41 歳 妊娠 確率。 41歳の妊活|まだ間に合う?妊娠率と今からやるべきことは?【不妊治療net】

アラフィフ初産 45歳から出産したママたちの体験談、その現実とは?

41 歳 妊娠 確率

41歳で妊娠したい!出産の確率は? 女性が妊娠できる確率は年齢が増すごとに下がります。 30代前半までは約25~30%なのに対して、40代前半は約10%になります。 これは年齢とともに卵巣・卵子が老化することが原因です。 でも、確率が下がったからといって、妊娠ができなくなる訳ではありません。 タレントの中澤裕子さんやクワバタオハラの小原正子さん、はしのえみさんも40代で妊娠出産していたりと、最近では高齢出産も増えてきています。 40代で体外受精をしても妊娠できなかったのに、諦めかけた時に自然妊娠できたなんて話も聞きます。 妊娠の確率自体は低くなりますが、実際に41歳でも妊娠、出産した方もたくさんいるというのは励みになりますよね! 41歳で妊娠するためにやっておきたいこと 41歳という年齢を考えると、妊娠の可能性を高めることが少しでもできるなら、やれることは全てやっておきたいって思うのが正直なところですよね。 自分の体を知ることや体質改善で妊娠できる可能性も上がりますので、ストレスにならない範囲でトライしてみてくださいね。 できるだけ自然妊娠がいい 不妊治療して妊娠しても自然妊娠しても、妊娠に変わりはないのですが、経済的な面や身体の負担面から見ても、できるだけ自然妊娠が理想ですよね。 41歳で妊娠するために大切なのは、卵巣の老化を防ぐことです。 卵巣の老化を防ぐためには食生活を見直したり、普段から適度な運動をしたり生活習慣全体を改善しなくてはいけません。 また、妊娠の確率を上げるためには基礎体温を付けて、いつ排卵しているかを知ることがとても大切です。 排卵日が分かれば、自然妊娠の可能性を高めることができます。 また、適度な運動をすることで基礎代謝を上げて妊娠しやすい体質にすることがとても重要です。 なぜ基礎代謝を上げることが妊娠にいいのか分かりますか? 基礎代謝というのは、体に取り入れた栄養素を効率的にエネルギーに変えてくれる能力です。 ママはお腹の中で赤ちゃんを育てるわけですから、妊娠・出産は女性にとって、とてもエネルギーの必要なことなのです。 ウォーキングや、適度な有酸素運動で身体の代謝を促すと、子宮にも十分にエネルギーが行き渡り、女性ホルモンの分泌が活発になったり、妊娠するために嬉しい効果がたくさんあるのです。 適度な運動はリラックス効果もあるので、妊娠を希望する女性にとって大敵であるストレスの解消にもなります。 また、葉酸という栄養素は子宮内膜を厚くして、卵子の着床率を高めてくれる機能もあるので、基礎代謝の強化と合わせて葉酸のサプリメントを飲むのもおすすめです。 葉酸は妊娠期間中にママが摂るといいという話はよく聞きますが、妊娠したい女性にも必要な栄養素です。 不妊治療についても視野に入れて 自然妊娠できればそれは理想的ですが、あまりこだわりすぎるのもストレスになってしまいます。 どんなに健康に気を使っていても年齢が高くなれば、妊娠の確率は低くなりますので、自然妊娠にこだわりすぎないで、不妊治療も視野に入れてみてくださいね。 不妊治療といっても、何をするのか分からなければ不安になるものですよね。 不妊治療では、まず原因を調べるための検査を行います。 不妊の原因は必ず特定できる訳ではありませんが、検査結果によって治療方法が変わります。 不妊治療の費用については、治療の内容によって大きく変わります。 比較的安く治療できるものから、一回で20万以上かかるものもあります。 