デスクトップパソコン windows。 【2020年版】デスクトップパソコンのおすすめ19選。シーン別にご紹介

「超小型デスクトップパソコン」おすすめ3選 省スペースでも高性能【2019年最新版】

デスクトップパソコン windows

画面のスクリーンショットは、キーボードの[Print Screen]キーを押すだけ!• 画像ファイルとして保存するには「ペイント」を起動し、貼り付け作業が必要• 作業中ウィンドウのみ撮影したい場合は、[Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押す 友人にパソコンの操作方法を質問されたとき、操作画面のスクリーンショットがあると重宝します。 また、トラブルが発生したとき、画面のスクリーンショットを撮っておけば、原因究明の手助けになりますよね。 今回の記事ではWindowsでのスクリーンショットのやり方を画像付きで分かりやすく解説していきます。 <目次>• (別記事)• (別記事)• (別記事) PCデスクトップのスクリーンショットを撮る Windowsのスクリーンショットは、キーボードの[Print Screen]キーを押すだけで簡単に撮ることができます(「Prnt Scrn」や「Prt Sc」など、略されている場合もあります)。 パソコンの画面左下にある[スタート]ボタンから、ペイントを起動します。

次の

【楽天市場】中古パソコン デスクトップ Windows 7【Windows 7 Pro搭載】【Office2013付】富士通 ESPRIMO Dシリーズ Core2Duo E7500 2.93G/メモリ4G/SSD 120GB/DVD

