アフィリエイト 審査 通らない。 ハイローオーストラリアアフィリエイトのやり方【審査を通すコツは?】

審査のないASP一覧,審査なしでもアフィリエイト広告を貼れるASP

アフィリエイト 審査 通らない

ブログを作成して間もない アフィリエイト初心者がアフィリエイトの審査に落ちる原因として、最もありがちなのが ブログを作成してすぐに審査に申し込むパターンです。 審査をする側にしてみれば、ある程度ブログが育っていてアクセスが見込める人に広告を掲載してもらいたいと思うのは当然です。 開設したばかりのブログは信用度も低いため、審査を通るのは難しいと言われています。 記事数が少ない ブログの開設期間と同じくらい、アフィリエイトの審査をパスするうえで大事なのが、 ブログ記事の数です。 いくら、ブログを解説してから1年経っていたとしても、ブログの記事が1つしかないというブログはアフィリエイトの審査に通るのは難しいでしょう。 どれくらい記事を書けばいいのかという疑問は、記事の内容と合わせて後述します。 他社広告の貼り過ぎ あなたのブログ、もしかして既に他社のアフィリエイトリンクを貼っていませんか? 実は、他の会社の アフィリエイトリンクを貼っていることが、審査に通らない原因である場合があります。 どれくらい広告を貼っているかといった頻度にもよりますが、基本的には アフィリエイトの審査を受ける場合は、アフィリエイトリンクは全て取り払っておきましょう。 オリジナル記事がない 審査に通る上で、ブログ記事の数が重要というのは前に述べました。 しかし、いくら記事数が多くても審査にはじかれる場合があります。 それは、 オリジナル記事が無い場合です。 オリジナル記事とは、コピペなどではなく自分の考えで書いた記事のことを指します。 分かりやすく言うと、コピペなどの記事ばかりでは、いくら記事数が多くても審査に通らないという事です。 引用などで多少、他のところから文章を借りたり、参考にするのは問題ないですが、それも程度に寄りけりです。 前提として、自分が書いた記事でブログの記事を増やしていく必要があります。 必要に応じてミエルカなどのコピペチェックツールを利用しましょう。 運営者情報・プライバシーポリシーがない 収益目的(アフィリエイト)などでブログを運営する場合は、 運営者情報・プライバシーポリシーを記載する必要があります。 運営者情報:そのブログを運営してる人の名前や連絡先を明記する プライバシーポリシー:そのブログで取得した個人情報の扱いなどを明記する アフィリエイトのやり方に関するメディアでは、運営者情報などは必要ないと言っているところもありますが、真っ当にアフィリエイトをするならいずれ必ず必要になってきます。 運営者情報とプライバシーポリシーがあるだけでも、審査側からしたら 「このブログの運営者は真っ当にやっているな」と判断できるので、表示しておいて損はないです。 アフィリエイト審査に通るブログは? アフィリエイト審査に落ちる原因が分かったところで、「では、 どうすれば審査に通るブログになるのか」を見ていきましょう。 ブログの開設期間 結論:最低でも10日、出来れば1ヶ月 アフィリエイトの審査を受けるなら最低でも10日、出来れば1ヶ月ほどはブログを開設してから期間を空けたいところです。 とはいえ、ブログ開設から1ヶ月くらいでは、よほど集客力がある人でもない限り、あまりアクセスは集まらないはずです。 アクセスが集まらなければ、いくらアフィリエイトの審査に合格しても、肝心の収益は見込めません。 焦って申請することに意味はないので、審査に通ることも大事ではありますが、アフィリエイトをする目的を忘れないようにしたいですね。 用意すべき記事数は? 結論:記事数は多ければ多いほど良い。 ただし… 極論を言うと、アフィリエイトの審査に通るためには、出来るだけ記事数が多い方が良いです。 自分のブログの情報量を増やすためにも、ブログを開設してから1ヶ月くらいは、毎日最低1記事の更新を目安にしたいところです。 毎日の記事更新が難しいという場合も、最低でも後述するオリジナルのコンテンツを10記事程度は用意しておくのが望ましいです。 SEOが大事なのはわかっているんだけど、正しいやり方がわからないから何もできてないんだよね。 ブログを運営したり、アフィリエイトで副収入を稼ごうと考えている人も今の世の中は増えてきました。 気軽に始められるものの、既に取り組んでいる人は 難しい世界であることを痛感しているのではないでしょうか? 難しさを痛感する1つの大きな" 壁"は間違いなく「 SEO対策」です。 アクセスを集めるために大切なのはわかっていても、何が本当に正しいのか、どこを改善すれば検索順位が上がっていくのかわからないことも多いですよね。 詳しくはこちらをご覧ください。

次の

アフィリエイトの審査が落ちる(通らない)時の原因と対策!