排卵日を特定してもらってパートナーと性交渉を行うタイミング法は、保険の適用内ですので、一回数千円と最も安い治療方法です。 よく聞く人工授精や、体外受精は保険の適用外となります。 人工授精は一回15,000円前後が相場ですが、体外受精は、一回20〜50万円が相場のため、病院の先生、パートナーとよく相談して治療方法を決めてくださいね。 41歳で妊娠した際の心配事!切迫流産 41歳での妊娠は、妊娠してからも手放しで喜べることばかりではありません。 年齢が影響して、いろんな心配事も出てきます。 正しい知識を知ることで、少しでも対処を早くできるように、少しでも心配事に備えられるようにしてくださいね。 切迫流産とは? 40歳を過ぎた妊娠というのは、ママと赤ちゃんの流産やダウン症のような先天的なリスクも高まるということも知っておきましょう。 流産は全体の15%と言われていて、多くのママたちが経験しています。 高齢出産の場合には、さらに流産の可能性が高まるので、より健康管理が重要になってきます。 また、切迫流産という言葉もよく聞きますが、流産と切迫流産の違いを知っていますか?分かりやすくいうと、流産は継続して妊娠はできませんが、切迫流産の場合は継続して妊娠できる可能性があります。 流産というのは妊娠して22週以内に赤ちゃんが亡くなってしまうことを言います。 反対に切迫流産というのは、流産の危険がとても高い状態のことを言います。 妊娠して初期の頃にひどい腹痛や出血があった場合には、切迫流産の可能性もありますので、早めにかかりつけの病院の診断を受けるようにしましょう。 現在、切迫流産の治療方法はまだありません。 安静にしていることが一番の対処法と言われています。 切迫流産の対処法 仕事や人間関係などのストレスで流産や、切迫流産の可能性を高める原因になってしまいます。 ストレスを溜めないためにも適度な運動を心がけたり、必要な場合はお仕事を休んだりすることも必要です。 また、体を冷やしたり、タバコの受動喫煙も切迫流産のリスクが高まる原因になりますので、体を温めて有害なものを体に入れないようにすることも大切です。 ご自身が禁煙するのはもちろんのこと、パートナーが喫煙者の方は、よくお話をするようにしてくださいね。 41歳で妊娠する前に高齢出産のリスクを勉強しよう 現在では、高齢出産も増えてきていて、誰もが健康で当たり前のように妊娠出産できると思ってしまいがちですが、41歳で妊娠するのはリスクも高いのだということも、きちんと頭に置いておきましょう。 妊娠糖尿病 妊娠糖尿病とは、妊娠期間中のママの血糖異常のことを言います。 食生活の変化や妊娠期間中の急激なホルモンバランスの変動から、血糖コントロールがうまくいかずに、いろんな健康被害を起こしてしまいます。 35歳を過ぎた妊娠は妊娠糖尿病のリスクも高まります。 これは、妊娠期間中に胎盤から出るホルモンが血糖値を下げるインスリンの分泌を弱くするのに加えて、年齢が高まるごとにインスリンが分泌される機能も低下していることが原因と言われています。 妊娠糖尿病になると、ママは妊娠の症状によく似ているために気がつかず、お腹の赤ちゃんに影響が出てしまいます。 流産の原因になることもありますし、赤ちゃんの発育にも悪い影響が出てしまい、先天奇形や生まれながらの低血糖を引き起こす可能性も高まります。 先天奇形は、耳や口などの外見として現れたり、内臓や中枢神経に出てしまったりと、深刻な病気に発展してしまう可能性もあります。 帝王切開 高齢出産になると産道が固くなったり、骨盤も開きにくくなったりするので、難産になる可能性が高くなります。 