明石 市 コロナ 感染 者 数。 神戸新聞NEXT|明石|明石市内で感染者確認 学校園は予定通り7日再開

兵庫県/新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

明石 市 コロナ 感染 者 数

会見内容まとめ 発表内容、行動歴、感染経路 2020年4月1日、 兵庫県明石市で 新型コロナウイルスへの感染者が確認されました。 兵庫県明石市は下記の場所になります。 第一報は下記の通りです。 兵庫県明石市に住む60代の外国人男性が、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。 明石市によると、外国人男性は、約3ヵ月のヨーロッパ滞在から3月26日に日本へ戻り、翌日に発熱。 その後も咳や下痢などの症状が出ました。 症状がおさまらず、31日に明石市内の帰国者・接触者外来を受診し、PCR検査で4月1日に陽性反応が出たということです。 明石市は、男性が滞在していた国や国籍について、本人の意向を理由に明らかにしていません。 男性が関西空港に到着した際は、家族が自家用車で出迎え、車の窓を開けながら移動したということです。 今回は、外国人ということですが、本人の希望で国籍や滞在国については不明とのことです。 ヨーロッパ滞在から3月26日に日本へ帰国とのことですが、 空港の検疫は通ってしまったようです。 このような検疫の状況では検疫する意味がないのではないでしょうか。 せめて自宅での隔離は必要だと思うのですが、今回は帰国後どうしていたのか現在調査中のようです。 これで外出機会が多かったら批判は多くなると考えられますね。 追加の情報が入りましたら追記させていただきます。 症状・行動歴・感染経路 感染者の症状、行動歴・感染経路について、現時点で判明している内容は下記の通りです。 ~3月26日 欧州滞在 3月26日 日本帰国。 自家用車で移動 3月27日 37度の発熱。 3月28日 38度台の発熱、咳、鼻汁、咽頭痛、頭痛あり。 3月30日 下痢あり 3月31日 咳、頭痛、倦怠感あり。 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月1日 PCR検査陽性確定 追加の情報が入りましたら追記させていただきます。

次の

兵庫県/新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

明石 市 コロナ 感染 者 数

このページの内容• 明石市の検査状況 数値は、前日正午から当日正午までの検査結果、当日午後に情報更新。 明石市 検査実施数(累計) 陽性者数(累計) 退院者数(累計) 6月14日時点 1,030件 21人 18人 ホームページ 兵庫県全体の検査状況 数値は、前日までの検査結果、翌日午後に更新。 兵庫県 検査実施数(累計) 陽性者数(累計) 退院者数(累計) 6月13日時点 11,932件 699人 653人 ホームページ 明石市内の発生状況(年代・性別・経緯) 21例目の感染内容 【判明日】2020年5月6日 【年代・性別】20歳代・女性(明石市立市民病院の看護師) 5月3日 鼻汁。 5月4日 鼻汁鼻閉、倦怠感。 5月5日 味覚・嗅覚異常。 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 5月6日 PCR検査陽性確認。 咳の症状続く。 4月27日 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 PCR検査陽性確認。 4月25日 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月26日 PCR検査陽性確認。 頭痛、下痢の症状続く。 A医療機関受診。 4月19日 味覚、嗅覚障害。 症状続く。 4月20日 痰、咽頭痛。 症状続く。 4月24日 B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月25日 PCR検査陽性確認。 症状続く。 4月24日 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月25日 PCR検査陽性確認。 16例目の感染内容 【判明日】2020年4月24日 【年代・性別】50歳代・女性(11例目女性の同居人) 4月16日 咽頭痛、頭痛。 症状続く。 A医療機関受診。 4月23日 B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月24日 PCR検査陽性確認。 15例目の感染内容 【判明日】2020年4月23日 【年代・性別】80歳代・男性(11例目女性の同居人) 4月23日 本市11例目の濃厚接触者のため、PCR検査を実施し、陽性確認。 入院中。 2~3日前から倦怠感。 A医療機関受診後、B医療機関(帰国者・接触者外来)受診 4月23日 PCR検査陽性確認。 入院中。 13例目の感染内容 【判明日】2020年4月22日 【年代・性別】50歳代・男性 4月19日 夕方より味覚、嗅覚障害。 症状続く。 4月21日 帰国者・接触者相談センターに電話し、A医療機関を受診。 4月22日 PCR検査陽性確認。 症状続く。 4月20日 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月22日 PCR検査陽性確認。 11例目の感染内容 【判明日】2020年4月22日 【年代・性別】70歳代・女性 4月20日 頭痛、呼吸困難の症状でA医療機関(帰国者・接触者外来)に救急搬送、入院。 4月22日 PCR検査陽性確認。 重度肺炎のためB医療機関に搬送、入院。 症状続く。 4月18日 A医療機関受診後、B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月20日 PCR検査陽性確認。 鼻汁・鼻閉あり。 4月18日 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月20日 PCR検査陽性確認。 A医療機関受診。 以後発熱続く。 A医療機関再受診。 B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月17日 PCR検査陽性確認。 7例目の感染内容 【判明日】2020年4月16日 【年代・性別】50歳代・女性(6例目男性の濃厚接触者) 4月5日 夜37. 翌日より症状なし。 4月9日 A医療機関受診。 4月10日 A医療機関受診。 4月15日 B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月16日 PCR検査陽性確認。 4月8日 症状続き、A医療機関受診。 10日、11日A医療機関再受診。 4月13日 A医療機関受診後、B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 胸部CT肺炎像あり。 4月14日 PCR検査陽性確定。 4月6日 解熱。 咽頭通、倦怠感続く。 4月7日 A医療機関受診。 咽頭通のみ続く。 4月8日 咳、味覚、嗅覚障害あり。 その後も症状あり。 4月10日 B医療機関受診後、C医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月11日 PCR検査陽性確定。 現在、入院調整中。 A医療機関受診。 胸部CT肺炎像あり。 4月3日 PCR検査陰性。 以降、自宅療養。 4月7日 B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 再度、PCR検査を実施し、陽性確定。 3月30日 症状続くため、A医療機関受診後、自宅療養。 4月3日 症状続き、悪寒があったため、自宅から救急要請し、B医療機関(帰国者・接触者外来)へ救急搬送。 救急外来受診後、自宅療養。 4月4日 PCR検査陽性確定。 2例目の感染内容 【判明日】2020年4月2日 【年代・性別】20歳代・男性 3月26日 咽頭痛あり。 3月29日 症状改善したが、嗅覚、味覚障害あり。 本人より帰国者・接触者相談センターへ連絡があり、近隣医療機関への受診を勧めた。 自宅療養を続ける。 3月31日 A医療機関受診。 4月1日 B医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月2日 PCR検査陽性確定。 3月30日 下痢あり 3月31日 咳、頭痛、倦怠感あり。 A医療機関(帰国者・接触者外来)受診。 4月1日 PCR検査陽性確定 濃厚接触者や現在の状況は明石市のホームページをご覧ください。 ホームページ 接触8割減の10ポイント 厚生労働省から、新型コロナウイルス感染症から自分自身と身近な人の命を守るための日常生活の見直しポイントが公開されています。

