危うき に 近寄ら ず ことわざ。 ことわざ/君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)とは?

「君子危うきに近寄らず」の意味と使い方は?類語や対義語も解説

危うき に 近寄ら ず ことわざ

「君子危うきに近寄らず」の意味 「君子危うきに近寄らず」とは、 教養や徳があるものは、自分の行動を慎むものだから、危険なところには近づかないという意味です。 ここでの「君子」とは、中国で用いられた理想的な人格者を意味します。 実際、事件や事故に巻き込まれる人の多くは、 自ら危険なところに行っているケースが多いものです。 ですから、賢い人は、危ないところに行くと、どうなるかを事前に察知して下手な行動をしないよつ伝えたい時によく使います。 「君子危うきに近寄らず」の由来・出典 「君子」と言えば、中国の孔子が、君子に道などについて説いたりしているので、孔子の話が由来ではないかと思う人もいますが、そうではありません。 厳密な出典は明らかになっていませんが、中国の五経の一つ「春秋」の注釈書である「春秋公羊伝 しゅんじゅうくようでん 」に 「君子不近刑人」という漢文の一節があります。 これは、「君子は刑人に近づかず」という意味で、これが「君子危うきに近寄らず」の由来になったのではないかと言われています。 車で街を走っていると、怪しい車を見かける時があるが、そういった時は、 「君子危うきに近寄らず」で下手に近づかない方が良い。 台風で川の水かさが増している時は、 「君子危うきに近寄らず」で絶対に川に近づいてはいけない。 友達から、マルチ商法の紹介を受けたが、 「君子危うきに近寄らず」で、そういうのは絶対にやらないことにしている。 外務省が注意喚起を行っている国へは、 「君子危うきに近寄らず」で絶対に行かない方が良い。 どんなにお金に困っても 「君子危うきに近寄らず」でサラ金には絶対に手を出してはいけない。 「君子危うきに近寄らず」の類語 「君子危うきに近寄らず」には以下のような類語があります。 「触らぬ神に祟りなし」 「触らぬ神に祟りなし」とは、 物事に関わらなければ余計な災いに巻き込まれる心配はないという意味です。 「李下に冠を正さず」 「李下に冠を正さず りかにかんむりをたださず 」には、スモモの木の下で冠をただすと、実を盗むのではないかと疑われるというたとえから、人 から疑いをかけられるような行いは避けるべきだという意味があります。 「君子危うきに近寄らず」は、近づくことを戒めているに対して、「李下に冠を正さず」は、紛らわしい行動を戒めています。 「李下瓜田」 「李下瓜田 りかかでん 」とは、すももの木の下で冠をただそうとしたり、瓜の畑で靴を履き直そうとしたりすると、それらを盗むのではないかと疑われてしまうことから、 人から疑われることはしない方が良いという意味です。 「君子危うきに近寄らず」を 四字熟語で表すのであれば、「李下瓜田」が該当すると言えます。 「君子危うきに近寄らず」の反対のことわざ 「君子危うきに近寄らず」の反対のことわざと言えば、やはり 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」です。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」には、危険な虎の穴に入らなければ虎の子を得ることは出来ないというたとえから、 リスクを冒さなければ大きな成功は得られないという意味があります。 例えば、戦場カメラマンなどがその典型と言えるでしょう。 普通の人は、「君子危うきに近寄らず」といって近づかない危険な地域に「虎穴に入らずんば虎子を得ず」といって、より希少性の高い写真を撮るために入っていく人は多いですので。 「君子危うきに近寄らず」を座右の銘にする人も 「君子危うきに近寄らず」ということわざは、ある意味、すごく当たっていると思います。 ですから、このことわざを座右の銘のように使っている人もいます。 もちろん、大胆な性格の人は、「そんなこと言っていたら、リスクを取れないから、成功が遠ざかってしまうよ。 」と臆病者呼ばわりをされるかもしれません。 ただ、慎重な性格の人は、下手に無理をしないのに越したことはありませんから「君子危うきに近寄らず」やり方を貫き通した方がいいのかなと思います。 人にはその性格に合った生き方というものがありますので。

次の

「君子危うきに近寄らず」の意味と使い方を解説!すぐ使える例文付き

危うき に 近寄ら ず ことわざ

では「君子危うきに近寄らず」を使った例文を挙げてみましょう。 「私はうますぎる話には乗らないことにしている。 命の危険や怪我の恐れなど、私たちの身の回りにはさまざまな危険が存在していますね。 つまり「命や身体に関わることはもちろん、身の破滅や何らかの損失・損害に繋がりそうなことなど、 リスクのある行為はあらかじめ避けるのが賢い人間のすることだ」ということです。 もっと言えば、何がリスクになり得るかを理解していることも、賢者の条件なのかもしれません。 例えば、 「危ないことは怪我のうち」は、「怪我をしそうな危ない行為は怪我と変わらないので、するべきではない」という意味のことわざです。 また 「触らぬ神に祟りなし(さわらぬかみにたたりなし)」は、「物事に深く関わらなければ、災いを招くこともない」という、「君子危うきに近寄らず」よりもかなり消極的なニュアンスのあることわざです。 「 瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず(かでんにくつをいれず、りかにかんむりをたださず)」は、ウリの生る畑やスモモの木の下で紛らわしい行為をすると泥棒に間違われる危険がある、つまり「他人から疑われるような行為はするべきではない」という意味で、これも危機回避法のひとつと言えます。 ことわざではありませんが、「 桑原、桑原(くわばら、くわばら)」というちょっと面白い言葉もあります。 これは元々雷を避けるためのおまじないだったのですが、転じて忌まわしいことを回避したいときに唱えるようになりました。

次の

「君子危うきに近寄らず」とは?意味や使い方を解説!