デスクトップパソコン windows

ご存知でしょうが、Windowsのデスクトップを手なずけるのは簡単なことではありません。 きれいに整理されたデスクトップを手に入れようと、どれだけ断捨離を繰り返し、片付いた状態をキープしようとしても、どういうわけかまた散らかってしまいます。 デスクトップをきれいにすると、探しものが見つけやすくなって、作業効率が上がるだけではありません。 見た目もよくなり、認知的なストレスも減らしてくれます。 この記事では、 Windows 10のデスクトップを整理して、二度と散らからないようにする方法をお教えします。 デスクトップが散らかってしまう理由• デスクトップをスマートに整理する最終手段• きれいに片付いたデスクトップを手に入れよう デスクトップが散らかってしまう理由 デスクトップをきれいにする作業自体は簡単です。 すべてのアイコンを選んで「削除」を押すだけです。 難しいのは、きれいな状態を保つことです。 どうすればデスクトップが散らかるのを防げるのでしょう? それにはまず、 なぜデスクトップが散らかってしまうのかを理解する必要があります。 私たちはただ、よく使うアプリやファイル、フォルダに素早くアクセスできる状態にしたいだけです。 一番いい方法? それは、 ショートカットです! 困ったことに、あまりにも簡単にショートカットを作ってデスクトップに追加し、それでおしまいにできてしまいます。 これを何度か繰り返すと、散らかったデスクトップが出来上がるわけです。 とはいえ、デスクトップよりもアクセスに便利な場所があるでしょうか? 私には思いつきません。 散らかったデスクトップは、もっと根深い問題を示す症状にすぎません。 つまり「ショートカット依存症」です。 これを断ち切ることができればショートカットは必要なくなり、デスクトップが散らかることもぱったりとなくなります。 この記事を読み終わるころには、皆さんにもその知恵が身につくでしょう。 けっして不可能なことではないので安心してください。 実際、これからお教えするコツのおかげで、私のデスクトップは4年以上も空っぽのままです。 Windows 10の評価はさまざまでしょうが、この点では抜きん出ています。 おかげで、デスクトップをきれいに保つことが、かつてないほど簡単になりました。 Windows 8で導入され、Windows 10で大きく改良されたこのスタートメニューは、アプリの起動に適した方法と言えるでしょう。 どこからでもアクセスできますし(Windowsキーを叩くだけです)、たくさんのアプリを余裕でピン留めできる広さもあります。 アプリをスタートメニューにピン留めする方法は次の通り。 デスクトップにあるアプリのショートカットを右クリックします。 「スタートメニューにピン留めする」を選びます。 ピン留めされたアプリは、サイズ変更ができます(重要度の高いアプリを大きくするなど)。 管理者として実行する必要がある場合には、そのように設定することもできます。 生産性と精神の安定を最大限に高めるため、さらに スタートメニューのタイルをグループ分けしましょう。 こうすることで、きちんと整理された状態が保たれるだけでなく、必要なアプリを見つけやすくなります。 各グループの上部にマウスカーソルをもっていくと、「 グループに名前を付ける」というフィールドが表示されます。 クリックすると、そのグループの名前を好きなように変更できます。 また、2本の横線マークが表示されるので、これをドラッグして、アプリのグループを自分の使いやすいように並べ替えることもできます。 ただし、このやり方は毎日のように使うアプリ、たとえばウェブブラウザーやミュージックプレイヤー、テキストエディターなどの常に開いているアプリ以外にはおすすめできません。 アプリをタスクバーにピン留めする方法は次の通り。 デスクトップにあるアプリのショートカットを右クリックします。 「タスクバーにピン留めする」を選びます。 ピン留めされたアプリは、ドラッグして自分の使いやすいように並べ替えることができます。 ただし、あまりたくさんアプリをピン留めしないように気をつけましょう。 散らかったタスクバーは、散らかったデスクトップ以上の惨状になることがあります。 アプリを追加しすぎると、タスクバーは複数の行に分かれるので、上下の矢印をクリックして、行間をスクロールしなければならなくなります。 生産性が大きく損なわれるので、避けた方がいいでしょう。 設定にアクセスするには、タスクバーを右クリックして「 タスクバーの設定」を選びます。 1. 小さいタスクバーボタンを使う:読んで字のごとくで、効果てきめんです。 