アフィリエイト 審査 通らない

Amazonアソシエイトの審査に通らない…ってあなたに! 審査に通らない時にチェックすべきポイントを、このブログの事例も含めてまとめていく! 「Amazonアソシエイト・プログラムのお申込みを承認することができませんでした」 amazonアソシエイトの審査に通らないと、こんなメールがくる。 その理由はこんな感じ。 登録の参考にしたのはこちらの記事。 正直言って、 審査が厳しいと言われるアドセンスを先にクリアしてたから余裕だと思ってた。 だけど、申請から3時間ほどで見事に「承認できませんでしたメール」を頂くことに。 上記のリストにも思い当たる節はないし、アドセンス通ってるんだから記事数とかサイトの内容には問題はないはず…とさんざん頭を悩ませてた。 通らない理由はAmazonアカウントのメールアドレスだった 調べたところ、Gmailとかのフリーメールは審査に通らないとのこと。 ぼくはプロバイダのアドレス(auとかdocomoとか)を使ってたから「ふーん」くらいに思ってたんだけど、このアドレスが落とし穴だった! ぼくはプロバイダのアドレスで使ってるつもりだったのに、実はAmazonのアカウント自体は大学のメールアドレスで登録してあって、自動転送されるように設定してたんだよ! そのことに気づいて、とりあえずダメ元でAmazonのアカウントのアドレスをGmailに変更してみた(何を考えていたのか、あえてプロバイダにしなかったみたい)。 そしたら、 アソシエイトの審査に通ったぁぁあ!! 変更したのはアドレスだけ。 しかもフリーアドレス。 たぶんこれはわりと稀なパターン(変なアドレス使ってる人そんなにいないよね)だけど、こういうこともあるらしい。 Amazonアソシエイト審査落ちした時のチェック事項まとめ このブログのパターンはそんなに多くないと思うから、他の事例を参考にしてアソシエイト審査に通らない時のチェック事項をまとめていく! 購入歴のあるAmazonアカウントを使う 購入履歴があれあば、そのアカウントの情報の信憑性が高いと判断される可能性はあるよね。 実際にアカウントを変えたら通った、という事例があるので要チェック! サイトの内容と紹介方法を丁寧に書く アソシエイトの申込み時に「Webサイトの内容、および紹介したい商品について、簡単にご説明ください」っていう欄がある。 ここを充実させること! 確かに、どんなサイトかっていう情報がある方がいいよね ぼくは「食品・アウトドアについてのブログで、キッチン用品やアウトドア用品を主に紹介します」みたいな感じでかいた覚えがある サイト内に運営者の情報を載せる 具体的には、以下のふたつ。 この辺の情報があればサイトの信憑性は格段に上がるはず。 あと、複数のサイトで言われてるから可能性としてはあるかも 1度に1つのサイトだけを申請する そんなに一気に申請しないだろうし…とは思うけど、なくはないかなぁ、って感じ 結局、Amazonの審査基準ってなんなの? もちろん推測でしかないけど、Amazonとしては変なサイトとか変な人に悪用されないように審査をしてるわけでよね。 Amazonアソシエイトの審査に通らないあなたは、ぜひ試してみるべし! それでは。 written by 南蒼樹. kuunerudasu.

次の

アフィリエイトで審査が通らない理由とは?審査なしで登録できるASP

アフィリエイト 審査 通らない

「ASPの審査が通らない…」 いざアフィリエイトを始めようと思った段階で、ASPアカウントの審査が通らないとモチベーションが下がりますよね。 今回は、ASPの『アカウント開設時の審査』を通るための審査用ブログづくりについてお話しますが、基本的には、アカウント開設後の新規サイトの審査も同じです。 netなどは、アカウント開設時の審査のみですが、新規サイトを作成する度に、毎回サイト審査が必要なASPもあります。 例えば、アフィリエイトB、ジャネット、リンクシェアなどはサイトごとにも審査があります。 新規サイトの審査の場合も、下記を参考にサイトを用意すれば審査を通すことができます。 アフィリエイト審査用ブログサイトの作り方 ASP毎に細かな審査内容は違いますが、基本的な審査用ブログとしては次の点を抑えておくようにしましょう。 500字以上の記事を1記事~3記事書く 2. ギャンブル、アダルト、情報商材系の記事は書かない 4. 商標ドメイン、タイトルに商標が入っているとダメな場合もある これら4つのポイントを気をつけて記事を書けば大抵のASP審査には通ります。 審査用ブログを用意したら、使う予定のASPだけでなく、ひと通りすべてのASPに登録しておくほうが後々役立ちますのでお勧めです。 500字以上の記事を1記事~3記事書く アカウント開設時の審査には、500字以上の記事を1記事~3記事用意しておくようにしましょう。 「ASPの審査にはクオリティの高いブログが必要…」 などと思っている方もいらっしゃいますが、実際には何の変哲も無い普通のブログであれば審査は通ります。 日記調の無料ブログなども通りますので、「昔作ったブログがある」という方はそれでも十分だと思います。 広告主の信頼を落としかねない表現なのでNGです。 ギャンブル、アダルト、情報商材系の記事は書かない ギャンブル、アダルト、情報商材系のプログラムを扱っていないASPの場合、 これらのジャンルのブログ、サイトは審査に通らないことがあります。 その他のテーマで記事を書きましょう。 商標ドメイン、タイトルに商標が入っているとダメな場合もある 規約上、商標ドメイン、商標タイトルを禁止しているASPもありますし、 アカウント審査の段階では、商標ドメイン、商標タイトルを扱うのはやめておいた方が無難です。 サイト審査の場合は、広告主が禁止していない限り通る場合もあります。 このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が ゼロから最初の 1万円を稼いだ方法、 3ヶ月後に 10万円稼いだ方法、 そして現在まで 継続して 100万円以上を稼ぎ続けている方法を 初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。 さらに 期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、 40,615円稼いだ全手法と 実際に稼いだ サイトURLをE-Bookにして 無料配布しています。 このE-Bookは、 非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。 E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。 メルマガ登録【無料】.

次の