次の

兵庫県【新型コロナウイルス感染者数】市町村別の分布図マップ【6月8日最新コロナマップ】

明石 市 コロナ 感染 者 数

新型コロナウイルス感染症の患者を受け入れている明石市立市民病院(兵庫県明石市鷹匠町)は、4月の外来収益、入院収益ともに前年同月比8割程度(いずれも見込み)に落ち込み、経営収支が悪化している。 感染症専用病棟の開設、感染リスクが高いとされる眼科や耳鼻科で患者の受け入れを制限したことなどが響いたという。 (小西隆久) 同病院は2月21日、敷地内に「帰国者・接触者外来」を設置、疑い患者のPCR検査を実施している。 4月には、50床ある急性期病棟を個室管理の感染症専用病棟に改装し、2~10床で運用。 一般病棟とは別の専従スタッフが勤務する。 同病院によると、4月に入り、感染を恐れる「受診控え」の影響で、1日平均の外来患者が421・3人と前年比で124・5人減った。 慢性疾患のある患者に電話診察で処方箋を発行するなどして対応したが、4月の外来収益は前年比4千万円の減となり、約1億6千万円になる見込み。 入院病床の50床を感染症専用病棟に充てた結果、病床の稼働率は低下。 感染リスクの高い処置などが必要とされる眼科や耳鼻科で新規の入院患者受け入れも一部制限した。 1日平均の入院患者数は前年同月比で10・1人減り、新規の入院患者も146人減少。 入院収益は約2千万円減の約3億8千万円になる見込み。 一連の減収に加え、新型コロナの影響で品薄となった防護服や医療用マスクなどの購入費が高騰し、4月単月の純損益は7千万円の赤字となる見込みという。 同病院は2011年に独立行政法人化して以降、経営改善に取り組んでおり、18年度までの決算は4年連続の黒字を計上。 コロナの影響が少なかった19年度は黒字が確保できる見通しだが、20年度は大幅な減収に加えて感染の「第2波」も見据え、年度計画の修正も検討する。 新型コロナ感染拡大に対応する医療機関の経営状況をめぐっては、全国自治体病院協議会(東京)や全日本病院協会(同)の調査でも、4月期の減収や赤字が報告されている。 【記事特集リンク】.

次の