ただし、欠点が2つだけあります。 タスクバーの時計に日付が表示されなくなります。 2. 画面上のタスクバーの位置:Windowsの初期設定でそうなっているため、ほとんどのユーザーはタスクバーを画面の下端に表示しています。 ですが、タスクバーを縦置きしたほうが、アプリを素早く見つけられます。 3. タスクバーボタンを結合する:水平方向のタスクバーのほうがいい方は、これを「常に結合、ラベルを非表示」か、少なくとも「タスクバーに入りきらない場合」に設定してください。 どちらの場合も、タスクバーの行を分けずに追加できるアプリの数を最大にできます。 アプリのショートカットの整理にはスタートメニューとタスクバーが便利ですが、フォルダーのショートカットの整理には、このクイックアクセスが役に立ちます。 そんな機能は聞いたことがないという方も、安心してください。 フォルダのブックマークのようなものと思ってください。 ここにフォルダをピン留めすれば、エクスプローラーのどこからでもすぐにアクセスすることができます。 フォルダをクイックアクセスにピン留めする方法は次の通り。 ピン留めしたいフォルダーにマウスカーソルを合わせます。 フォルダーを右クリックします。 「クイックアクセスにピン留めする」を選びます。 ほかのファイル管理プログラムを選ぶユーザーもいますが、エクスプローラーにはあまり知られていない便利な機能がいくつかあります。 たとえば、ほかのアプリと同じようにエクスプローラーをピン留めすれば、タスクバーからクイックアクセスのフォルダーにアクセスできるようになります。 適当なフォルダを開いたら、タスクバーに表示されたエクスプローラーを右クリックして、「 タスクバーにピン留めする」を選びます。 何度も繰り返し使うフォルダへすぐに飛びたい場合におすすめの方法です。 実際、フォルダーのショートカットをデスクトップに置いておくより手早く開けます。 選択肢は2つです。 1つ目は、 タスクバーの「Cortanaに話しかける」を使う方法です。 Windows 10で向上した検索機能のおかげで、スタートメニューを開いて(Windowsキーを使います)、アプリやファイルの名前を入力し、Enterキーを押せば、それをすぐに開くことができます。 この作業にCortanaは必要ありませんが、中には、ボイスコントロール機能を使う方がずっと便利だと感じる人もいます。 Cortanaに話しかけるには、タスクバーの白い輪(「Cortanaに話しかける」ボタン)をクリックします。 Windows 10のCortanaには便利な機能がたくさんあるので、ぜひ検討してみてください。 Woxは、macOSのSpotlightを再現したサードパーティーアプリです。 またWoxは、ウェブ検索ツールとして利用することもできます。 2つの方法のどちらを使っても、アプリをどこかにピン留めする必要はもうなくなります。 Woxなら、フォルダーをピン留めする必要もなくなります。 検索1回で、すべてにアクセスできるのです。 デスクトップをスマートに整理する最終手段 ここまでの整理術はどれも気に入らない。 デスクトップショートカットが大好きだし、これからも使い続けたい。 だけど、散らかっているのは嫌。 そんな方向けの最終手段は、 Fencesです。 このアプリを使うと、ショートカットを整理するための「フェンス」と呼ばれるセクションをデスクトップ上につくることができます。 各フェンスは最小化できるので、必要に応じてそれを開き、使いたいショートカットを起動したらまた元のように閉じることができます。 ショートカットはルールに沿って自動で各フェンスに振り分けることもできますし、手動で整理することもできます。 Fencesの欠点は、無料ではないことです。 30日間の無料トライアル期間が過ぎると、価格10ドル(約1,080円)の有償版となります。 きれいに片付いたデスクトップを手に入れよう これで、あなたのデスクトップはきれいに片付きました。 きっと、肩の荷が下りたような気がしているでしょう。 ようやく、散らかったデスクトップを漁らなくても、アプリやファイルにアクセスできるようになりました。 この機会に、さらにもう一歩踏み込んで、コンピューターに保存しているすべてのファイルを整理してみてはいかがでしょう? ファイルを自動で整理してくれる各種のWindowsアプリを使って、毎日をさらに快適にしてください。 com Source: Wox, Stardock Original Article: How to Clean Up Your Windows Desktop Once and For All by MakeUseOf.

