わたしは持ち歩き用に 100円ショップで購入した携帯用のディスペンサーに このエタプラスを入れて使用しています。 旅行などにも持ち歩いていますが、今のところ特に問題はありません。 大型の容器はどうかわかりませんが、小さな容器は大丈夫みたいです。 ちなみにわたしはダイソーで購入しました。 ご参考になれば。 はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思... A ベストアンサー 家庭でのご使用を想定して良いのでしょうか。 だとすれば500mlのポリエチレンかポリプロピレンの瓶に入ったものを購入されることになると思います。 エタノールは、他の有機溶剤と比較して、プラスチック類を溶かす可能性は低いので、これまでのご回答にもありますように、ペットボトルなどで大丈夫です。 小出しにするのであれば、ポリエチレン、ポリプロピレン、PETなどの容器であれば大丈夫でしょう。 ただし、塩化ビニルは不適当ですし、ポリスチレン(スチロール)も少し心配です。 ガラス製の薬の空き瓶などがあれば利用できると思います。 なお、光の作用によって過酸化物を生じる場合もありますので、光の当たらない場所に保存するのが無難だと思います。 また、エタノールの種類によっては酒税の対象になり、高価になると思います。 Q 豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。 早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。 もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし 入荷するのはいつかも未定という状態です。 ネットで検索してみてて気づいたのですが 「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを 見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは 同じものと考えてよいのでしょうか? 同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。 どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。 皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。 工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。 ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。 薬局で買えば、間違いはないと思いますが。 「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99. 5%エタノールの2種類だと思います。 化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99. 5%のもので代用できる場合が多いです。 その意味では、No. 2さんのおっっしゃるように、「無水=99. 5%以上」と言うのは正しいです。 しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。 特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0. 5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。 このような「本当の」無水エタノールは、当然、99. 5%のものよりも高価であると思います。 豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99. 5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。 つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量...

次の

【楽天市場】【国産 安全 即納 高濃度75%】エタノール製剤メイオールNEO 15kg 一斗缶 食品添加物 衛生 アルコール消毒 除菌スプレー 詰め替え用 ウイルス対策(防災用品専門店ヤマックス)

消毒 用 エタノール 詰め替え

アルコールといっても種類があります。 濃度の違いも、、、 人体に使うならエタノールでしょうか? ちなみに買ってきたアルコールはガラス瓶に入っていましたか? まさか自分で作ったとか? 薬局やドラッグストアなどに行ってよく見れば消毒用アルコールや 無水エタノールは今はほとんどPPのボトルにPEのキャップだと思います。 ネットでどんな内容を見たか分かりませんが、自分もアルコールは良く使っていますが、 プラスチックが侵された事はありません。 むしろスプレーに使っているゴムシールの 方がはるかに心配です。 これもゴムの材質、アルコールの濃度で変わります。 ペットボトルの酒は25度の焼酎です。 消毒用アルコールはエタノール80度前後、 42度程度のウィスキーのペットボトルもありますね。 面白い実験をした人がいました。 余談ですが、高濃度のアルコールを扱う時は静電気にお気を付け下さい。 参考URL: A ベストアンサー はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思います。 しかし、わたしは持ち歩き用に 100円ショップで購入した携帯用のディスペンサーに このエタプラスを入れて使用しています。 旅行などにも持ち歩いていますが、今のところ特に問題はありません。 大型の容器はどうかわかりませんが、小さな容器は大丈夫みたいです。 ちなみにわたしはダイソーで購入しました。 ご参考になれば。 はじめまして、病院で勤めております。 エタノールについてですが、 専用の容器 付属品 をご使用くださいと書かれていますよね。 わたしは『エタプラス』という商品を使用しています。 こちらは手押しタイプのスプレー式なので非常に便利ですよ。 kenei-pharm. html 1000mlと500mlがありますが、どちらもポンプ付きです。 kenko. html 心配なようでしたら、今後は付属品付きの商品を購入されたほうが良いと思... A ベストアンサー 家庭でのご使用を想定して良いのでしょうか。 だとすれば500mlのポリエチレンかポリプロピレンの瓶に入ったものを購入されることになると思います。 エタノールは、他の有機溶剤と比較して、プラスチック類を溶かす可能性は低いので、これまでのご回答にもありますように、ペットボトルなどで大丈夫です。 小出しにするのであれば、ポリエチレン、ポリプロピレン、PETなどの容器であれば大丈夫でしょう。 ただし、塩化ビニルは不適当ですし、ポリスチレン(スチロール)も少し心配です。 ガラス製の薬の空き瓶などがあれば利用できると思います。 なお、光の作用によって過酸化物を生じる場合もありますので、光の当たらない場所に保存するのが無難だと思います。 また、エタノールの種類によっては酒税の対象になり、高価になると思います。 Q 豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。 早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。 もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし 入荷するのはいつかも未定という状態です。 ネットで検索してみてて気づいたのですが 「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを 見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは 同じものと考えてよいのでしょうか? 同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。 どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。 皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。 工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。 ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。 薬局で買えば、間違いはないと思いますが。 「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99. 5%エタノールの2種類だと思います。 化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99. 5%のもので代用できる場合が多いです。 その意味では、No. 2さんのおっっしゃるように、「無水=99. 5%以上」と言うのは正しいです。 しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。 特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0. 5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。 このような「本当の」無水エタノールは、当然、99. 5%のものよりも高価であると思います。 豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99. 5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。 つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量...

次の