危うき に 近寄ら ず ことわざ

世の中にたくさんある「ことわざ」。 日々の生活の心得から緊急時の心の持ちようまで、バリエーションはまさに多種多様。 「これ考えた人って悟り入ってるよね」と敬意を示したくなるほど物事の真理をついたものも多くあります。 が、しかし!そんなことわざに、意味が全く正反対な言葉が存在している場合があることに、お気づきでしょうか? みなさんが一度は耳にしたことがあるような有名なことわざ同士が、実は相反する意味として存在していたりするのです。 そしてさらに厄介なのが、その両者はどちらかが間違っているということではなく、時としてどちらも正解になりうるということ! う~ん…いったいどちらを信じればいいのやら…今回はそんな矛盾することわざをご紹介します。 「当たって砕けろ」と「石橋を叩いて渡る」 成功するかはさておき、とりあえず挑戦してみろという意味の「当たって砕けろ」。 一方、慎重に慎重を重ねて物事に臨むという意味の「石橋を叩いて渡る」。 恋愛なら、好きな人に告白する時、まずは1回コクッて意識させるというのは常套手段ですが、周りの友達を自分の味方として引き込んでから機を見計らって告白すると上手くいきやすいともいいます。 ちなみに傷つくのが怖い恋愛ビギナーは「石橋を叩いて渡る」派になりがちですが、そうこうしているうちに意中の相手が他の誰かと付き合っちゃうなんてこともあるんですよねー(苦笑)。 「好きこそ物の上手なれ」と「下手の横好き」 好きなものに対しては一生懸命になるので修得が早いという意味の「好きこそ物の上手なれ」。 対して、好きで熱心にやっているのに上達しない様子を指す「下手の横好き」。 これは確かに矛盾してる!! 部活でもそのスポーツがめちゃくちゃ好きなのに全然上達しない人もいれば、たいして熱心に練習してないのになぜか上手い人っていましたしね。 好きで努力している人は報われて欲しいんですが、なかなかそうはいかないのが世の中ってもんです。 あぁ無常…。 「君子危うきに近寄らず」と「虎穴に入らずんば虎子を得ず」 徳と教養のある人物は危険なことには首を突っ込まないという意味の「君子危うきに近寄らず」。 対して、危険を避けているばかりでは大きな成果を上げることはできないという意味の「虎穴に入らずんば虎子を得ず」。 徳と教養のある人がどんな人かはさておき、社会で成功した人というのはそれまでに大きなリスクを背負ってきた人が多いのではないでしょうか。 ただ、長いサラリーマン生活でずっとコツコツ働き続け、重役になったという人もいますよね。 地道に積み重ねるか一発逆転を狙うか、悩ましい選択です。 「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」 2回失敗したらその次は成功するという意味の「三度目の正直」。 一方、同じようなことが2度続いたのならば3度目も同じ結果になるという意味の「二度あることは三度ある」。 一体どっちなんだよ! と突っ込みたくなりますが、こればっかりは時の運でしょうね(笑)。 ただ、同じミスを何度も繰り返していると周りからの信用を失うことにもなりかねないので、自分でどうにかできる範囲の失敗は注意してなくしていきたいものです。 「善は急げ」と「急がば回れ」 自分にとっていいと思うのなら、ためらわずにすぐ行動せよという意味の「善は急げ」。 反対は急いでいる時は危険な近道よりも、あえて遠回りの手堅いルートを進んだ方がいい結果になるという意味の「急がば回れ」。 何かいいことをひらめいた時、人間急いでやろうとしてしまいがち。 放っておくと熱が冷めて面倒になってしまうこともあるでしょうからね。 しかし、思い付きでやってしまうと詰めが甘く、上手くいかなかったりも。 二つ合わせて「善は急げど冷静に!」というスタンスが最も成功率高いかも(笑)? 結局は自分が好きな方を選ぶしかない! ここに挙げたことわざはほんの一例。 まだまだたくさんの矛盾することわざがあるんです。 けれど最初に述べたように、どれも真理に迫ったもので間違っているわけではないんですよね。 結局のところは自分がどちらを信じたいかに尽きます。 ところで、実際にその場に直面したら笑っていられないかもしれませんが、こういう矛盾を見つけ出すのも言葉(国語など)に興味を持ついいきっかけになるかもしれません。 ということで、子どもに言い聞かせる時は片方だけではなく、「こういうことわざもあるけどね」という感じで両方のことわざを教え、信じたい方を選ばせるといいかもしれませんね。 ただ、おそらく子どもは自分に都合の良い方を選ぶと思いますが…(笑)。

次の