次の

Windows 10 デスクトップを表示する

デスクトップパソコン windows

だいぶ近くなったけど、やっぱり違う。 ほとんどの人にとっては、いまや WindowsもmacOSもあまり変わりません。 家のパソコンで日々やることはたいていWebブラウザ上でできてしまうし、SpotifyとかSlackとかPhotoshopといったポピュラーなアプリも、プラットフォーム横断です。 でも OSによる違いはまだしっかりあって、それは「乗り換えが面倒」とかだけじゃありません。 以下に6つ、まとめます。 プリインストールソフトウェアの豊富さ Image: Gizmodo US macOSのほうが最初から入ってるソフトウェアが多いです。 OSに最初から入ってるソフトウェアという意味では、 macOSのほうが有利です。 メールやSafari、マップやメッセージ、FaceTime、iTunesなどなどに加え、Microsoft Officeに相当するPages、Numbers、KeyNoteももれなく付いてきます。 といってもビジネス系アプリに関してはMicrosoft Officeの機能やパワーにはやっぱりかなわないんですが、ほとんどの人が個人で使う分には十分だと思います。 そしてMicrosoft Officeと違って、これらのソフトウェアは 完全に無料です。 macOSにはさらに、動画制作のiMovieや音楽制作のGarageBandといったアプリも付いてきますが、Windows純正だとそもそも同等のものがありません。 macOSの場合、 他のアプリを入れる必要がほとんどないかもしれません。 Image: Gizmodo US Windowsの方がサードパーティのソフトウェアは幅広いです。 Windowsにもいろいろ(多すぎるくらい)プリインストールされてきますけど…と思われるかもしれませんが、その中で実際ある程度使われてそうなのはメールとカレンダー、People(連絡先)、あとはSkypeにもしかしたらEdge、くらいでしょうか。 それから写真や音楽、動画を管理するシンプルなツールも入ってますが、僕らが気に入っていたWindows Movie Makerはいまは入ってないし、Windows Media Playerも悲しいくらい放置されてます。 その代わりWindowsには サードパーティソフトウェアがたくさんあり、無料のものも多いです。 ただOS自体に入っているもので比較すると、WindowsはmacOSよりだいぶ見劣りします。 Microsoftは、WordとかExcelがAppleのPagesとかNumbersよりよくできてて、WindowsでもmacOSでも使えるってことで自分を慰めてるかもしれません。 が、Microsoft Officeは一番安い1年ライセンスでもと、安めのパソコンくらいの値段になります。 まとめ:macOSの方がハイクオリティなソフトウェアを内蔵しているので、その分コストを圧縮できるかもしれません。 ゲームとVRへの対応 Image: Gizmodo US SteamはWindows向けタイトルだらけです。 Windowsが圧倒的に強いのは、 ゲームとかバーチャルリアリティへの対応です。 HTC ViveはmacOS Mojaveで使えるようになりましたが、Oculus Riftはまだ対応していませんし、Windows Mixed Realityも当然のようにWindowsオンリーです。 Xboxを持っている人なら、Windows 10と連携してプレイできます。 macOSでもゲームができないわけじゃないんですが、Windowsでできることに比べたらかなり遅れています。 Windowsのほうが一番人気のタイトルがあり、Steamで入手できるゲームもはるかに多いです。 多くのMacではグラフィックスカードが別立てじゃないので(外付けGPUはサポートされていますが)、少なくとも 初期状態では本格的なゲームがプレイできません。 Image: Gizmodo US macOSはゲームに関してWindowsよりかなり遅れてます。 一方Windowsのゲーミング環境はますます勢いがあって、プレイヤーが集まり、ゲーミングアクセサリーやユーティリティ、アドオンなども充実するばかりです。 ゲーミングPCを自作する場合も、Windowsを使うことになります。 AppleはmacOSでゲームとVRのサポートを強化する動きを見せていますが、 もはやタイミングを逃しすぎていて、サードパーティのデベロッパーやメーカーもほとんど興味を示していません。 Appleはモバイルゲームのプラットフォームを担っていることで自分を慰めるしかありません。 まとめ:ゲームとVRに関してはWindowsが圧倒的に強く、 ゲーム機代わりにもなるので、そのぶんお金が浮くかもしれません。 もしパソコンを使うメインの目的がゲームなのにMacを買う、としたら、それはお金を捨てているようなものです。 UI・使い勝手 Image: Gizmodo US Windowsのファイルエクスプローラー。 この点は一番主観が入るところだと思います。 Windowsは今macOSと同じくらい洗練されてきたので、どちらがいいかは個人の好みになってきます。 多分、 これまで一番たくさん使ってきたものが一番好き、ということになるんじゃないでしょうか。 僕はmacOSもWindowsも両方毎日使っていますが、Windowsの方が使いやすいと思います。 でもそれは、僕がWindowsのほうを長く使ってきたせいでしょう。 WindowsのファイルエクスプローラーはmacOSのファインダーより直感的で機能的な感じがしますが、それは長く使ってきたことでショートカットとか必要なテクニックを学んできたからかもしれません。 macOSのファインダー。 (Image: Gizmodo US) ウィンドウ管理に関しても、 Windowsのほうがきっちり、macOSのほうが自由でゆるい感じがしますが、何にせよ慣れているほうが好き、となる人が多いことでしょう。 SiriかCortanaか、ドックかスタートメニューか、いろいろ違いがあるにはありますが、 生産性に与える影響は本質的には大したことないです。 AppleもMicrosoftもここ5年、10年、ダークモードとかなんとかさんざんお互いのやってることを吸収してきたので、 それほど大きなギャップはもうありません。 個人的には、Windowsだとウィンドウを画面の端にスナップできるのとか、macOSだとデスクトップのアイコンを自動で整理できるのとかが良いと思っていますが、それらはみんなマイナーな違いです。 