難産になればなるほど、ママにも赤ちゃんにも心も体も負担が大きくなるので、高齢出産の場合はあらかじめ産婦人科の先生が帝王切開を進めるケースも多いのです。 高齢出産は、お産に時間がかかり過ぎたり、産道は開いているのに赤ちゃんが降りてこなかったりとトラブルが怒る可能性も増えます。 帝王切開はそうしたトラブルを回避するための方法なので、ママと赤ちゃんの出産時のリスクを減らしてくれます。 最近では、高齢出産も増えたこともあり、帝王切開で出産するママも増えてきていると報告されています。 41歳の妊娠!もしもダウン症と言われたら?! 40代の妊娠は、ダウン症のリスクが高くなると報告されています。 そうは言っても、まさか自分の子供がなんて思っていませんか。 もしお腹の中にいる赤ちゃんが、障害を持っていると分かったら、あなたはどうしますか? 現在は、技術の発達で妊娠期間中に検査をすることで、先天性異常を調べることもできます。 障害があると分かった時のことも、しっかりパートナーと話し合っておきましょう。 羊水検査でどこまでわかる? 羊水検査とは、胎児の出生前診断で染色体の異常や、先天性異常を特定することができます。 羊水検査の方法はエコー検査で赤ちゃんの状態を確認してから、ヘソの下あたりに針を刺して子宮から羊水を採取します。 子宮に針を刺すので、まれに感染症を起こしたりするリスクもありますが、より確実な診断ができます。 羊水検査では、ダウン症、呼吸器障害や心疾患、奇形、無能症の診断ができます。 他にもダウン症や先天異常を検査する方法としては、新型出生前診断という血液検査や、妊娠11〜14週のエコー検査でも診断することができます。 ダウン症の子どもとは 高齢出産はダウン症のリスクが高まると言われています。 その原因は卵子の老化によるもので、30代の出産のダウン症リスクが935分の1なのに対して、40代の老化した卵子のダウン症のリスクは106分の1と確率が上がります。 ダウン症とは、染色体が1本多くなってしまうことが原因で起こるもので、特有の表情や発達障害、知的障害、難聴や呼吸器系障害と、たくさんの合併症も引き起こされます。 合併症は治療で良くなりますが、ダウン症そのものを根本的に直すことはできません。 卵子はあなたが生まれた時にすでに作られているものなので、新しく若い卵子が作られることはありません。 老化を遅くすることはできても、新しい卵子で妊娠することはできません。 そのため、41歳からの妊娠出産は、赤ちゃんがダウン症のような障害を持って生まれることもあるというリスク面も、しっかり頭においておきましょう。 41歳でも元気な赤ちゃんを妊娠することは可能! 最近では、女性の社会進出も影響して、晩婚化や高齢出産が増えてきています。 女性が、より自由を求めて活動してきた結果、社会的に男女平等の権利が与えられました。 でも、どんなに頑張っても、妊娠出産は女性にしか経験することができないものです。 確かに、年齢が高くなるにつれて、妊娠しにくくなったり、より健康管理に気をつけなければいけなかったり、赤ちゃんが障害を持って生まれてくるリスクが高くなったりと、考えておかなければいけないこともあります。 でも高齢だからといって、妊娠できない訳ではありません。 元気な赤ちゃんを産んでいる40代のママたちもたくさんいます。 現在、40代での妊娠出産は一般的になってきています。 実際に女性タレントの小原正子さんや、松嶋尚美さん、相田翔子さんも40代で元気な赤ちゃんを妊娠出産しています。 このように41歳からでも元気な赤ちゃんを妊娠することは十分可能なのです! 頑張りすぎず、気負わず、赤ちゃんがやって来てくれるのを待ってみてはいかがでしょうか。