まとめ:UIはもう、比べてもあんまり意味ないかもしれません。 AppleもMicrosoftも、魅力的で使いやすいシステムを作り出してきました。 でもとにかく 慣れている方を使うのが楽なはずです。 最近のテック製品の多くがですが、パソコンを買うときは「MacかWindowsか」というより、「 家にある他のものと連携できるかどうか」が重要な視点になっています。 それはハードウェアだけじゃなく、iCloudやOneDrive、Google Driveといったサービスに関しても言えます。 もちろん、iPhoneをWindowsにつないだり、macOSをAndroidスマホにつないだりも可能ですが、全部Appleとか全部それ以外とかに 統一したほうがいろいろと楽です。 リビングでApple TVを使っている場合、Windowsからはデフォルトでは音だけしか飛ばせず、動画は対象外になります。 Macを使っていればAirPlayで音も動画も飛ばせて、画面のミラーリングも可能です。 iPhoneを使っている人なら、カレンダーも連絡先もメモも全部、いつの間にかmacOSと同期されているはずです。 Windowsとも同期できますが、やり方がすごく複雑で、クリアしなきゃいけないことがたくさんあります。 AppleとかMicrosoftとかの間でプラットフォームをまたぐなら、一番良いのはMicrosoftとかAppleのサービスをメインで使わず、全部Googleのクラウド上でやることです。 WindowsでもmacOSでもGmailやらGoogle Calendar、Google Photosやらは全部使えるし、Windows 10ならAndroidスマホにきたテキストメッセージにパソコンから返信することもできます。 Appleのエコシステムは、Apple(または限られたパートナー)の高価なハードウェアに縛られている感じがします。 でも近頃、とかでもAirPlayが使えるようになり、Appleがその箱庭の壁を多少下げて前進しようとしているように見えます。 とはいえ、 Windowsの方がいろんなサービスと協調できるのは間違いありません。 家にあるすべてのガジェットがひとつのメーカーのもの、という状態に違和感がある人には、Windowsのほうが向いています。 まとめ:Appleの閉じたエコシステムでも別に問題はなく、その連携ぶりは美しいですが、使えるハードウェアが価格高めのものに限定されます。 WindowsはApple製品の連携はApple製品同士に比べればうまくできませんが、それ以外の製品とは比較的うまくつなげられます。 セキュリティとプライバシー Image: Gizmodo US Windowsでのアプリのパーミッション画面。 セキュリティやプライバシーに関しては、 Appleの勝利です。 Appleはユーザーのプライバシーに関して非常に積極的なアプローチをとっているし、世界中のマルウェアのほとんどがWindowsを標的にしているのもAppleにはとっては好都合です。 Windowsが狙われるのは、市場シェアが大きいからだと思われます。 なのでmacOSのほうが確率的に安全ですが、脆弱性が皆無というわけではありません。 ただ、その差はそんなに大きくありません。 Windowsがアンチウイルスソフトなしではウイルスだらけだったのは、もう過去のことになりました。 今のWindows 10にはアンチマルウェアソフトの Windows Defenderが内蔵されていて、主要な脅威への対策はできています。 最近起きているセキュリティ問題はたいてい、古いバージョンのWindowsを使っているか、OSとは関係ないかのどちらかです。 Image: Gizmodo US macOSでのアプリのパーミッション画面。 WindowsでもmacOSでも、どのプログラムがマイクやカメラ、位置情報などにアクセスできるかをユーザー自身で管理できるようにはしています。 が、 Windowsのほうがユーザーにもデベロッパーにも比較的自由度が高く、その分リスクも大きくなっています。 WindowsユーザーのほうがMacユーザーよりセキュリティに詳しくなる必要がある、とは言ってもいいと思います。 またプライバシーに関しては、 Appleが超重視するってことを一生懸命訴えているので、そういう思いがあるらしいことはお伝えしておきます。 でも実際とのプライバシーポリシーを比べてみると、データの使われ方はそんなに変わらないんです。 たしかにAppleはクラウドよりローカルのストレージを使う度合いが大きいから相対的に安全だみたいな話はあるかもしれませんが、その点でAppleとMicrosoftの差を気にするくらいだったら、 GoogleとかFacebookを使っていて大丈夫なのかを考えたほうがいいです。 まとめ:Appleはプライバシー重視の姿勢を強く打ち出しているので、可能性としては、Macのほうが写真とかデータが流出しにくいです。 Windowsもこの点では劇的に改善しましたが、それでもMacを使うときよりは、プライバシーとかセキュリティのことを理解しておいたほうが安全です。 コスパに関しては、 昔も今もWindowsのほうがずっと有利です。 macOSでは、3万円のマシンとか買えません。 学生とかカジュアルな使い方の人、とにかく価格重視の人にとっては、Windowsマシンを買うのが合理的です。 特にいまはほとんどのことがWebブラウザがあれば可能で、パソコンに表計算ソフトが入ってなくてもGoogleスプレッドシートがあればなんとかなったりするからです。 それでも、Appleのプレミアム価格を喜んで払う人が少なくないのも事実です。 それに統計をとったわけじゃないんですが、「Macの方が長く使える」「何年も使ってるけど動作もそんなに遅くならない」って意見をよく聞きます。 この点はWindowsそのものというよりWindowsマシンを作ってるハードウェアメーカーの問題なんですが、とにかく 長く使えるから多少高くてもいいっていう考え方もあるにはあります。 ハードウェアメーカーといえば、Windowsにはラップトップとかデスクトップ、2-in-1マシンなどそれぞれいろんな形態があります。 Surface ProでもでもLenovoのオールインワンでも選べて、AppleがデザインするMacの形態に制限されないという利点はあります。 この点にはデメリットもありますが、選択肢が多いのはたしかです。 まとめ:Windowsのほうがハードウェアの選択肢が広く、価格もいろいろ選べます。 単純に安いマシンを買おうと思うなら、Appleのデザインがどうこうとか関係なく、Windows一択になることでしょう。 Tags :•

次の