次の

41歳で妊娠したい!確率やリスクはどうなの?

41 歳 妊娠 確率

1か月で妊娠する確率です。 10代の自然妊娠率 10代の自然妊娠確率は25%ほどになります。 10代という若さであっても格段に妊娠率が高いというわけにはいきません。 25~30%とされる報告も中には存在します。 性行為の若年化が進んでいます。 性行為が悪いという訳ではありませんが、問題なのは、知識がろくにない状態故に、中絶や性感染に繋がってしまうということです。 10代の妊娠は、そのほとんどは幸せに結びついていないという結果が存在しています。 好奇心や性欲が勝り、妊娠したらという不安よりもセックスという行為をしてしまっているのが10代です。 妊娠するということは人生をある種決定づけ、拘束する時間が発生します。 同年代が遊んだり、自由にしている期間、子育てをすることになり、不満やストレスが溜まります。 望まない妊娠をしてしまうという理由で、 中絶を行う4割は10代です。 そして中絶することは将来の子作りにも影響がでます。 ただ若ければいいという訳ではありません。 あなたやパートナーの精神的、経済的な成長も妊娠出産には大切な要素となります。 20代の自然妊娠率 20代は前半と後半に分けて考えられます。 20代前半の自然妊娠確率は20%~25%、20代後半の自然妊娠確率は20%程度になります。 不妊原因がなく、健常なご夫婦の自然妊娠確率になります。 例えば、20代後半の女性100人が妊娠を目指して性交渉(セックス)を行った場合、20人は妊娠し、80人は妊娠しないという割合になります。 20代はもはや子供ではない為、精神的にも経済的にもある程度成長しているわけですので、妊娠するには最も適しているタイミングといえます。 尚、20代前半と後半では妊娠確率に大きな違いはありませんが、20代前半の場合、合併症の発症が多少高いため、 20代後半が最も妊娠するには向いている年代と言えるそうです。 30代の自然妊娠率 30代も20代同様、前半と後半に分けて考えられます。 30代前半の自然妊娠率は15%~20%となり、20代後半と比べそれほど大きな差がまだありません。 現在の日本は30代前半に結婚する人が増えていて、所謂晩婚化が進んでいますが、そうすると妊娠する時期が35歳辺りとなり、これが少子化に繋がっています。 30代後半になると、自然妊娠率は一気に10%にまで減少してしまうからです。 出典: これは女性の年代別出生率を表したグラフです。 1000人あたりの出生数を4世紀に渡ってまとめたものですが、 400年もの年月により、環境や食事の栄養等、様々な変化・違いがあるにもかかわらず、どの世紀もほぼ同じグラフになっているのがわかると思います。 結局、 出 産年齢に大きな変化はなく、35歳を過ぎると急激に低下しているのが見て取れます。 このようなデータからもわかる通り、女性が妊娠を望んだ場合、35歳というのが一つの目標年齢とされるわけです。 ちょうど30代後半あたりから、不妊への不安が高まり、不妊治療に足を運ぶご夫婦も増えていく時期かと思います。 ちょっとでも「なかなか妊娠しないな」と思ったら、できるだけ早めに検査を受け、原因を医師と共に解消していって欲しいと思います。 40代の自然妊娠確率 40代だとその数字がたったの5%となってしまいます。 100人の40歳女性が妊娠を目指した場合、5人しか妊娠できないという割合になります。 こちらをご覧ください。 出典: こちらのグラフは 年齢別自然妊娠率を6か月というスパンにしたものです。 やはり35・36歳を境目に急激に低下していますが、妊娠経験の有無によってかなりの差が出ている結果に目がいきます。 40代とはいえ、前半はまだしも、後半は非常に厳しいものになります。 二人目不妊で悩んでいるご夫婦の場合、40歳だからといって諦める必要はないことを教えてくれる数値だと思います。 女性は45歳頃から更年期に入りますが、更年期になると次第に卵巣の機能が低下し、排卵周期が減って生理周期も不規則になり始めます。 そのため、 自然妊娠確率を示すデータがないのですが、45歳の女性の自然妊娠確率はさらに低くなると考えられます。 とはいえ、可能性はゼロではありません。 実際に40代後半でも自然妊娠している人もいらっしゃいますので、決して諦める必要はありません。 まとめると以下のようになります。 20代前半・・・20%~25%• 20代後半・・・20%• 30代前半・・・15%~20%• 30代後半・・・10%• 40歳・・・5% もし、子供がいない将来を考えられないというのであれば、この確率から自分が妊娠しなければいけない年代を定め、間に合うように計画をしていかなくてはいけません。 妊娠は早いに越したことはない 高齢で妊娠出産した方はすごいことだと思います。 それまで様々な困難があった人が多いことでしょうし、不安は相当なものだと思います。 高齢で妊娠を目指した場合、妊娠確率が低くなること、流産の可能性が高くなること、胎児の身体異常リスクが高くなることの3つが不安要素になります。 それ故、 妊娠は早いに越したことはありません。 現在は晩婚化が進み、30代で初出産をする時代です。 数年前は20代後半だったのにです。 そういう私たち夫婦も、妻の初出産は33歳でした。 結局、帝王切開にはなったのですが、やはり出産年齢は若くはないと思います。 このサイトは男性不妊の人を応援するサイトです。 あなたの年齢にもよりますが、一定期間、妊娠を目指しても妊娠しなかった場合、あなたにもなにかしらの原因があるかもしれないと疑い、早目に検査を行うべきです。 不妊原因は男性も50%あります。 不妊治療をするしないに関わらず、早目に検査を受け、タイミング法からでも指示を受けることで妊娠確率は高まります。 ボーっとしているとあっという間に年月は過ぎてしまい、いつの間にか奥様の妊娠確率が急激に下がる年齢に達してしまいます。 まとめ.

次の

40代で自然妊娠された方の特徴は?

41 歳 妊娠 確率

41歳自然妊娠です。 出産時は42歳になってます 主人49歳出産に迷っています。 私には、今年10歳になる息子がいます。 ずっと一人っ子で兄弟を作ってあげたいと思っていました。 でも、恵まれず2年前に妊娠しましたが、心拍が確認できず稽留流産でした。 その時もう歳だがらと先生にも言われ、私ももう無理なんだと思いました。 先月末に来るはずの生理がこなくまさかと思いましたが検査薬を使うと陽性。 病院へいくと5w6dで胎嚢が確認できましたが、心拍は確認できませんでした。 10年ぶりの妊娠出産に戸惑っています。 息子は多分すごく喜ぶと思いますが、子どもが10歳で定年になってしまうと主人は出産に反対です。 私は障害のリスクのこと、体力のこと経済的なことと悩むことばかりですがこれが最後のチャンスだと思って・・・ 子どもを産みたい気持ちと、経済的体力的に無理かもをいう気持ちで悩んでいます。 同じように超高齢妊娠で悩んでいる方、決断した方良きアドバイスをお願いします。 補足今日、二回目の検診に行ってきました。 8wに入っており、心拍も確認できました。 思わず泣いてしましました。 皆さん温かいお言葉、厳しいいお言葉、ありがとうございます。 すごく悩みましたが、やはり授かった命を大切に育てていきたいと思います。 決して、甘くない出産、育児になると思いますが、精いっぱい愛情を注ぎたいと思っています。 ありがとうございました。 ベストアンサーは投票にさせてください。 高齢出産で産まれた者です。 お呼びではないかもしれませんが、 産む側だけではなく、産まれてくる側の意見も聞いて頂きたく書かせて頂きます。 高齢出産する方々がよく頑張ればなんとかなるとか、蓄えがあれば大丈夫などの意見がこちらでは散見されますが、それは産む当人の気持ちでしかないです。 きつい言い方になりますが、子供にはそんなの関係ありません。 私が産まれた当時母は35父は45でした。 小さい時のことを今でも覚えています。 授業参観は私の両親だけ飛び抜けて年とってましたから、とても恥ずかしかった。 また年老いているため、他の友人の家のように流行っていること、アクティブなことをなかなかさせてもらえません。 考え方も古いため親の考え方に納得できません。 大人になった今でも首を傾げることが多々あります。 そして何よりも辛いことは、両親の老後です。 体が段々と衰え、医療費が嵩みます。 その為に私が仕事に専念するとします。 私もそろそろ結婚して子供を産んでもいい年齢ですが、仕事に専念するため子供を産んで両親に預けたいと思った時、果たして年老いた両親に元気盛りの子供の面倒がみれるでしょうか? また両親のうちどちらか介護が必要になればどうでしょうか?介護に専念すれば自ずと収入も低くなります。 その収入で果たして年金暮らしの両親の生活、そして自分自身の生活を成り立たせることはできるでしょうか?介護士を雇うにもお金はいります。 あと、よく両親は「貯えもあるから心配しなくて大丈夫」とよく言いますが そうできたら誰だって苦労しませんよ。 誰が放っておけるでしょうか、ここまで愛情を注いで育ててくれた両親を。 それにお金だけで解決しないことは山ほどありますからね。 両親が若ければまだ、経済的、時間的余裕もあるでしょうが、高齢出産であればそう猶予はありませんよ。 私も周囲の同年代の方より遥かに現実的にそして、シビアに自分の将来について考えていると感じます。 とは言っても両親に産んでもらったことは感謝しています。 ただ、口に出してこそ言いませんがもう少し早ければと悔やまれることも事実です。 最後に そういったことも当然覚悟していらっしゃるのであれば余計なお世話だったと思います。 すみません。 ただ経済的とか、体力的とかそういう自分の都合のことだけでなく、産まれてくる可愛い子供が置かれる状況や感情も考慮してあげて欲しいと思ったのです。 自分の話ではなくてごめんなさい。 同級生が、母親が50歳の時の子でした。 中学から大学まで一緒だったのですが、学生時代から「親の介護があるから就職はしないと思う、でも学生でいる間は自由にするんだ。 」と言っていました。 経済的に、かなり・・・本当に恵まれている家庭だったので学生でいられたし、人も雇えていました。 いわゆる介護ヘルパーさんという存在だと思います。 実際は就職しましたが、その時親御さんは72歳くらい。 家を空けてられないといって、結局短期間で辞めて、当時は結婚も諦めていましたよ。 親御さんが家に縛りつけたくない、いいから自立してよと説得して、結婚はしましたが、 その当時は老人ホームはなかなか入れない状態で、貯金はあっても収入がない以上、超高額施設に入れるわけにもいかず。 介護はずーっと続いていました。 中学の時はすごく可哀想な人生だと思ってました。 その子自身も「介護のために産んだのかなー」なんて笑っていたときもあったので・・・ 大人になって互いに育児に奮闘している今でもやはり「大変だっただろう」と思います。 あっさり親から離れて自立できそうなドライな性格ならいいんでしょうけど、優しすぎるとそれも出来ないですよね。 結局その子は自分の親のために、というのを念頭に夫を選び、家を選び、人生を選び… 「親が死んで今、肩の荷が降りすぎて生きてる実感がない」なんて同窓会で言ってたこともあって。 でもそれだけ愛していたと言うことだとも思うし、客観的にみるとすごく想いあっていて良い親子だったように私は見えていて、実際どのくらい葛藤があったのかはわかりません。 でも、子どもの産むとしたら、体力というのにくわえて、生きていくための手助けが必要になるというのも覚悟に加えられておくと良いのではと思います。 お子さんが就職や結婚を自由に選ぶためには、その時の親の蓄えって大事な気がしますよ。

次の